『ドラゴンボール』孫悟空の一族まとめ

『週刊少年ジャンプ』に掲載されて、ほんの11年ほどで世界的人気を誇った『ドラゴンボール』。戦闘力やらアニメ、映画、ゲームのオリジナル設定等により「パラレル多すぎやろ!」と言われつつも愛される今作品。冒険要素やバトル要素ももちろんですが主人公孫悟空のキャラが人気を支えた一つの要素なんでしょうね。そこで、彼とその一族についてまとめました。

孫悟空(本名・カカロット)

言わずと知れた主人公。1話の頃は山奥で育ての親たる悟飯じっちゃんの形見、四星球と共に暮らしていました。クマや巨大翼竜を仕留めるだけの戦闘力はあれど、外見だけで男女の区別もできない、お金の概念すらなかった、極度の世間知らずでした。少年期はしっぽが生えており、それを掴まれると弱体化。満月を見ると大猿に変身していました。ブルマのドラゴンボール探しがきっかけで冒険、修行、戦闘と徐々に行動と活躍の場を広げていきます。

この髪型も初期は結構おとなしめでした。というか、描くと結構難しかったりします。

親となって後サイヤ人であることが判明。しっぽがあったのも、満月を見て大猿になるのも、やたら大食いなのも、皆サイヤ人の特性。現在は戦いと修行が好きではあるものの親しみやすい性格ですが、それは崖から転落して頭を打ったため。成長後の悟空は戦闘、修行は好むけれど相手を殺すことに抵抗がある模様。劇中で一番にスーパーサイヤ人に進化。回を重ねるごとにどんどん強くなり、スーパーサイヤ人としての形態も変化。強い一方良くも悪くも純粋で天然であり、常人からすると信じがたい発言も目立つようになりますした。「ドラゴンボールで生き返れるから大丈夫」発言も相まって「クズロット」呼ばわりされることもたまにあります。

金髪になったのは、作画上の都合だそうです。

【GT】先代の神がピッコロ大魔王と分離する前に作ったドラゴンボールで子供化。ある敵を倒すため強引にしっぽを再生させた際黄金の大猿となりますが、パンの涙で理性を取り戻し「スーパーサイヤ人4」に進化。ベジータは「プルーツ波」を浴びないとなれませんが、悟空は自在に「スーパーサイヤ人4」に変身できます。最終的に神龍、ドラゴンボールと共に消滅しました。皆で海水浴に行った時に「戦うのも好きだけど、こういうのも悪くねえな」と言ったり、小さな波にのまれて泣くパンをあやしたりと穏やかで優しいおじいちゃんぶりも見せてくれました。

【超】「神の領域」にベジータ共々到達。一度スーパーサイヤ人ゴッドになりますが、それすら超えた「スーパーサイヤ人ブルー」に変身可能。ただ敬語がロクに使えない、肝心な戦いで肝心な道具(敵を封印するための札や、体力回復用の仙豆など)を忘れる、戦いと修行優先な面が増え、ファンから「原作の悟空は、それなりにTPOを弁えた大人キャラだったのに」と嘆かれてもいます。

出典: twitter.com

悟空、全形体。一番上がスーパーサイヤ人4です。

父・バーダック

彼は元々アニメオリジナルのキャラだったんですが、原作者鳥山明氏が気に入り逆輸入。『ドラゴンボールZ』放送枠で、『たった一人の最終決戦』というスペシャル作品に登場しました。この中では赤子の悟空を「とりえのないのクソガキ」「会う価値もない」とバッサリです。事実スカウターで測定された息子の戦闘力が「2」しかないことから「クズ」呼ばわり。しかし、攻め落とした星の住民により予知能力を強制的に授けられて、雇い主たるフリーザがサイヤ人を滅ぼそうとしていることを知り、行動を共にしていた仲間も殺されたことで一人立ち上がるのでした。しかし力の差は明らか。巨大なエネルギー弾に飲み込まれました。いまわの際に見たのは、成長した息子がフリーザと対峙する場面。

父子すれ違い。原作でもワンカットだけバーダックが描かれました。

『エピソード・オブ・バーダック』という作品にて再登場。フリーザに倒されたはずが、戦闘ジャケットも体もほぼ無傷で過去に飛ばされていました。他種族を受け付けない性格で、雑魚敵を倒した後は「リハビリ」と称し洞窟へ。助けてくれたベリーという少年が毎日持ってくる薬や食事のせいか少しずつ心を開き、自分の名前を教えたり、パンを一緒に食べるなど、彼なりに親交を深めます。そこにフリーザの先祖にあたるチルドなる敵キャラが登場。ベリーを傷つけられたこと、「弱い」自分への怒りからスーパーサイヤ人化。チルド撃破後の行方は不明、だそうです。「金色に変化するサイヤ人に気を付けろ」と言うチルドの遺言が後のスーパーサイヤ人伝説…かどうかも不明。ただ、ファンの間では彼がスーパーサイヤ人になったこと自体に賛否両論あるようです。

赤いバンダナは、仲間の血が染みついた布です。

『ドラゴンボール超』にも登場するジャコが主人公を務めた『銀河パトロール隊ジャコ』のコミックス巻末で、初めて鳥山氏によるバーダックの漫画作品が描かれました。この時は長男ラディッツを始め、家族を気にかけている描写があり、アニメ版よりも情が深いとの声もあります。また『たった一人の最終決戦』の際、その場にいないフリーザを様付けしていたのに対し、「あの野郎」呼ばわりしてました。臨時招集がかけられた際次男のカカロット(つまり、悟空)を妻共々遠方の星に逃がす、別れ際「生きろ」と声をかけるなど、「お父ちゃん」ぶりが前面に。この時、「満月を長く見るな」共アドバイスしています。

母・ギネ

『ジャコ』巻末漫画で初登場。戦闘民族サイヤ人にしては「甘ったるい性格」だったようで、戦闘へは行かず肉の配給所で働いていた模様。見た目若いし、二児の母には思えないかわいらしさ。もっとも、サイヤ人は若い期間が長い、とのことなので、結構な年なのかもしれません。悟空を地球に逃がすことにした際涙ぐんでました。

兄・ラディッツ

一族中で一番気の毒なキャラじゃないでしょうか。「主人公の兄」なのに、「悪役」として登場。同じく敵状態だったベジータは仲間になったのに、彼は他ならぬ弟に羽交い絞めにされて死亡。しかもドラゴンボールのことはスカウターでベジータたちに届いていたにもかかわらず「ラディッツはもういらない」などと言われる始末。しかもそのまま生き返らせてもらえないという、哀れきわまるキャラでした。彼もしっぽを捕まれると力が抜けるようですが、ナッパ、ベジータはつかまれても平気なように「鍛えて」ました。ネット上でネタにされたり憐れまれたりしてますが、一部なるほどとうなずく考察も。

ある意味悟空の分身、という説があります。この人がスーパーサイヤ人になったら髪の毛えらいことになりそう。

長男・孫悟飯

地球人、チチとの間に授かった第一子。悟空の育ての親の名をもらっており、登場初期は「形見」の四星球を帽子の飾りにしていました。混血な為か基本的には好戦的ではなく、学者を目指していたほど。(母親の教育方針もありますが)しかし、セル戦では一旦切れるとそれまでの反動なのか、サイヤ人部分が前面に出てしまったのか、さっさととどめを刺さずに「もっと苦しめる」発言。しかも笑いながら。そのせいで悟空が死ぬ羽目になるも、セルが生きてたと知るや「お父さんの敵が討てる」とまたもやニヤリ。パワーアップしたセル相手にあの世からの父の協力もあって善戦、撃破に成功。

生まれた時はしっぽがあり、満月で大猿化もしました。

平和になった世界では悪事を働く人間をこっそり退治するため人目を避けてスーパーサイヤ人化。しかし、高校では目立たないようにと心がけながら人間離れした野球の腕を見せ、「よし、目立ってない」とのたまうなど、かつての父同様の世間知らずの面を発揮することも多々ありました。真面目で正義感が強いのはいいんですが、若干センスが悪いと思われる面も。

戦わずに済むんならそれに越したことはないかと。でも潜在能力を考えると惜しい。

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

ドラゴンボール(DRAGON BALL)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンボール』とは、鳥山明による漫画作品。雑誌「週刊少年ジャンプ 」にて、1984年から1955年まで連載されていた。山奥で暮らしていた主人公・孫悟空が、7つ集めると願いが叶うといわれるドラゴンボールを探しに旅に出たことから始まった物語が展開される。書籍として単行本が全42巻、完全版が全34巻発売された。東映動画(現・東映アニメーション)によってアニメ化されたほか、ゲームソフトも多数発売されている。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の人造人間まとめ

『ドラゴンボール』とは、及びそれを原作とするアニメ作品である。七つ集めることでどんな願いも叶えるドラゴンボールを巡る冒険活劇から、主人公の孫悟空や鳥山明による漫画、仲間たちが強敵と戦うストーリーがメインとなり、世界的な人気を得た。本項では、強力な戦闘力を持った人造人間と呼ばれるキャラクターをまとめる。人造人間たちは、悪の科学者ドクター・ゲロにより戦う為に作られ、悟空たちと敵対する立場だが、中には争いを好まない者や、戦闘をゲームと捉える者もおり、各個体が際立った個性と魅力を持つ。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の必殺技まとめ

『ドラゴンボール(DRAGON BALL)』とは、鳥山明による漫画、及びそれを原作としたアニメ、ゲームといったメディアミックス作品である。七つ集めることで願いを叶える龍を呼び出せるドラゴンボールを巡り、主人公の孫悟空と仲間たちが戦う物語。格闘物の少年漫画に多大な影響を与えた作品で、連載終了後も衰えぬ人気を誇る。個性豊かなキャラクターの他、多彩な必殺技が繰り出される戦闘シーンも人気の一因となっている。『ドラゴンボール』の戦闘シーンを彩る必殺技をまとめる。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の神様まとめ

『ドラゴンボール』とは、鳥山明による漫画及びそれを原作とするアニメ作品である。七つ集めるとどんな願いでも叶えるドラゴンボールを巡り、主人公・孫悟空の冒険が始まった。悟空は強い者との戦いを求め、次々現れる強敵と戦うことになる。迫力のバトルシーン、魅力的なアイテム、キャラクターで今なお世界中を魅了する作品。「神様」と呼ばれる存在も、魅力あるキャラクター達である。基本的に神々の戦闘描写はないが、彼らは時に悟空の師となり、時に目標となってストーリーや世界観に広がりを持たせている。

Read Article

ドラゴンボールの融合(フュージョン・ポタラ・同化・吸収)まとめ

『ドラゴンボール』とは、鳥山明の漫画を原作のメディアミックス作品で、バトル漫画の金字塔である。「融合(ゆうごう)」は、作中登場する技の1つで、2人以上の人物が結合し、1人の人間となるものである。単体の時よりも戦闘力が倍加する為、強敵との戦闘の際に行われる。特殊な動きで2人が1人の戦士になる「フュージョン」、界王神のアイテムを使い1人の戦士になる「ポタラ」、ナメック星人が一体化することで同胞に力を預ける「同化」、他者のエネルギーや能力を奪う「吸収」が登場した。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

鳥山明による日本の漫画作品。略称は「DB」。 西遊記をモチーフにした中国風の世界にSFの要素を取り入れた独特の世界観を形成している。 長期連載と作者の鳥山明のセンスが相まって、様々な名言を生み出しており、これらの名言は、インターネットはもちろんのこと、様々なエンターテインメント作品に影響を与えている。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)シリーズの超サイヤ人まとめ

『ドラゴンボール』とは鳥山明による漫画及びそれを原作としたアニメ作品である。世界に散らばる七つのドラゴンボールを探す冒険活劇から、主人公孫悟空らのバトルに重きを置いた作風にチェンジすることで世界的な人気を獲得。中でも悟空も含めた戦闘民族サイヤ人の変身形態、超(スーパー)サイヤ人は外見的特徴や戦闘力の高さから当時のファンに衝撃と興奮を与えた。超サイヤ人は、今尚シリーズの人気を誇る理由の一つである。

Read Article

クロノ・トリガー(Chrono Trigger)のネタバレ解説・考察まとめ

『クロノ・トリガー』とは、1995年に発売されたスーパーファミコン用ロールプレイングゲーム。 ファイナルファンタジーの坂口博信、ドラクエの堀井雄二、ドラゴンボール等の漫画家鳥山明の3名によるドリームプロジェクトとして企画され、話題になった。 主人公クロノは、未来の世界を滅ぼす元凶ラヴォスを倒すため、過去、現代、未来を行き来しながら冒険する。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の道具・アイテムまとめ

『ドラゴンボール』とは、鳥山明の漫画及びそれを原作とするメディアミックス作品である。7つ集めることでどんな願いも叶える神の龍を呼び出せるアイテム“ドラゴンボール”を巡る冒険譚から始まり、次第にバトルものへと移行することで世界的人気を得た。主人公の孫悟空を初めとする魅力的なキャラクターと迫力ある戦闘シーン、人間ドラマの他、遊び心もある独特のアイテムも物語を盛り上げている。本稿では、タイトルにもなっているドラゴンボールを初め、『ドラゴンボール』に花を添える用語やアイテムを紹介する。

Read Article

トランクス(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

トランクスとは、『ドラゴンボール』に登場する、戦闘民族サイヤ人のベジータと地球人のブルマとの間に生まれたハーフの男性。薄紫色の髪色で青色の瞳をしている。トランクスは本編時代と未来時代でそれぞれ登場し、育ってきた環境が異なるため性格も異なっている。トランクスの家はカプセルコーポレーションという大企業で、幼い頃から機械などに接していたため頭も良く、強さだけでなく知的な面も持っている。

Read Article

人造人間18号/ラズリ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

人造人間18号/ラズリとは、『ドラゴンボール』に登場するキャラクターで、世界征服を企むレッドリボン軍の科学者ドクター・ゲロの作り出した人造人間である。元は普通の人間だったがドクター・ゲロによって改造されてしまい、双子の弟であるラピスも同様に改造され人造人間17号となる。同じくドクター・ゲロによって作り出された人造人間セルが倒された後、本作品の主人公である孫悟空の友人クリリンと結婚。マーロンという女の子を授かり、クリリンの師匠である亀仙人と共に暮らしている。

Read Article

ベジータ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ベジータとは、『ドラゴンボール』シリーズの惑星ベジータの誇り高き王子であり、主人公・孫悟空(そんごくう)の最大にして最強のライバル。その生まれからエリート意識が非常に強く、他人から指図されることが大嫌い。地球に定住後は、悟空を目標としながら自己鍛錬の日々を送る努力の人でもある。他人にも自分にも厳しく、当初は冷酷な態度が目立った。しかし、悟空や仲間たちと過ごす中で少しずつ人間らしい感情を見せ始め、愛する者のために戦う強さも身に付けていく。私生活では妻ブルマの他、息子と娘が1人ずついる。

Read Article

ピッコロ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ピッコロとは、大人気漫画『ドラゴンボール』シリーズに出てくるキャラクター。初登場時は、主人公・孫悟空の敵として地球の命運をかけた戦いを繰り広げた。悟空に敗れてからは、地球を征服しに来たサイヤ人に対して悟空と共闘するようになり、今では仲間として頼もしい存在となっている。悟空の息子・孫悟飯の師匠でもあり、普段はなかなか感情を表に出さないが、悟飯の前では優しい一面を見せている。

Read Article

クリリン(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

クリリンとは『ドラゴンボール』に登場するキャラクターで、本作品の主人公である孫悟空の友人である。幼い頃、孫悟空とともに武術の神様と呼ばれている亀仙人の元で修業し常人離れした力を身に付ける。物語の中盤以降になると戦闘ではあまり活躍しなくなるが、力が弱いなりにも強敵に果敢に向かっている場面も多い。大人になると元は敵対していた人造人間18号に好意を持ち結婚。マーロンという女の子を授かり、警察官として街の平和を守っている。

Read Article

亀仙人(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

悟空にできた初めての師匠。 初登場時の年齢は319歳であり、亀の甲羅を背負った陽気でスケベなおじいちゃんだが、実際は武天老師と呼ばれる亀仙流武術の達人である。 少年時代の悟空とクリリンを修行し、時に厳しく、時に孫のように愛情をもって弟子を育てる広い心の持ち主である。 スケベな性格でありドラゴンボールにおいてスケベな担当として活躍している。 ドラゴンボール超では弟子たちと肩を並べて戦っているなど武術家としては生涯現役である。

Read Article

孫悟空(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

孫悟空(そんごくう)とは、『ドラゴンボール』シリーズの漫画・アニメにて主役を務める人物。戦闘民族サイヤ人として生まれたことから強い相手との戦闘を好み、幼少の頃より数々の相手との戦いを経てきた。やがて地球の平和を脅かす強敵たちとも対峙し、地球の危機を何度も救うことになる。持って生まれた朗らかさと純粋さが悟空の人間性に不思議な魅力を添えており、戦った後に仲間となる人物も多い。悟空自身も非常に仲間想いであり、強いだけではなく優しさも併せ持った戦士である。なお、私生活では妻チチの他、2人の息子がいる。

Read Article

ブルマ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ブルマとは『ドラゴンボール』に登場するキャラクターで、世界的な大企業カプセルコーポレーションの令嬢である。科学者でもあり様々な機器を開発し、本作品の主人公である孫悟空や他の仲間たちをサポートしている。幼い頃に家でドラゴンボールを見つけ、7個集めるとどんな願いも叶えられることを知る。ドラゴンボール探しの旅に出た先で孫悟空や様々な仲間達と出会い、その中で孫悟空と同じサイヤ人のベジータとの間にトランクスという男の子を授かり母親となる。

Read Article

孫悟天(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

孫悟天(そんごてん)とは、『ドラゴンボール』シリーズの主人公・孫悟空(そんごくう)の次男で、サイヤ人と地球人との間に生まれた混血児。少年時代の容姿は悟空とそっくり。武術の基礎は物心ついた時から母チチに仕込まれている。サイヤ人としての潜在能力は高く、チチとの組み手の最中で特に理由もなく突然超サイヤ人へと覚醒した。性格は無邪気で甘えん坊、好奇心も強い。年の離れた兄・悟飯(ごはん)を慕っている。1歳年上のトランクスとは仲が良く、いつも2人で対戦ごっこなどして遊んでいる。

Read Article

フリーザ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

フリーザとは『ドラゴンボール』に登場するキャラクターで、本作品の主人公孫悟空(そんごくう)の敵であり、宇宙の帝王と恐れられている。7つ揃えるとどんな願いでも叶えられるというドラゴンボールで不老不死になろうとしていたが、孫悟空達の活躍により阻止される。弱者に対し容赦のない残虐な性格だが、組織を束ねる手腕は確かなものを持っている。作中では幾度となく変身を繰り返しており、その度に力を増して孫悟空たちを追い込んだ。

Read Article

ヤムチャ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ヤムチャとは『ドラゴンボール』に登場する美形のキャラクターで、本作品の主人公である孫悟空の仲間である。荒野の悪党として、通りかかる人々から金品などを奪い生活していたが、孫悟空たちと出会い改心して武闘家を志す。イケメンだが女性に弱く、初登場時は女性がそばにいると緊張してしまっていた。基本的に明るい性格で、場を和ませるようなギャグを言ったり、イケメンだが三枚目のような扱いを受ける場面も多数ある。

Read Article

孫悟飯(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

孫悟飯(そん ごはん)とは、鳥山明の漫画『ドラゴンボール』に登場するキャラクターで、主人公孫悟空(そん ごくう)の長男である。初期は泣き虫で甘えん坊だったが、強敵たちとの戦いの中父を超える潜在能力を見せ、戦士として成長を遂げた。全ての潜在能力を引き出された「アルティメット悟飯」は、単体で最強の戦士である。戦闘民族サイヤ人の血を引いているものの、悟飯自身は争いを好まない穏やかな性格で、平和な時代が訪れると幼い頃からの夢だった学者の道を歩むようになる。

Read Article

魔人ブウ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

魔人ブウとは『ドラゴンボール』に登場するキャラクターで、本作品の主人公である孫悟空の敵キャラクターである。はるか昔、ビビディという魔道士に生み出されるものの手に負えず、封印されてしまった。時が経ち、ビビディの子供バビディが地球にて魔人ブウを復活させ世界を恐怖に陥れた。その後、魔人ブウは善と悪の2人に分かれ、悪の魔人ブウは孫悟空たちの活躍によって倒される。善の魔人ブウは孫悟空たちと協力し、悪の魔人ブウを倒したあと、地球で暮らしている。

Read Article

天津飯(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

天津飯(てんしんはん)とは『ドラゴンボール』に登場する主人公である孫悟空の仲間で、額にある第3の目が特徴的な男。兄弟弟子の餃子(チャオズ)と常に行動を共にしている。一流の殺し屋を目指していたが、孫悟空たちと出会って師匠の教えは間違いだと気付き、真の武闘家への道を志すようになる。冗談も言えないような真面目な性格をしており、日々の鍛錬も欠かさない。

Read Article

神龍(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

神龍(シェンロン)とは、鳥山明の漫画作品『ドラゴンボール』に登場するキャラクターで、文字通り神の龍である。世界中に散らばる7つのドラゴンボールを集めることで召喚され、呼び出した者の願いを叶える。ドラゴンボールを作った神様の力を超える願いは叶えられないが、死者の蘇生など超常的な事象は起こせる。登場時より威厳のある存在として描かれてきたが、テレビアニメ『ドラゴンボール超』では破壊神ビルスに怯えるなどコミカルな描写も増えた。

Read Article

ビーデル(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ビーデルとは、鳥山明の漫画及びそれを原作とするメディアミックス作品『ドラゴンボール』シリーズの登場人物である。救世主と称えられる格闘家ミスター・サタンの娘で、自身も格闘技に精通している。通学先のオレンジハイスクールの転校生孫悟飯(そん ごはん)が謎のヒーロー「金色の戦士」であることを見抜き、皆に言わない代わりに彼から空を飛ぶ「舞空術」の伝授と天下一武道会の出場を約束させる。勝ち気だが、悟飯に気を許してからは彼を信頼し、好意を寄せるようになった。

Read Article

セル(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

セルとは、『ドラゴンボール』に登場するキャラクターで、世界征服を企んだレッドリボン軍に所属していた天才科学者のドクター・ゲロが作り出した人造人間。同じくドクター・ゲロが作り出した人造人間17号・18号を吸収して究極の生命体となり、世界を恐怖に陥れることを計画していたが、孫悟空親子や他の戦士達の活躍により、その計画は阻止された。 冷静で話し方にも知性が感じられるが、自分が劣勢になると激昂し冷静さを失ってしまう。また、人間が恐怖に怯える顔を好むような冷酷さも持っている。

Read Article

ベジット(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ベジットとは、『ドラゴンボールZ』の魔人ブウ戦にて初登場したキャラクター。その正体は、孫悟空とベジータが界王神の持つイヤリング「ポタラ」によって合体した姿であり、孫悟空の本名カカロットとベジータで「ベジット」と自ら名乗った。ともに最強のライバル同士である2人が合体したため、何者をも寄せ付けない戦闘力を誇る。その実力は、悟飯を吸収してほぼ無敵となった魔人ブウをも圧倒するほど。結果的に変身は解けてしまうが、本当の実力は本人でさえも把握できておらず、まさに「最強」の名に恥じぬ戦士として光る存在である。

Read Article

ドラゴンボールZ 神と神(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンボールZ 神と神』とは、2013年3月30日に公開された『ドラゴンボール』シリーズの劇場公開作品である。原作者の鳥山明が初めてアニメシリーズに脚本の段階から深く関わっている。物語は、原作の魔人ブウ編にて、孫悟空が魔人ブウを倒してから約4年後に起こったエピソードが描かれている。平和に過ごしていた地球だったが、破壊神ビルスが目覚めスーパーサイヤ人ゴッドを探し出すという話である。

Read Article

ドラゴンボールZ 復活の「F」(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』は、2015年4月18日に公開された劇場公開アニメーション映画作品である。前作の『ドラゴンボールZ 神と神』の直接的な続編となっている。原作者の鳥山明は前作に続き、キャラクターデザインを担当すると共に、本作では初めて単独で脚本も務めた。4月18日に全国328館で公開され、興行収入37.4億円を記録した。悟空に殺された悪の帝王フリーザが復活した後、初めての過酷な修行を経て悟空に復讐するために地球へ向かった話である。

Read Article

ゴジータ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ゴジータとは『ドラゴンボール』の映画『劇場版ドラゴンボールZ 復活のフュージョン!!悟空とベジータ』および、『ドラゴンボールGT』『ドラゴンボール超 ブロリー』に登場する主人公の孫悟空とそのライバルであるベジータがフュージョンしたことによって誕生した融合戦士。登場回数こそ少ないが、悟空やベジータが単体で勝てない敵が現れた際などに最終手段で二人が融合することによって誕生し強敵を撃破することが多い。

Read Article

ドラゴンクエストIX(DQ9・ドラクエ9)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』は、2009年7月にスクウェア・エニックスより発売されたニンテンドーDS用RPGソフト。 ドラクエナンバリングタイトルで初めてMORPGとしてマルチプレイ要素が導入された作品である(シングルプレイのみでも本編をクリア可能)。 本作の主人公は天使であり、とある事件によって世界各地に散らばってしまった「女神の果実」を集めることが今回の冒険の目的である。 主人公の仲間たちはドラクエ3のようにプレイヤーがキャラクターを作成して仲間に加えるというシステムである。

Read Article

ドラゴンクエストVII(DQ7・ドラクエ7)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』とは、2000年8月26日にエニックスより発売されたプレイステーション用RPGソフト。 ドラクエナンバリングタイトルの中では、移植版を除いて初めて任天堂以外のゲーム専用機向けに開発されたソフトである。 今回の冒険は、大魔王オルゴ・デミーラによって失われた世界を取り戻し、大魔王を討伐することが目的である。 シリーズのソフトで最もゲームクリアまでに費やす時間が多いタイトルであり、非常にボリュームのあるストーリーとなっている。

Read Article

ドラゴンクエストV(DQ5・ドラクエ5)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』とは、1992年9月27日にエニックスより発売されたスーパーファミコン用RPGソフト。 前作の「ドラゴンクエストIV」に続き、「天空シリーズ」の第二作目として知られている。 今回の冒険は、親子二代に渡って探し続けていた「天空の勇者」を探し出し、魔界に鎮座する大魔王を倒すことが目的。 本作から新しく仲間モンスターシステムが導入され、モンスターをパーティに組み込むことが可能である。

Read Article

ドラゴンクエストVI(DQ6・ドラクエ6)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストVI 幻の大地』とは、1995年に発売された「ドラゴンクエスト」シリーズの6作目の作品。「発見」をテーマとしており、主人公達が2つの世界を冒険する中で本当の自分自身を見つける、「自分捜しの旅」をするストーリーが展開される。新しい転職システムや、2つの世界を何度も往復するシナリオを特徴とする。シリーズの4作目・5作目と共に「天空シリーズ」と称される作品の1つであるとともに、同シリーズの完結編として位置づけられている。

Read Article

目次 - Contents