カイン・ハイウインド(ファイナルファンタジーIV)の徹底解説・考察まとめ

カイン・ハイウインドは、1991年にスクウェア(現・スクウェア・エニックス)より発売されたロールプレイングゲーム『ファイナルファンタジーIV』に登場するキャラクターで、バロン王国の竜騎士団の若き隊長である。本作の主人公セシルとは幼い頃からの親友であり良きライバルだが、セシルの恋人で自身の幼なじみでもある白魔道士ローザに恋心を抱いている。その想いを魔道士ゴルベーザに利用され、操られたカインは敵としてセシルの前に立ちはだかる。

カイン・ハイウインドのプロフィール・人物像

竜騎士
年齢:21歳
身長:186cm
体重:61kg
声優(DS版):山寺宏一

カイン・ハイウインドは、1991年にスクウェアより発売されたロールプレイングゲーム『ファイナルファンタジーIV』に登場するキャラクターで、クールな雰囲気を持つ竜騎士である。バロン王国において300年近い歴史を持つ竜騎士団の隊長を弱冠21歳にして務めている。両親とは幼い頃に死別しており、本作の主人公であるセシルと共にバロン王の下で育てられた。金色の髪を後ろで1つに束ねており、常に竜騎士団の兜と鎧を身にまとっている。エンディングでようやく兜を外す場面があるが、素顔については最後まで見ることができない。SFC版、PS版のドット絵のグラフィックでは水色の鎧だが、DS版やiOS版では鎧の色は紺色に近いブルーになり、メニュー画面のグラフィックとの差が少なくなっている。セシルとは幼い頃からの親友で良きライバルでもあるが、セシルの恋人である白魔道士ローザに密かに想いを寄せている。親友の恋人に恋をしている罪悪感と正しく善い心を持つセシルに対する劣等感を、謎の魔道士ゴルベーザにより利用され、セシル達を裏切り敵対することになる。洗脳が完全に解けた後はセシル達と共に戦うことになるが、ストーリー本編において二度も裏切るために、ファイナルファンタジーシリーズにおける「裏切り者」キャラクターのイメージが根強い。カインを「正義の味方」として語ることは難しいが、洗脳されながらも完全な悪にはなりきれず時折葛藤するカインの姿は、どこか人間らしさを感じられるキャラクターでもある。

カイン・ハイウインドの来歴・活躍

バロン城~ミストの村

出典: gigazine.net

幻獣討伐の命を受けてバロン城から出発するセシル(左)とカイン(右)。画像はiOS版。

セシルと共に幻獣討伐へ

バロン国の飛空艇団「赤き翼」を率いるセシルが、ミシディア国からクリスタルを手に入れて帰還したところから物語は始まる。王の命令が「罪のない人々からの略奪」であることにセシルは疑問を感じていた。この疑問について、直接バロン王に問おうとしたところ「国王に不信を抱いている」とされ、一方的に飛空艇団を解任されてしまう。セシルが国王に背いているわけではないと説明を試みたカインだが、セシルを庇ったとみなされ王の怒りを買う。カインとセシルは、幻獣討伐とミストの村に「ボムの指輪」を届けるよう命令を受ける。有無を言わさず追い出された2人だが、カインは「王なりの考えがある」と状況を受け入れた上でセシルを励まし、セシルと共に幻獣討伐のためにミストの谷へと旅出つ。

ミストの村で行方不明となる

カイン達は、ミストの谷で「ミストドラゴン」の討伐に成功する。ミストの村に辿り着くが、王から預かった「ボムの指輪」によって、村は炎に包まれてしまう。炎の中、この村に住む少女リディアが泣きじゃくっているのを発見する。ミストドラゴンを倒したことによって、召喚士であるリディアの母が命を落としてしまったと知らされる。ミストは「召喚士」達が住む村であり、バロン王の目的は、この村を焼き払うことで召喚士達を全滅させるためだと知った2人は愕然とする。「王の命令ならば仕方ない」とリディアを手にかけようとするカインだがセシルに咎められ、セシルと共にバロン王国と戦うことを決める。カインは、世界一の軍事国であるバロンに対抗するために他の国に協力を求めることと、セシルの恋人であり、自分も密かに想いを寄せる白魔道士ローザを救い出そうとセシルに告げる。そのために、ミストの村からリディアを連れて脱出を試みるが、村と母を失ったことで感情的になっていたリディアは「タイタン」を召喚し地震を起こす。タイタンの攻撃に巻き込まれたカインはセシルの前から姿を消すこととなる。

ファブール城~ゾットの塔脱出後

出典: asami-book.com

ゴルベーザに操られるまま、セシル(中央)を誘導するカイン(中央左)

再会と裏切り

カインの無事を願いながら旅を続けるセシルは、バロンの飛空艇団「赤き翼」を自分に代わって指揮しているゴルベーザという男がバロン王を操り、その軍事力を利用して各地の「クリスタル」を狙っていることを知る。ミシディアとダムシアンに続き、次に狙われるであろう「風のクリスタル」を守るためにファブール国へ向かう。バロンとの攻防戦の中、ファブールのクリスタルルームに現れたのは、親友カインであった。カインは突然、セシルに槍を向け攻撃を仕掛ける。ローザがカインを止めに来た際には「親友を攻撃する」という理解しがたい自分の姿をローザに見られたことに苦しみを覚えるが、最終的には風のクリスタルを手に入れ、ゴルベーザと共に再びセシル達の前から姿を消した。ゴルベーザに操られていたカインは、自身の性格や人格はそのままに意思の方向のみを操作されていたため、ローザを想う気持ちは操られる前と変わることなく自身の中に残されていた。ゴルベーザに捕らえられ恐怖するローザを見張るカインは、自身が操られているという皮肉な状況ながら、想いを寄せるローザのそばで過ごす時間を手に入れたのだった。

再び仲間に加わり地底へ向かう

4つのクリスタルのうち、3つを既にゴルベーザが手に入れていた。残るトロイア国の「土のクリスタル」が、金属製の武器防具が通用しない「磁力の洞窟」に住まうダークエルフによって盗まれていたことから、カインはローザの命と引き換えにセシルにクリスタルを持って来させることをゴルベーザに提案する。カインは「土のクリスタル」を奪還したセシル達をゾットの塔まで誘導し、ゴルベーザと捕らえられたローザと共に最上階で待つ。セシル達が塔の最上階まで辿り着き、賢者テラが自らの命と引き換えに放った魔法「メテオ」でゴルベーザがダメージを負ったことにより、カインは洗脳から目覚める。「土のクリスタル」はゴルベーザが持ち去ってしまったが、セシルと共にローザを間一髪のところで救い出すことに成功する。ローザとセシルと引き離しても自分の想いが通じなかったカインは、ローザとセシルが再会し抱き合う姿を直視できなかったが、洗脳されていたとはいえ意識があり、自分がしたことを後悔しているとセシル達に謝罪する。2人から「共に戦おう」と誘われ、カインは再びセシル達の仲間に加わるが、ゾットの塔からの脱出時にゴルベーザ四天王の一人である風のバルバリシアに襲撃される。彼女の巻き起こす強力な風のバリアを、竜騎士であるカインの「ジャンプ」により破壊することで戦いを制した一行は、崩れ始めた塔からローザの白魔法「テレポ」によってバロン城まで戻ることができた。カインは、ゴルベーザがまだ手に入れていない「闇のクリスタル」が地底にあることをセシル達に伝え、一行は「闇のクリスタル」をゴルベーザから守るべく地底を目指し、再び旅に出発する。

封印の洞窟~月の地下渓谷

出典: asami-book.com

ゴルベーザの洗脳から完全に解放されたカイン(右)

2度目の裏切り

地底にある最後の「闇のクリスタル」を死守するために封印の洞窟へ向かった一行は、ゴルベーザよりも早くクリスタルを手に入れることができた。しかし、封印の洞窟を出ようとすると嫌な気配を感じ、カインは膝をつく。カインに聞こえていたのは、ゴルベーザの「帰ってこい、カイン…」という声であった。心配する仲間達に「しょうきにもどった」と伝えるが、その直後カインは、セシルを突き飛ばしクリスタルを奪い去ってしまった。カインが去った後、セシル達は魔導船を蘇らせ月へ向かい、月の民フースーヤに出会う。ゴルベーザ自身も「ゼムス」という月の民によって操られており、ゼムスの狙いが「地球の全てを焼き払う」ことであると聞かされたセシル達はフースーヤと共に地上へと急ぐが、全てのクリスタルを揃えたゴルベーザは、ゼムスの狙い通りに「バブイルの巨人」を作動させていた。セシル達は仲間達の力を借り、バブイルの巨人を止めるため、制御システムの破壊を目標に巨人内部へ潜入した。

鍛錬のために旅立つ

制御システムを破壊したことにより崩壊を始めていたバブイルの巨人から、脱出口を探すセシル達をカインが助け出す。洗脳から完全に醒めて自分の心を取り戻すことができたと告げ、許されないと想定した上でセシル達に謝罪する。エブラーナ王子エッジには自身の行いを激しく叱咤されるが、これまでの行いが洗脳によるもので、カインの本心ではないと理解していたローザがエッジをたしなめる。捨て子だったためにバロン王に育てられたセシルと子供の頃から一緒に育ったきたカインは、ゴルベーザがセシルの兄だったという真実を知り、自分もセシル達に同行すると決意する。エッジには悪態をつかれるが、また操られたら迷わず自分を斬れと覚悟を述べ、仲間達と最後の戦いへ挑む。ゼムスとの最終決戦を終えたカイン達は、月へ戻って永き眠りにつくというフースーヤと、同行したゴルベーザに別れを告げ、地球へ戻る。他の仲間達がセシルとローザの結婚を祝う中、カインは「今の自分には2人を祝福する権利はない」と、ひとり「試練の山」へ旅立ち、腕を磨いて父を超える竜騎士になった暁にはバロンへ戻ると誓った。

カイン・ハイウインドの能力

初期レベルは10で、固有アビリティの「ジャンプ」はボス戦などで重宝する。槍装備がメインとなるが、槍以外にも聖剣と暗黒剣を除く他の剣、斧の装備が可能。物理攻撃に特化しているため攻撃役として戦うのがベストだが、槍の命中率が聖剣や刀と比べるとやや劣る。命中率と回避率は、カインを中心に配置することによって1.25倍のボーナスが付くので、隊列を活用してカバーするのも1つの手である。終盤は敵に合わせて武器を使い分けることで、カインの攻撃役としての能力を活用することができる。通常の状態では魔法を使うことができないキャラクターであるが、DS版では新たに登場した「デカントアビリティ」で「おもいだす」「ふたりがけ」などを使用することにより魔法を使うことも可能になった。しかし、カインについてはレベルアップしても最大MPが1ずつしか増えないため、やはり物理攻撃メインの戦い方がおすすめである。

ジャンプ

yamx71e1
yamx71e1
@yamx71e1

Related Articles関連記事

ファイナルファンタジーIV(FF4)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーIV(FF4)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーIV(FF4)は1991年、スーパーファミコン(SFC)用ソフトとして発売されたシリーズ4作目。 「ATB」(アクティブタイムバトル)が初めて導入され、現在までの基本システムを形作った作品。 バロン王国飛空挺団隊長セシルは王の命令により、理不尽な任務を命じられる。王に疑念を抱いたセシルは隊長の任を解かれ、親友カインと共に新たな任務に赴くのだった。

Read Article

ファイナルファンタジーIV ジ・アフター -月の帰還-(FF4TA)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジーIV ジ・アフター -月の帰還-(FF4TA)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジーIV ジ・アフター -月の帰還-」(FF4TA)とは、スクウェア・エニックスより配信・発売されたロールプレイングゲーム(RPG)。 元は携帯アプリとして配信され、その後スマホ版も配信され、携帯ゲーム機用ソフトとしても発売された。 FF4の主人公セシルの息子セオドアが主役となり、かつての仲間と共に世界の危機を救う旅に出る。

Read Article

ファイナルファンタジーIV(FF4)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ファイナルファンタジーIV(FF4)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『ファイナルファンタジーIV』はスクウェア製作のRPGゲームである。 軍事国家バロンの暴走をきっかけに始まる物語は、地球と月の戦争という壮大なスケールに進展する。 シリーズ中でもストーリーが「重い」として有名であり、それはキャラの多くがそれぞれ悲惨な過去や、葛藤を背負っているためである。 それゆえに、キャラによる多くの名言がストーリーに厚みを持たしている。

Read Article

セシル・ハーヴィ(ファイナルファンタジーIV)の徹底解説・考察まとめ

セシル・ハーヴィ(ファイナルファンタジーIV)の徹底解説・考察まとめ

セシル・ハーヴィとは、スクウェアから1991年に発売されたロールプレイングゲーム『ファイナルファンタジーIV』の主人公であり、軍事国家バロンの飛空艇団「赤き翼」を指揮する暗黒騎士である。王に命じられた罪なき人々からクリスタルを略奪するという任務に疑問を持ったセシルは、王に進言しようとしたために王の怒りを買い、バロン国から追放されてしまう。バロンを離れて人として正しく生きる道を選んだセシルは「暗黒騎士」から聖なる騎士「パラディン」になるための試練に臨み、更に大きな試練へと立ち向かってゆく。

Read Article

ファイナルファンタジー 零式(FF零式)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジー 零式(FF零式)のネタバレ解説・考察まとめ

「ファイナルファンタジー 零式(れいしき)」 (FF零式) とは、2011年にスクウェア・エニックスより発売されたプレイステーションポータブル(PSP)用ロールプレイングゲーム(RPG)。 戦争をテーマに、クリスタルと神、人間の命と死について描かれるFFシリーズの外伝的作品。 主人公の14人の少年少女たちは、アギトと呼ばれる救世主になるために厳しい訓練をこなしながら、戦争に身を投じていく。

Read Article

ファイナルファンタジー(FF)の裏ボス・隠しボスまとめ

ファイナルファンタジー(FF)の裏ボス・隠しボスまとめ

裏ボス・隠しボスとはストーリー展開上は倒す必要の無いボスモンスターのこと。基本的に、知らずに挑めば一瞬で壊滅する強さを持っており、倒すためには対策を講じたり、レベルカンストなどプレイヤーキャラクターを強化したりする必要がある。 歴代ファイナルファンタジーシリーズにも裏ボス・隠しボスにあたるボスモンスターは存在しており、そのどれもが強力なモンスターである。

Read Article

ファイナルファンタジー(FF)のラスボスまとめ

ファイナルファンタジー(FF)のラスボスまとめ

人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズの最後の敵として登場するラスボス。その姿は個性的で独特の異形のものが多く、時に名ゼリフを残したりもする。 単なる悪役としてだけではなく、その背景にある心情や物語も丁寧に描かれ、プレイヤーの心を捉えた。 ゲーム機の性能のアップとともに、そのグラフィックも進化していき、よりリアルなラスボスが描かれるようになった。

Read Article

ファイナルファンタジー(FF)のヒロイン・女性メインキャラクターまとめ

ファイナルファンタジー(FF)のヒロイン・女性メインキャラクターまとめ

人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズのヒロインたちは、強く美しく物語を彩ってくれる存在である。ヒロインたちは主役として、あるいはヒーローを支える存在として活躍する。時には恋をしたり、別離を経験したり、過酷な運命に立ち向かったりする。 作品ごとに様々な魅力を持つヒロインが登場し、プレイヤーを魅了する。

Read Article

ファイナルファンタジー(FF)のヒーロー・男性メインキャラクターまとめ

ファイナルファンタジー(FF)のヒーロー・男性メインキャラクターまとめ

人気RPG『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズのヒーローたちは物語の鍵を握る人物として活躍するが、時には悲しい運命をたどる者や、裏切り者がいたりとその魅力は作品ごとに違う。美形が多いのも特徴である。 シリーズごとにリアルさを増していくそのビジュアルは他の追随を許さない。

Read Article

ファイナルファンタジー(FF)のジョブまとめ

ファイナルファンタジー(FF)のジョブまとめ

ファイナルファンタジーシリーズのジョブとは、プレイヤーが任意にキャラクターのジョブ(役割)を決定し、その能力をもってバトルやダンジョンを攻略していくシステムである。代表的なものにナイト、モンク、白魔道士、黒魔道士がいる。状況によってジョブを切り替えていくことをジョブチェンジといい、ジョブを取得、切り替えしていくゲームシステムをジョブシステムや、ジョブチェンジシステムなどと呼ぶ。

Read Article

ファイナルファンタジー(FF)の歴代チョコボまとめ

ファイナルファンタジー(FF)の歴代チョコボまとめ

チョコボとは、『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズに登場する二足歩行の架空の鳥で、シリーズを代表するマスコットキャラクターである。ゲーム中では乗り物として扱われることが多く、騎乗時のBGMであるチョコボのテーマ曲は様々なアレンジver.が存在する。チョコボはシリーズ毎に様々な種類が登場し、仲間になったり、召喚獣として登場したり敵として戦ったりもする。

Read Article

ファイナルファンタジー(FF)の歴代シドまとめ

ファイナルファンタジー(FF)の歴代シドまとめ

シドは、『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズに登場する名物キャラである。シドという名前だけは共通だが、シリーズ毎にその外見や年齢、設定などは異なる。また、『FF』シリーズに頻繁に登場する乗り物「飛空艇(飛行船)」に関わることが多いことでも知られる。ここでは『FF』ナンバリングタイトルの各シリーズ毎に、シドという人物について紹介する。

Read Article

ファイナルファンタジータクティクス(FFT)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ファイナルファンタジータクティクス(FFT)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ファイナルファンタジータクティクス(FFT)とは、1997年に発売されたFFシリーズの外伝的作品。FFシリーズ初のシミュレーションRPGである。苛烈な内戦の中で主要キャラクターが多く死亡する今作は従来のFFシリーズと毛並みが違っており、ファンを驚かせた。諸勢力が争う戦争に暗躍する謀略に巻き込まれ苦悩するキャラクターたちはそれぞれ印象的な台詞を残している。

Read Article

ファイナルファンタジー(FF)の魔法まとめ

ファイナルファンタジー(FF)の魔法まとめ

スクウェア・エニックスによって開発、発売されているファイナルファンタジーシリーズは2017年で30周年を迎える。タイトル数は合計87作品に及び、最多の作品数を有するRPGシリーズとして2017年にはギネス世界記録に認定されている。そんな長寿シリーズであるファイナルファンタジーには、数多の魔法が登場する。

Read Article

ファイナルファンタジータクティクスアドバンス(FFTA)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジータクティクスアドバンス(FFTA)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファイナルファンタジータクティクスアドバンス』(FFTA)は2003年に発売されたシミュレーションロールプレイングゲーム。今作は、PS版『ファイナルファンタジータクティクス(FFT)』の移植や続編ではなく、新たに作られた作品である。 主人公マーシュは、ある日突然剣と魔法のファンタジーの世界へと変貌してしまった町へと迷い込んでしまう。彼は元の世界へ戻るため奮闘する。

Read Article

ファイナルファンタジー(FF)の歴代ビッグス&ウェッジまとめ

ファイナルファンタジー(FF)の歴代ビッグス&ウェッジまとめ

ビッグス&ウェッジ とは、『ファイナルファンタジー(FF)』シリーズに登場する2人組のサブキャラクター。『FF6』で初登場し、以降ほとんどのシリーズに脇役として登場している『FF』ファンにはおなじみのキャラクターである。ここではナンバリングタイトルごとのビッグス&ウェッジの活躍について紹介する。

Read Article

ファイナルファンタジータクティクス A2 封穴のグリモア(FFTA2)のネタバレ解説・考察まとめ

ファイナルファンタジータクティクス A2 封穴のグリモア(FFTA2)のネタバレ解説・考察まとめ

『ファイナルファンタジータクティクス A2 封穴のグリモア』(FFTA2)は、2007年に発売されたニンテンドーDS用シミュレーションRPG。2003年に発売された『FFTA』の続編。 主人公ルッソは終業式の日、図書室で1冊の古い本を読む。その本のページにルッソが自分の名前を書き込むと、彼は不思議な世界へと飛ばされてしまう。ルッソはこの異世界で冒険しながら元の世界へ戻る方法を探す。

Read Article

ファイナルファンタジー(FF)のアビリティまとめ

ファイナルファンタジー(FF)のアビリティまとめ

ファイナルファンタジーのアビリティシステム(ability system)とは、日本産RPGであるファイナルファンタジーシリーズ(FFシリーズ)に登場する、「コマンド」や「特性」をカスタマイズできる戦闘・育成システムである。 ファイナルファンタジーシリーズにおけるアビリティとは、そのジョブやキャラクターを特徴づける技のことを指し、アビリティによってキャラクターに個性を持たせることができる。

Read Article

ファイナルファンタジータクティクスアドバンス(FFTA)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ファイナルファンタジータクティクスアドバンス(FFTA)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ファイナルファンタジータクティクスアドバンス(FFTA)とは、2003年に発売されたFFシリーズの外伝的作品であり、シミュレーションRPGである。 古本屋で見つけた古書にあった呪文を唱えたことで、田舎町は理想を反映した空想世界に変わってしまうというストーリー。キャクター個々のコンプレックスに焦点を当てたストーリーとなっており、プレイヤーの心を掴む台詞が多数登場している。

Read Article

ロマンシング サガ リ・ユニバース(ロマサガRS)のネタバレ解説・考察まとめ

ロマンシング サガ リ・ユニバース(ロマサガRS)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロマンシング サガ リ・ユニバース』とは、スクエアエニックスとAkatsukiが共同開発しリリースされた、iOS・android用スマホオンラインRPGである。 新しい命の全てを奪う『死食』復活に画策する魔王を阻み世界に平和をもたらすため、新8英雄(ポルカ、リズ、ゼノン、ヴァルドー、妖精ブラウニー、シン・ドゥ、マドレーン、イーヴリン)が集結。 閃きシステムによる育成の大変さはあるが、愛着を持って一つのスタイルを育てたり、戦術を練って戦いに挑めるところが最大の魅力だ。

Read Article

ファイナルファンタジーIVの名言・名セリフまとめ【FF4】

ファイナルファンタジーIVの名言・名セリフまとめ【FF4】

暗黒騎士としての己に迷いを抱きながらも正しい道を模索するセシル・ハーヴィや、セシルに恋心を抱く白魔導士ローザ。そしてセシルの親友で最大のライバル関係にあるカイン・ハイウィンドなどが中心となり物語が展開していく『ファイナルファンタジーIV』。彼らを始めとした登場人物たちは、心に残る名言・名セリフをたくさん残している。本記事では『ファイナルファンタジーIV』の、名言・名セリフをまとめて紹介する。

Read Article

ファイナルファンタジーIV コンプリートコレクションの攻略サイト・Wikiまとめ【FF4CC】

ファイナルファンタジーIV コンプリートコレクションの攻略サイト・Wikiまとめ【FF4CC】

『ファイナルファンタジーIV コンプリートコレクション』とは『ファイナルファンタジーIV』本編に加えて、本編から十数年後に起こったアフターストーリー、そしてストーリー間をつなぐ短編を収録したPSP用ソフトである。『ファイナルファンタジーIV』シリーズはストーリーの秀逸さから高い人気を誇る一方で、「難しすぎてクリアできない」と言うファンの声も多い作品だ。本記事で紹介する『ファイナルファンタジーIV コンプリートコレクション』の攻略に役立つサイトを参考に、挑戦してみてはいかがだろうか。

Read Article

全然楽じゃない「ひたすら楽してFF」シリーズ神回まとめ

全然楽じゃない「ひたすら楽してFF」シリーズ神回まとめ

裏技やバグ技を利用したあっけないボス撃破シーンが評価され、投稿するやいなやランキング上位間違いなしの人気ゲーム動画「ひたすら楽してFF」シリーズ。今回は、これまで投稿された動画の中から「これ、本当に楽なのか…!?」「確かに低レベルで熱い戦いだけど、余計に手間がかかっているのでは…!?」と思わされてしまうような動画をピックアップしてみました。

Read Article

FFシリーズの歴代パッケージ画像まとめ【ファイナルファンタジー】

FFシリーズの歴代パッケージ画像まとめ【ファイナルファンタジー】

剣、魔法、クリスタル、空中都市などのファンタジックな世界観。そして深みのあるストーリーや個性的なキャラクターがヒットして大人気となっているのが【ファイナルファンタジー】シリーズである。購入するとき一番最初に目にするそのシリーズを象徴するパッケージ。ファイナルファンタジーシリーズの歴代パッケージ画像をまとめてご紹介する。

Read Article

目次 - Contents