【NARUTO】歴代名曲まとめ~OP編~

2002年から放送が開始されたアニメ「NARUTO(疾風伝)」。10年以上にわたる放送の中で数々の名場面がアニメ化されてきましたが、それと同時に増えていったのがアニメ主題歌です。今回は、懐かしの名曲から新しい名曲まで気になったOPをまとめてみました。

NARUTO(アニメ1期)からpickup!

OP2で使用された【遥か彼方】。
歌っているのはASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション)という日本の4人組ロックバンドである。
NARUTOのベストアルバムシリーズでは【NARUTO Best Hit Collection】に収録。

歌の出だしも格好良いが、アニメーションのヌルヌル具合が堪らないな!

OP4で使用された【GO!!!】。
歌っているのはFLOW(フロウ)という日本のロックバンド。
NARUTOのベストアルバムシリーズでは【NARUTO Best Hit Collection】に収録されている。

全体的にエネルギッシュな感じのこの曲。アニメーションからはキャラクターの性格がにじみ出ていて面白い。

OP8で使用された【Re:member(リメンバー)】。
歌っているのは先程と同じくFLOW(フロウ)である。
NARUTOのベストアルバムシリーズでは【NARUTO SUPER HITS 2006-2008】に収録されている。

明るい曲調と「ウォウォウウォ~ウォウウォ~ウォウォ~♪」が( ・∀・) イイネ!

NARUTO~疾風伝~(アニメ2期)からpickup!

疾風伝OP1に使用された【Hero's Come Back!!(ヒーローズ・カム・バック)】。
歌っているのはヒップホップグループのnobodyknows+(ノーバディノウズ)。
NARUTOのベストアルバムシリーズでは【NARUTO SUPER HITS 2006-2008】に収録されている。

歌詞の意味がほとんど分からないが何故か格好いいこの曲。
忍者モノにヒップホップってどうなの?と思ったが(まあそれを言うとロックもどうなの?になるが。)、アニメーションとコラボすると意外にマッチしていて面白い。

疾風伝OP2に使用された【distance(ディスタンス)】。
歌っているのは日本のロックバンドLONG SHOT PARTY(ロング・ショット・パーティー)。
NARUTOのベストアルバムシリーズでは【NARUTO SUPER HITS 2006-2008】に収録されている。

アニメーションから感じられる風と、曲の疾走感がクセになる。

疾風伝OP5に使用された【ホタルノヒカリ】。
歌っているのはみなさんお馴染みの、いきものがかり。
NARUTOのベストアルバムシリーズでは【BEST HIT NARUTO】に収録されている。

そしてこの曲を聴いていると何故か切ない気持ちになる筆者が居る…(´・ω・`)

疾風伝OP6に使用された【Sign(サイン)】。
歌っているのは、またまたFLOW(フロウ)。
NARUTOのベストアルバムシリーズでは【BEST HIT NARUTO】に収録。

もろにサスケvsイタチ戦真っ只中だとわかるOPが印象的である。

疾風伝OP9に使用された【ラヴァーズ】を歌っているのは
日本の4ピースロックバンドの7!!(セブンウップス)。
NARUTOのベストアルバムシリーズでは【NARUTO GREATEST HITS!!!!!】に収録。

スピード感もすごいが、この速さで歌詞がちゃんと聞き取れる曲になっているのが驚きである。

疾風伝OP10に使用された【newsong(ニューソング)】を歌っているのは
日本のロックバンドtacica(タシカ)。
NARUTOのベストアルバムシリーズでは【NARUTO GREATEST HITS!!!!!】に収録。

疾風伝OP10に使用された【突撃ロック】を歌っているのは、ザ・クロマニヨンズ。
NARUTOのベストアルバムシリーズでは【NARUTO SUPER SOUNDS】に収録。

なんともパワフルなこの曲。気づけば貴方も「永遠です!永遠です!」の虜に。

疾風伝OP14に使用された【月の大きさ】を歌っているのは、アイドルグループ乃木坂46。
NARUTOのベストアルバムシリーズでは【NARUTO SUPER SOUNDS】に収録。

NARUTOの主題歌をアイドルグループが担当しているのは比較的珍しいのではないだろうか?

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

FLOW(フロウ)の徹底解説まとめ

FLOWは、1998年に結成された日本の5人組ロックバンド。2003 年にシングル「ブラスター」で本格デビュー。男性2人のツインボーカルという特徴ある音楽性を武器に、数々のヒット曲を世に放っている。近年では多くのアニメ主題歌を手がけ、バンドの人気も急上昇中。今やFLOWが歌えばアニメもヒットするという、“アニソン界の帝王”の異名を得るほどのロックバンドである。

Read Article

四畳半神話大系(The Tatami Galaxy)のネタバレ解説まとめ

四畳半神話大系とは、森見登美彦による日本小説、及びそれを原作として制作、放送されたアニメ作品。 小説は単行本では2005年に太田出版から、文庫本では2008年に角川書店から刊行されている。 アニメは2010年に放送された。 そして森見登美彦原作の「夜は短し歩けよ乙女」の映画化を受け、2017年1月から特別放送が開始された。

Read Article

いきものがかり(Ikimono-gakari)の徹底解説まとめ

いきものがかりとは、女性ボーカルとコーラス・ギターを担当する男性2名による日本の音楽グループで、所属事務所はキューブ。レコード会社はエピックレコードジャパン。1999年から活動を始め、2006年にメジャーデビューを果たした。親しみやすいポップなサウンド、クセのない伸びやかでまっすぐなボーカルが特徴的。

Read Article

ソラニン(Solanin)のネタバレ解説まとめ

浅野いにおによる青年漫画、及びそれを原作とした映画。「週刊ヤングサンデー」にて2005~2006年まで連載。2010年に実写映画化された。退屈なOL生活を送る社会人2年目の芽衣子と、音楽への夢を持ちつつも踏み出すことができないままフリーター生活を続ける恋人種田。二人が夢に向かって歩き出すところから、挫折、そして種田との死別を経て、芽衣子が新たな一歩を踏み出すまでが描かれる。

Read Article

鉄コン筋クリート(Tekkon Kinkreet)のネタバレ解説まとめ

『鉄コン筋クリート』とは、1993年から1994年にかけ『ビッグコミックスピリッツ』にて連載された松本大洋による漫画作品。 2006年に劇場アニメ化され、松本大洋の出世作と言われている。 本作品はヤクザやチンピラ絡みの暴力沙汰が絶えない「宝町」という街を舞台に、孤児であるクロとシロが驚異的な身体能力と子供とは思えない破壊的な力を武器に強く逞しく生き抜く姿を描く。

Read Article

おおきく振りかぶって(おお振り、Big Windup!)のネタバレ解説まとめ

『おおきく振りかぶって』とは、ひぐちアサによる日本の漫画作品。講談社「月刊アフタヌーン」にて2003年11月号より連載が開始された。従来のスポーツ漫画にはない繊細な心理描写や日常の細やかな描写が高く評価され、2006年には第10回手塚治虫文化賞「新生賞」を受賞した。2007年、講談社マンガ賞も受賞し、累計発行部数1000万部を突破。全く新しいタイプの野球漫画として高く評価されている作品。 弱気で卑屈な性格の投手・三橋を中心に、1年生だけしかいない県立西浦高校野球部が甲子園を目指す物語。

Read Article

僕だけがいない街(僕街、ERASED)のネタバレ解説まとめ

三部けいによる漫画を原作とするアニメ作品。 2016年よりフジテレビ「ノイタミナ」枠にて全12話が放送された。 「再上映(リバイバル)」と呼ばれるタイムリープ能力を持つ主人公が、自分と周囲の人々を救うために、現在と過去を行き来するミステリー・サスペンス作品である。 終盤の11話の途中からは、原作とはやや違うオリジナルストーリーとなっている。

Read Article

乃木坂46(Nogizaka46)の徹底解説まとめ

2012年2月22日に1stシングル「ぐるぐるカーテン」デビュー。 2ndシングル「おいでシャンプー」から連続でオリコンチャート1位を獲得し続けた。 AKB48の公式ライバルとして誕生したが、現在は『乃木坂46』という独自のアイドルグループとしての地位を確立している。 新たに3期生を迎えさらに注目度が増しているグループである。

Read Article

NARUTO(ナルト)のネタバレ解説まとめ

日本の漫画家の岸本斉史による作品。1999年43号から『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載が開始され、2014年50号で完結した。全700話あり単行本は全72巻。落ちこぼれの忍者「うずまきナルト」が強敵との戦いの中で、成長していく姿や仲間たちとの友情などが描かれている。全世界累計発行部数2億冊以上。日本国内に留まらず世界中の人々から愛されている。

Read Article

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション、アジカン)の徹底解説まとめ

「アジカン」の略称で知られる4人組ロックバンド2002年11月、ミニアルバム『崩壊アンプリファー』でデビュー後、2004年10月アルバム『ソルファ』がオリコン初登場1位を記録。一躍有名バンドの仲間入りをする。 『鋼の錬金術師』OPとなった「リライト」や、浅野いにおによる漫画を原作とする映画『ソラニン』の主題歌である「ソラニン」を発表するなど活動の幅を広げ、2016年に結成20周年を迎えた。

Read Article

AKB48グループ・坂道シリーズのスキャンダルまとめ

AKB48グループ・坂道シリーズは、秋元康がプロデュースする女性アイドルグループ・AKB48および姉妹グループ、坂道シリーズのことである。恋愛禁止を掲げるアイドルグループとしても有名であるが、スキャンダルや騒動が後を絶えない。ついにはグループに在籍しながら結婚宣言を行ったメンバーも現れ、世間を騒がせている。

Read Article

NARUTO(ナルト)の術・必殺技まとめ

『NARUTO(ナルト)』は、1999年から2014年まで、『週刊少年ジャンプ』にて15年もの間連載された、大人気忍者アクションバトル少年漫画である。作者は岸本斉史氏。友情、愛、復讐、戦争など多くのテーマを持つ大傑作漫画。作中では様々なキャラクターが多様な術を使用し、作品を盛り上げた。今回は作中で使用される術についてまとめてみた。

Read Article

NEW

NARUTO(ナルト)の暁まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里の少年・うずまきナルトは、かつて里に大きな被害をもたらした九尾を封印され、里の者から忌み嫌われていた。ナルトは逆境に負けずに、里の長である火影を目指す。 『暁』とは、S級指名手配されている忍たちが中心になった過激派集団であり、ナルト達と敵対する事になる。

Read Article

NEW

NARUTO(ナルト)の尾獣と人柱力まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里に住む少年・うずまきナルトは、里に甚大な被害を与えた九尾を封じられていた。それ故、ナルトは里の人間から忌み嫌われて育った。ナルトは里の人間を見返すために、里の長である『火影』を目指す。 『人柱力』とは、強大な力を持つ尾獣を封じられた人間の事である。戦争の抑止力ともなる人柱力は、作中で非常に重要な存在である。

Read Article

NARUTO(ナルト)におけるサクラ VS ヒナタのカップリング論争・伏線まとめ

2014年に、主人公・うずまきナルトが夢をかなえるといった感動的な最終回を迎えた人気漫画「NARUTO」。ネット上の一部では完結後、ナルトがヒロインの春野サクラではなく日向ヒナタと結ばれたことに対して「メインヒロインのサクラと結ばれるべきだったのか、それともヒナタと結ばれたままでいいのか」という点での議論が行われているようである。サクラ派とヒナタ派双方の主張をまとめてみた。

Read Article

NARUTO(ナルト)の名言・名セリフまとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史による大人気の忍者アクション漫画である。週刊少年ジャンプにて連載されていた。 主人公は木ノ葉隠れの里に住む少年のうずまきナルトで、ナルトの夢は木ノ葉隠れの里のトップである火影になることだ。孤独な幼少期を過ごしてきたナルトが、友達や先生との交流を通して愛を知っていく展開や、心に染みる熱いセリフは少年だけに留まらず、世界中の人々に評価されている。

Read Article

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)の名言・発言まとめ

ASIAN KUNG-FU GENERATIONは後藤正文(Vo&G)、喜多建介(G&Vo)、山田貴洋(B&Vo)、伊地知潔(Dr)からなる4人組ロックバンド。 フロントマンである後藤正文がほとんどの楽曲の作詞作曲を担当、歌詞は比喩的な表現を多様し、曲作りに込められた発言から、音楽のみならず、社会的、政治的発言も数多く残している。

Read Article

乃木坂46次世代エースは誰!?

現在人気のアイドル、乃木坂46。 現在のエースや十福神といったフロントメンバーの人気は非常に高まっており、今や公式ライバルであるAKB48グループをもしのぐものとなっています。 しかし、メンバーの層は厚く、次世代と言われる若手のメンバーの人気も実力も上がってきていると話題になってきています。 そこで、今回はそんな乃木坂46の次世代メンバーを紹介します。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents