罪か癒しか?『火の鳥』各編の女性キャラ抜粋

手塚治虫氏未完の大作『火の鳥』。永遠の命、愛、名誉。種々の欲望入り乱れるこの物語を、火の鳥同様に彩る女性陣をまとめました。

邪馬台国の将軍、猿田彦の妻となる女性。猿田彦は腕っぷしが強いだけでなく、自分を恨むナギの弓の才能を伸ばしたがったりとかなりの武人。ヒミコにも忠誠を誓っていましたが、謀反を企てたとされてハチの群れが住む洞窟に閉じ込められ鼻が腫れてしまいます。ウズメといえばウズメノミコトを想像しますが、劇中では舞こそ得意でも「ブス」の類。しかしそれは故郷をニニギに攻め落とされ捕虜となった時男たちから身を守るための変装で、実は美女。

「結婚」こそニニギの酔狂でしたが、ナギを弟子としてでなく息子のように想う猿田彦を愛します。しかし彼は戦死。ウズメの素顔を知ったニニギから自分の妻になるよう詰め寄られますが、「いくら男たちが人を殺しても、女は子を産むことができる。邪馬台国の血は絶えない」と、猿田彦の子を身籠っていると告白(真偽は不明)。ひとしきり笑った後毅然と去っていきました。そんな彼女に剣を振り下ろすこともできず、ニニギは「たかが女一人」と捨て台詞を吐くのでした。

未来編

【ストーリー】35世紀が舞台。文明は発達のピークを迎えるや衰退をはじめ、人々は懐古趣味に浸り始めました。5つの国が存在しますが、皆地下で暮らしており、各国に据え付けられたコンピュータ(劇中では「ハレルヤ」と「ダニューバー」が登場。共に女性言葉を使用)に政治的判断を委ね、それがために核戦争で滅亡。主人公山之辺マサトは火の鳥により「死なない体」にされます。

【実は最終章?】「始まりと終わりを始めに持ってきた」との説があり、事実『未来編』ラストは最終回と言っても過言ではない演出、人類に対する火の鳥の考え、「いつか人類が「過ち」に気付いて命を正しく使うこと」を願い、モノローグで終わっています。一方『未来編』と銘打たれ最終回のような演出が成されてはいるものの、「実はこの後に続く物語こそ『未来』」との見方もできるという作り。

マサトに永遠の命を与え…。

タマミ

厳密にはムーピーという不定形の生物ですが、主人が好む姿をとる性質から、美しい女性の姿をしています。ムーピーは500年の寿命、「ムーピーゲーム」という念波による夢を見させる能力の他どんな環境でも生きることができる生物です。マサトとこっそり同棲していたのですが、ばれてしまい共に逃亡(ムーピーの所有は違法)。世捨て人的に地上のドームに住む猿田博士の元に身を寄せることになります。

5つの国が核戦争で滅んだ時、人口生命体の研究をしていた猿田博士の頼みでムーピーの持つ環境適応能力の秘密解明のため、それまでの姿を捨てることになります。猿田博士の死後、火の鳥によって永遠の命を与えさせられたマサトと共に暮らしますがムーピーの寿命が尽き死亡。その直前まで、マサトに夢を与えました。

『ヤマト編』

【ストーリー】ヤマトの王が自身の肖像画、自分を称える歌、そして墓標を作るために部下を総動員して奮闘。末の息子だけは父の「夢」、大勢の民が殉死しなくてはならないことをばかげていると称するのでした。「語り部」を「カセットテープ」と称する、国歌の内容が『鉄腕アトム』の主題歌の替え歌など、コメディタッチ。しかし、ラスト付近は死にゆく父子の、死へと向かう心情の対比が描かれてもいます。

カジカ

クマソの王の妹。細身の美貌ですが勝ち気そうな顔つき。実際かなりの男勝りで、同年代の男友達と「戦争ごっこ」をすることも。兄が自国の歴史を書き記すのを「軟弱」と嘲るものの、「戦争ごっこ」の相手をすべて打ち負かされます。その後ヤマトの王子が来ると聞き、単身馬に乗って「どんな奴か」身に行く行動派。野宿の際は熊を自力で倒した上、剣に刺した熊肉の直火焼きというワイルドな夕食をとり、「顔が気に入らなかったら自分が殺す」と物騒なことを言う人でもあります。

当初こそ見下していたものの次第に恋仲となり、兄がオグナにより殺された時も仇を討とうとしながら彼に対する愛が勝って実行できず。ヤマト王の墓標建設隊に紛れ込むため男装します。オグナが「巨大な墓と殉死者よりも建設的なもの」を作らせた(つまり父王や兄の意向に背いた)かどで投獄された後火の鳥の血がしみ込んだ布を渡されて、殉死者たちに舐めるよう頼まれるのでした。埋められた場所はオグナのすぐ近く。血の効果か、しばらくは生きて、他の殉死者と大声で歌うなどしていました。最期にオグナと結婚の約束をし、こと切れます。

『宇宙編』

【ストーリー】ザルツという植民星から地球への旅路の中、2577年、5人の宇宙飛行士を乗せた宇宙船が事故を起こしました。1年交代で冷凍睡眠から覚めてブリッジを見張る役目の牧村がミイラのように干からび、それで星にぶつかったのが原因。残りの隊員は救命艇で逃げるが、隊長は牧村の死が「他殺」であると確信。理由は、彼の手元に「僕は殺される」と書かれていたためでした。

【流刑星】火の鳥曰く「罪人」たちが罰を受けるための星。地球では考えられないような事象(毎日岩が転がり落ちるが、自分で元の場所に戻る。植物が動き回り動物が地面に根差しているなど)が多く、罪人の多くは耐え切れず「メタモルフォーゼ」と称し、巨大なサボテンとも何とも言い難い植物のような姿に変えてもらいます。その姿で永遠の時を過ごすのもどうやら「罰」のようです。女性だった罪人は母乳を出します。ナナのセリフからするに、言葉こそ話さないもののそれなりにコミュニケーションが取れるようで、「皆友達になった」模様。

ナナ

5人の宇宙飛行士の一人で紅一点。宇宙船に乗り込む前から乗組員の牧村、猿田、奇崎に想いを寄せられていましたが、彼女自身は牧村と相思相愛。「自分に嘘はつけない」とし、一人離れていく奇崎に「愛している」の言葉を与えられませんでした。死亡したはずの牧村艇が追ってくる中、鳥のような幻覚を見たかと思った後偶然流刑星に流れ着き、追ってきた牧村艇の中で赤ん坊にまでなった牧村の世話をすることに一生を捧げると誓います。

猿田から「そんなことは無理だ、自分と一緒に地球に帰ろう」と諭されますが、永遠に牧村の世話をする為に流刑星の罪人たち同様に体を変えてもらうよう、火の鳥に頼み込みます。牧村はその後不明、猿田も一人地球に戻されたため、彼女のしたことは無駄となったのでした。

『鳳凰編』

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

火の鳥(Phoenix)のネタバレ解説まとめ

漫画界の巨匠、手塚治虫の描く壮大な物語が『火の鳥』だ。その血を飲むと永遠の命が得られる伝説の鳥である「火の鳥」。この伝説の鳥を巡り、古代から未来へ、未来から古代へ。またミクロからマクロへ、マクロからミクロへと想像を絶するスケールで世界が流転する。文明の進化と衰退、科学の罪、生命進化、人間の心と、「火の鳥」を狂言回しに、あらゆる要素を紡ぎ、手塚治虫が読者へ送る「究極の物語」だ。

Read Article

火の鳥(Phoenix)の名言・名セリフまとめ

『火の鳥』はあの『鉄腕アトム』を生み出した漫画界の巨匠、手塚治虫による『火の鳥(不死鳥)』を題材とした長編漫画である。日本の漫画文化を代表する作品の一つ。仏教の「六道輪廻」の考え方を軸に「死と再生」を主なテーマとした壮大なストーリーとなっている。 全12編ともなる独立したストーリーの舞台が過去と未来を行き来する独特な構成や、宗教思想と漫画の融合が当時画期的であり、現在でも数々の作品に影響を与え続けている。 この記事では、生命の本質や人間の業を説くような火の鳥の名セリフの数々を紹介する。

Read Article

PLUTO(プルートウ)のネタバレ解説まとめ

『PLUTO』とは、手塚治虫の作品「鉄腕アトム」の中のエピソード「史上最大のロボット」を原作とした浦沢直樹の漫画作品。 舞台は人間とロボットが共存する世界。世界最高水準の能力を持つ7体のロボットが、次々と何者かに破壊される事件が起きる。7体のロボットの1人・ドイツ刑事ロボットのゲジヒトは、一連の事件に深く関わっているとされる謎のロボット「プルートウ」の正体に迫っていく。

Read Article

ブッダ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

「ブッダ」とは、漫画家・手塚治虫が手がけた、仏教を生み出した釈迦こと「ブッダ」の物語についての漫画作品である。少年漫画雑誌「希望の友」(潮出版社)にて、1972年〜1982年まで連載された。後のブッダである主人公「ゴータマ・シッダルタ」が苦悩しつつ仏教をどのように悟ったのかを描き出している。実在の人物と手塚治虫自身の創作の人物が入り混じっているも、2000万部を超える売り上げを記録し、非常に評価されている作品である。

Read Article

三つ目がとおる(The Three-Eyed One)のネタバレ解説まとめ

『三つ目がとおる』とは、手塚治虫による漫画及び、それを原作とするアニメ作品である。無邪気な性格の中学生、写楽保介は古代種族三つ目族最後の生き残り。額の絆創膏を剥がすと第三の目と共に超知能、超能力を操る冷酷な人格が現れ悪魔のプリンスと化す。写楽は世界征服を目論む一方で、時にクラスメイトの和登さんらと共に古代遺跡絡みの陰謀に巻き込まれる。オカルトブームの中、人気を博し第1回講談社漫画賞を受賞。漫画の神と呼ばれた作者の没後初のアニメ化作品でもある。

Read Article

ブラック・ジャック(BLACK JACK)のネタバレ解説まとめ

ブラック・ジャック(BLACK JACK)は、手塚治虫の代表漫画作品の1つ。黒いマント姿につぎはぎの顔の天才無免許医師が、法外な治療費と引き換えに多くの怪我や難病を治療していく人間ドラマ。1973年~1979年に「週刊少年チャンピオン」にて連載され、連載終了後も読み切り作品が掲載された。さらに、他の漫画家の執筆による作品も数多くあり、医療漫画のパイオニアにして、金字塔と言われる。

Read Article

神の手を持つ男 ブラック・ジャックの生い立ちと謎について考察まとめ

手塚治虫の漫画『ブラック・ジャック』。一話完結の作品の中に完璧な人間ドラマを描きだす手塚治虫は間違いなく天才だったといえるでしょう。漫画を読んだことのない人はもちろん、ある人にとってもブラック・ジャックは謎の多い人物です。今回は間黒男がいかにして伝説の無免許医ブラック・ジャックになったのか、ブラック・ジャックとはいったい何者なのか、その本性に迫ります。

Read Article

手塚治虫の名作『ブラックジャック』の集大成! 『ブラックジャック大全集』

手塚治虫の名作が最も美しく甦る。 『ブラックジャック』は過去、秋田書店等で何度か単行本化されているが未収録作品がいくつかある。 しかし本書は、過去の単行本化された中で未収録作品が3話と一番少ない。 なお、この3話(「指」・「植物人間」・「快楽の座」)は手塚プロダクションの意向により今後も掲載されることはないため、この『ブラックジャック大全集』が〈完全版〉と言えるだろう。

Read Article

ぐるなびにて連載のエッセイ漫画【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】をご存知ですか?

田中圭一先生と言えば、漫画界の巨匠・手塚治虫先生の絵柄で下ネタギャグな作風を確立したパイオニア。その田中先生が現在webサイト「ぐるなび」にて、漫画家ご本人とそのご家族にまつわる“食”にスポットを当てたエッセイ漫画を連載しており、これが大変おもしろい!ですのでこちらでは、田中先生の作品を通して、ご自身も漫画家や他分野で活躍されているご家族も紹介させて頂きます。

Read Article

【ブラック・ジャック】記念すべき第1話「 医者はどこだ!」のネタバレと感想

「鉄腕アトム」や「火の鳥」「ジャングル大帝」などの名作を世に生み出した手塚治虫先生。そんな彼の作品の中で「医療漫画の傑作」と言われ、現在でも高い支持を集めているのが「ブラック・ジャック」です。今回は2004年に発売された新装版の特徴を踏まえながら、第1巻収録話についてまとめていきます。(※参考画像なし)

Read Article

いつの時代も面白い!テレビアニメ『ブラック・ジャックシリーズ』

どうも。最近話題になっている「ヤング ブラック・ジャック」効果で再びB・Jブームが到来した筆者です。子供の頃に何気なく見ていたストーリーは、今改めて見ると中々に感慨深いものがあったりします。という事で今回は、テレビで連続放送されていたB・J各シリーズを1話無料動画と合わせてご紹介。

Read Article

目次 - Contents