鬼滅の刃(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品。2016年11号から2020年24号まで週刊少年ジャンプにて連載され、2019年にはufotable制作でアニメ化された。
舞台は大正時代。炭焼きの家の長男・竈門炭治郎は町へ炭を売りに行ったが、家に帰ると家族が何者かに惨殺されていた。そして一人生き残った妹の禰豆子は鬼になってしまう。炭治郎は妹を人間に戻す為、そして惨殺された家族の仇討ちの為、厳しい訓練の末に鬼狩り組織「鬼殺隊」に入隊する。炭治郎や仲間の、鬼との過酷な死闘を描く和風ダークファンタジー。

『鬼滅の刃』の概要

『鬼滅の刃(きめつのやいば)』とは、吾峠呼世晴(ごとうげこよはる)による漫画作品である。2016年11号から2020年24号まで週刊少年ジャンプにて連載され、2019年には『Fate』シリーズでも有名なアニメーション制作会社・ufotableによりアニメ化された。大正時代の日本が舞台。ある日鬼によって家族を惨殺され、妹の禰豆子を鬼に変えられてしまった主人公・炭治郎が鬼狩りを専門とする部隊・鬼殺隊に入隊し、その仲間とともに人々を守りながら家族の仇討ち、そして鬼にされてしまった禰豆子を人間に戻す方法を探していく物語である。

ジャンルは和風ダークファンタジーで、世界観や設定から流血表現や部位欠損など残酷な描写がしばしばあるため、2020年公開の劇場版ではPG-12指定とされた。

renote.jp

シリアスな展開とコミカル・ギャグチックな展開の両側面がテンポよく描かれている。作者の持ち味である独特な和風の絵柄や雰囲気はジャンプ作品としては異彩を放っており、多くのファンから支持されている。

『鬼滅の刃』のあらすじ・ストーリー

主人公・炭治郎と鬼に襲撃され重傷の禰豆子(炭治郎の妹)。

時は大正時代の日本。竈門炭治郎は亡き父親の代わりに炭を売って生計を立てながら、家族と共に山でつつましくも幸せな日々を送っていた。そんなある日、町に炭を売りに出かけた炭治郎が山へ戻ると、家族は鬼に襲われ皆殺しにされていた。唯一生き残った妹の禰豆子を救うため、吹雪の中を下山する炭治郎。しかし途中で禰豆子が突然唸り声を上げ、炭治郎に襲いかかってきた。

豹変した禰豆子に襲われた炭治郎を救ったのは、『冨岡義勇』という一人の剣士だった。義勇曰く、禰豆子は傷口から鬼の血が入り込み、鬼へと変貌してしまったらしい。鬼になってしまった禰豆子を退治すべく、義勇は刀を振るう。それに対し炭治郎は禰豆子を斬らないように頭を下げて許しを請う。そんな炭治郎に対し、義勇は「生殺与奪の権を他人に握らせるな!!』と激怒した。義勇は、弱者には何かを守ることはできない、と説いた。そして義勇は禰豆子の方に刀を突き立てる。それを見た炭治郎は腰に下げていた斧で義勇に立ち向かう。しかし、義勇は強く、炭治郎は簡単にねじ伏せられてしまう。義勇は妹を守ろうとする炭治郎の力の無さに失望する。その時、頭上から斧が降ってきて、義勇の横の木に突き刺さった。斧は炭治郎が投げたものだった。炭治郎は義勇に向かって行った時、すでに斧を持っていなかった。つまり炭治郎は自身が倒されることを承知の上で義勇を倒そうとしたのだった。その時、倒れた炭治郎を見た禰豆子は、鬼としての人間の血肉を食らいたいという欲求を抑え、炭治郎を義勇から守ろうとする。禰豆子に固い兄妹の絆を感じ取った義勇は剣を収め、炭治郎に『鱗滝左近次』という老人の元を訪ねるよう助言し、その場から立ち去る。

義勇に紹介された鱗滝は、鬼を討伐する部隊・鬼殺隊の入隊を希望する剣士を育てる『育手』であった。炭治郎は鱗滝の元で鬼と戦うべく、過酷な修行を積む。鬼は太陽の光を浴びると体が焼けて死んでしまうため、禰豆子は日を閉ざした部屋の中で眠り続けていた。炭治郎は鱗滝から、鬼と戦うために必要な呼吸方法を教えられる。その呼吸の内の一つ『全集中の呼吸』は、大量の酸素を取り込み身体能力を大幅にあげることができるものであった。

修行に耐え続けた炭治郎に対し、ある日鱗滝は教えることはもう無いと言い、炭治郎に大岩を切るように言いつける。それが鬼殺隊の最終選抜へ行く条件だった。炭治郎は岩を斬れる自信が無く、実際それを達成することが出来ずにいた。それから鱗滝が稽古をつけることはなくなり、炭治郎はそれまで行ってきた修行を繰り返すが、ある日炭治郎の前に狐の面をつけた青年・錆兎と、同じく狐の面をつけた少女・真菰が姿を表す。どうやら二人は鱗滝の知り合いらしい。錆兎は木刀で突如襲いかかってきた。そして、炭治郎は鱗滝の教えを教わっただけで、体得していないと言う。錆兎は格段に早く、圧倒的な剣技で炭治郎を打ち負かした。それから炭治郎は錆兎と戦い、真菰に治療と手解きを受ける日々を過ごした。錆兎と戦うようになって半年、その日、錆兎は木刀ではなく、真剣を持っていた。天性の嗅覚を持っていた炭治郎は、戦いの途中『隙の糸』の匂いを嗅ぎつける。炭治郎がその匂いを感じると、自身の刀から相手に糸が伸びているのが見えた。炭治郎の刀はその糸に引き寄せられるように弧を描き、錆兎よりも早く刀を振るった。炭治郎の刀は錆兎の面を割った。そこから見えた錆兎の顔は優しく、笑顔だった。それを見ていた真菰は「炭治郎。よくやったね。今のを忘れないで。勝ってね。炭治郎。あいつにも…。」と言って姿を消した。炭治郎が真菰から目線を戻すと、そこには錆兎ではなく、自身が斬った大岩があった。

鱗滝は「お前を最終選別に行かせるつもりはなかった。もう…子供が死ぬのを見たくなかった。お前にこの岩は斬れないと思っていたのだが…。よく頑張った炭治郎。お前はすごい子だ。」と言い、炭治郎を褒めた。炭治郎は鱗滝から『厄徐の面』というお守りである狐の面を貰い、最終選抜へと向かう。鱗滝の家を出る際、炭治郎は錆兎と真菰によろしく伝えるように鱗滝に伝えた。鱗滝は遠のく炭治郎の背に「炭治郎…!なぜお前が…死んだあの子達の名を知っている…。」と呟いた。

最終選別は中腹に藤の花が咲き誇る藤襲山(ふじかさねやま)で行われた。藤の花は鬼を寄せ付けぬ力があり、最終選抜の山には鬼殺隊員によって捕らえられた鬼が藤の花によって閉じ込められていた。最終選抜は7日間をこの山で生き延びることが条件だった。試験が始まり、炭治郎の前に鬼が現れる。しかし、炭治郎は鱗滝から教わった『水の呼吸(水を模した剣技を使用する。呼吸には『火』や『風』など、様々な種類がある)』を使って容易に鬼を倒した。鬼を倒しながら順調に生き延びる炭治郎だったが、手を何本も体に纏った、巨大な異形の鬼の姿を目にする。鬼は喰った人間の数に応じて強くなるが、その鬼は多くの人間を喰っているようだった。炭治郎がつけている『厄徐の面』を見た異形の鬼は「また来たな。俺のかわいい狐が。」と言って笑った。異形の鬼は、鱗滝によって捕らえられた鬼だった。鱗滝に強い恨みを抱く異形の鬼は、鱗滝の弟子を狙って喰った。異形の鬼は、獅子色の髪の男と、花柄の着物の女が印象的だったと話した。それは錆兎と真菰の特徴だった。錆兎と真菰はすでに殺されていたことを知った炭治郎は激昂し、異形の鬼へ立ち向かう。そして苦戦しつつも隙の糸を見つけ、異形の鬼の首を切った。異形の鬼は死ぬ寸前、自身が鬼になる前のことを思い出す。異形の鬼は自身の兄を喰い殺していた。そして「どうして…どうして俺…兄ちゃんを噛み殺しちゃったんだ…」と悔いており、そのまま理性のタガが外れた鬼になった。炭治郎は消えゆく鬼から悲しい匂いがすることに気づき、鬼の手を握った。異形の鬼は最後に涙を流して消えていった。こうして炭治郎は7日間を生き延びた。

最終選抜には多くの人間が挑んでいたが、選別終了後に炭治郎が見たのは可憐な少女、金髪の青年、顔に傷がある人相が悪い青年の3人だけだった。疲労困憊の炭治郎が鱗滝の家についた時には日が暮れていた。そこで炭治郎が見たのは、ずっと眠りっぱなしだった禰豆子が歩く姿だった。炭治郎は禰豆子にすがりついて泣いた。帰ってきた炭治郎の姿を見つけた鱗滝は「よく生きて戻った!!!」と言って涙を流し炭治郎を抱きしめた。

後日、鱗滝の家に鋼鐵塚という刀鍛冶がやってくる。鋼鐵塚は炭治郎に『日輪刀』を届けに来たのだった。日輪刀は太陽をよく浴びた鉄で作られた刀で、唯一鬼を倒せる武器だった。日輪刀は『色代わりの刀』という別名があり、持ち主によって色を変える特性があった。鋼鐵塚は炭治郎が『赫灼(かくしゃく)の子』だと言い、頭髪と目玉が赤みがかっているのは炭焼きの家の生まれとして縁起が良いと話し、赤い刀身が見れるかもと期待する。しかし、炭治郎が日輪刀を握ると刀身は黒く染まった。それを見た鱗滝と鋼鐵塚は微妙な顔をした。炭治郎は不吉な色なのかと焦るが、漆黒の刀身はあまり見られないもので詳細が不明で、ゆえに出世できない色だと言われていたのだ。鋼鐵塚は鮮やかな赤い刀身が見れなかったことに憤る。そこへ、鬼殺隊員へ伝令を伝える鎹鴉(かすがいがらす)がやって来て、炭治郎へ任務を伝える。炭治郎は箱に禰豆子を入れて背負い、鬼を滅する旅に出るのだった。

浅草で家族の仇であり、鬼の祖である鬼舞辻無惨に邂逅する炭治郎

最初の任務のために炭治郎が向かったのは北西の町。炭治郎はそこで少女を攫っては食っていた沼の鬼を禰豆子と二人で追い詰め、『鬼舞辻無惨』について知っていることがないかを聞く。鬼舞辻無惨は、すべての鬼の原点である”最初の鬼”であり、人を鬼に変えられる唯一の鬼。つまり、炭治郎の家族の仇であった。しかし、沼の鬼は無惨について話すことを恐れ、何も聞くことができずにトドメをさす。次の任務先である浅草へと向かった炭治郎は、そこで無惨と相対する。人間に化け、家族も持っていた無惨は、通行人を鬼にし暴走させると、人混みに紛れて炭治郎の前から逃げてしまう。その騒動の中で、炭治郎は同じ鬼でありながら無惨を殺そうと考えている『珠世』と『愈史郎』に出会う。珠世の隠れ家を急襲してきた2人の鬼、朱紗丸と矢琶羽を倒した炭治郎と禰豆子は、禰豆子を元に戻すため無惨に近しい鬼の血液を採取してきてほしいと頼まれ、珠世らと協力関係を結ぶ。

新たな任務に向かう道中で、炭治郎は同期である金髪の少年、『我妻善逸』と再会する。善逸を強引に引き連れ任務先である鬼が巣食うという屋敷へと訪れた炭治郎たちであったが、そこでは希少な血を持つ"稀血"の少年を巡って鬼同士が殺し合っている混戦状態となっていた。そこへ、炭治郎や善逸と同様に最終選別を生き残り、先に下山してしまっていた『嘴平伊之助』も乱入し、戦いは混迷を極める。そんな中、善逸・伊之助がともに鬼を倒し、炭治郎もまた元・十二鬼月である響凱を倒すことに成功したのであった。

その後、炭治郎たち三人は、那多蜘蛛山での戦いへ応援に向かうよう命じられるも、先遣隊は蜘蛛の能力を使う鬼の一家に苦戦を強いられ、まさに全滅寸前であった。鬼の強襲により隊が分断されてしまう中、炭治郎は十二鬼月の下弦の伍である『累』と相対する。累の圧倒的な強さに追い詰められるも、炭治郎は走馬灯の中で父から教えられた神に捧げる"ヒノカミ神楽"の舞を思い出し、攻撃に応用したことで反撃する。血を爆発させる血鬼術が開花した禰豆子と共に、累をあと一歩まで追い詰めるが、倒すまでは至らず逆に累にトドメをさされそうになる。それを間一髪で救ったのは、鬼殺隊の"柱"である義勇であった。義勇は圧倒的な力の差を見せつけ、累の首を刎ねて倒す。一方で善逸と伊之助もまた鬼により命の危機に遭っていたが、義勇や同じく柱である『胡蝶しのぶ』に救出されていた。こうして那多蜘蛛山の戦いは終結したが、鬼である禰豆子の処遇を巡り、炭治郎は"柱合裁判"にかけられてしまう。"柱"たちの厳しい追及を受ける炭治郎と禰豆子。だが、禰豆子が血への欲望を耐えきったことで、鬼殺隊の当主『産屋敷耀哉』の元、禰豆子の存在は公式に認められたのだった。

那多蜘蛛山の戦いによって重傷を負った炭治郎・善逸・伊之助は、胡蝶しのぶの"蝶屋敷"で治療を受けることになった。屋敷には、素質が認められ"継子"に選ばれたという炭治郎の同期・『栗花落(つゆり)カナヲ』がいた。治癒は順調に進むも、”機能回復訓練”ではカナヲとの実力差を見せつけられ落ち込む炭治郎たち。そんな中、炭治郎はしのぶの過去を聞く。しのぶは姉であるカナエを鬼によって殺されていた。カナエは「鬼と仲良くしたい」という考えを持った鬼殺隊士だった。しのぶはそんな姉の意思を継ごうとしていたが、鬼への憎しみを捨てられず迷いを抱いていた。そして、例え鬼であろうと、その境遇を理解しようとする炭治郎を見て、自身の代わりに炭治郎が頑張ってくれているように思えたと話した。炭治郎は、”全集中・常中”という呼吸がある事を知る。それは全集中の呼吸を四六時中続けるというもので、それにより身体機能が格段に上げることができる。炭治郎たちは”全集中・常中”の会得を目指すことになる。

炭治郎、善逸、伊之助は仲間として助け合い、高め合い、任務にあたっていく

上弦の陸と戦う炭治郎

"ヒノカミ神楽"の事を、炎柱の煉獄杏寿郎であれば知っているのではないか、としのぶから聞いた炭治郎は、善逸・伊之助を連れて煉獄が乗り込んでいる無間列車に乗り込んだ。だが、煉獄とは会えたもののヒノカミ神楽の情報を得ることはできなかった。加えて、列車は鬼絡みの事件の渦中にあった。十二鬼月は『上弦』『下弦』で位がある。上弦が下弦より強く、さらにその中でも壱〜陸で階級分けされていた。炭治郎たちが倒した累は下弦の伍であった。下弦の鬼が倒されたことに無惨は怒り、下弦の鬼のほとんどを殺して解体した。その中で、下弦の壱である『魘夢』は無惨に殺される事を「至福」だと話した。それを気に入った無惨は魘夢に血を与え、もっと人間を喰うように、また炭治郎を殺すように命じた。炭治郎たちが乗り込んだ無限列車には、魘夢が潜んでいたのだ。

眠り鬼・魘夢の術中に落ちた炭治郎たちは夢の中に閉じ込められてしまうが、なんとか覚醒に成功する。乗客を守りながら、列車と一体化した魘夢を倒したのも束の間、"上弦の参"『猗窩座(あかざ)』が姿を表す。猗窩座との戦いの末にこれを退けるも、煉獄は瀕死の重傷を負う。そして、炭治郎たちにこれからも強くなり、鬼殺隊を支えるように鼓舞し、命を落としてしまうのだった。煉獄の遺言を伝えるのと、ヒノカミ神楽について何か知らないか聞くために炭治郎は煉獄の家を訪れるが、煉獄の父親・槇寿郎は炭治郎を相手にしようとせず、死んでしまった煉獄のことも才能がないのだから死んで当然と貶す。しかし、煉獄の弟である千寿郎が「体を大切にしてほしい」という煉獄の遺言を伝えると、槇寿郎は涙を流し息子の死を悼んだ。槇寿郎は、炭治郎の耳飾りを見て「日の呼吸の使い手だろう」と言うが、結局ヒノカミ神楽との関連も分からずじまいだった。

煉獄の死から4ヶ月が経った頃、炭治郎たちは蝶屋敷を拠点にし、鍛錬を積みながら任務をこなす日々を送っていた。そんなある日、音柱『宇髄天元』が現れ、任務に必要という理由で屋敷の娘たちを連れて行こうとする。これに反発した炭治郎たちは、代わりに宇髄に同行することになる。宇髄の言う任務とは、"吉原遊郭"への潜入捜査だった。炭治郎たちは女装した上で各店への潜入を命じられる。そんな中、善逸と伊之助が鬼と接触。炭治郎もまた上弦の陸『堕姫』と相対する。堕姫との実力差、そして自分と水の呼吸との相性の悪さを自覚する炭治郎。命を弄ぶ堕姫への怒りからヒノカミ神楽を繰り出し優位に立つが、体力の消耗が激しく身体が限界に達し、苦戦を強いられる。宇髄たちの助太刀もあり、なんとか堕姫の頸を落としたが、堕姫は死ぬどころかその体内から兄鬼である『妓夫太郎(ぎゅうたろう)』が姿を現す。上弦の陸は2人で1組の鬼であり、妓夫太郎が真の上弦であったのだ。妓夫太郎と堕姫の連携攻撃に打ちのめされる炭治郎たちだったが、決死の思いでこれを打ち破る。上弦の鬼を倒したのは鬼殺隊の歴史の中でも初めての出来事だった。歓喜する産屋敷、そして怒りに震える無惨。両者の対立は一層激しさを増していく。

太陽を克服した禰豆子

鬼との激闘の度に刀を折ってくる炭治郎に、刀鍛冶『鋼鐵塚蛍』はついに堪忍袋の緒が切れ、刀を作らないと宣言する。困った炭治郎は鋼鐵塚に直談判すべく、秘匿とされている"刀鍛冶の里"を訪れる。そこで炭治郎は、恋柱『甘露寺蜜璃』、霞柱『時透無一郎』の二人の柱と、炭治郎の同期であり風柱『不死川実弥』の弟である『不死川玄弥』に出会う。隠された場所にあり平穏だった刀鍛冶の里だったが、無惨に命じられた上弦の伍『玉壺』、上弦の肆『半天狗』に見つかり強襲を受け、戦場と化してしまう。死闘の末、柱二人と炭治郎、禰豆子は上弦の鬼2人を退け、禰豆子は遂に太陽を克服し言葉を取り戻す。それを知った無惨は標的を"青い彼岸花"から禰豆子へと変える。無惨は青い彼岸花を使った薬によって鬼になっており、上弦にその花を探させていたのだ。そして、禰豆子を食らうことで自らも太陽を克服するつもりであった。

柱たちによる話し合い、緊急の柱合会議が始まる。かつての戦国時代、無惨をあと一歩のところまで追い詰めた鬼殺隊の剣士たちには、鬼の文様に似た"痣"が現れていた。そう語るのは、産屋敷耀哉の妻である『産屋敷あまね』。里での戦いにて"痣の者"となり、玉壺を打ち倒した時透によれば、痣の出現する条件は"39度を超える体温"そして200を超える心拍数なのだという。これを聞いた岩柱『悲鳴峡行冥』は、全ての柱を動員した合同強化訓練"柱稽古"を提案する。隊員たちは能力の強化、そして柱たちは痣の出現を目指し、過酷な訓練を開始するのであった。

無惨は、部下である鳴女の千里眼の能力で鬼殺隊の居場所を把握していた。これは産屋敷の隠れ家や禰豆子の居場所を把握するためであり、産屋敷の館の場所を突き止めた無惨は直接館に出向き、当主である産屋敷耀哉と対面する。そして産屋敷の口から、産屋敷と無惨は同じ血筋であること、無惨の犯した悪事から生まれた負の力が産屋敷一族を呪っていることで代々短命なのだと語られる。無惨は産屋敷家から感じられる懐かしさや安堵感に気味の悪さを感じるが、かまわず産屋敷にトドメをさそうとする。しかし、産屋敷は「無惨が永遠に生きることを望んでいること」「無惨が死ねばすべての鬼が滅ぶ」ことを言い当てたのち、自身や自身の家族もろとも屋敷を爆破した。無惨にすぐには治らない深手を負わせるため、自分や家族すらも躊躇わず犠牲にしたのだ。

少し前に産屋敷邸が襲撃を受けたことを知らされた、柱を始めとした鬼殺隊たちは産屋敷邸に向かっていたが、そこで館が爆発するのを目にする。身体が吹き飛んだ無惨は、産屋敷の狂気的なほどの覚悟に驚愕しつつすぐに再生を試みるが、そこに現れた珠世が他の鬼の血鬼術を用いて巨大なトゲで無惨の身体を刺し固定した。そして珠世が無惨に、自身としのぶが共同で開発した「鬼を人間に戻す薬」を注入すると、現れた悲鳴嶼がすかさず無惨を攻撃した。産屋敷は、無惨が襲ってくることを予見しており、あらかじめ悲鳴嶼にのみ自身が囮になることを伝えていたのだった。日輪刀で首を破壊しても死なない無惨を倒すには、日の光があたる夜明けまで拘束する必要があった。遅れて柱たちと炭治郎がかけつけ、無惨に攻撃をしかけるが、無惨の部下である鳴女の能力によって、根城である『無限城』に転送されてしまう。そして、鳴女に補足されていた善逸や伊之助などの隊士たちも全員転送されていた。無惨は自身の根城にて、鬼殺隊を根絶やしにするつもりだったのだ。

鬼舞辻無惨を追い詰めようとするも、逆に根城に誘い込まれてしまう鬼殺隊

無限城にはおびただしい数の鬼が潜んでいた。柱たちは産屋敷が死んだことを悲しみつつ、これを軽く退けるが、胡蝶しのぶは単独で上弦の弐である『童磨』に遭遇してしまう。童磨はしのぶの姉・カナエの仇であった。しのぶは怒りに震えつつ、素早い突きで幾度も調合を変えて毒攻撃を仕掛けるが、童磨はそれを容易く分解し逆にしのぶを追い詰める。そこにカナヲが駆け付けるが、しのぶがカナヲに何かを指文字で伝えようとしているのを見て即座にしのぶを絞め殺し、吸収してしまう。目の前で師範を殺されたカナヲは怒りに震える。胡蝶しのぶが死んだことは、産屋敷家の跡取りである『産屋敷輝利哉』が愈史郎の血鬼術の力を借り、鎹鴉たちを通じて隊士全体に伝令した。炭治郎は悲しみに顔を歪ませる。

一方、善逸はかつての兄弟子であり、鬼側に寝返った現在の上弦の陸・獪岳と遭遇していた。2人の師匠は、獪岳が鬼になった責任から自分で腹を切って死んでおり、因縁があった。善逸は獪岳のことを嫌ってはいたが、兄弟子として努力家である面を尊敬していた。しかし獪岳は、善逸が使える技だけは覚えられなかったこと、一人前と認めてくれない師匠の態度に業を煮やしていたところを上弦の壱に付け込まれ鬼になったのだった。獪岳は雷の呼吸を使い攻撃してくるが、善逸は心中で師匠や獪岳に謝りつつ、これまでの雷の呼吸にはない技で獪岳の首を一瞬にして刎ねる。この技は、善逸が獪岳といつか肩を並べて雷の呼吸の後継者として戦う未来を夢見て編み出した新しい技であった。攻撃が体を蝕み瀕死の善逸を、鬼殺隊に秘密裏に潜りこんでいた愈史郎が現れて救う。

「透き通る世界」の境地に辿り着き、ヒノカミ神楽で猗窩座の首を刎ねる炭治郎

行動を共にしていた炭治郎と冨岡義勇は、煉獄の仇である猗窩座と遭遇する。ヒノカミ神楽で応戦した炭治郎の身のこなしを見て、猗窩座は炭治郎を強者と認める。痣を発現させた義勇と共闘をする中で、炭治郎は父の教えや伊之助の言葉をヒントに、相手の身体が透けて見え、攻撃の予測と回避力が格段にあがる「透き通る世界」の境地に辿り着く。ヒノカミ神楽の舞によって、義勇でさえ敵わなかった猗窩座の首を刎ねるが、猗窩座はまだ負けるわけにいかないという執念から首を再生し始め、鬼として新たな領域に踏み入れる。しかし、人間だった時に恋仲にあった恋雪や、師匠である慶蔵、父親の幻影によって人間の時の記憶や想いを取り戻す。そして、自分を完膚なきまでに負かした炭治郎に感謝の念を込めて自らに攻撃を打ち込み、消滅した。

猗窩座の死に涙を流す童磨だったが、感情を持っておらず何も感じないことをカナヲに看破されてしまう。生まれた意味のない存在だと挑発され、怒りを見せる童磨にカナヲは刀を奪われ追い詰められるが、そこに伊之助が乱入。滅茶苦茶な戦い方で童磨を翻弄する伊之助だったが、力の差があり及ばない。すると、童磨は伊之助の顔に見覚えがあると言い出し、伊之助の母を殺した鬼であったことが発覚する。しのぶや自身の母の仇である童磨に怒りを向ける伊之助だったが、童磨の術に押されて手出しできない。逃げようとする童磨だったが、しのぶが体に仕込んでいた毒がまわり始め、身動きできなくなる。そのスキを見逃さずにカナヲと伊之助が攻め込み、首を刎ねることに成功する。童磨はしのぶの幻影に罵られながら消滅していった。

恋柱の甘露寺と蛇柱の伊黒は上弦の肆となった鳴女に遭遇するも、空間を操る能力に翻弄される。そして岩柱の悲鳴嶼とはぐれた霞柱の無一郎は、玄弥と共に上弦の壱・黒死牟と遭遇する。その強さに押される2人だったが、そこに風柱の実弥と悲鳴嶼が駆け付け、痣を発現させる。複数人を相手にしてもなお圧倒的な強さを誇る黒死牟は、4人の決死の攻撃により追い詰められ首を落とされるが、首をも再生し異形へと姿を変える。しかし、自身の化物のような姿を見て、勝利にしがみつく自身を醜く感じる。黒死牟はかつて継国厳勝という名前であり、縁壱(よりいち)という双子の弟がいた。日の呼吸の使い手・始まりの呼吸の剣士であった縁壱のその生まれながらの才能に、厳勝は激しい嫉妬心を持っており、そこを無惨に付け込まれ鬼となったのであった。しかし本当は縁壱に憧れ、縁壱になりたかったことを思い出したことで、黒死牟は消滅した。

復活し、姿を変えた無惨の放った言葉に憎悪の気持ちを膨らませる炭治郎

無惨は珠世の毒を分解して復活し、駆け付けた隊士の大勢を殺してしまう。そこに、愈史郎が鳴女を支配して操り、炭治郎と義勇を無惨のもとに転送させた。無惨は、向かってくる剣士のことを「しつこい」と評し、自身の手によって死んだ者は厄災で死んだと思えという持論を展開する。死んだ人間は生き返ることはないのだから忘れろと言い捨てる無惨に、炭治郎は激しい怒りを見せる。激しい攻撃を避ける炭治郎と義勇。そこに甘露寺と伊黒が駆け付け、愈史郎が鳴女の能力を用いて無惨を隊士たちと共に地上に引きずり出す。しかし、夜明けまではあと1時間半あるため、無惨を足止めするしかない。悲鳴嶼や実弥も駆けつけるが、圧倒的な攻撃力と再生力を誇る無惨には手も足も出ない。そして、攻撃を受けた炭治郎は無惨の血を注入され、瀕死になってしまうが、夢の中で自身の先祖が始まりの呼吸の剣士・縁壱と話す記憶を見ることで、ヒノカミ神楽の最後の型は十二ある型を延々と繰り返すことで完成すると知る。

ヒノカミ神楽は十二ある型を繰り返すことで、無惨を追い詰める十三個目の型が完成するのであった

無惨の攻撃により柱たちや、駆け付けた善逸、伊之助、カナヲすらも倒れてしまった。目覚めた炭治郎はヒノカミ神楽の舞を繰り返すことで無惨に対抗するが、無惨には届かない。しかし、無惨は珠世がしのぶと共同で開発した老化薬や分裂を阻害する薬、体の組織を破壊する薬の影響で動きが鈍くなる。炭治郎たちは残った力を振り絞って抵抗する無惨を足止めし、ついに夜明けを迎える。日の光から逃げる無惨だったが、残った隊士たちの決死の行動や炭治郎の刺した刀により足止めに成功し、ついに無惨は消滅する。歓喜にわく隊士たちだったが、悲鳴嶼、伊黒、甘露寺は死亡。炭治郎も脈が止まった状態で発見されるが、無惨が自身の悪意を継承させるために血液を注がれた炭治郎は、日の光をも克服した鬼になってしまう。珠世やしのぶが作った薬により人間に戻った禰豆子が駆け付け、善逸、伊之助や義勇と共に炭治郎を止めるも治まらない。そこに、カナヲが最後の力を振り絞り鬼を人間に戻す薬を打ち込むことに成功する。深層心理の中で、禰豆子と一緒に家に帰りたいと望む炭治郎に、無惨が絶望の言葉を囁きながら「究極の生物になるのだ」と訴えかけるが、死んでいった仲間の手が炭治郎を現実に引き戻す。目を覚ました炭治郎を見て、禰豆子や仲間たちが歓喜の涙を流すのだった。

無惨を倒し、炭治郎も正気に戻る。鬼殺隊が勝利を掴み取った

3ヶ月後、傷はまだ癒えきってはいなかったものの炭治郎たちは平和な生活を取り戻していた。生き残った者たちは炭治郎の病室を訪れ、互いを労う。そして炭治郎は禰豆子、善逸、伊之助と共に炭治郎の家に泊まるなど、何気ない日常を謳歌するのであった。

そして月日は流れ、現代の日本。炭治郎たちの子孫や、死んでしまった隊士たちの転生者と思われる人たちが、みんな笑顔で何気ない日常を送っていた。それは、炭治郎たちが守った平和な未来の姿であった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編のネタバレ解説まとめ

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』とは、吾峠呼世晴原作によるアニメ映画作品。同氏の描いた『鬼滅の刃』54話から66話までの内容を映画化したものである。 大正時代。人食いの怪物・鬼に家族を殺された少年竈門炭治郎は、唯一の生き残りであり自身も鬼にされてしまった妹の禰豆子を人間に戻す術を探すため、鬼を狩る組織「鬼殺隊」の一員となる。幾多の戦いを経て成長した炭治郎は、新たな任務を与えられ、同期の戦友我妻善逸、嘴平伊之助、さらに鬼殺隊最強の剣士の一人煉獄杏寿郎と共に、鬼が潜むと噂される列車へと乗り込む。

Read Article

鬼舞辻無惨(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)とは、『鬼滅の刃』における最大の敵である。 人間を鬼に変えることができる唯一の鬼であり、鬼たちの首魁である無惨を倒す事こそが『鬼殺隊』の宿願となっている。禰󠄀豆子を鬼にし、炭治郎の家族を殺害したのも無惨である。 残虐非道で自己中心的な考えを持ち、自身の願いの為に人間を鬼にして回っている。自分の意に背く者であれば、鬼であっても容赦なく殺害する。 自身が鬼となった原因である『青い彼岸花』と、太陽を克服する方法を探している。

Read Article

下弦の弐・佩狼(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

佩狼とは、『鬼滅の刃 煉獄杏寿郎外伝』に登場するキャラクターである。 人食いの怪物・鬼であり、その中でも別格で強力な集団“十二鬼月”の一員。下から五番目の位である“下弦の弐”の称号を持つ。超常の術を操り、常軌を逸した身体能力を誇る鬼でありながら、大量に隠し持った銃や爆弾を主な得物とし、さらに剣術も心得ている。 “炎のような色の髪”を持つ鬼狩りの剣士に殺されかけた過去を持ち、その雪辱と報復のため帝都に潜伏。討伐に来た煉獄をかつて自分を追い詰めた剣士だと認識し、激闘を繰り広げた。

Read Article

嘴平伊之助(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

嘴平伊之助(はしびら いのすけ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 主人公である炭治郎の同期の剣士の一人で、炭治郎と行動を共にする主要人物の一人である。 『獣の呼吸』の使い手で、触覚が異常に発達している。 赤子の頃に山に捨てられ、その後、猪に育てられた。その為、常識を知らず、非常に粗暴な性格をしている。

Read Article

蟲柱・胡蝶しのぶ(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

胡蝶しのぶ(こちょう しのぶ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『蟲の呼吸』を使う蟲柱。 薬学に精通しており、鬼殺隊の隊士たちの治療も行っている。炭治郎の同期の剣士である栗花落カナヲはしのぶの継子(弟子のようなもの)である。炭治郎たちにも大きく影響を与えた人物である。

Read Article

恋柱・甘露寺蜜璃(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

甘露寺蜜璃とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『恋の呼吸』を使う恋柱。 非常に惚れやすく、誰にでも胸をときめかせる。生まれつき力が強く、その力を生かす為に鬼殺隊へと入った。鬼殺隊の柱として刃を振るうものの、鬼への憎しみを持っていない為に炭治郎や禰󠄀豆子と良好な関係を築いている。

Read Article

継国縁壱(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

継国縁壱(つぎくに よりいち)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 凄まじい才能の持ち主で、生まれつき痣を発現させ、鬼の首魁である鬼舞辻無惨を追い詰めた。全ての呼吸の源流である『日の呼吸』の使い手であり、その『日の呼吸』から派生した呼吸は、縁壱が他の剣士に自身の技を教える過程で作り出された。 炭治郎の祖先に『日の呼吸』を教えており、それが『ヒノカミ神楽』として伝えられていた。

Read Article

珠世(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

珠世(たまよ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼の一人である。 鬼でありながら、鬼の首魁である鬼舞辻無惨の抹殺を目的としている。通常、人の血肉を喰わなければ飢餓で苦しむことになるが、珠世は体を弄り人間を喰わなくていいようにしている。 医者でもあり、鬼となった禰󠄀豆子を人間にするための研究を進める。

Read Article

岩柱・悲鳴嶼行冥(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

悲鳴嶼行冥(ひめじま ぎょうめい)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『岩の呼吸』を使う岩柱。 御経を唱え、いつも涙を流している男。盲目だが、強靭な肉体を持つ鬼殺隊最強の剣士である。鬼殺隊の長である産屋敷耀哉に心から忠誠を誓っている。

Read Article

音柱・宇髄天元(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

宇髄天元(うずい てんげん)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『音の呼吸』を使う音柱。 元忍であるが、派手好きで、多くの装飾品を身につけている。クレイジーな発言が多いが、人命を第一とする心優しい性格をしている。炭治郎たちと共に死闘を繰り広げた。

Read Article

上弦の陸・妓夫太郎と堕姫(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

妓夫太郎・堕姫とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。 鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、上弦の陸に位している。 兄の妓夫太郎、妹の堕姫の二人で一体の鬼であり、妓夫太郎と堕姫の頸を同時に落とさなければ倒すことができない。遊郭に巣喰い、多数の人間を喰らっていた。

Read Article

NEW

竈門炭治郎(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

竈門炭治郎(かまど たんじろう)とは、『鬼滅の刃』の主人公で、鬼を滅する組織『鬼殺隊』に所属する剣士である。『水の呼吸』と『ヒノカミ神楽(日の呼吸)』の使い手で、嗅覚に優れている。 炭治郎はある日、鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって家族を惨殺される。唯一、生き残っていた妹の禰󠄀豆子は鬼にされていた。炭治郎は『鬼殺隊』へと入隊し、無惨の打倒と、禰󠄀豆子を人間に戻すべく戦いを繰り広げる。

Read Article

鬼滅の刃 煉󠄁獄零巻のネタバレ解説まとめ

『鬼滅の刃 煉獄零巻』とは、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の入場者特典として作られた小冊子。450万部が発行され、全国の映画館で配布された。 内容は初任務に臨む煉獄杏寿郎の姿を描いた原作者吾峠呼世晴による特別読切、鬼殺隊報、アニメ版ストーリー紹介、出演声優へのインタビューなどで構成されている。原作でもファンブックでも明かされなかったとあるキャラクターの秘密も紹介され、初心者でもファンでも楽しめる内容になっている。非売品であり、公式サイトには転売を控えるよう希望する文章が書き添えられている。

Read Article

竈門禰󠄀豆子(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

竈門禰󠄀豆子(かまど ねずこ)とは、『鬼滅の刃』に登場するヒロインである。 主人公・竈門炭治郎の妹である禰󠄀豆子は、ある雪の日に鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって鬼にされてしまう。通常、鬼になってしまった者は人間を襲ってしまうが、禰󠄀豆子は兄である炭治郎を守ろうとし、生かされた。それから禰󠄀豆子は炭治郎と一緒に鬼を討ち、人間に戻る方法を探す旅に出る。 非常に愛らしいキャラクターで、国内外問わずに人気のあるキャラクターである。

Read Article

我妻善逸(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

我妻善逸(あがつま ぜんいつ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 主人公である炭治郎の同期の剣士の一人で、炭治郎と行動を共にする主要人物の一人である。 『雷の呼吸』の使い手であり、聴力が優れている。 とてつもない臆病者で、鬼と戦うことをひどく恐れている。鬼と戦う時は、気絶しながら戦う。普段のコミカルなキャラと、戦闘時のキャラが大きく違い、そのギャップによりファンから人気がある。

Read Article

NEW

水柱・冨岡義勇(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

冨岡義勇(とみおか ぎゆう)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『水の呼吸』を使う水柱。 炭治郎が初めて出会った鬼殺隊の剣士である。禰󠄀豆子を生かし、炭治郎を鬼殺隊へと導いた人物である。炭治郎と一緒に無惨を倒すために刃を振るう。

Read Article

NEW

風柱・不死川実弥(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

不死川実弥(しなずがわ さねみ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『風の呼吸』を使う風柱。 身体中に傷を負った凶悪な人相をした剣士。炭治郎の同期である不死川玄弥の実の兄である。鬼を憎んでおり、炭治郎と禰󠄀豆子を粛清しようとした事もある。だが、弟思いな一面もある。

Read Article

霞柱・時透無一郎(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

時透無一郎(ときとう むいちろう)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『霞の呼吸』を使う霞柱。 柱たちの中で最年少である。鬼殺隊に入って僅か二ヶ月で柱になった天才剣士。無表情で、他者との関わりが薄かったが、炭治郎と出会ったことにより徐々に変わっていく。

Read Article

鬼滅の刃の呼吸法と必殺技まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎が炭を売って家へ戻ると家族は惨殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する『鬼殺隊』へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして諸悪の根源である『鬼舞辻無惨』を倒すための戦いを始める。 鬼殺隊士が、人間とはかけ離れた身体能力と『血鬼術』と呼ばれる特殊能力を持つ鬼と戦うために使用する操身術が『呼吸』である。鬼殺隊士それぞれに適した呼吸があり、作中では様々な呼吸法と必殺技が登場する。

Read Article

鬼滅の刃の柱まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。 町に炭を売りに行った炭治郎が家に戻ると、家族が惨殺されていた。唯一息があった妹の禰󠄀豆子を連れて炭治郎が山を下っていると、禰󠄀豆子が突然暴れ出す。禰󠄀豆子は人を喰う鬼になっていた。炭治郎は禰󠄀豆子を鬼にした鬼舞辻無惨を倒すべく刀を取る。 鬼殺隊の中で最高位の剣士が『柱』である。変人が多いが、過酷な過去を背負いつつも他人を守ろうとする柱は非常に人気が高い。

Read Article

鬼滅の刃の十二鬼月と血鬼術まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎は鬼舞辻無惨により家族を惨殺され、唯一生き残った妹・禰豆子を鬼へと変えられた。炭治郎は鬼を退治する組織『鬼殺隊』に入り、禰豆子を人間に戻し、無惨を討つ旅に出る。 『十二鬼月』とは、無惨直属の配下であり、圧倒的な力を持つ鬼である。それぞれが持つ力と複雑な過去は、敵でありながらも魅力的であり、ファンからも人気が高い。

Read Article

鬼滅の刃の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化され、その高いクオリティから世界的に人気となり、一大ブームを巻き起こした。 炭治郎は鬼舞辻無惨という鬼によって、家族を惨殺された上に妹の禰󠄀豆子を鬼にされた。禰󠄀豆子は強靭な精神力で人間を襲おうとしなかった。炭治郎は『鬼殺隊』という鬼を滅する組織へ入り、禰󠄀豆子を人間にする方法を探す。 この作品の特徴は、人間だけではなく敵である鬼も悲しみを抱えている所である。愛憎渦巻く名言が多数存在している。

Read Article

NEW

鬼滅の刃の大正コソコソ噂話・小ネタ・エピソードまとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 炭焼きの家に生まれた少年・竈門炭治郎が炭を売って家へ戻ると、家族が惨殺されており、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する「鬼殺隊」へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして諸悪の根源である「鬼舞辻無惨」を倒すための戦いに身を投じる。 『鬼滅の刃』では、本編では語られなかった裏話や細かい設定が「大正コソコソ噂話」として紹介されている。本記事ではそれらの情報をまとめていく。

Read Article

NEW

キメツ学園(鬼滅の刃スピンオフ)のネタバレ解説まとめ

『中高一貫!!キメツ学園物語』とは、吾峠呼世晴による『鬼滅の刃』の公式スピンオフ漫画である。ジャンルはセルフパロディ、現代パロディ、学園パロディ、ギャグ。「中高一貫キメツ学園」を舞台に、『鬼滅の刃』のキャラクターたちが学生や教師としてユニークな現代風の設定で登場し、ドタバタの日常を繰り広げる。

Read Article

NEW

【最終回】鬼滅の刃の子孫・転生者まとめ【現代・未来】

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 炭焼きの家の少年・竈門炭治郎は家族を殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する「鬼殺隊」へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして鬼の始祖「鬼舞辻無惨」を倒すための戦いに身を投じる。 鬼滅の刃の原作最終回では平和になった現代の様子が描かれているが、そこでは登場人物たちの子孫や生まれ変わりと思われる人物が多数登場している。本記事では、それらのキャラクターについてをまとめていく。

Read Article

NEW

鬼滅の刃の表紙・カバー下イラスト・扉絵・挿絵まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 炭焼きの家の少年・竈門炭治郎は家族を殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する「鬼殺隊」へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして鬼の始祖「鬼舞辻無惨」を倒すための戦いに身を投じる。 『鬼滅の刃』の原作コミックスには、表紙のイラストの他、カバー裏や扉絵、話の合間など多くのイラスト・挿絵が描かれている。この記事ではそれらの絵をまとめていく。

Read Article

劇場版ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)のネタバレ解説まとめ

『劇場版ソードアート・オンライン -オーディナル・スケール-(SAO OS)』とは、川原礫が手がける電撃文庫の代表作『ソードアート・オンライン』の劇場アニメ作品である。本作は、ゲーム内で死亡すると現実でも死亡するデスゲームを乗り越えた主人公のキリトこと桐ヶ谷和人とその仲間たちが、AR(拡張現実)を用いたオンラインゲーム「オーディナル・スケール」の裏で蠢く陰謀に立ち向かう物語を描いている。

Read Article

NEW

ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld (SAO アリシゼーション WoU)のネタバレ解説まとめ

『ソードアート・オンライン アリシゼーション War of Underworld(SAOアリシゼーションWoU)』とは、川原礫が手がける電撃文庫の代表作『ソードアート・オンライン』のテレビアニメ作品のひとつである。本作は「アンダーワールド」と呼ばれる人工の異世界を舞台に、ヒロインであるアリスが主人公のキリトこと桐ヶ谷和人とその仲間たちと共に、『ダークテリトリー』と呼ばれるその異世界の闇の領域に住む軍団と、それを裏から操る現実世界の侵略者たちの陰謀に立ち向かう物語を描いている。

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

LiSA(リサ)の徹底解説まとめ

LiSAとは、日本の女性歌手。「SACRA MUSIC」所属。2010年に「LiSA」名義でメジャーデビュー。翌年にソロデビューを果たす。アニソンアーティストとして活動しているが、ロック系フェスティバルへの出演、外国でのライブ公演と幅広い活動をしている。また自身の魅力をよりもっと作品へ反映させていくためのオリジナルブランド「YAEVA MUSIC」を立ち上げている。

Read Article

ソードアート・オンラインII(SAO II)のネタバレ解説まとめ

ソードアート・オンラインIIは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル及びそれらを原作としたアニメ作品でソードアート・オンラインの続編。時はVRゲームが普及した2020年代。ゲーム内の死が現実になるデスゲーム「SAO」から生還した主人公・キリトは、デスガンというプレーヤーに撃たれた者が現実世界で変死を遂げている噂を耳にし、その謎を解明すべくガンゲイル・オンラインにダイブする。

Read Article

Angel Beats!(エンジェル ビーツ)のネタバレ解説まとめ

『Angel Beats!』とは、Key所属のシナリオライター「麻枝准」が原作・脚本を手掛けたオリジナルアニメ作品である。全13話で、2010年にTBS系で放送された。 死後の世界の学園を舞台とし、「人生」をテーマとした青春アニメ。 テストや球技大会などの日常的な学園生活、銃火器や刀剣を用いた戦いを描く非日常な生活、登場人物の送った生前の理不尽な人生、この3つを柱にストーリーが展開されていく。

Read Article

活撃 刀剣乱舞(Katsugeki/Touken Ranbu)のネタバレ解説まとめ

「活撃 刀剣乱舞」とは、DMMゲームスの「刀剣乱舞」を原作に、ufotableが製作したアニメーション作品。西暦2205年、歴史を変えようとする歴史修正主義者を倒すために、物に眠る想いや心を目覚めさせる力を持った「審神者」が、刀剣の擬人化した姿である「刀剣男士」を呼び出し、歴史を守るために戦う。活撃では、かつて土方歳三の愛刀であった「和泉守兼定」を中心に、歴史修正主義者との戦いが描かれた。

Read Article

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](UBW)のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』とは、ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」のアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦う物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつである遠坂凛がヒロインにしたルートを脚本としている。 2014年10月から12月にかけて第1期、2015年4月から6月にかけて第2期がそれぞれ13話ずつで放映された。

Read Article

ソードアート・オンライン(SAO)のネタバレ解説まとめ

ソードアート・オンラインは、川原礫(かわはられき)が電撃文庫で連載中のライトノベル。およびそれを原作としたアニメ作品。VRMMORPG、ソードアート・オンライン(SAO)が発表された2022年。ユーザー達は仮想世界に埋没していくが、SAOの正体はゲーム内での死が現実になる命懸けのデスゲームだった。開発者の思惑によりログアウト不能となった世界で、主人公のキリトは現実世界に戻るべく、死闘を繰り広げる。

Read Article

ソードアート・オンライン アリシゼーション(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ソードアート・オンライン アリシゼーション』とは、ライトノベル『ソードアート・オンライン』を原作とするアニメである。 キリトは過去に因縁がある死銃事件の実行犯による襲撃を受け、昏睡状態に陥る。キリトが目覚めると、そこは現実世界とそっくりな仮想世界・アンダーワールドだった。彼はそこで出会った少年・ユージオと共に、世界の中心「セントラル・カセドラル」を目指す。 現実世界での極秘プロジェクトと仮想世界での事件がリンクする世界観で、冒険や絆、バトルを描くSFアクション系ファンタジー。

Read Article

目次 - Contents