NARUTO(ナルト)の術・必殺技まとめ

D33600f2b2ee18690e679a32ba94698d  naruto uzumaki kakashi

『NARUTO(ナルト)』は、1999年から2014年まで、『週刊少年ジャンプ』にて15年もの間連載された、大人気忍者アクションバトル少年漫画である。作者は岸本斉史氏。友情、愛、復讐、戦争など多くのテーマを持つ大傑作漫画。作中では様々なキャラクターが多様な術を使用し、作品を盛り上げた。今回は作中で使用される術についてまとめてみた。

NARUTO概要

『NARUTO(ナルト)』は、1999年から2014年まで、『週刊少年ジャンプ』にて15年もの間連載された、大人気少年漫画である。作者は岸本斉史氏。
単行本は国内だけでも2015年9月時点で1億4千万部発行しており、国外での人気も高く、全世界の累計では2億部を突破している。
本作は700話で完結。単行本最終巻は72巻である。
忍者を題材にしたバトルアクション漫画。

主人公の「うずまきナルト」は、里を壊滅状態に追いやった九尾の化け物を封印された少年であった。それ故、里の者から忌み嫌われ、孤独な幼少期を過ごす。忍者の学校でも落ちこぼれであったナルトはイタズラばかりで他人の目を引こうとしていた。
そんなナルトが、自里の長「火影」になることを夢見て、持ち前の明るさとひたむきな努力、曲げない信念を貫きながら、少しずつ増えていく仲間と共に成長していく。
友情、師弟や家族との絆、復讐や裏切りをテーマに、忍の闇にも触れながら、様々なキャラクターのドラマも描かれている。
忍者同士のバトルでは多岐にわたる様々な術のぶつかり合いで、迫力のあるバトルが楽しめるのも、この漫画の魅力の一つである。

術について

忍びが使用する術は、「忍術」「体術」「幻術」の三種類からなる。さらには、「血継限界」と呼ばれる一族で受け継がれる特異な術が存在する。
会得できる術は各人の属性や遺伝、術自体の難易度、術を使用するために必要なチャクラと呼ばれるエネルギー量などに依存する。

忍術

忍者の最も基本的な術が、忍術である。
忍者が忍術を使用する上で必要なものが、「チャクラ」と呼ばれる身体エネルギーであり、チャクラにはそれぞれ「火」「水」「土」「風」「雷」の5つの性質がある。これら5つの性質は、忍五大国の名の由来となっている。
性質を持つチャクラを使用する術は、それぞれ「火遁(かとん)」「水遁(すいとん)」「土遁(どとん)」「風遁(ふうとん)」「雷遁(らいとん)」と呼ぶ。
これらの性質には優劣関係がある。

「火遁」は風遁に強く、水遁に弱い
「水遁」は火遁に強く、土遁に弱い
「土遁」は水遁に強く、雷遁に弱い
「風遁」は雷遁に強く、火遁に弱い
「雷遁」は土遁に強く、風遁に弱い

忍者が忍術を使う基本的な動作としては、体内でチャクラを練り上げ、手で印を結ぶことにより術が発動する。

体術

忍者の最も基本的な動作である。
術を使う際にチャクラを練ったり、印を結んだりする動作は必要はなく、己の身体を使い、打撃を行う。
肉体の鍛錬のみで制度を上げる。

幻術

別称陰遁。
術を使用することで、相手の五感に働きかけ幻を見せる。
精神的なダメージを与えることが可能となる。
上級者向けの術である。

血継限界

遺伝のみにより継承される特異能力であり、体質のこと。
基本的には血族内で受け継がれてゆくが、他者からの移植や培養によって、血族でないものが能力を使えることもある。また、血族であっても能力が覚醒しないこともある。
血継限界も持つ一族は、その特有の力から恐れられ、迫害を受けることも多々ある。

NARUTOの術

火遁

火遁・蝦蟇油炎弾(かとん・がまゆえんだん)/自来也&ガマブン太

313aa505 s

ガマブン太が水鉄砲のように吹き出した油に、自来也が火遁で吹いた火を着火させることで威力を高め攻撃する。

火遁・豪火球の術(かとん・ごうかきゅうのじゅつ)/うちはサスケ、うちはイタチ、うちはフガク、孟宗(ホウキ)、はたけカカシ、うちはオビト、スイカ、うちはシスイほか

Image

出典: manga-gatari.s3.amazonaws.com

勢いよく吹くことで、等身大程の火の玉を作り攻撃する。うちは一族が編み出した技であり、これを使えることで一人前と認められていた。

火遁・龍火の術(かとん・りゅうかのじゅつ)/うちはサスケ、みたらしアンコ

Image

出典: manga-gatari.s3.amazonaws.com

ワイヤーで相手を拘束した後、ワイヤーに術で着火させ攻撃する。

火遁・鳳仙火の術(かとん・ほうせんかのじゅつ)/うちはサスケ、孟宗(ホウキ)、うちはイタチ、フウカ

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

NARUTO(ナルト)のネタバレ解説まとめ

日本の漫画家の岸本斉史による作品。1999年43号から『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載が開始され、2014年50号で完結した。全700話あり単行本は全72巻。落ちこぼれの忍者「うずまきナルト」が強敵との戦いの中で、成長していく姿や仲間たちとの友情などが描かれている。全世界累計発行部数2億冊以上。日本国内に留まらず世界中の人々から愛されている。

Read Article

NARUTO(ナルト)におけるサクラ VS ヒナタのカップリング論争・伏線まとめ

2014年に、主人公・うずまきナルトが夢をかなえるといった感動的な最終回を迎えた人気漫画「NARUTO」。ネット上の一部では完結後、ナルトがヒロインの春野サクラではなく日向ヒナタと結ばれたことに対して「メインヒロインのサクラと結ばれるべきだったのか、それともヒナタと結ばれたままでいいのか」という点での議論が行われているようである。サクラ派とヒナタ派双方の主張をまとめてみた。

Read Article

NARUTO(ナルト)の名言・名セリフまとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史による大人気の忍者アクション漫画である。週刊少年ジャンプにて連載されていた。 主人公は木ノ葉隠れの里に住む少年のうずまきナルトで、ナルトの夢は木ノ葉隠れの里のトップである火影になることだ。孤独な幼少期を過ごしてきたナルトが、友達や先生との交流を通して愛を知っていく展開や、心に染みる熱いセリフは少年だけに留まらず、世界中の人々に評価されている。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents