NARUTO(ナルト)の暁まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。
木の葉隠れの里の少年・うずまきナルトは、かつて里に大きな被害をもたらした九尾を封印され、里の者から忌み嫌われていた。ナルトは逆境に負けずに、里の長である火影を目指す。
『暁』とは、S級指名手配されている忍たちが中心になった過激派集団であり、ナルト達と敵対する事になる。

『NARUTO』の概要

『NARUTO -ナルト-』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。
1999年に連載が始まって以降、爆発的な人気を誇り、『週刊少年ジャンプ』の看板漫画の一つとなった。忍の世界を舞台に、仲間との友情、家族の絆、裏切りと復讐、平和と戦争など、様々なテーマが描かれた。連載15年目で完結し、単行本は全72巻となった。

木の葉隠れの里に住む少年・うずまきナルトの中には、かつて里を襲撃して多大な損害を与えた九尾の妖狐が封印されていた。それ故、ナルトは里の人間から忌み嫌われていた。ナルトは里の皆を見返す為に、里の長である火影を目指す。
ナルトの中の九尾は、強大な力を持つ『尾獣』の一匹であった。その為に、大きな力を求める者に狙われることになり、世界を揺るがす争いに加わることになる。

『暁』とは

『暁』とは、S級指名手配された抜け忍が中心となった激派集団である。
かつては「対話により争いをなくす」事が目的だったが、「全ての尾獣を手中に収め、何億もの人々が一瞬で死に絶えるような禁術兵器を作り、それを戦争をしている国々に分け与え、使わせることで人々が戦争によって痛みを感じ、戦争への恐怖心によって戦争が起きないようにする」という目的に変わっている。最終的には、星に住む全ての生物に幻術をかける『無限月読』を発動させようとしている。
金で戦争を請け負う傭兵集団という一面も持っている。
『無限月読』を発動する為には、全ての尾獣が必要であり、各地に散らばる人柱力に戦いを挑む。

メンバーは黒地に赤い雲が描かれた外套を身につけ、指に漢字が刻まれた指輪を装着している。また、全てのメンバーが里の紋章が入った額当てに傷をつけており、反逆の意を示している。「裏切り者は容赦無く葬る」というルールが存在し、組織を抜けた大蛇丸を粛清する計画が持ち上がっていた。
一人につき一匹の尾獣を仕留める事がノルマとされている。

メンバーは尾獣を相手にする事ができる凄腕の忍が集められている。個性的で圧倒的な強さを誇る『暁』のメンバーは重要キャラクターであり、ファンからも人気がある。

うちはイタチ

プロフィール

指輪:朱 右手の薬指

サスケの実の兄。サスケ以外のうちは一族を抹殺し、木の葉隠れの里の抜け忍となった。それ故、サスケの復讐の対象となっている。
通常の忍とは異次元の強さを兼ね備えている。
万華鏡写輪眼を開眼しており、サスケと同じく、消えることがない黒炎を放つ『天照』、対象を幻術の世界へ引きずりこみ精神に多大なるダメージを与える『月詠』を使うことができる。サスケは『天照』に長けているが、イタチは『月詠』の方を得意としている。
手裏剣術にも長けており、死角から目標に手裏剣を当てることができる。印を結ぶスピードも凄まじく、写輪眼でも捉えることができない。また、剣そのものが封印術を帯びている『十拳剣』や、敵の攻撃により盾の属性が変わり、全ての術を防ぐ『八咫鏡』を持っている。
後に火影になるカカシ、『暁』のメンバーである鬼鮫は「自身より強い」と発言している。『伝説の三忍』と謳われる大蛇丸もイタチには敵わず、イタチと同じ写輪眼を手に入れようとした。デイダラを『暁』に勧誘した時には、圧倒的な力の差を見せつけた。

来歴

7歳で忍者アカデミーを卒業し、8歳で写輪眼を開眼した。10歳には中忍となって、それからしばらくして暗部へと入った。13歳の時には暗部の部隊長を務めている。その後、うちは一族を滅ぼして抜け忍となった。その時、サスケにもっとも親しき友を殺害する事で『万華鏡写輪眼』を開眼できる事を教え「いつかオレと同じ“眼”を持って、オレの前に来い」と遺した。その後『暁』のメンバーになっている。
その後、ナルトの中の九尾を狙い、干柿鬼鮫と共に木の葉隠れの里に現れた。しかし、カカシや自来也に阻まれ、撤退した。

それから二年後、サスケと再会を果たし、戦うことになる。その時、イタチは他者の万華鏡写輪眼を移植する事で、失明することがない『永遠の万華鏡写輪眼』を手に入れられる事を明かし、サスケの万華鏡写輪眼を奪おうとする。二人は激戦を繰り広げるが、イタチは須佐能乎を発現させ、サスケの術を防ぎきった。そしてサスケの目を奪おうとするが、薬で延命していた身体に限界が来て「許せサスケ、これで最後だ」と笑顔で言い遺して死亡した。
その後、サスケはトビ(うちはオビト)からイタチの真実を聞かされる。

実はイタチとサスケの父親であるフガクが首謀者となり、うちは一族はクーデターを起こそうとしていた。イタチは争いを嫌う温和な性格をしていた。その思いは戦争を経験した事をにより、一層強くなった。木の葉の暗部のダンゾウは、イタチにスパイになる様に言い渡し、自己犠牲を厭わないイタチはその任務を引き受けた。その後、クーデターが起きる直前にイタチはダンゾウから「うちは一族に加担して一族ごと死ぬ」か「サスケだけを助けてうちは一族を抹殺するか」の選択肢を迫られる。そしてイタチは一族を抹殺する事を選んだ。その後、イタチはダンゾウにサスケに手出ししない様に脅して里を抜けた。
実はこのクーデターに乗じてオビトが里を強襲しようとしており、イタチは取引してオビトに里を襲わせない様にしていた。抜け忍となったイタチは、オビトを監視するために『暁』へと入団したのだった。
イタチがサスケに負けたのも、サスケに万華鏡写輪眼を開眼させる為であった。また、サスケが大蛇丸から付けられた呪印を外すことも狙いの一つであった。この事実を知ったサスケは、木の葉隠れの里に復讐しようとする。

『第四次忍界大戦』が始まると、カブトの『穢土転生』により呼び戻され、戦争の手駒にされる。イタチは長門と共にナルトとキラービーと戦うことになる。しかし、イタチは以前ナルトにあった時に仕掛けを施していた。それは「イタチの眼を持つ者に『里を守れ』という幻術をかける」というものだった。本来であればイタチの眼を移植したサスケに使われるはずだったが、イタチはこの仕掛けにより穢土転生の支配から離れた。イタチはサスケの事をナルトに託し、自身は穢土転生を使っているカブトを止めに行く事にした。

カブトの元へ向かう途中、イタチはサスケと再会を果たす。そしてイタチはサスケと共にカブトと戦い、禁術『イザナミ』によって穢土転生を解除する事に成功した。イタチは一族滅亡の真実を話し、そして消えゆく間際に「お前がこれからどうなろうと、俺はお前をずっと愛している」とサスケに告げて消えていった。

うちはイタチの術・技

月読

万華鏡写輪眼による瞳術。イタチと眼を合わせたものを幻術の世界へと引きずりこむ。
その世界は、空間、時間、質量など、全てがイタチの思いのままとなる。この術にかかったカカシは、72時間もの間、刀で刺され続けた。しかし、現実では一瞬の時しか経っていなかった。この術にかかると大きな精神ダメージを負わせられる。
サスケは一瞬の幻を見せることしか出来ないが、イタチの月詠は大きく性能が違っている。

天照

対象を燃やし尽くすまで消える事がない黒炎を放つ。この炎に灼かれると、その箇所を切り捨てるしか対処のしようがない。
サスケは形態変化もこなし、他の術とも併用しているが、イタチはそのような使い方をしていない。

須佐能乎

自身の周囲にチャクラで作った巨人を出現させる。
物理攻撃、術での攻撃を防ぐ事ができる。強力な技でなければ、須佐能乎を破ることはできない。雷雲を利用して放つサスケの切り札『麒麟』さえも防いだ。
また、巨人の手や剣で攻撃することもできる。イタチの須佐能乎は、それ自体が封印術を帯びた霊剣『十拳剣』、全ての術を防ぐ霊器『八咫鏡』を装備している。

八坂ノ勾玉

須佐能乎を発動した状態で、チャクラを勾玉状に変形させ、それを投げて攻撃する。
イタチの遠距離での最高の攻撃。

イザナミ

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

NEW

NARUTO(ナルト)の尾獣と人柱力まとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史の漫画、およびそれを原作とするアニメや映画などのメディアミックス作品である。 木の葉隠れの里に住む少年・うずまきナルトは、里に甚大な被害を与えた九尾を封じられていた。それ故、ナルトは里の人間から忌み嫌われて育った。ナルトは里の人間を見返すために、里の長である『火影』を目指す。 『人柱力』とは、強大な力を持つ尾獣を封じられた人間の事である。戦争の抑止力ともなる人柱力は、作中で非常に重要な存在である。

Read Article

NARUTO(ナルト)のネタバレ解説まとめ

日本の漫画家の岸本斉史による作品。1999年43号から『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載が開始され、2014年50号で完結した。全700話あり単行本は全72巻。落ちこぼれの忍者「うずまきナルト」が強敵との戦いの中で、成長していく姿や仲間たちとの友情などが描かれている。全世界累計発行部数2億冊以上。日本国内に留まらず世界中の人々から愛されている。

Read Article

NARUTO(ナルト)の術・必殺技まとめ

『NARUTO(ナルト)』は、1999年から2014年まで、『週刊少年ジャンプ』にて15年もの間連載された、大人気忍者アクションバトル少年漫画である。作者は岸本斉史氏。友情、愛、復讐、戦争など多くのテーマを持つ大傑作漫画。作中では様々なキャラクターが多様な術を使用し、作品を盛り上げた。今回は作中で使用される術についてまとめてみた。

Read Article

NARUTO(ナルト)におけるサクラ VS ヒナタのカップリング論争・伏線まとめ

2014年に、主人公・うずまきナルトが夢をかなえるといった感動的な最終回を迎えた人気漫画「NARUTO」。ネット上の一部では完結後、ナルトがヒロインの春野サクラではなく日向ヒナタと結ばれたことに対して「メインヒロインのサクラと結ばれるべきだったのか、それともヒナタと結ばれたままでいいのか」という点での議論が行われているようである。サクラ派とヒナタ派双方の主張をまとめてみた。

Read Article

NARUTO(ナルト)の名言・名セリフまとめ

『NARUTO』とは、岸本斉史による大人気の忍者アクション漫画である。週刊少年ジャンプにて連載されていた。 主人公は木ノ葉隠れの里に住む少年のうずまきナルトで、ナルトの夢は木ノ葉隠れの里のトップである火影になることだ。孤独な幼少期を過ごしてきたナルトが、友達や先生との交流を通して愛を知っていく展開や、心に染みる熱いセリフは少年だけに留まらず、世界中の人々に評価されている。

Read Article

東京ミュウミュウ(Tokyo Mew Mew)のネタバレ解説まとめ

吉田玲子原作、征海未亜作画による漫画作品およびそれを原作としたアニメ作品。絶滅危惧種動物の遺伝子と合体した少女たちが変身し、強大な敵と戦う。女の子特有の、恋の悩みや敵との関わりなど子供向けアニメとしては深い内容となっている。それぞれの動物に即した衣装やアイテムに当時の子供たちは夢中となった。また当時連載していた雑誌「なかよし」が60周年となった時、再度注目されるなど幅広い年齢に愛されている。

Read Article

NEW

ブラッククローバー(ブラクロ)の魔法まとめ

『ブラッククローバー』とは、田畠裕基による日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメ・ゲームなどのメディアミックス作品である。 孤児であるアスタとユノは、魔法騎士の頂点である『魔法帝』を目指していた。ユノは豊かな才能を持っていたが、アスタは魔法を使うためのマナを持っていなかった。それでも諦めなかったアスタは「悪魔が宿る」とされる『五つ葉の魔導書』を手にする。 『ブラッククローバー』には様々な魔法騎士が登場し、個性豊かな魔法を使用する。

Read Article

東京ミュウミュウ(Tokyo Mew Mew)の名言・名セリフまとめ

『東京ミュウミュウ』とは、『なかよし』で連載されていた少女漫画で、アニメ化もされている作品だ。主人公の桃宮いちごを始めとする5人の女の子たちが、絶滅危惧種の動物の力を持つ戦士である『ミュウミュウ』に変身し、宇宙から東京の街へとやってきたキメラアニマと呼ばれる怪物から日々街を守っている。 戦う女の子たちのかわいらしくもカッコイイセリフの数々が、当時の読者である女の子や女性たちに勇気や感動を与えた。今回は、そんな『東京ミュウミュウ』に登場する名言や名セリフを紹介する。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

【それでも世界は美しい】破天荒な年の差カップルが繰り広げる問題作!!

【おねショタ好き必見?】小国の公女がジャンケンに負けて嫁いだのは、即位後3年で世界制服を果たした悪名高き王が治める大国。だが、出会った王はわずか11歳の少年だった。恋愛アリ、笑いアリ、感動アリ、ネタ要素アリで性別問わず楽しめるこのアニメ。1話無料視聴もあるので暇な方もどうぞ。

Read Article

目次 - Contents