罪か癒しか?『火の鳥』各編の女性キャラ抜粋

手塚治虫氏未完の大作『火の鳥』。永遠の命、愛、名誉。種々の欲望入り乱れるこの物語を、火の鳥同様に彩る女性陣をまとめました。

【ストーリー】都で平家が権勢をふるっていた頃から源義経が追われる身となるまでを描く。平家のみならず義経の栄枯盛衰も描かれており、権力闘争について一考させる。

【変更点】
弁太の名前:COM版では「まきじ」になっている。

文庫版にない描写:平清盛が見た、「永遠の命を得た」夢。500年後同じ顔をした子孫だらけになり、1000年後にはたまりすぎた記憶のせいで発狂。5分ごとに記憶喪失装置にかけられるなど危険人物扱い。地球の終わりが来ても死ねず、苦しみの声を上げる。

義経と清盛の転生:義経、清盛がそれぞれ時代を少しさかのぼって同時に犬と猿に生まれ変わり、またも権力争いに身を投じるという展開で終わっている(角川版では冒頭で描かれている。また、人間時代のことを思い出すというくだりがない)。親友同士だった犬と猿が自分のまとめる一族の為に殺し合う。

義経の死に様:朝日ソノラマ版では弁太により丸太で顔を潰される。文庫版では追っ手による矢を刺されての死。

義経の口調:朝日ソノラマ版では匿ってくれていた権力者にぞんざいな口調で話していたが、文庫版では敬語に変更。

おぶう

木こりの弁太と恋仲だった美女。その美しさに目を付けられて宗盛の妻により教養を受け、彼女の姪として平清盛の元へ。清盛は一族の由末を案じた結果火焔鳥(火の鳥)の生き血を望むようになります。火焔鳥の一件で清盛を怒鳴りつけますが却って気に入られて、「お前の言うことだから聞いたけど、他の奴なら殺していた」とまで言わしめるのでした。

「一の谷の警備が手薄」なことが気にかかるなど、貴族や武士とは目の付け所が異なり、清盛の死後も平家一門を案じるようになります。清盛に対しそれなりに愛情を持っていたことも語られました。壇ノ浦の合戦の際、源義経の家臣になっていた弁太と再会。舟の上で義経と刺し違えようとしますが「邪魔だ」と言われ斬殺。彼女の出番はこれで終わりですが、弁太が義経や侍を更に憎むきっかけになりました。COM版では弁太(まきじ)と兄妹という設定。

ヒノエ

弁太の妻。「おぶうのことはいいの!?」となりそうですが、「見初めあった者同士が夫婦になる」という祭りにたまたま参加し弁太を見初め、半ば強引に妻になったのでした。一種の盗癖を持っていましたが、弁太に許されたことで解消した模様。壇ノ浦の合戦後紆余曲折の果て再会して夫婦生活が始まりますが、義経によりまたも弁太が駆り出されることに。堪忍袋の緒が切れ義経や部下の兵士を殺した弁太共々行方不明となります。

美人ではないけど、かわいい愛妻。

生命編

【ストーリー】
テレビのプロデューサー、青居は過激な番組を求め、クローン人間を狩る番組を思いつく。ペルーに行けばクローン人間が作れると聞き赴くが、自身のクローンが大量に作られた上、彼自身も「狩り」の対象として狙われることとなる。火の鳥はかつてこの地の長との間に娘をもうけた模様。後述のジュネと共にいた青居の最期について、オリジナルかクローンについてなど種々の変更点が見受けられる。

【変更点】
青居の最期:雑誌掲載時は射殺。単行本や朝日ソノラマ版、文庫版などでは爆弾を仕込んだ義手でクローン培養施設ごと爆死。

オリジナルかクローンか:雑誌掲載時はクローンと明言。単行本以降では、クローン製作の際失った指などから、オリジナルの青居の可能性が示唆されるものの、どちらか分からずじまい。

ジュネの祖母:雑誌掲載時には生きた人間だったのが、単行本以降ロボットのような外観の「サイボーグ」に変更。

ジュネ

この子がナイススタイル美女に成長。

片腕を失った青居の一人が、偶然逃げ込んだアパートの住民。幼い少女で、脳以外を機械化した祖母と暮らしていましたが、祖母がスープに入り込んでいたゴキブリに脳を食い荒らされたことにより青居と共に、彼の娘として逃亡生活をすることに。成長後、青居を父として慕いつつ火の鳥の娘と定期的に会い、「生き物としての知恵、心」を授けられます。純粋な心を持ってそのことを父にも継げますが、青居はそれを信じず、美しく成長したジュネが「男と会っている」と邪推。ジュネが傷を負ったことでようやく話を信じ、青居はクローン人間工場を義手に仕込んだ爆弾で吹き飛ばします。ジュネは父がやったことと直感。退院時、「父」青居が本物かクローンか医師に尋ねられた時「父さんは人間よ!それでいいじゃない!」と叫びました。

『異形編』

【ストーリー】
どんな病、怪我も治せるという八百比丘尼を殺しに来た左近介。殺害の動機は戦国武将である父からの解放。病で鼻が大きく膨らんだ父が直ることなく病死すれば、本来の自分である「女」に戻れると踏んでのことだった。ところが、寺を含む山は不思議な空間に包まれて時が逆行していた。

【作家によっては左近介は救われていた?】手塚治虫氏は悲劇性を高めるためか「登場人物を死なせる」ことがよくある。別作品『ブラック・ジャック』でも「死なせる必要があったのか」という疑問のあるキャラクターは多く、左近介はいわゆる時間のループの中「ひたすら患者を治し、最終的に自分に殺される」ことを罰として受け入れるのだがこれに関し「いくらなんでもひどすぎる」との声もある。また「石ノ森章太郎なら、左近介をループから逃がす措置をとったのではないか」という評がネット上にあった。

左近介(異形編)

左近ノ介、左近之介など表記に違いがありますが、ここでは「左近介」と記します。戦国時代の武将の息子、として育てられた18歳の女性。後継ぎを望んだ苛烈な父により男の子の名を付けられて、剣術から何から厳しく鍛えられました。上述の理由で八百比丘尼を殺し、殺害を隠す意味合いもあってなり替わることになります。やって来る患者の中には異形の者(後述の『太陽編』の神霊の類)もいました。それでも痛みに涙を流す様を見て治療を決意。

夢に火の鳥が現れて言うのでした。「父を見殺しにした贖罪として、ここに来る者たちを治し続けること」と。時は流れて、ある武将の家に「若君」が生まれます。それは他ならぬ自分。本当の罰は自分自身に殺されることでした。斬られる前の八百比丘尼の、意味深長な言葉を思い出し恐怖に震えますが、18年後運命の日の前。「一時的に外に出られる」ことを知り、可平を逃がします。

『羽衣編』

【ストーリー】横長のコマ割り、ストーリーの始まりと終わりに幕が現れるなど、が何だか舞台を思わせる実験的な一作。ラストで舞台に使われたと思しきバラバラになった人形が現れる。

【もう一つの『望郷編』に繋がる物語だった!?】現在『望郷編』とされているもの、実は描き直されたものなんです。『COM版』と呼ばれるバージョンの『望郷編』はまるきり違った内容でした。舞台は「第二の地球」と呼ばれる惑星で、人間も含めたあらゆる生物がクローンで生まれる時代。城之内博士はタイムマシンで娘の時子(つまり、おとき)を過去の時代に逃がしました。時子が戻ってきたところから始まります。時子の産んだ子は核戦争の影響で異形ともいえる姿。彼女の恋をしたジョシュアは博士を殺してタイムマシンを奪い取り、赤ん坊を捨てて地球へと逃げ去ります。それでも赤ん坊は生きており、クローン生物から「コム」と呼ばれるようになったとか。このコムが現在の『望郷編』でのコムの原型。直された理由として抗議があった、ともされますが、雑誌自体の廃刊も関係していたようです。

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

火の鳥(Phoenix)のネタバレ解説まとめ

漫画界の巨匠、手塚治虫の描く壮大な物語が『火の鳥』だ。その血を飲むと永遠の命が得られる伝説の鳥である「火の鳥」。この伝説の鳥を巡り、古代から未来へ、未来から古代へ。またミクロからマクロへ、マクロからミクロへと想像を絶するスケールで世界が流転する。文明の進化と衰退、科学の罪、生命進化、人間の心と、「火の鳥」を狂言回しに、あらゆる要素を紡ぎ、手塚治虫が読者へ送る「究極の物語」だ。

Read Article

火の鳥(Phoenix)の名言・名セリフまとめ

『火の鳥』はあの『鉄腕アトム』を生み出した漫画界の巨匠、手塚治虫による『火の鳥(不死鳥)』を題材とした長編漫画である。日本の漫画文化を代表する作品の一つ。仏教の「六道輪廻」の考え方を軸に「死と再生」を主なテーマとした壮大なストーリーとなっている。 全12編ともなる独立したストーリーの舞台が過去と未来を行き来する独特な構成や、宗教思想と漫画の融合が当時画期的であり、現在でも数々の作品に影響を与え続けている。 この記事では、生命の本質や人間の業を説くような火の鳥の名セリフの数々を紹介する。

Read Article

PLUTO(プルートウ)のネタバレ解説まとめ

『PLUTO』とは、手塚治虫の作品「鉄腕アトム」の中のエピソード「史上最大のロボット」を原作とした浦沢直樹の漫画作品。 舞台は人間とロボットが共存する世界。世界最高水準の能力を持つ7体のロボットが、次々と何者かに破壊される事件が起きる。7体のロボットの1人・ドイツ刑事ロボットのゲジヒトは、一連の事件に深く関わっているとされる謎のロボット「プルートウ」の正体に迫っていく。

Read Article

ブッダ(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

「ブッダ」とは、漫画家・手塚治虫が手がけた、仏教を生み出した釈迦こと「ブッダ」の物語についての漫画作品である。少年漫画雑誌「希望の友」(潮出版社)にて、1972年〜1982年まで連載された。後のブッダである主人公「ゴータマ・シッダルタ」が苦悩しつつ仏教をどのように悟ったのかを描き出している。実在の人物と手塚治虫自身の創作の人物が入り混じっているも、2000万部を超える売り上げを記録し、非常に評価されている作品である。

Read Article

三つ目がとおる(The Three-Eyed One)のネタバレ解説まとめ

『三つ目がとおる』とは、手塚治虫による漫画及び、それを原作とするアニメ作品である。無邪気な性格の中学生、写楽保介は古代種族三つ目族最後の生き残り。額の絆創膏を剥がすと第三の目と共に超知能、超能力を操る冷酷な人格が現れ悪魔のプリンスと化す。写楽は世界征服を目論む一方で、時にクラスメイトの和登さんらと共に古代遺跡絡みの陰謀に巻き込まれる。オカルトブームの中、人気を博し第1回講談社漫画賞を受賞。漫画の神と呼ばれた作者の没後初のアニメ化作品でもある。

Read Article

ブラック・ジャック(BLACK JACK)のネタバレ解説まとめ

ブラック・ジャック(BLACK JACK)は、手塚治虫の代表漫画作品の1つ。黒いマント姿につぎはぎの顔の天才無免許医師が、法外な治療費と引き換えに多くの怪我や難病を治療していく人間ドラマ。1973年~1979年に「週刊少年チャンピオン」にて連載され、連載終了後も読み切り作品が掲載された。さらに、他の漫画家の執筆による作品も数多くあり、医療漫画のパイオニアにして、金字塔と言われる。

Read Article

神の手を持つ男 ブラック・ジャックの生い立ちと謎について考察まとめ

手塚治虫の漫画『ブラック・ジャック』。一話完結の作品の中に完璧な人間ドラマを描きだす手塚治虫は間違いなく天才だったといえるでしょう。漫画を読んだことのない人はもちろん、ある人にとってもブラック・ジャックは謎の多い人物です。今回は間黒男がいかにして伝説の無免許医ブラック・ジャックになったのか、ブラック・ジャックとはいったい何者なのか、その本性に迫ります。

Read Article

手塚治虫の名作『ブラックジャック』の集大成! 『ブラックジャック大全集』

手塚治虫の名作が最も美しく甦る。 『ブラックジャック』は過去、秋田書店等で何度か単行本化されているが未収録作品がいくつかある。 しかし本書は、過去の単行本化された中で未収録作品が3話と一番少ない。 なお、この3話(「指」・「植物人間」・「快楽の座」)は手塚プロダクションの意向により今後も掲載されることはないため、この『ブラックジャック大全集』が〈完全版〉と言えるだろう。

Read Article

ぐるなびにて連載のエッセイ漫画【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】をご存知ですか?

田中圭一先生と言えば、漫画界の巨匠・手塚治虫先生の絵柄で下ネタギャグな作風を確立したパイオニア。その田中先生が現在webサイト「ぐるなび」にて、漫画家ご本人とそのご家族にまつわる“食”にスポットを当てたエッセイ漫画を連載しており、これが大変おもしろい!ですのでこちらでは、田中先生の作品を通して、ご自身も漫画家や他分野で活躍されているご家族も紹介させて頂きます。

Read Article

【ブラック・ジャック】記念すべき第1話「 医者はどこだ!」のネタバレと感想

「鉄腕アトム」や「火の鳥」「ジャングル大帝」などの名作を世に生み出した手塚治虫先生。そんな彼の作品の中で「医療漫画の傑作」と言われ、現在でも高い支持を集めているのが「ブラック・ジャック」です。今回は2004年に発売された新装版の特徴を踏まえながら、第1巻収録話についてまとめていきます。(※参考画像なし)

Read Article

いつの時代も面白い!テレビアニメ『ブラック・ジャックシリーズ』

どうも。最近話題になっている「ヤング ブラック・ジャック」効果で再びB・Jブームが到来した筆者です。子供の頃に何気なく見ていたストーリーは、今改めて見ると中々に感慨深いものがあったりします。という事で今回は、テレビで連続放送されていたB・J各シリーズを1話無料動画と合わせてご紹介。

Read Article

目次 - Contents