罪か癒しか?『火の鳥』各編の女性キャラ抜粋

手塚治虫氏未完の大作『火の鳥』。永遠の命、愛、名誉。種々の欲望入り乱れるこの物語を、火の鳥同様に彩る女性陣をまとめました。

【ストーリー】仏教的。時代は奈良時代。時の帝に取り入ろうとする権力者や、仏師としての地位も名誉も得たのに満足いく作品が作れなくなる茜丸など、人間の弱さが描かれます。権力に関係なくとも、ずっと踏みにじられてきた我王が盗賊の頭として踏みにじる側に回るなどの皮肉もありました。しかしあるきっかけで仏師としての才能を開花させていき、自然の美しさに感動して大事を成し遂げる決意をするなど、強さもまた描かれています。

速魚

我王が盗賊時代妻としていた女性。茜丸の妹として登場しますが、その正体はテントウムシ。嘘をついてまで我王についてきたのは、自分を殺さなかった彼を「優しい人」と認識してのこと。「鼻が肥大化したのは、彼女の作った薬が原因」と部下に吹き込まれた我王により殺されますが、実情を知った我王はしばらく魂の抜け殻状態でした。

このテントウムシが速魚。「はやめ」と読みます。

ブチ

茜丸についてきた少女。通りがかった村で盗人として成敗されかけたところを茜丸に救われます。仏教や仏像に価値は見い出さず、建築中の廬舎那仏に粗相する始末。彼女をモデルに彫った仏像は素晴らしい出来栄えで、橘諸兄、吉備真備ら大物に雇われるきっかけになりました。大仏殿の自然出火が元で焼死した茜丸を「兄」と呼び、焦げた頭部を持ち去ります。たまたま見かけた僧侶(我王)に弔ってほしいと申し出ました。

『望郷編』

【ストーリー】自然の消えた地球を捨て、ジョージとロミは共にエデン17という星を買い取り移住。しかし宇宙の不動産業者に「一杯食わされて」水もろくにない星であることが判明。どうにか水は出ますがジョージは死亡。息子のカインを産んだロミは、ある決断を下すのでした。

ロミ

カインがこの星で最後の人間になることを受け入れられず、冷凍睡眠装置を使ってカインやその息子たちと結婚する道を選ぶのでした。しかしどうしても男の子しか生まれないこと、カインの末息子が大柄なのに皆からいじめを受けることなどに悩みます。「肉を食べないから女が生まれない」という息子たちの言葉から「末息子を食え」という意図を読み取り「二度と目覚めない」と誓うのでした。夢で火の鳥と交信し、「他種族を受け入れれば女の子も生まれて、子孫は繁栄する」と聞きそれを受け入れます。目覚めた時、外は彼女の子孫であり、「女王」と崇める種族が出来上がっていました。末息子がムーピーとの間に娘を成し、カインの孫と結婚した結果でした。

コムという混血種族の少年と仲良くなりますが、地球への望郷の念が芽生えます。彼が見つけた「宇宙を飛べる岩」で地球を目指すのですが、地球人宇宙飛行士牧村、男女が生まれつき一体化した種族ノルヴァ共々種々の奇妙な星を回ることに。最終的に地球にたどり着くものの、ロミ自身の寿命は終わりに近づいていました。おまけに密入国者として牧村はロミとコムの殺害を命じられます。ラストは牧村に殺されるバージョン、寿命で力尽きるバージョンが存在。遺言により、遺体はエデン17に葬られました。栄えていたその星はズダーバンというネズミのような男によりあっという間に様々な悪徳がはびこり、地震等で文明が滅びたあと。最初にジョージと訪れた時同様、二人きりの状態でした。

『復活編』

【ストーリー】高所から転落した宮津レオナ。手術の後、彼は周囲の生物が無機物的な塊に見え、声も耳障りなものに聞こえるようになってしまいます。そんな中「一応人型」のロボットチヒロを人間の女性と認識、愛し合うようになりました。この物語の中生まれたのが、「ロビタ」。

チヒロ

昆虫のような顔をした作業用ロボット。しかしレオナには美女に見えました。彼女自身レオナに対する恋心が芽生えたようで、無意識に彼の名を口にするように。闘争の後、後述の女ボスがレオナの体に移植された時、「心はチヒロと結ばれたい」というレオナの要望で一体化。精神世界のような場所で二人は「一緒になれた」喜びをかみしめます。しかしなまじ人間の記憶データを移植したため大きく不格好な姿となりました。立って歩くよりも尻にある滑車で動いた方がよほどスムーズ。わざとなのか心が混ざり合った結果なのかレオナともチヒロともつかない自我を得て、爆発で足が吹き飛び、以降手塚ファンお馴染みの「ロビタ」の姿となります。

主人公レオナにはこう見えてますし、ぬくもりも感じます。

【ロビタ】
その後量産されて「人間に対して逆らうこともあるロボット」として親しまれますが、ロビタを慕うあまり放射線農場に入ってしまった少年が死亡する事故が起きるや、その農場で働いていたロビタ全員が溶解処分に。無関係のロビタも「兄弟」として集団で溶鉱炉に飛び込む事件が起きました。この「ロビタの更新及び集団自殺」は絵的にもショッキングなもので、怖かったというファンも大勢います。月にいた一体が故意に主人を殺しますが「ロボットに殺人罪は適用されない」こと、というよりロボット扱いされることを嘆き悲しむのでした。そんな折に出会ったのが『未来編』の猿田博士、というわけです。

女ボス

妙齢の美女に見えますが実際には50年以上警察と渡り合っている密輸組織のボス。もう体にガタが来ているようで、仕事の時以外はほとんど横たわっています。レオナに横恋慕し、脳の記憶データを彼の体に移す手術を決行。しかし拒絶反応により錯乱、部下に殺されました。

『乱世編』

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

火の鳥(Phoenix)のネタバレ解説まとめ

漫画界の巨匠、手塚治虫の描く壮大な物語が『火の鳥』だ。その血を飲むと永遠の命が得られる伝説の鳥である「火の鳥」。この伝説の鳥を巡り、古代から未来へ、未来から古代へ。またミクロからマクロへ、マクロからミクロへと想像を絶するスケールで世界が流転する。文明の進化と衰退、科学の罪、生命進化、人間の心と、「火の鳥」を狂言回しに、あらゆる要素を紡ぎ、手塚治虫が読者へ送る「究極の物語」だ。

Read Article

火の鳥(Phoenix)の名言・名セリフまとめ

『火の鳥』はあの『鉄腕アトム』を生み出した漫画界の巨匠、手塚治虫による『火の鳥(不死鳥)』を題材とした長編漫画である。日本の漫画文化を代表する作品の一つ。仏教の「六道輪廻」の考え方を軸に「死と再生」を主なテーマとした壮大なストーリーとなっている。 全12編ともなる独立したストーリーの舞台が過去と未来を行き来する独特な構成や、宗教思想と漫画の融合が当時画期的であり、現在でも数々の作品に影響を与え続けている。 この記事では、生命の本質や人間の業を説くような火の鳥の名セリフの数々を紹介する。

Read Article

PLUTO(プルートウ)のネタバレ解説まとめ

『PLUTO』とは、手塚治虫の作品「鉄腕アトム」の中のエピソード「史上最大のロボット」を原作とした浦沢直樹の漫画作品。 舞台は人間とロボットが共存する世界。世界最高水準の能力を持つ7体のロボットが、次々と何者かに破壊される事件が起きる。7体のロボットの1人・ドイツ刑事ロボットのゲジヒトは、一連の事件に深く関わっているとされる謎のロボット「プルートウ」の正体に迫っていく。

Read Article

ブッダ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

「ブッダ」とは、漫画家・手塚治虫が手がけた、仏教を生み出した釈迦こと「ブッダ」の物語についての漫画作品である。少年漫画雑誌「希望の友」(潮出版社)にて、1972年〜1982年まで連載された。後のブッダである主人公「ゴータマ・シッダルタ」が苦悩しつつ仏教をどのように悟ったのかを描き出している。実在の人物と手塚治虫自身の創作の人物が入り混じっているも、2000万部を超える売り上げを記録し、非常に評価されている作品である。

Read Article

三つ目がとおる(The Three-Eyed One)のネタバレ解説まとめ

『三つ目がとおる』とは、手塚治虫による漫画及び、それを原作とするアニメ作品である。無邪気な性格の中学生、写楽保介は古代種族三つ目族最後の生き残り。額の絆創膏を剥がすと第三の目と共に超知能、超能力を操る冷酷な人格が現れ悪魔のプリンスと化す。写楽は世界征服を目論む一方で、時にクラスメイトの和登さんらと共に古代遺跡絡みの陰謀に巻き込まれる。オカルトブームの中、人気を博し第1回講談社漫画賞を受賞。漫画の神と呼ばれた作者の没後初のアニメ化作品でもある。

Read Article

ブラック・ジャック(BLACK JACK)のネタバレ解説まとめ

ブラック・ジャック(BLACK JACK)は、手塚治虫の代表漫画作品の1つ。黒いマント姿につぎはぎの顔の天才無免許医師が、法外な治療費と引き換えに多くの怪我や難病を治療していく人間ドラマ。1973年~1979年に「週刊少年チャンピオン」にて連載され、連載終了後も読み切り作品が掲載された。さらに、他の漫画家の執筆による作品も数多くあり、医療漫画のパイオニアにして、金字塔と言われる。

Read Article

神の手を持つ男 ブラック・ジャックの生い立ちと謎について考察まとめ

手塚治虫の漫画『ブラック・ジャック』。一話完結の作品の中に完璧な人間ドラマを描きだす手塚治虫は間違いなく天才だったといえるでしょう。漫画を読んだことのない人はもちろん、ある人にとってもブラック・ジャックは謎の多い人物です。今回は間黒男がいかにして伝説の無免許医ブラック・ジャックになったのか、ブラック・ジャックとはいったい何者なのか、その本性に迫ります。

Read Article

手塚治虫の名作『ブラックジャック』の集大成! 『ブラックジャック大全集』

手塚治虫の名作が最も美しく甦る。 『ブラックジャック』は過去、秋田書店等で何度か単行本化されているが未収録作品がいくつかある。 しかし本書は、過去の単行本化された中で未収録作品が3話と一番少ない。 なお、この3話(「指」・「植物人間」・「快楽の座」)は手塚プロダクションの意向により今後も掲載されることはないため、この『ブラックジャック大全集』が〈完全版〉と言えるだろう。

Read Article

ぐるなびにて連載のエッセイ漫画【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】をご存知ですか?

田中圭一先生と言えば、漫画界の巨匠・手塚治虫先生の絵柄で下ネタギャグな作風を確立したパイオニア。その田中先生が現在webサイト「ぐるなび」にて、漫画家ご本人とそのご家族にまつわる“食”にスポットを当てたエッセイ漫画を連載しており、これが大変おもしろい!ですのでこちらでは、田中先生の作品を通して、ご自身も漫画家や他分野で活躍されているご家族も紹介させて頂きます。

Read Article

【ブラック・ジャック】記念すべき第1話「 医者はどこだ!」のネタバレと感想

「鉄腕アトム」や「火の鳥」「ジャングル大帝」などの名作を世に生み出した手塚治虫先生。そんな彼の作品の中で「医療漫画の傑作」と言われ、現在でも高い支持を集めているのが「ブラック・ジャック」です。今回は2004年に発売された新装版の特徴を踏まえながら、第1巻収録話についてまとめていきます。(※参考画像なし)

Read Article

いつの時代も面白い!テレビアニメ『ブラック・ジャックシリーズ』

どうも。最近話題になっている「ヤング ブラック・ジャック」効果で再びB・Jブームが到来した筆者です。子供の頃に何気なく見ていたストーリーは、今改めて見ると中々に感慨深いものがあったりします。という事で今回は、テレビで連続放送されていたB・J各シリーズを1話無料動画と合わせてご紹介。

Read Article

目次 - Contents