ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジアン・カンフー・ジェネレーション、アジカン)の徹底解説まとめ

「アジカン」の略称で知られる4人組ロックバンド2002年11月、ミニアルバム『崩壊アンプリファー』でデビュー後、2004年10月アルバム『ソルファ』がオリコン初登場1位を記録。一躍有名バンドの仲間入りをする。
『鋼の錬金術師』OPとなった「リライト」や、浅野いにおによる漫画を原作とする映画『ソラニン』の主題歌である「ソラニン」を発表するなど活動の幅を広げ、2016年に結成20周年を迎えた。

プロフィール

結成

1996年に関東学院大学の軽音楽サークルにて結成。
後藤、喜多、山田にとっては初のバンド結成だった。当時は5人組バンド。
トリプルギター編成だったが、ギター脱退後同じサークルでドラマーとして活躍していた伊地知が加入し、今の形態になった。
バンド名は後藤が好きだった「THEE MICHELLE GUN ELEPHANT」が英単語を3つ使用しているところから、自分たちも3つの英単語でバンド名をつけようと考えた結果「ASIAN KUNG-FU GENERATION」となった。

活動

2000年に自主制作で初の音源『THE TIME PAST AND I COULDN'T SEE YOU AGAIN』を発表。この頃は全英語詞だった。
2001年から日本語で歌詞を書くようになり、活動が本格化。2002年には初の正式な音源となるミニアルバム『崩壊アンプリファー』をリリースした。
2003年に前述のミニアルバムをキューンレコードから再発売しメジャーデビュー。
その後2004年には2ndアルバム『ソルファ』でオリコン初登場1位を獲得。
結成10周年の2006年には8thシングル「ワールドアパート」にてオリコンシングルチャート初登場1位を記録した。
「FUJI ROCK FESTIVAL」や韓国で行われた「INCHEON PENTAPORT ROCK FESTIVAL 2007」などにも出演し、日本のみならず海外でもその人気を高めている。ヨーロッパや南米でもツアーを敢行した。
2016年に活動20周年を迎え、2ndアルバムであった『ソルファ』を期間限定プライスオフ盤として再リリースした。

メンバー

後藤正文(ゴトウマサフミ)

出典: www.earth-garden.jp

ギター&ボーカル担当。愛称「ゴッチ」。作詞と作曲のほとんどを手がけている。
160cm台の身長とメガネがトレードマーク。文章を書くのが好きと公言していて、書籍も2006年に発売された『ゴッチ語録-GOTCH GO ROCK!』を始めとして2016年までで4冊出版している。
2014年には“Gotch”の名義で初のソロアルバム『Can’t Be Forever Young』をリリースした。

喜多建介(キタケンスケ)

出典: www.tfm.co.jp

ギター&ボーカル担当。愛称は「キタケン」「建さん」「建ちゃん」「ケンスイ」など多数。
コーラスを担当することが多い。8thシングル「ワールドアパート」に収録されている「嘘とワンダーランド」では、作曲をひとりで行ったことから、歌唱も自身が行っている。

山田貴洋(ヤマダタカヒロ)

出典: akfgfragments.com

ベース&ボーカル担当。愛称は「山ちゃん」「山さん」「ダーヤマ」。
ファンからは「日本一無表情な男」と呼ばれるほど、写真の表情が同じ。
書道6段で、ツアーグッズなどに彼の書いた文字が使用されたことがある。

伊地知潔(イヂチキヨシ)

出典: www.cinra.net

ドラム担当。愛称は「潔」、「キヨポン」、「伊地知乃親方」など多数。
アジカンの初期メンバーではなく、1年遅れて1997年に加入している。
料理が得意で、金澤ダイスケと共著で「Session in the Kitchen」というレシピ本を出版している。

オリジナルアルバム

『崩壊アンプリファー』

出典: www.amazon.co.jp

1.遥か彼方
2.羅針盤
3.粉雪
4.青の歌
5.サンデイ
6.12

インディーズで2002年11月25日にリリースしたのちに、メジャーデビュー作となった作品。2003年4月23日発売。
研ぎ澄まされた“熱さ”を閉じ込めたかのような、爽快なメロディと荒削りでありながらセンスが光るサウンドワークが魅力の一枚。

『君繋ファイブエム』

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

四畳半神話大系(The Tatami Galaxy)のネタバレ解説まとめ

四畳半神話大系とは、森見登美彦による日本小説、及びそれを原作として制作、放送されたアニメ作品。 小説は単行本では2005年に太田出版から、文庫本では2008年に角川書店から刊行されている。 アニメは2010年に放送された。 そして森見登美彦原作の「夜は短し歩けよ乙女」の映画化を受け、2017年1月から特別放送が開始された。

Read Article

ソラニン(Solanin)のネタバレ解説まとめ

浅野いにおによる青年漫画、及びそれを原作とした映画。「週刊ヤングサンデー」にて2005~2006年まで連載。2010年に実写映画化された。退屈なOL生活を送る社会人2年目の芽衣子と、音楽への夢を持ちつつも踏み出すことができないままフリーター生活を続ける恋人種田。二人が夢に向かって歩き出すところから、挫折、そして種田との死別を経て、芽衣子が新たな一歩を踏み出すまでが描かれる。

Read Article

僕だけがいない街(僕街、ERASED)のネタバレ解説まとめ

三部けいによる漫画を原作とするアニメ作品。 2016年よりフジテレビ「ノイタミナ」枠にて全12話が放送された。 「再上映(リバイバル)」と呼ばれるタイムリープ能力を持つ主人公が、自分と周囲の人々を救うために、現在と過去を行き来するミステリー・サスペンス作品である。 終盤の11話の途中からは、原作とはやや違うオリジナルストーリーとなっている。

Read Article

鉄コン筋クリート(Tekkon Kinkreet)のネタバレ解説まとめ

『鉄コン筋クリート』とは、1993年から1994年にかけ『ビッグコミックスピリッツ』にて連載された松本大洋による漫画作品。 2006年に劇場アニメ化され、松本大洋の出世作と言われている。 本作品はヤクザやチンピラ絡みの暴力沙汰が絶えない「宝町」という街を舞台に、孤児であるクロとシロが驚異的な身体能力と子供とは思えない破壊的な力を武器に強く逞しく生き抜く姿を描く。

Read Article

ASIAN KUNG-FU GENERATION(アジカン)の名言・発言まとめ

ASIAN KUNG-FU GENERATIONは後藤正文(Vo&G)、喜多建介(G&Vo)、山田貴洋(B&Vo)、伊地知潔(Dr)からなる4人組ロックバンド。 フロントマンである後藤正文がほとんどの楽曲の作詞作曲を担当、歌詞は比喩的な表現を多様し、曲作りに込められた発言から、音楽のみならず、社会的、政治的発言も数多く残している。

Read Article

目次 - Contents