ハリー・ポッターシリーズの魔法・呪文まとめ

「ハリー・ポッター」とは作家J・Kローリングが描いた小説から始まり、映画化も行われている作品である。
主人公ハリーが悪と戦いを繰り広げ、魔法を用いた世界で、杖や魔法薬を用いることで魔法や呪文を行使できる。
一部の呪文には、効果が対になる呪文が設定されており、これを作中では「反対呪文」と呼ぶ。
このハリー・ポッターの映画や小説で登場した魔法を一覧にまとめた。

わ行

ワディワジ(Waddiwasi)(逆詰め)

逆詰め呪文。何かに詰められた物を、詰めた者に詰め返す。第3巻でルーピンがピーブスに対して1度使用したきりであるが、呪文の鮮やかさからルーピンは生徒から賞賛された。呪文の効果からか使用する機会は少ないが、必要時にはとても役に立つとされる。

その他

姿現わし(Apparition)/姿くらまし(Disapparition)

特定の場所から姿を消し、その後別の場所に出現する移動魔法。姿を消すことを「姿くらまし」、別の場所に出現することを「姿現わし」という。
この魔法を使うには、「どこへ」「どうしても」「どういう意図で」という3Dを意識して使用する必要がある。
難易度が高く、難しい術で、失敗した場合、身体が「ばらけてしまう」こともある。
そのため、魔法省には「姿現わし」を指導する教官が存在しており、試験を合格した魔法使い以外はこの術を使ってはならないと定められている。
なお、試験を受験できるのは17歳以上である必要があり、そのため未成年者は術を使用する事ができない。
しかし、術を使用できる魔法使いに掴まることで「付き添い姿現わし/付き添い姿くらまし」をすることは可能。
距離が長くなればなるほど難易度が上がり、高度な術を持つ魔法使いでなければこの術で大陸横断を試みるのは物凄く危険。
この術を無効化する呪文も存在し、ホグワーツ城の敷地内では「姿現わし」も「姿くらまし」も使用できないようになっている。
屋敷しもべ妖精もこの術を使うことができる。ただし、屋敷しもべ妖精の魔法は魔法使いの魔法とは異なるため、ホグワーツ城内及び魔法使いができないようにされている場所でも「姿現わし/姿くらまし」ができる。

姿くらまし防止呪文

神秘部の戦いでアルバス・ダンブルドアが死喰い人を拘束した呪文。相手の逃亡の阻止に成功した。

移動キー/ポートキー(Portkey)

瞬間移動ができる魔法。移動キーに触れることで移動できる。「ポータス」(Portus) という呪文によって移動キーを作成。
キー(鍵)になる物体は、何でも良い。
姿現わし/姿くらましよりも安全性が高く、複数人が同時に移動できる。
姿現しなどと違い、未成年者でも合法的に利用可能。
しかし、移動となるキーを作る必要があり、少しだけ手間となる。

目くらまし術(Disillusionment Charm)

対象を周囲の質感・色彩に同化させる魔法。
カメレオンが周囲と同化するのと似たような特徴である。
保護色と同様の効果が得られる呪文である。
この術を使用された者は、身体に冷たいものが流れるような感覚を覚える。
一方で術を解除されたときは、身体に熱いものが流れるような感覚を覚える。
天馬やヒッポグリフなど、一部の魔法生物は飼う際にこの魔法をかける義務がある。

憂いの篩/ペンシーブ(Pensieve)

浅い石製の盆で、外縁にはルーン文字などが彫られている。
中は光を放つ銀白色の物質(気体の様でもあり、液体の様でもある)で満たされている。
こめかみに杖をあてると、その人物の「記憶」を糸状にして放出できる。
「記憶」は瓶に保存できて、憂いの篩の中に入れることで、「記憶」を閲覧することができる。
盆に顔を近づけて覗き込むと、「記憶」の中に入り込んだように自分自身が記憶を追体験できる。
顔を近づけなくても、杖で憂いの篩をつつくと、「記憶」の中の人物が浮かび上がってくる。

悪霊の火(Fiendfire)

呪われた炎。キメラやドラゴンなどに形状を変え、意思を持っているかのように襲いかかる。
分霊箱を破壊することができるほど強力な炎であるが、その分制御は難しく、この魔法を使用したビンセント・クラッブはこの魔法を制御できずに焼死している。
映画『不死鳥の騎士団』で登場し、魔法省神秘部において、ヴォルデモートがダンブルドアに対して使用し、炎はバジリスクに形状を変えていた。

破れぬ誓い(Unbreakable Vow)

2人が跪くように向かい合って座り、手を握り合う。
それから「結び手」と呼ばれる保証人が、握り合った手の上に杖の先を置く。
2人が口頭で約束を交わし、互いが合意するごとに、杖先から細い舌のような眩しい炎が飛び出し、灼熱した赤い紐のように2人に巻きつく。
この巻きつきが完了すると誓いが成立する。
この誓いを破った者は死亡するとされている。
作中では、セブルス・スネイプとナルシッサ・マルフォイの間で「破れぬ誓い」が結ばれている。
この他には、フレッド・ウィーズリーが幼少期に面白半分でロン・ウィーズリーと誓いを結ぼうとしたことがあるが、父アーサー・ウィーズリーに止められ、この時のみ本気で怒られたことがある。

忠誠の術(Fidelius Charm)

生きた人間に秘密を封じ「秘密の守人」とする。
秘密を持つ当人か、守人が漏らさない限り、封じた秘密が外部に漏れることはない。
つまり、守人から秘密を教えられていない人間は、「秘密」の間近にいてもその存在に気付くことは無い。
秘密を知るには守人から直接教えてもらう必要があり、守人でなければ秘密を知っていても他の人間に秘密を明かすことはできない。
守人が死亡した場合でも忠誠の術は解けないが、秘密を明かされた人が全員「秘密の守人」になり、秘密が漏洩する危険性が増す。
作中では、ピーター・ペティグリューがジェームズ・ポッター一家の所在地の「秘密の守人」になったが、裏切ってヴォルデモートに伝えたため、ヴォルデモートが襲いかかりジェームズ・ポッターとリリー・ポッターが死亡した。

17歳未満の者の周囲での魔法行為を嗅ぎ出す呪文(The charm that detects magical activity around under-seventeens)

魔法省が未成年の魔法を発見する方法。
17歳未満には「臭い」がつけられており、魔法を使うとそのことが魔法省にばれるしくみとなっている。
「臭い」は成人すると消える。
呪文を使う必要がない方法による移動(箒、天馬、シリウスのバイク、アーサーのフォード・アングリア)には反応しない。

検知不可能拡大呪文

物の外側の大きさを変えずに内側だけを広げる魔法。
アーサーの車フォード・アングリアにかけられており、ウィーズリー家10人とハリーを乗せることができた。
他にも魔法省の車やマンタンガスの車、さらには分霊箱探しに所持していたハーマイオニーのビーズバックにかけられていた。

samurai
samurai
@samurai

Related Articles関連記事

ハリー・ポッターと謎のプリンス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと謎のプリンス(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと謎のプリンス』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。活発に動き始めた死喰い人。ハリーとダンブルドアはヴォルデモートを倒すため、秘密裏に対策を取り始める。そんな中ハリーは半純血のプリンスと署名された魔法薬学の教科書を発見。疑いながら、所有者に感情移入していく。しかし、死喰い人がホグワーツに現れたことで状況が一変。ダンブルドアが倒され、ホグワーツは最大の危機に陥る。J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第六弾。

Read Article

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。三年生となったハリ―。魔法界を訪れるとアズカバンに投獄されていたシリウス・ブラックが、脱獄していたことを知る。シリウスが自分を狙っていることを知るハリー。学生時代、父とシリウスが親友だったことを知り、ハリーは父を裏切ったシリウスに対し憎しみを抱き始める。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第三弾。

Read Article

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。復活を遂げたヴォルデモート。しかし魔法省はそれを受け入れずホグワーツに干渉するようになる。そんな中、ダンブルドアは「不死鳥の騎士団」を再び活動させる。五年生となったハリーたちはヴォルデモートに対抗するため、ダンブルドア軍団を結成。そしてヴォルデモートや死喰い人と再び対峙することとなる。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第五弾。

Read Article

ハリー・ポッターと死の秘宝(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと死の秘宝(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと死の秘宝』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。ホグワーツに戻らず、分霊箱を探す旅に出かけたハリー、ロン、ハーマイオニー。数少ない手がかりを探しながら、困難な旅を続けていく。そんな中ホグワーツにヴォルデモートが現れ、戦闘が始まる。多くの仲間が死んでいく中、ついにハリーはヴォルデモートと対峙することになる。J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ。第七弾。

Read Article

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと炎のゴブレット(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと炎のゴブレット』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。四年生となったハリーたち。ハリーは何者かの陰謀により、トライ・ウィザード・トーナメントに参加することとなる。待ち受ける過酷な課題を乗り越えていくハリー。そんな彼の前で因縁の敵、ヴォルデモートがついに復活する。肉体を持ったヴォルデモートと初めて戦うことになったハリー。その強大な力に圧倒される。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第四弾。

Read Article

ハリー・ポッター/ファンタスティック・ビーストシリーズの魔法動物まとめ

ハリー・ポッター/ファンタスティック・ビーストシリーズの魔法動物まとめ

『ハリー・ポッター』シリーズおよび『ファンタスティック・ビースト』シリーズとはJ・K・ローリングが原作をてがける小説および映画、舞台、ゲームなどのメディアミックス作品である。同じ魔法界を舞台に、それぞれの時代での闇の魔法使いや闇の勢力との戦いが描かれる。『ファンタスティック・ビースト』シリーズは『ハリー・ポッター』シリーズの公式スピンオフ前日譚で、『ハリー・ポッター』の世界の過去の出来事が分かる作品だ。これらのシリーズには様々な魔法動物が登場し、戦いの中で活躍している。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの料理・食べ物・飲み物・お菓子まとめ

ハリー・ポッターシリーズの料理・食べ物・飲み物・お菓子まとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、J・K・ローリングによる小説およびそれを原作とした映画、舞台、ゲームなどのメディアミックス作品である。普通の少年ハリー・ポッターはある日自分が魔法使いである事を知らされる。魔法学校で魔法を学び、仲間と友情を育むハリー。そんな中、両親を殺した宿敵ヴォルデモートとの戦いが始まる。舞台はイギリスの魔法界。作中にはイギリス魔法界ならではの様々な食べ物・飲み物・お菓子が登場する。人間界には無い少し変わったものも多く登場し、作品に楽しさ・面白さといった彩りを添えている。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズの魔法具・アイテムまとめ

ハリー・ポッターシリーズの魔法具・アイテムまとめ

『ハリー・ポッター』シリーズとは、J・K・ローリングによる小説およびそれを原作とした映画、舞台、ゲームなどのメディアミックス作品である。 普通の少年ハリー・ポッターはある日自分が魔法使いである事を知らされる。魔法学校で魔法を学び、仲間と友情を育むハリー。そんな中、両親を殺した宿敵ヴォルデモートとの戦いが始まる。 作中には戦いの行方を左右する重要なものや物語の鍵となるものから、魔法使い達の日常で使われるものまで、様々な魔法具やアイテムが登場する。

Read Article

ハリー・ポッターと賢者の石(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと賢者の石(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと賢者の石』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。魔法学校を通じて、ハリーと友人たちの絆や成長を描いていく。 1997年に刊行されたJ・K・ローリング原作小説を映画化したもので、2001年に公開された。ハリーポッターシリーズ第一弾。

Read Article

ハリー・ポッターと秘密の部屋(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ハリー・ポッターと秘密の部屋(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ハリー・ポッターと秘密の部屋』とは、イギリスを舞台に魔法使いの少年・ハリーが闇の魔法使い・ヴォルデモートと立ち向かうファンタジー映画。二年生になったハリーはドビーに「ホグワーツに行ってはいけない」と忠告を受ける。そして忠告通り、ホグワーツで生徒が襲われるという事件が発生。五十年前に開かれたという秘密の部屋をヒントに、ハリー、ロン、ハーマイオニーがその謎を追う。 J・K・ローリングの小説が原作のシリーズ第二弾。

Read Article

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』とは2018年に公開された『ファンタスティック・ビースト』シリーズ2作目の映画。『ハリー・ポッター』シリーズと同じ"魔法界"を舞台とした作品で、『ハリー・ポッター』シリーズの公式スピンオフ前日譚の第2弾。 闇の魔法使いグリンデルバルドが移送中に逃亡するシーンから物語が始まる。巨大な力を求め仲間を集めるグリンデルバルドとの攻防が繰り広げられる。 黒い魔法使いグリンデルバルドを追う魔法動物学者ニュートの新たな冒険が描かれる。

Read Article

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』とは2022年に公開された『ファンタスティック・ビースト』シリーズ3作目の映画。『ハリー・ポッター』シリーズと同じ魔法界を舞台とした作品で、『ハリー・ポッター』シリーズの公式スピンオフ前日譚の第3弾。主人公ニュートらに協力を要請し闇の魔法使いグリンデルバルドの陣営に対抗するチームを作ったダンブルドア。魔法界を支配しようとするグリンデルバルドの企みを阻止するため、寄せ集めの凸凹チームが魔法動物と共に戦いに挑む。ダンブルドアの過去が明かされる物語。

Read Article

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』とは2016年に公開された『ファンタスティック・ビースト』シリーズ1作目の映画。『ハリー・ポッター』シリーズと同じ"魔法界"を舞台とした作品で、『ハリー・ポッター』シリーズの公式スピンオフ前日譚。原作者J.K.ローリングが脚本を手がけた。 イギリスの魔法使いニュートが魔法動物達と共にニューヨークに降り立つところから物語が始まる。手違いで逃げ出してしまった魔法動物達とニューヨークで起こった不思議な事件。魔法動物と魔法使いによる新たな魔法界の物語。

Read Article

共通点が見えてくる?ハリー・ポッター主な登場人物の組み分けまとめ

共通点が見えてくる?ハリー・ポッター主な登場人物の組み分けまとめ

ハリー・ポッターシリーズの登場人物の組み分けについてまとめました。 大人気小説の物語を彩る魅力的な登場人物たち。 彼らが通うホグワーツにはそれぞれ違う性質を持つ4つの寮に生徒を組み分ける儀式があります。 彼らが何故その寮に組み分けられたのか分かれば物語がより楽しめるかも!?

Read Article

【USJ】「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター」グッズやお土産、レストランの値段と種類を徹底調査!【Harry Potter】

【USJ】「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター」グッズやお土産、レストランの値段と種類を徹底調査!【Harry Potter】

USJの大人気エリア「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター」。世界的ヒット作「ハリー・ポッター」シリーズの世界を再現したエリアで販売されているグッズやお土産、レストランの値段や商品の種類を徹底調査した。

Read Article

【あつ森】ハリー・ポッターの世界を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

【あつ森】ハリー・ポッターの世界を再現したマイデザインがすごい!【マイデザインIDまとめ】

大人気ゲームシリーズ「どうぶつの森」のニンテンドーSwitch専用ソフト『あつまれ どうぶつの森』では、服やタイルを自由にデザインして作る「マイデザイン」という機能があり、人気を博している。特に人気漫画などに出てくる服を再現したマイデザインはたびたびネット上で大きな話題になっている。Switchオンラインで公開されているマイデザインは自由に使うことができるので、大好きなあのキャラになりきることも可能だ。ここでは世界的ヒットとなった「ハリー・ポッターシリーズ」を再現したマイデザインを紹介する。

Read Article

【全80人】ハリーポッターシリーズの登場人物一覧! 【画像付き】

【全80人】ハリーポッターシリーズの登場人物一覧! 【画像付き】

ハリーポッターシリーズの登場人物の特徴、関係性をまとめました。有名キャラクターから少しマイナーなキャラクターまで全80人います! 『ハリー・ポッター』(英:Harry Potter )は、作家J・K・ローリングによるファンタジー小説。第一巻がロンドンのブルームズベリー出版社から刊行される。2001年からの映画も大ヒットを記録。最終巻が2007年に発売され、完結した。

Read Article

ハリーと仲間たちのその後は?19年後の職業・結婚相手まとめ【ハリー・ポッターシリーズ解説】

ハリーと仲間たちのその後は?19年後の職業・結婚相手まとめ【ハリー・ポッターシリーズ解説】

『ハリー・ポッターシリーズ』の作者J・K・ローリングは、ハリーをはじめとする登場人物・キャラクターの19年後についてインタビューで語っている。またUSJの「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」でも、映画では描かれなかった彼らのその後に関する情報が公開されている。

Read Article

【ネタバレ注意】徹底解明!ハリー・ポッターシリーズ全編の謎と伏線

【ネタバレ注意】徹底解明!ハリー・ポッターシリーズ全編の謎と伏線

世界中にファンが多い『ハリー・ポッター』シリーズ。その壮大な物語の中には数々の謎や伏線が存在しています。小説を全巻読んでも、映画を全て観ても、何がどうなっているのかなかなか一回では理解できないですよね。そこで、ハリポタシリーズの謎や伏線について、この記事で徹底解明していきます。自力で考えたい人や、まだ作品を読んでいないor観ていない人はネタバレ注意!

Read Article

ホグワーツの寮の組み分け基準まとめ【ハリー・ポッターシリーズ】

ホグワーツの寮の組み分け基準まとめ【ハリー・ポッターシリーズ】

『ハリー・ポッターシリーズ』に登場するホグワーツ魔法魔術学校では「グリフィンドール」「ハッフルパフ」「レイブンクロー」「スリザリン」の4つの寮が存在しており、生徒たちは組み分け帽子によってこの中のどれかに割り振られる。どの寮になるのかは生徒の資質などによって決まる。ここでは4つの寮の、組み分けの基準をまとめた。

Read Article

Twitterでネタにされるドラコ・マルフォイの画像まとめ【ハリー・ポッターシリーズ】

Twitterでネタにされるドラコ・マルフォイの画像まとめ【ハリー・ポッターシリーズ】

ドラコ・マルフォイは『ハリー・ポッターシリーズ』に登場する人物で、主人公ハリーのライバル的存在である。ことあるごとにハリー達に突っかかり、卑怯な手段を用いて貶そうとするが、臆病で間抜けな一面も持つ。その人間臭さが読者に愛されており、Twitterではマルフォイをネタにする画像がよく投稿されている。

Read Article

【影の主役】セブルス・スネイプのかっこいい生き様【ハリー・ポッターシリーズ】

【影の主役】セブルス・スネイプのかっこいい生き様【ハリー・ポッターシリーズ】

『ハリー・ポッター』シリーズ全巻を通して登場するセブルス・スネイプ。初登場時からの不気味な出で立ちとハリーのことを憎んでいることから、悪者感がハンパじゃなく漂っていますよね。そんなスネイプ先生、物語が進むにつれて、実はとても愛に溢れた人物であることが判明します。この記事では、そんな彼の知られざる生き様についてまとめました。ファンが多いスネイプ先生だからこそ、もっと彼のことを知りたくなりますよね。

Read Article

【USJ】「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター」三大魔法学校対抗試合のテントを探そう!【Harry Potter】

【USJ】「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター」三大魔法学校対抗試合のテントを探そう!【Harry Potter】

USJの大人気エリア「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリーポッター」。世界的ヒット作「ハリー・ポッター」シリーズの世界を再現したエリアはいつでもたくさんの人で賑わっているが、実は人目につきにくい場所に三大魔法学校対抗試合のテントが存在している。

Read Article

スゴすぎる!USJのハリーポッターエリア完全攻略ガイド!!

スゴすぎる!USJのハリーポッターエリア完全攻略ガイド!!

日本中の、いや全世界のハリー・ポッターファンにとって、とうとう待ちに待った日がやってきました。ユニバーサル・スタジオ・ジャパンに、ハリポタエリアがオープンしたのです!その名も、「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」。いったんこの世界に足を踏み入れたら、もう二度とハリポタマジックから抜け出すことはできません。ぜひ、観光ガイドとしてこの記事を役立ててくださいね!

Read Article

【USJ】ファン必見!「ハリー・ポッター」エリアを遊び尽くす方法まとめ

【USJ】ファン必見!「ハリー・ポッター」エリアを遊び尽くす方法まとめ

2014年、あの大人気映画の世界観を楽しめる場所が大阪のユニバーサル・スタジオ・ジャパンに登場しました。その名も、「ザ・ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」。映画そのままを再現した当エリアのクオリティの高さは、世界的にも高い評価を受けています。この記事では、そんな「ハリポタエリア」を徹底的に遊び尽くす方法についてまとめました。ファンの方は必見です!

Read Article

【ダニエル・ラドクリフ】ハリー・ポッターシリーズの役者まとめ!【エマ・ワトソン など】

【ダニエル・ラドクリフ】ハリー・ポッターシリーズの役者まとめ!【エマ・ワトソン など】

ハリー・ポッターシリーズに出演したキャラクターと役者をまとめてみました!ダニエル・ラドクリフやエマ・ワトソンなど人気の俳優を一覧にしていますのでぜひ最後までご覧ください! 『ハリー・ポッター』 は、イギリスの作家J・K・ローリングによって著された7巻のファンタジー小説シリーズである。 日本での通称は「ハリポタ」。

Read Article

NEW
あまり知られていないハリー・ポッターシリーズの裏設定・都市伝説まとめ【裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話】

あまり知られていないハリー・ポッターシリーズの裏設定・都市伝説まとめ【裏話・トリビア・小ネタ/エピソード・逸話】

全世界で人気の『ハリー・ポッターシリーズ』には「ハグリットの身長を大きく見せるために大きいセットと小さいセットの2種類が作られていた」といった様々な裏話や裏設定がある。ここではそんな、あまり知られていない裏設定・都市伝説をまとめた。

Read Article

”スピンオフ”の魅力とは?『HERO』や『ハリー・ポッターシリーズ』など番外編はなぜ人気!?

”スピンオフ”の魅力とは?『HERO』や『ハリー・ポッターシリーズ』など番外編はなぜ人気!?

”スピンオフ”とは、本筋とは異なる本編から派生した物語のことを指す。番外編、外伝と言うこともある。本編の主人公ではない登場人物にスポットを当てて展開される”スピンオフ”作品は人気が高く、本編とは違った焦点で繰り広げられる物語は作品に奥行きを与えて実に魅力的だ。2014年夏に大ヒットした木村拓哉/キムタク主演のドラマ『HERO』や世界的大人気を博した『ハリー・ポッターシリーズ』も”スピンオフ”があり人気を集めている。

Read Article

ファンタビのレビュー・評価・感想まとめ【ファンタスティック・ビーストシリーズ】

ファンタビのレビュー・評価・感想まとめ【ファンタスティック・ビーストシリーズ】

『ファンタスティック・ビーストシリーズ』は『ハリー・ポッターシリーズ』のスピンオフ映画である。主人公のニュート・スキャマンダーはホグワーツ魔法魔術学校指定教科書『幻の動物とその生息地』の著者であり、作中では多くの魔法動物が登場する。 ここでは『ファンタスティック・ビーストシリーズ』のレビュー・評価・感想をまとめた。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズとの繋がりは?ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の徹底解説・考察まとめ

ハリー・ポッターシリーズとの繋がりは?ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅の徹底解説・考察まとめ

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』は『ハリー・ポッターシリーズ』のスピンオフ作品で、ホグワーツ魔法魔術学校における魔法生物飼育学の指定教科書『幻の動物とその生息地』を書いたニュート・スキャマンダーが主役となっている。 この時代はグリンデルバルドという闇の魔法使いが勢力を拡大しており、ニュートは闇の勢力との戦いに巻き込まれていく。

Read Article

ハリー・ポッターシリーズのスピンオフ!「ファンタスティック・ビースト」と「呪いの子」の情報まとめ

ハリー・ポッターシリーズのスピンオフ!「ファンタスティック・ビースト」と「呪いの子」の情報まとめ

2016年に『ハリー・ポッターシリーズ』のスピンオフ映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が公開された。これはハリーの時代よりも前の出来事を描いた作品である。また同年には『ハリー・ポッターと呪いの子』の舞台も始まった。こちらは『ハリー・ポッターと死の秘宝』の出来事から19年後の話となっている。

Read Article

目次 - Contents