人造人間18号/ラズリ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

人造人間18号/ラズリとは、『ドラゴンボール』に登場するキャラクターで、世界征服を企むレッドリボン軍の科学者ドクター・ゲロの作り出した人造人間である。元は普通の人間だったがドクター・ゲロによって改造されてしまい、双子の弟であるラピスも同様に改造され人造人間17号となる。同じくドクター・ゲロによって作り出された人造人間セルが倒された後、本作品の主人公である孫悟空の友人クリリンと結婚。マーロンという女の子を授かり、クリリンの師匠である亀仙人と共に暮らしている。

人造人間18号/ラズリのプロフィール・人物像

人造人間18号ラズリとは、『ドラゴンボール』に登場するキャラクターで、世界征服を企むレッドリボン軍の科学者ドクター・ゲロの作り出した人造人間である。元は普通の人間だったがドクター・ゲロによって改造されてしまい、体内には永久エネルギー炉と爆弾が埋め込まれている。性別は女性、金髪で片耳にイヤリングをつけている。服装はデニムのベストとスカート、茶色のブーツなどお洒落に拘っているようで、戦いで服がボロボロになったり、気に入らない服装だと新しい洋服を入手している。
本編時代では、むやみに人を殺したり町を破壊したりせず、孫悟空を殺す目的のためだけに行動している。人造人間セルを倒した後、クリリンに助けられ結婚し、マーロンという女の子を授かって幸せな家庭を築いている。お金に目がなく、武道の達人が集う天下一武道会へも入賞者には多額の賞金が与えられることを知るとすぐに参加を決意した。

未来時代では「私たちは人間が嫌いだ」を言っており、多くの人を殺し町を破壊し、残虐な性格が強く出ている。だが、町を破壊している中でも洋服店だけは残すよう人造人間17号にお願いをしており、その点だけは本編時代と同じ考え方を持っている。

人造人間18号/ラズリの能力

永久エネルギー炉

体内に備えられている永久的なエネルギー炉。人造人間の驚異的な戦闘力は、この炉の異常なパワーによって生み出されている。”永久”というだけあって、エネルギーが減ることなく行動できる。『ドラゴンボール超』宇宙サバイバル編での"力の大会"では大人数の長期戦だったため、体力が減ることなく有利に戦うことができた。
エネルギー炉のおかげか、食事を摂る必要はない。だが水分補給は必要であるとのこと。

気配を持たない

人造人間のため人に力の強さを表す"気"を持たない。そのため気を探られても見つけだされることなく、自身の強さを知られることもない。

人造人間18号/ラズリの必殺技

アクセルダンス

未来時代にて、本作品の主人公である孫悟空の息子の孫悟飯を倒した技。人造人間17号と連携した連続攻撃を仕掛け、弱ったところに連続でエネルギー弾を浴びせる。

気円斬(きえんざん)

天下一武道会決勝戦での相手"マイティマスク"に使った技。エネルギーを鋭い円盤状に形成し相手に向かって投げる。

人造人間18号/ラズリの来歴・活躍

人造人間編

ベジータの腕を折った強烈な蹴り

世界征服を企んだレッドリボン軍の科学者ドクター・ゲロは孫悟空に復讐をするべく人造人間を作り出した。ドクター・ゲロは復讐を果たすべく町を襲い孫悟空達との戦闘に入るが、孫悟空は心臓病で離脱する。その後孫悟空の仲間達に追い詰められ、ドクター・ゲロは自身の研究所に行き人造人間17号と18号を起動させた。人造人間17号と18号は従順なフリをしてドクター・ゲロの隙を窺い、自分達を停止することができる"緊急停止スイッチ"を奪い破壊。2人は普通の人間だった自分達を改造したことでドクター・ゲロを恨んでいた。そのためその場でドクター・ゲロを殺して、研究所に眠っていた人造人間16号を起動させ、孫悟空の元へ動き出した。その場にいたサイヤ人のベジータは自分が相手にされていないことに苛立ち人造人間達を追い、ベジータと人造人間18号の戦いが始まる。序盤は互角の戦いをしていたが、人造人間18号は永久エネルギー炉を体内に備えているため体力が減らず、それに対しベジータは徐々に体力が無くなり差が出始める。人造人間18号の強烈な蹴りでベジータの片腕が折られた直後、戦いを見ていたトランクスが助けに入るが、人造人間17号の攻撃を受け倒れてしまう。トランクスはすぐに起き上がり人造人間18号に向かっていったが、反撃を受けベジータとともに気絶してしまう。他の戦士達も助けに向かったが、人造人間17号の攻撃で気絶させられる。クリリンはその場から動けずにいたが、人造人間18号は去り際にクリリンをからかう様に頬へキスをして、それは以上何もせず去っていった。

人造人間達は車で孫悟空の家へ向い、人造人間18号はその道中で訪れた町の洋服店でボロボロになって服を新しくしていた。孫悟空の家に着いたが、中には誰もいなかった。人造人間18号は着ていた服が気に入らなかったので、孫悟空の家にある服の中からから選び直していた。孫悟空がいないとわかると、別の場所へ向かったが、その道中で孫悟空の仲間であるピッコロと戦うことになった。人造人間17号とピッコロの戦いの最中に人造人間セルが現れる。人造人間セルは人造人間17号と18号を吸収することが目的だった。人造人間17号は吸収されそうになり、そこへ人造人間16号が助けに入ったことで一時は免れたものの、人造人間17号が油断した隙に吸収されてしまった。セルは人造人間18号も吸収しようとしたが、そこへ修行を終えたベジータとトランクスが現れる。彼らは人造人間たちに倒された後、通常とは時間の流れが異なる「精神と時の部屋」で鍛錬を積んでいたのだ。ベジータは人造人間セルを圧倒したが、物足りなく感じていた。そこで人造人間セルに協力し、完全体となったセルと戦おうと考えた。一方でクリリンは仲間のブルマに"緊急停止スイッチ"を開発してもらい、それを使用して人造人間18号を破壊する予定だったが、人造人間18号にキスされたことで好意を持ち、思い留まってスイッチを破壊してしまう。その結果、人造人間セルは人造人間18号を吸収し、遂に完全体に変身してしまった。

その後人造人間セルは自身の強さを測るためや世界を恐怖に陥れるために"セルゲーム"という武道大会を開催した。孫悟空達はセルゲームに参加。孫悟空の息子である孫悟飯が戦いで人造人間セルを追い詰めると人造人間18号を吐き出し完全体は解けてしまった。セルは自爆し地球ごと破壊しようとしたが、孫悟空が自らの命と引き換えに阻止する。しかし、自爆した人造人間セルは運良く生き延びることができ、再び孫悟飯との戦いが始まる。孫悟飯は他の仲間達の協力もあり人造人間セルを倒すことができた。クリリンは人造人間セルから吐き出され気絶していた人造人間18号を連れて、他の仲間達と共に神様の神殿に向かう。そこには7個集めるとどんな願いも叶えてしまうドラゴンボールというものがあり、人造人間セルに殺された者を生き返らせてもらった。叶えられる願いはあと1つ残っており、クリリンは18号と、生き返った人造人間17号の中にある爆弾を取り除いてもらった。人造人間18号はクリリンの気持ちに感謝の思いを抱きつつ、その場を去っていった。

第25回天下一武道会

天下一武道会の決勝にて、相手を場外に突き落とす

人造人間セルを倒してから7年後、人造人間18号とクリリンは結婚、マーロンという女の子を授かり亀仙人の元で一緒に暮らしていた。クリリンは孫悟飯から久しぶりに開催される天下一武道会の話を聞き出場を誘われ悩んでいると、賞金のことを知った人造人間18号が出場することを即決しクリリンも同意した。
天下一武道会が開催されるとまずはパンチマシーンの数値による予選が行われた。他の参加者達が100前後の数値を出す中で、人造人間18号は加減をしても774という数値を出し周囲を騒然とさせた。パンチマシーンの故障ということで、再度行ったが数値は203で予選を通過する。本戦に進むと孫悟空達は、宇宙の神である界王神から、かつて封印された魔人ブウという邪悪な存在が復活しそうだという話を聞く。孫悟空達は魔人ブウの復活阻止に協力するため、天下一武道会の会場から去り、出場選手は5人となった。
天下一武道会の前回チャンピオンであるミスター・サタンは残った5人のバトルロイヤルで優勝を決めるよう提案し、これが決定した。2人の選手は開始早々に場外負けとなり残ったのは、人造人間18号、ミスター・サタン、マイティマスクの3選手となった。人造人間18号はマイティマスクに対して違和感を抱いていたため、ミスター・サタンより先に倒そうと考え勝負を挑んだ。2人の勝負はほぼ互角だったが、人造人間18号はマイティマスクの正体が仲間のトランクスと孫悟天の2人が変装した姿だったことに気づいた。人造人間18号は"気円斬"を放つとトランクスと孫悟天は攻撃をかわそうとそれぞれ逆の方向へ逃げようとし被っていた服が破け、正体がバレてしまった。2人は失格となったため、その場から去っていき、決勝は人造人間18号とミスター・サタンの2人になった。人造人間18号は戦いの最中ミスター・サタンに「優勝を譲る代わりに、今大会の賞金1000万ゼニーと前回大会分の賞金1000万ゼニーの合わせて2000万ゼニーを渡せ」と交渉を持ち掛けた。ミスター・サタンがこの交渉を受けたため、人造人間18号はわざと場外に飛び、優勝はミスター・サタンとなった。

その後は復活してしまった魔人ブウと遭遇。娘のマーロンを抱きかかえて逃げている最中に、魔人ブウの力によってチョコレートに変えられて食べられてしまう。ドラゴンボールの力によって生き返った後は、生命体や惑星からエネルギーを集めて放つ悟空の元気玉に協力している。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ドラゴンボール(DRAGON BALL)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンボール』とは、鳥山明による漫画作品。雑誌「週刊少年ジャンプ 」にて、1984年から1955年まで連載されていた。山奥で暮らしていた主人公・孫悟空が、7つ集めると願いが叶うといわれるドラゴンボールを探しに旅に出たことから始まった物語が展開される。書籍として単行本が全42巻、完全版が全34巻発売された。東映動画(現・東映アニメーション)によってアニメ化されたほか、ゲームソフトも多数発売されている。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の人造人間まとめ

『ドラゴンボール』とは、及びそれを原作とするアニメ作品である。七つ集めることでどんな願いも叶えるドラゴンボールを巡る冒険活劇から、主人公の孫悟空や鳥山明による漫画、仲間たちが強敵と戦うストーリーがメインとなり、世界的な人気を得た。本項では、強力な戦闘力を持った人造人間と呼ばれるキャラクターをまとめる。人造人間たちは、悪の科学者ドクター・ゲロにより戦う為に作られ、悟空たちと敵対する立場だが、中には争いを好まない者や、戦闘をゲームと捉える者もおり、各個体が際立った個性と魅力を持つ。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の神様まとめ

『ドラゴンボール』とは、鳥山明による漫画及びそれを原作とするアニメ作品である。七つ集めるとどんな願いでも叶えるドラゴンボールを巡り、主人公・孫悟空の冒険が始まった。悟空は強い者との戦いを求め、次々現れる強敵と戦うことになる。迫力のバトルシーン、魅力的なアイテム、キャラクターで今なお世界中を魅了する作品。「神様」と呼ばれる存在も、魅力あるキャラクター達である。基本的に神々の戦闘描写はないが、彼らは時に悟空の師となり、時に目標となってストーリーや世界観に広がりを持たせている。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の必殺技まとめ

『ドラゴンボール(DRAGON BALL)』とは、鳥山明による漫画、及びそれを原作としたアニメ、ゲームといったメディアミックス作品である。七つ集めることで願いを叶える龍を呼び出せるドラゴンボールを巡り、主人公の孫悟空と仲間たちが戦う物語。格闘物の少年漫画に多大な影響を与えた作品で、連載終了後も衰えぬ人気を誇る。個性豊かなキャラクターの他、多彩な必殺技が繰り出される戦闘シーンも人気の一因となっている。『ドラゴンボール』の戦闘シーンを彩る必殺技をまとめる。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

鳥山明による日本の漫画作品。略称は「DB」。 西遊記をモチーフにした中国風の世界にSFの要素を取り入れた独特の世界観を形成している。 長期連載と作者の鳥山明のセンスが相まって、様々な名言を生み出しており、これらの名言は、インターネットはもちろんのこと、様々なエンターテインメント作品に影響を与えている。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)シリーズの超サイヤ人まとめ

『ドラゴンボール』とは鳥山明による漫画及びそれを原作としたアニメ作品である。世界に散らばる七つのドラゴンボールを探す冒険活劇から、主人公孫悟空らのバトルに重きを置いた作風にチェンジすることで世界的な人気を獲得。中でも悟空も含めた戦闘民族サイヤ人の変身形態、超(スーパー)サイヤ人は外見的特徴や戦闘力の高さから当時のファンに衝撃と興奮を与えた。超サイヤ人は、今尚シリーズの人気を誇る理由の一つである。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の道具・アイテムまとめ

『ドラゴンボール』とは、鳥山明の漫画及びそれを原作とするメディアミックス作品である。7つ集めることでどんな願いも叶える神の龍を呼び出せるアイテム“ドラゴンボール”を巡る冒険譚から始まり、次第にバトルものへと移行することで世界的人気を得た。主人公の孫悟空を初めとする魅力的なキャラクターと迫力ある戦闘シーン、人間ドラマの他、遊び心もある独特のアイテムも物語を盛り上げている。本稿では、タイトルにもなっているドラゴンボールを初め、『ドラゴンボール』に花を添える用語やアイテムを紹介する。

Read Article

トランクス(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

トランクスとは、『ドラゴンボール』に登場する、戦闘民族サイヤ人のベジータと地球人のブルマとの間に生まれたハーフの男性。薄紫色の髪色で青色の瞳をしている。トランクスは本編時代と未来時代でそれぞれ登場し、育ってきた環境が異なるため性格も異なっている。トランクスの家はカプセルコーポレーションという大企業で、幼い頃から機械などに接していたため頭も良く、強さだけでなく知的な面も持っている。

Read Article

ピッコロ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ピッコロとは、大人気漫画『ドラゴンボール』シリーズに出てくるキャラクター。初登場時は、主人公・孫悟空の敵として地球の命運をかけた戦いを繰り広げた。悟空に敗れてからは、地球を征服しに来たサイヤ人に対して悟空と共闘するようになり、今では仲間として頼もしい存在となっている。悟空の息子・孫悟飯の師匠でもあり、普段はなかなか感情を表に出さないが、悟飯の前では優しい一面を見せている。

Read Article

NEW

亀仙人(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

悟空にできた初めての師匠。 初登場時の年齢は319歳であり、亀の甲羅を背負った陽気でスケベなおじいちゃんだが、実際は武天老師と呼ばれる亀仙流武術の達人である。 少年時代の悟空とクリリンを修行し、時に厳しく、時に孫のように愛情をもって弟子を育てる広い心の持ち主である。 スケベな性格でありドラゴンボールにおいてスケベな担当として活躍している。 ドラゴンボール超では弟子たちと肩を並べて戦っているなど武術家としては生涯現役である。

Read Article

セル(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

セルとは、『ドラゴンボール』に登場するキャラクターで、世界征服を企んだレッドリボン軍に所属していた天才科学者のドクター・ゲロが作り出した人造人間。同じくドクター・ゲロが作り出した人造人間17号・18号を吸収して究極の生命体となり、世界を恐怖に陥れることを計画していたが、孫悟空親子や他の戦士達の活躍により、その計画は阻止された。 冷静で話し方にも知性が感じられるが、自分が劣勢になると激昂し冷静さを失ってしまう。また、人間が恐怖に怯える顔を好むような冷酷さも持っている。

Read Article

NEW

ベジット(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ベジットとは、『ドラゴンボールZ』の魔人ブウ戦にて初登場したキャラクター。その正体は、孫悟空とベジータが界王神の持つイヤリング「ポタラ」によって合体した姿であり、孫悟空の本名カカロットとベジータで「ベジット」と自ら名乗った。ともに最強のライバル同士である2人が合体したため、何者をも寄せ付けない戦闘力を誇る。その実力は、悟飯を吸収してほぼ無敵となった魔人ブウをも圧倒するほど。結果的に変身は解けてしまうが、本当の実力は本人でさえも把握できておらず、まさに「最強」の名に恥じぬ戦士として光る存在である。

Read Article

バーダック(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

バーダックとは、『ドラゴンボール』に登場する主人公・孫悟空の実の父親で、戦闘民族サイヤ人の下級戦士。サイヤ人は宇宙の帝王フリーザに裏切られ滅ぼされようとしており、バーダックはこの事にいち早く気付き仲間を引き連れて対抗しようと試みたが、誰もバーダックを信じず、たった1人でフリーザに戦いを挑んだ。そして力が及ばずに返り討ちにあって死んでしまい、一族や故郷である"惑星ベジータ"の敵討ちを息子の孫悟空に託すこととなった。

Read Article

ドラゴンボールZ 神と神(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンボールZ 神と神』とは、2013年3月30日に公開された『ドラゴンボール』シリーズの劇場公開作品である。原作者の鳥山明が初めてアニメシリーズに脚本の段階から深く関わっている。物語は、原作の魔人ブウ編にて、孫悟空が魔人ブウを倒してから約4年後に起こったエピソードが描かれている。平和に過ごしていた地球だったが、破壊神ビルスが目覚めスーパーサイヤ人ゴッドを探し出すという話である。

Read Article

ドラゴンボールZ 復活の「F」(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』は、2015年4月18日に公開された劇場公開アニメーション映画作品である。前作の『ドラゴンボールZ 神と神』の直接的な続編となっている。原作者の鳥山明は前作に続き、キャラクターデザインを担当すると共に、本作では初めて単独で脚本も務めた。4月18日に全国328館で公開され、興行収入37.4億円を記録した。悟空に殺された悪の帝王フリーザが復活した後、初めての過酷な修行を経て悟空に復讐するために地球へ向かった話である。

Read Article

『ドラゴンボール』孫悟空の一族まとめ

『週刊少年ジャンプ』に掲載されて、ほんの11年ほどで世界的人気を誇った『ドラゴンボール』。戦闘力やらアニメ、映画、ゲームのオリジナル設定等により「パラレル多すぎやろ!」と言われつつも愛される今作品。冒険要素やバトル要素ももちろんですが主人公孫悟空のキャラが人気を支えた一つの要素なんでしょうね。そこで、彼とその一族についてまとめました。

Read Article

《悲報》アニメ「ドラゴンボール超」で垣間見える作画崩壊まとめ

大人気アニメ「ドラゴンボール」の最新作「ドラゴンボール超」ですが、ところどころになにか違和感を覚える今日この頃です。そうです。実は、「ドラゴンボール超」には、至る所で作画崩壊を起こしていたのです(笑)。作画崩壊は、イラストがどこかおかしかったり、顔がイカレていたり、思わず疑問符を抱かずにはいられないものまで、とにかく多種多様なのです(恥ずかしながらw)!

Read Article

一体全体ダレトクナンダ?『恐怖に震えるベジータ』が色々と気の毒すぎる。

現在放映中の『ドラゴンボール超』は、1986年にアニメ化した「ドラゴンボール」のリメイク作品です。すでに30年来といった根強いファンも多く、その関連グッズも多岐に渡り色々なものが発売されていました。ところが、バンダイから販売される『DRAGON BALL Z』HGフィギュア「恐怖に震えるベジータ」が発売されたことで、ベジータが色々と気の毒なことになっていたのをご存知でしょうか?

Read Article

「ドラゴンボール」の公式戦闘力まとめ!超高から超低キャラ勢揃い!!

世界中で大人気の「ドラゴンボール」。ここ最近では、様々な話題でネットやファンたちを驚かせています。そんな中、今回注目してみたのは、その度々登場する《戦闘力》。特に初期の頃には、その戦闘力はほぼほぼ絶対的数値で、それが低いキャラは高いキャラに勝つ事など出来ませんでした。しかしよく見てみると、いろいろ爆笑ネタが詰まっていたので、まとめてみました。

Read Article

独断と偏見による『ドラゴンボールGT』「邪悪龍」がもし味方だったら?

『ドラゴンボール超』が放送中ですね。さて、20年ほど前、『ドラゴンボールZ』の後日譚である『ドラゴンボールGT』が放送されていました。評判については…個人的には面白かったんですけどね。特に、最重要アイテム「ドラゴンボール」から現れる「龍」が敵になってしまうアイディアとか…まあ確かに残念な感じが漂ってるんですよね…案外味方だったらいい活躍したかなあ、と思いまとめてみました。

Read Article

【ワクワクすっぞ!!】かめはめ波は実際に撃てるの?

1983年に原作マンガの連載が開始し、現在でもゲームの発売や劇場版の上映、アニメ最新作「ドラゴンボール超」が放映されるなど、もはや知らない人はほぼいないと思われる国民的人気マンガ「ドラゴンボール」ですが、中には「かめはめ波って実際に撃てるの?」と言う人もいるのではないでしょうか?そこで今回は科学的な視点からかめはめ波は撃てるのか、様々な情報を元にまとめていきたいと思います。

Read Article

目次 - Contents