ファイナルファンタジーIV(FINAL FANTASY IV、FFIV、FF4)のネタバレ解説まとめ

Zk7pfca

ファイナルファンタジーIV(FF4)は1991年、スーパーファミコン(SFC)用ソフトとして発売されたシリーズ4作目。
「ATB」(アクティブタイムバトル)が初めて導入され、現在までの基本システムを形作った作品。
バロン王国飛空挺団隊長セシルは王の命令により、理不尽な任務を命じられる。王に疑念を抱いたセシルは隊長の任を解かれ、親友カインと共に新たな任務に赴くのだった。

概要

A88c3e32

リメイク版ではロゴマークが違うものもある。

FF4は、1991年7月19日に発売されたFFシリーズ第4作。発売元のスクウェア(現:スクウェア・エニックス)のスーパーファミコン(SFC)参入第1弾ソフトでもあった。
また同年10月には初心者向けの別バージョン「イージータイプ」が発売されている。

本作は、対応機種がファミコン(FC)からSFCになったことにより、ハード特性である拡大縮小機能を活かしたグラフィック表現で、演出効果が飛躍的に向上した。

戦闘シーンは前作までのターン制ではなく、リアルタイムで時間が経過する「アクティブ・タイム・バトル(ATB)システム」が新たに採用された。
このシステムは本作が初登場で、後のシリーズなどにも引き継がれることになる。
また、メニュー画面にコンフィグというシステムを初めて搭載し、ウィンドウのカラーを変更できるなど、スタッフの遊び心も感じられた。

FF4は、ストーリーを重要視したため自由度には乏しいが、個性的な登場人物が悩みながら成長していく物語は高く評価され、シリーズの中でも特にファンが多い作品となった。

物語は、バロン王国の飛空艇団「赤い翼」の隊長セシルが、ミシディアの村から「水のクリスタル」を奪うという任務を達成し、帰還するところから始まる。
その任務に疑問を抱いたセシルは王に問うが、反逆の疑いを持たれてしまい、隊長の任を解かれてしまう。
そして今度はミストへ幻獣退治に赴くことを命じられる。
セシルは疑念を抱きながらも、親友である竜騎士カインと共にバロンを旅立つのだった。

あらすじ・ストーリー

1452961914685

物語の裏側にセシル・カイン・ローザの三角関係がある。

軍事大国バロン王国飛空挺団、通称「赤い翼」。
暗黒騎士であるセシルは、赤い翼の隊長だった。
セシルは魔導士の村ミシディアでの任務を終え、王都に帰還しようとしていた。
セシルの心には無抵抗の魔導師たちからクリスタルを略奪したという罪悪感だけがあった。
ミシディアのクリスタルは水を守るもので、村が守ってきた秩序の象徴でもあった。

バロンに戻ったセシルは、近衛隊長ベイガンにミシディアの人々がまるで無抵抗だったことを告げた。
ベイガンは、バロン王に「セシルが王に不信を抱いている」と告げ口する。
セシルは王に謁見し、セシルは優しく聡明な国王の命令が腑に落ちず、王の真意を問いただそうとする。
だが、王は逆に、セシルの飛空挺部隊長の任を解き、召喚士の村ミストに「ボムの指輪」を届けるよう命じた。

その夜、セシルは恋人である白魔導師ローザに明日旅立つことを告げる。セシルは自分が暗黒騎士であり、ローザとは釣り合わないと悩んでいた。
翌朝、親友の竜騎士カインと共に旅立つ。
ミストの谷では霧の幻獣「ミストドラゴン」を倒し、ミストの村に入ると、突然ボムの指輪が輝きだし、村中を炎が包み込む。
絶叫するセシル。王の目的は村を滅ぼすことだったのだ。
どこからか、子供の泣き声が響いてくる。
そこには死んだ母親にすがりつく少女の姿があった。
先ほどセシルたちが倒したミストドラゴンは、村を守るために少女の母親が召喚していたものだったのだ。
召喚獣が倒されると召喚士も命を落とすのだという。
村を焼きつくそうとする炎から、少女を助けようとするが、少女は力を暴走させてしまい、幻獣タイタンを召喚し、タイタンが起こした大地震に、セシルたちは巻き込まれてしまう。

セシルが意識を取り戻した時、カインの姿はなく、先ほどの少女が倒れていた。
セシルは少女を休ませるため、オアシスの村カイポへ向かう。
少女はセシルに心を開こうとはしなかった。

その夜、ミストの生き残りである少女の命を狙って、バロン兵が襲ってくる。
少女を守ることを決意していたセシルは、命令に背き、バロン兵を退ける。
それを見ていた少女は、ようやくセシルに、自分の名がリディアであることを告げるのだった。

そのカイポの村で、セシルは病に倒れて寝込んでいる恋人のローザを見つける。
彼女はセシルの身を案じ、単身カイポまで追ってきていた。
ローザは「高熱病」にかかり、命の危険にさらされていた。
ローザを看病してくれている家の持ち主から、高熱病を治すための唯一の方法である「砂漠の光」を取りに行くため、セシル達は、ダムシアン王国へと向かう。

ダムシアンへ向かう途中、賢者テラと出会う。
テラは娘アンナが吟遊詩人に連れ去られたといい、ダムシアンへ一緒に向かうが、彼らの目の前で、バロン飛空挺団「赤い翼」がダムシアンを襲う。
廃墟となったダムシアンには、テラの娘アンナが吟遊詩人ギルバートを庇って倒れていた。
ギルバートは実はダムシアンの王子だった。
ゴルベーザと名乗る男がバロン飛空挺団を率いてダムシアンを襲ったのだとギルバートは言う。
ゴルベーザは、ギルバートの両親を殺し、クリスタルを奪って行った。
アンナは父と恋人に別れを告げて死んでしまう。
テラは1人でゴルベーザを倒しに行ってしまい、残されたセシルたちはギルバートを説得して「砂漠の光」を手に入れる。

「砂漠の光」でローザは意識を取り戻した。
そして彼女は次に狙われるのは風のクリスタルがあるファブールだと言う。
ファブールへ行く途中のホブス山で魔物に襲われていたファブールのモンク僧長ヤンと出会い、行動を共にする。
ファブールで、セシルの前に現れたのは行方不明の親友のカインだった。
彼はゴルベーザに命じられるままクリスタルとローザを奪っていってしまう。

セシルはバロン王国に乗り込むため、船で向かおうとしたが、途中でリヴァイアサンに襲われ、仲間とはぐれてしまう。
セシル1人がたどり着いたのは自分が滅ぼしたミシディア。
村の長老から試練の山に行けと言われ、双子の魔導士ポロムとパロムと共に向かう。
セシルはそこで伝説の魔法「メテオ」を求めてやってきた賢者テラと再会する。
謎の声に導かれるまま、セシルは伝説の剣を受け取り聖騎士の力を手にした。
さらに試練の山での最後の試練に打ち勝ち、謎の光はテラに最強魔法メテオを与え、セシルをパラディンへと変えたのだった。

ミシディアの長老のおかげでバロンに戻れたセシルたちは、そこでヤンと再会するが、ヤンは記憶喪失になっていてセシルたちに襲い掛かってくる。
正気を取り戻したヤンを仲間にし、セシルたちは城に囚われている飛空技師シドを助け出そうと計画する。
城に乗り込むと、実はバロン王は偽物で、本物のバロン王を殺し、偽物が成りすましていたことを知る。
すべてはゴルベーザの仕業だった。
近衛隊長ベイガンもまた魔物と化し、セシルたちはそれを退けた。
続いて偽バロン王だったゴルベーザの四天王、水のカイナッツォを倒すと、自力で脱出してきたシドと合流する。
だが城には罠があり、迫る壁に押しつぶされそうになった彼らを救ったのはパロムとポロムだった。
彼らは迫る壁を止めるため自らの意思で石になる魔法を唱えたために、二度と元に戻れないのだった。
双子との悲しい別れのあと、シドの飛空艇エンタープライズで旅立つ一行は、ローザを救うためトロイア国へ向かう。
途中で出会ったカインがローザと引き換えにトロイア国にある土のクリスタルを渡せと告げたのだ。

トロイアでは、土のクリスタルがダークエルフに奪われていた。
そこで再会したギルバートの力を得てクリスタルを奪還する。
セシルたちはゾットの塔に向かい、ゴルベーザと対峙する。
テラは魔法メテオを使い、命を落とすが、ゴルベーザは強く、倒すことはできなかった。
ゴルベーザはなぜかセシルにとどめを刺さず、クリスタルを奪い去って行く。
カインはゴルベーザの術が解け、正気を取り戻す。彼は自分がローザを好きだった気持ちをゴルベーザに利用されたのだという。
セシルに詫びると仲間になり、ローザを救出する。

ゴルベーザの手に渡った4つのクリスタルと対をなす闇のクリスタルを手に入れるため、ドワーフのいる地底世界へ向かう。
そこではドワーフたちとゴルベーザの部下たちが戦っていた。
飛空艇を改造するというシドと別れ、地底世界でドワーフと共に戦うが、ゴルベーザの召喚した黒竜にセシルたちは倒されてしまう。
その危機を救ったのは、なんと大人になったリディアだった。
リディアはリヴァイアサンに幻獣世界へと連れていかれ、そこで修業をしていたのだという。
幻界とこの世界では時間の流れが違う為、大人になっていたのだった。

セシルたちはバブイルの塔へクリスタル奪還のため潜入する。
そこにはゴルベーザの部下、ルゲイエ博士が罠をしかけて待ち受けていた。ここで仲間を助けるためヤンが犠牲となり、さらに追っ手を食い止めるため、シドも飛空艇から爆弾を抱えて飛び降りてしまう。
仲間を失いながらも、地上からバブイルの塔へ行くため、セシルたちはエブラーナの洞窟へと向かう。
エブラーナはゴルベーザに滅ぼされた忍者の国。そこで1人ゴルベーザの部下と戦うエブラーナの王子エッジを仲間に加え、再びバブイルの塔へと潜入するが、敵の罠にはまりクリスタル奪還はならず、代わりに飛空艇ファルコンを手に入れる。

ドワーフの城へと戻った一行は、そこで助けられていたシドの助けを借りて、最後のクリスタルを手に入れるため、封印の洞窟を目指す。
セシルたちは、様々な罠をくぐり抜け、ついに最後のクリスタルを手にする。
しかし、再び操られたカインにより、全てのクリスタルがゴルベーザの手に落ちてしまう。

地上の土・水・火・風を司る4つのクリスタルと、地底にあった4つの闇のクリスタル、すべてのクリスタルを集めることで月と地上を繋ぐことができるのだった。
ゴルベーザは、クリスタルの力で封印を解き、月への道を開いたのだ。

一行は魔導船の伝説を知り、ミシディアへ向かう。
そこで地球と月を行き来できる魔導船を手に入れ、セシル達は魔導船に乗って月へと向かった。
セシル達は最初に向かった月の民の館で、フースーヤと名乗る老人と出会う。
フースーヤは、 月の民について語る。
火星と木星の間にあった星が滅亡の危機に瀕し、生き残った者は地球へと脱出した。

だが地球がまだ進化の過程にあったことで、彼らは直接地球には住まずにもう1つの月を作り、地球と月にクリスタルを8つずつ置くことによって月と地球に道を開き、行き来できるようにしていた。
しかし結局、彼らは地球で暮らす人々に介入をせず月での平安を選び、永い眠りにつくことにした。
それが、月の民である。

しかし、地球を焼き払って住めばいいと考えた民もいて、フースーヤはその者と、地上のクリスタルを各地へ封印し、月と地上の道を閉ざした。
たが、封印されてもその者の邪悪な思念は地球へと流れ、思念を受けた者を悪しき者へと変えてクリスタルを集めさせ、再び月と地球の道をつなげようとしていた。
その者の名はゼムス。
ゴルベーザもまたゼムスによって操られていたのだった。

セシルたちが乗ってきた魔導船は、フースーヤの弟クルーヤのものだった。
月の民が月で眠ることになった後、ようやく地球の人々が、対等な進化を遂げようとしていたのを見て、クルーヤは1人地球に降り、地球の人々に魔法や技術を伝えたのだという。
月の民は地球人よりはるかに長命な一族なのだ。
クルーヤはその後、地球で人間の娘と恋に落ち、2人の子供を授かる。
その子供がセシル、そしてゴルベーザだった。そう、セシルとゴルベーザは兄弟だったのだ。
そして試練の山での謎の声はセシルの父の思念だった。
また、邪悪な思念の持ち主ゼムスがゴルベーザを自分の傀儡に選んだのは、月の民の血を引く者だからであった。

ゼムスに操られているゴルベーザは月にあった破壊兵器「バブイルの巨人」を地球に出現させようとしていた。
フースーヤを仲間にし、セシルたちは地球へ向かう。
地上に降りると、すでにバブイルの巨人と戦っている一団があった。
ドワーフの戦車隊とシドの飛空艇団だった。
そしてそこには、失ったはずの仲間、ヤン、パロム、ポロム、ギルバートの姿もあった。彼らは周囲の人々に救われ無事だったようだ。

セシルたちは仲間の力を借りてバブイルの巨人の中に潜入し、巨人を倒す。
その中でゴルベーザもまた真実を知る。自分が本当はセシルの兄・セオドールであるということも。
フースーヤと共にゴルベーザは決着をつけるといい、去って行った。
セシルたちは再び仲間となったカインとともに月へと向かう。

月の地下渓谷ではすでにゼムスとゴルベーザ、フースーヤが戦っていた。
2人が唱えたメテオにより、ゼムスは倒される。
しかし、ゼムスの憎しみは増大し、強大な「ゼロムス」となって現れた。
ゼロムスにより、セシルたちは倒されてしまう。
それでもセシルはゼロムスに立ち向かおうとする。そんな彼らに力を与えたのは仲間たちだった。
パロム、ポロム、ヤン、ギルバート、シド、そしてテラ。彼らの祈りがセシルたちに力を与え、ゼロムスに勝利する。

今までしてきたことを悔い、月で再び眠りにつくというフースーヤと、共に行くというゴルベーザ。
セシルはそんな兄を見送る。

世界に平和が訪れた。
仲間たちもそれぞれの故郷で暮らしている。
そんなある日、突然月が地球を離れ、宇宙のかなたへと旅立っていった。
セシルは兄の言葉を聞いた。さよなら、と。

そして、セシルとローザは新たなバロン王と王妃になることになり、かつての仲間たちが次々に訪れ、祝いの言葉を述べてゆくのだった。
ただ1人、カインだけはその資格はないと、彼らの元を離れて、遠くから2人を見守るのであった。

登場人物・キャラクター

セシル・ハーヴィ

Sesiru2aaa thumbnail2

最初は暗黒騎士だったセシル。試練を経てパラディンになる。

主人公で暗黒騎士。
元は孤児だったが、バロン国王が後見となり、カインと共に士官学校で学ぶ。
飛空艇団「赤い翼」の隊長となるが、国王の命令に不審を抱き、隊長の任を解かれた後、幻獣討伐の命令でミストの村に悲劇をもたらしたことで祖国と決別し、ミストで保護したリディアとともに国を追われる。
後に試練を受け、暗黒騎士から聖騎士(パラディン)になる。
実は月の民の子孫であり、ゴルベーザとは兄弟であることを知る。
ローザとは恋人同士。

ローザ・ファレル

Ro za3aaa

ローザ。バロンでは名門の出で、美女として名高い。

本作のヒロインで、白魔導士。
バロン国の白魔導士団に所属する白魔導士であり、セシルとは恋仲である。彼女の母親は貴族出身のため、孤児であるセシルとの仲を良く思っていない。また、セシル自身も身分が違うと悩んでいる。
彼女は心配のあまりセシルを追って城を飛び出し、病に倒れてしまう。
セシルと再会するがゴルベーザに操られたカインによってさらわれてしまう。
その後、セシルたちに助け出され、最後までセシルと行動を共にする。
カインとは幼馴染であり、彼からも好意を寄せられているのだが、ローザにはセシルしか目に入っておらず、カインのことは単なる幼馴染としか思っていなかった。
このことがカインの心に影を落とし、ゴルベーザに操られる結果となったのだが、ローザはそれに気付かないままであった。

カイン・ハイウインド

Kain2aa

エンディングでは兜を脱いでいる。

バロン王国の竜騎士団隊長。セシルの親友である。
幼少時に両親を亡くしており、同じく幼少時に父を亡くしているローザとは幼馴染でもあった。

ローザに片想いしており、その秘めた思いをセシルへの嫉妬心として利用され、ゴルベーザに操られることとなる。
その結果、ローザを誘拐してセシルたちの前に敵として立ちはだかる。
エンディングではそんな弱い心を持つ己を鍛え直すため、ただ1人試練の山へ旅立つ。

FF2以来、ハイウインドの名は竜騎士として受け継がれている。

リディア

Oridelia2aa

リディア。幻獣たちのいる幻界で大人になって帰ってきた。

ミストの村に住む召喚士の少女。偽のバロン王の命令で故郷を焼き滅ぼされ、母を失った。
そのため、当初は実行犯であるセシルのことを憎んでいたが、徐々に心を開くようになった。
リヴァイアサンに襲われた際、人間界よりも時の流れが速い幻界に連れていかれ、わずかな期間で大人に成長した。
大人になったリディアはエッジが惚れ込む程の美しさであった。
幻界で黒魔法と召喚魔法の腕前を高め、セシルたちの危機を救う。

テラ

Tera1ccc

高齢のため、魔法を思い出しながら戦う。

高名な賢者であるが、セシルたちと出会ったときには、高齢のため魔法のほとんどを忘れてしまっていた。
娘であるアンナが、ダムシアン王国の王子ギルバートと駆け落ちし、娘の後を追うためセシルたちと行動を共にする。
だが、ゴルベーザの襲撃によって、娘を失う。
その後はゴルベーザへの復讐のため、試練の山でメテオを習得する。
ゾッドの塔でゴルベーザと戦い、命をかけてメテオを使うが倒すには至らず、命を落とす。

ギルバート・クリス・フォン・ミューア

Mig

FFシリーズ屈指の弱いキャラ。立ち位置的には支援専用キャラ。

kiyokiyo23
kiyokiyo23
@kiyokiyo23

Related Articles関連記事

ファイナルファンタジーXI(FINAL FANTASY XI、FFXI、FF11)のネタバレ解説まとめ

ファイナルファンタジーXI(FF11)とはスクウェア・エニックスが開発したPlayStation2、Xbox360、Windows向けのMMORPG(大規模多人数参加型ロールプレイングゲーム)である。 現在Windows版のみがサービス継続中。 プレイヤーはヴァナ・ディールと呼ばれる世界の冒険者となり、他のプレイヤーとコミュニケーションを取りながら様々なクエストをこなしていく。

Read Article

ファイナルファンタジーXII(FINAL FANTASY XII、FFXII、FF12)のネタバレ解説まとめ

ファイナルファンタジーXII(FF12)とは2006年に発売された、PlayStation 2専用ロールプレイングゲームで、FFシリーズの12作目。2017年7月13日にはリマスター版「ファイナルファンタジーXII ザ ゾディアック エイジ」がPS4版として販売される。 帝国の支配下となった小国に住む少年ヴァンは、物盗り目的で王宮に忍び込んだことから大国同士の戦乱に巻き込まれていく。

Read Article

ファイナルファンタジータクティクス(FINAL FANTASY TACTICS、FFT)のネタバレ解説まとめ

ファイナルファンタジータクティクス(FFT)とは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)から1997年にプレイステーション用ソフトとして発売されたシミュレーションロールプレイングゲーム(RPG)である。 獅子戦争と呼ばれる内戦の最中、その裏で活躍した主人公ラムザと、その親友だったディリータの栄光と暗躍を描く物語。

Read Article

ファイナルファンタジーVI(FINAL FANTASY VI、FFVI、FF6)のネタバレ解説まとめ

スクウェア(現スクウェア・エニックス)がスーパーファミコン(SFC)向けに1994年に発売したゲームソフト。FFシリーズ6作目。今作では、FF5までのシステムを踏襲しつつ、キャラクターによるストーリー性を重視した群像劇を描き出す。 失われた魔法と幻獣、機械文明世界が舞台となる。世界征服を企むガストラ帝国と、それに立ち向かう抵抗組織に属する者たちの戦いを描く群像劇。

Read Article

ファイナルファンタジーVII(FINAL FANTASY VII、FFVII、FF7)のネタバレ解説まとめ

1997年にスクウェア(現:スクウェア・エニックス)から発売された初のPlayStation(PS)用ロールプレイングゲーム(RPG)。シリーズの7作目。 シリーズでは初めて全マップ3Dとなり、CGムービーを演出に取り入れ、RPG新時代の先駆けとなった。 星を破滅させようとするセフィロスと、それを止めようとする主人公クラウドの戦いを描く物語。

Read Article

ファイナルファンタジータクティクスアドバンス(FINAL FANTASY TACTICS ADVANCE、FFTA)のネタバレ解説まとめ

『ファイナルファンタジータクティクスアドバンス』(FFTA)は2003年に発売されたシミュレーションロールプレイングゲーム。今作は、PS版『ファイナルファンタジータクティクス(FFT)』の移植や続編ではなく、新たに作られた作品である。 主人公マーシュは、ある日突然剣と魔法のファンタジーの世界へと変貌してしまった町へと迷い込んでしまう。彼は元の世界へ戻るため奮闘する。

Read Article

ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII(LIGHTNING RETURNS: FINAL FANTASY XIII)のネタバレ解説まとめ

「ライトニング リターンズ ファイナルファンタジーXIII」(LRFF13)は、スクウェア・エニックスより2013年に発売されたPlayStation 3・Xbox 360向けゲームソフト。 「FF13-2」の続編にあたり、「FF13」から続く三部作の最終章となる。 前作から500年後の終末に向かう世界で、「FF13」の主人公ライトニングが再び主役となり人々を救うため戦う。

Read Article

ファイナルファンタジーXIII-2(FINAL FANTASY XIII-2、FFXIII-2、FF13-2)のネタバレ解説まとめ

「ファイナルファンタジーXIII-2」(FF13-2)とは、2011年にスクウェア・エニックスより発売されたプレイステーション3・Xbox 360向けゲームソフトであり、「FF13」の続編である。 「FF13-2」は「FF13」のエンディング後から始まる。今作では「FF13」の主人公だったライトニングの妹セラが主人公となり、時空の歪みを正すために、未来から来たノエルと共に時空を超えた旅に出る。

Read Article

ファイナルファンタジーII(FINAL FANTASY II、FFII、FF2)のネタバレ解説まとめ

ファイナルファンタジーIIは、FFシリーズの第2作目。 FF2は、従来のゲームにあったレベルや経験値という概念を無くし、戦闘中にとった行動によって、キャラクターを好きなように成長させられる新しいシステムを採用した意欲作である。 パラメキア帝国が世界を侵略しようとしている世界で、帝国軍と反乱軍との戦いを軸に、出会いと別れ、命の絆の物語が展開される。

Read Article

ファイナルファンタジーVIII(FINAL FANTASY VIII、FFVIII、FF8)のネタバレ解説まとめ

ファイナルファンタジーVIII(FF8)はスクウェア(現スクウェア・エニックス)が1999年にPlayStation用に発売したロールプレイングゲーム(RPG)で、シリーズ8作目。 今作ではシリーズ初の主題歌が採用され、その主題歌「Eyes On Me」は50万枚を超えるセールスを記録した。 兵士養成学校に所属する青年スコールがその仲間たちと共に、世界の脅威となる魔女と戦う物語。

Read Article

ファイナルファンタジーX(FINAL FANTASY X、FFX、FF10)のネタバレ解説まとめ

「ファイナルファンタジーX」(FF10)は、スクウェア・エニックスが2001年7月にプレイステーション2用ソフトとして発売したロールプレイングゲーム(RPG)。FFナンバリングタイトルの10作目。 ザナルカンドに住む青年ティーダはある時異世界「スピラ」に飛ばされてしまう。そこで出会った召喚士のユウナとともに、この世界の脅威である「シン」を倒すための旅に出る。

Read Article

ファイナルファンタジー 零式(FINAL FANTASY TYPE-0、FF零式)のネタバレ解説まとめ

「ファイナルファンタジー 零式(れいしき)」 (FF零式) とは、2011年にスクウェア・エニックスより発売されたプレイステーションポータブル(PSP)用ロールプレイングゲーム(RPG)。 戦争をテーマに、クリスタルと神、人間の命と死について描かれるFFシリーズの外伝的作品。 主人公の14人の少年少女たちは、アギトと呼ばれる救世主になるために厳しい訓練をこなしながら、戦争に身を投じていく。

Read Article

ファイナルファンタジーIV ジ・アフター -月の帰還-(FINAL FANTASY IV THE AFTER、FFIVTA、FF4TA)のネタバレ解説まとめ

「ファイナルファンタジーIV ジ・アフター -月の帰還-」(FF4TA)とは、スクウェア・エニックスより配信・発売されたロールプレイングゲーム(RPG)。 元は携帯アプリとして配信され、その後スマホ版も配信され、携帯ゲーム機用ソフトとしても発売された。 FF4の主人公セシルの息子セオドアが主役となり、かつての仲間と共に世界の危機を救う旅に出る。

Read Article

ファイナルファンタジーXIII(FINAL FANTASY XIII、FFXIII、FF13)のネタバレ解説まとめ

「ファイナルファンタジーXIII」(FF13)は、スクウェア・エニックスからPlayStation 3(PS3)及びXbox 360のマルチプラットフォーム向けに発売されたFFシリーズの第13作目。 「FABULA NOVA CRYSTALLIS」という神話世界を共有するプロジェクトの1つ。 パルスとコクーン、2つの世界を舞台にライトニングたちは「神」のような存在ファルシと戦う。

Read Article

ファイナルファンタジーIII(FINAL FANTASY III、FFIII、FF3)のネタバレ解説まとめ

1990年にファミリーコンピュータ用ソフトとして発売されたシリーズ第3作。本作は、前2作から大幅に進化したグラフィック、広大なマップ、さらにキャラの職業(ジョブ)を増やし、当時の最大限のシステムを盛り込んだ、やり込み要素満載のゲームである。また、シリーズの名物となった「召喚魔法」が初登場した記念すべき作品でもある。4人の孤児達はクリスタルの啓示を受け、世界の闇を払う為に「光の戦士」として旅に出る。

Read Article

ファイナルファンタジーIX(FINAL FANTASY IX、FFIX、FF9)のネタバレ解説まとめ

「ファイナルファンタジーⅨ」(FF9)とは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)より2000年に発売されたプレイステーション用ゲームソフト。FFシリーズ9作目。 今作のテーマは原点回帰。中世欧州風の王道ファンタジー的世界観に加え、過去のシリーズのオマージュ的な要素が盛り込まれている。 主人公ジタンと世界を滅ぼそうとするクジャとの闘いを通して、命と絆の大切さと生きる意味を問う物語。

Read Article

ファイナルファンタジーX-2(FINAL FANTASY X-2、FFX-2、FF10-2)のネタバレ解説まとめ

「ファイナルファンタジーX-2」(FFX-2)はスクウェア・エニックスより2003年にPlayStation2用ソフトとして発売されたRPGで、「FFX」からの正当な続編。 世界観は「X」から引き継いているが、キャラクター演出などのノリはかなり軽い。ドレスアップなど新たなシステムを搭載している。 「FFX」から2年後、ユウナはティーダに似た青年が映ったスフィアを見て、再び旅に出る。

Read Article

ファイナルファンタジーI(FINAL FANTASY I、FFI、FF1)のネタバレ解説まとめ

「ファイナルファンタジー(FF)」とは、1987年に発売されたファミリーコンピュータ(FC)用ゲームソフト。ジャンルはロールプレイングゲーム(RPG)。以降、様々なゲーム機にリメイクされている。 FFシリーズの記念すべき第1作目。 闇に覆われた世界に、クリスタルを手にした4人の若者が現れる。 彼らは「光の戦士」として、この世界の闇を払い、平和を取り戻すために冒険の旅に出る。

Read Article

ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング(FINAL FANTASY XII REVENANT WINGS、FF12RW)のネタバレ解説まとめ

「ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウイング」(FF12RW) は、スクウェア・エニックスより2007年に発売されたニンテンドーDS用ゲームソフト。「ファイナルファンタジーXII」(FF12)の派生作品。 携帯ゲーム機としての今作では、タッチペンを使用し、手軽に遊べるロールプレイングゲーム(RPG)となった。 浮遊大陸レムレースを舞台に「FF12」の主人公、ヴァンの新たな冒険を描く。

Read Article

ファイナルファンタジーXIV(FINAL FANTASY XIV、FFXIV、FF14)のネタバレ解説まとめ

「ファイナルファンタジーXIV(FF14)」とは、スクウェア・エニックスが開発・販売したオンラインゲーム。FFシリーズ14作目。 2010年に発売された最初のFF14はゲームの不備により、2年でサービスが終了した。その後2013年に、ストーリーや世界観を引き継ぎつつ、大幅リニューアルし、新生FF14として発売。 プレイヤーはエオルゼアという世界を自由に冒険し、世界を侵略しようとする帝国と戦う。

Read Article

ファイナルファンタジーV(FINAL FANTASY V、FFV、FF5)のネタバレ解説まとめ

「ファイナルファンタジーV(FF5)」とは、スクウェア(現スクウェア・エニックス)がスーパーファミコン(SFC)向けに発売したゲームソフトで、シリーズ5作目となる。 FF4から採用されたアクティブタイムバトル(ATB)をさらに進化させ、新ジョブも追加された。 風・水・火・土の4つのクリスタルを守るため、クリスタルの心と力を受け継いだ光の戦士達は暗黒魔道士エクスデスと戦う。

Read Article

ファイナルファンタジーXV(FINAL FANTASY XV、FFXV、FF15)のネタバレ解説まとめ

人気ロールプレイングゲーム「ファイナルファンタジー」シリーズの15作目。 戦闘は従来のコマンドバトルではなく、シリーズ初のアクションバトル。 広大な世界を自由に探索、攻略ができる「オープンワールド」形式を採用し、よりリアルな世界観が楽しめる。 同盟国であった帝国の裏切りにより、崩壊した故国を取り戻すため若き王子ノクティスは仲間たちと共に旅に出る。彼を待つものは、神か、運命か。

Read Article

ファイナルファンタジー(FINAL FANTASY、FF)のヒロイン・女性メインキャラクターまとめ

人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズのヒロインたちは、強く美しく物語を彩ってくれる存在である。ヒロインたちは主役として、あるいはヒーローを支える存在として活躍する。時には恋をしたり、別離を経験したり、過酷な運命に立ち向かったりする。 作品ごとに様々な魅力を持つヒロインが登場し、プレイヤーを魅了する。

Read Article

ファイナルファンタジー(FINAL FANTASY、FF)の召喚獣まとめ

召喚獣とは、人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズに登場する異形の存在。作品によってはストーリーにも大きく影響を及ぼす。 召喚獣の姿は人型やモンスターなど多種多様であり、プレイヤーの心強い味方として戦ってくれたり、時には強敵としても登場し、ゲームを盛り上げてくれる。

Read Article

ファイナルファンタジーXIV(FINAL FANTASY XIV、FFXIV、FF14)のクラス・ジョブまとめ

FF14のクラス・ジョブシステムは、特定の「クラス」をある程度習熟することで対応する「ジョブ」に至る道が拓け、さまざまなアクションが修得できるようになるというシステムである。 戦闘用のクラス・ジョブはそれぞれ「タンク」「ヒーラー」「DPS」の3つのロール(役割)に大分されており、クラス・ジョブごとにできることが異なる。

Read Article

ファイナルファンタジー(FINAL FANTASY、FF)のラスボスまとめ

人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズの最後の敵として登場するラスボス。その姿は個性的で独特の異形のものが多く、時に名ゼリフを残したりもする。 単なる悪役としてだけではなく、その背景にある心情や物語も丁寧に描かれ、プレイヤーの心を捉えた。 ゲーム機の性能のアップとともに、そのグラフィックも進化していき、よりリアルなラスボスが描かれるようになった。

Read Article

ファイナルファンタジー(FINAL FANTASY、FF)のヒーロー・男性メインキャラクターまとめ

人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズのヒーローたちは物語の鍵を握る人物として活躍するが、時には悲しい運命をたどる者や、裏切り者がいたりとその魅力は作品ごとに違う。美形が多いのも特徴である。 シリーズごとにリアルさを増していくそのビジュアルは他の追随を許さない。

Read Article

ファイナルファンタジーIV(FINAL FANTASY IV、FFIV、FF4)の名言・名セリフまとめ

『ファイナルファンタジーIV』はスクウェア製作のRPGゲームである。 軍事国家バロンの暴走をきっかけに始まる物語は、地球と月の戦争という壮大なスケールに進展する。 シリーズ中でもストーリーが「重い」として有名であり、それはキャラの多くがそれぞれ悲惨な過去や、葛藤を背負っているためである。 それゆえに、キャラによる多くの名言がストーリーに厚みを持たしている。

Read Article

ファイナルファンタジータクティクス(FINAL FANTASY TACTICS、FFT)の名言・名セリフまとめ

ファイナルファンタジータクティクス(FFT)とは、1997年に発売されたFFシリーズの外伝的作品。FFシリーズ初のシミュレーションRPGである。苛烈な内戦の中で主要キャラクターが多く死亡する今作は従来のFFシリーズと毛並みが違っており、ファンを驚かせた。諸勢力が争う戦争に暗躍する謀略に巻き込まれ苦悩するキャラクターたちはそれぞれ印象的な台詞を残している。

Read Article

ファイナルファンタジータクティクスアドバンス(FINAL FANTASY TACTICS ADVANCE、FFTA)の名言・名セリフまとめ

ファイナルファンタジータクティクスアドバンス(FFTA)とは、2003年に発売されたFFシリーズの外伝的作品であり、シミュレーションRPGである。 古本屋で見つけた古書にあった呪文を唱えたことで、田舎町は理想を反映した空想世界に変わってしまうというストーリー。キャクター個々のコンプレックスに焦点を当てたストーリーとなっており、プレイヤーの心を掴む台詞が多数登場している。

Read Article

ファイナルファンタジーXIV(FINAL FANTASY XIV、FFXIV、FF14)の名言・名セリフまとめ

ファイナルファンタジーXIVは株式会社スクウェア・エニックスが運営しているMMORPGのことである。ファイナルファンタジーシリーズのナンバリング作品としては14番目にあたる。プレイヤーはひとりの冒険者として惑星ハイデリンの大陸のひとつ「エオルゼア」地方を救っていくストーリーとなっている。その話の中で個性あふれるキャラクターたちが名言を残している。

Read Article

ファイナルファンタジーXII(FINAL FANTASY XII、FFXII、FF12)の名言・名セリフまとめ

ファイナルファンタジーXII(FF12)とは2006年に発売されたFFシリーズの12作目。ダルマスカのダウンタウンに住む少年ヴァンは、祖国を支配する帝国に一泡吹かせるため王宮に忍び込んだことから世界を揺るがす大きな運命に巻き込まれていく。イヴァリースというひとつの歴史の中で、登場するキャラクターたちはそれぞれ印象的な台詞を残している。

Read Article

SFC版FFシリーズ、懐かしの名曲まとめ

新作に限らずリメイク作品も多く発表され、幅広い層に熱烈なファンを持つファイナルファンタジーシリーズ。その中でもスーパーファミコン用ソフトとして発売されたⅣ、Ⅴ、Ⅵは、数年後他のハードが登場してもなお根強いファンを持つ人気作です。その三作の魅力は、キャラクターやストーリー、システムはもちろん音楽にもありました。

Read Article

全然楽じゃない「ひたすら楽してFF」シリーズ神回まとめ

裏技やバグ技を利用したあっけないボス撃破シーンが評価され、投稿するやいなやランキング上位間違いなしの人気ゲーム動画「ひたすら楽してFF」シリーズ。今回は、これまで投稿された動画の中から「これ、本当に楽なのか…!?」「確かに低レベルで熱い戦いだけど、余計に手間がかかっているのでは…!?」と思わされてしまうような動画をピックアップしてみました。

Read Article

目次 - Contents