ドラゴンボール(DRAGON BALL)の神様まとめ

『ドラゴンボール』とは、鳥山明による漫画及びそれを原作とするアニメ作品である。七つ集めるとどんな願いでも叶えるドラゴンボールを巡り、主人公・孫悟空の冒険が始まった。悟空は強い者との戦いを求め、次々現れる強敵と戦うことになる。迫力のバトルシーン、魅力的なアイテム、キャラクターで今なお世界中を魅了する作品。「神様」と呼ばれる存在も、魅力あるキャラクター達である。基本的に神々の戦闘描写はないが、彼らは時に悟空の師となり、時に目標となってストーリーや世界観に広がりを持たせている。

『ドラゴンボール』の概要

『ドラゴンボール』とは、鳥山明による漫画、及びそれを原作としたアニメ作品である。掲載は『週刊少年ジャンプ』。七つ集めることで神の龍・神龍(シェンロン)を呼び出し、どんな願いでも叶えることのできるドラゴンボールを巡る冒険活劇として始まった。
主人公・孫悟空が強さを求め、武術の神と謳われる亀仙人に弟子入りをしたり、ライバルや強敵と戦う展開になると作品は人気を獲得。作中で開かれる格闘試合イベント・天下一武道会も相まって、『ジャンプ』の看板作品にまで上り詰め、今でも世界中に愛されている。

登場人物も敵味方共に個性と魅力に溢れており、作品人気の一因を担っている。作品の特色の一つに、敵であったキャラクターが仲間になる展開がある。悪の武道家鶴仙人に師事していた天津飯(てんしんはん)と餃子(チャオズ)、かつて世界を恐怖に陥れたピッコロ大魔王の息子マジュニア(以下ピッコロ)、戦闘民族サイヤ人のベジータ、人造人間18号、魔人ブウが主に共闘を経て仲間になっている。
倒される側の悪役も独自の信念や魅力を持ち、味方側のキャラに劣らぬ人気を誇る。特に、悪の帝王の称されるフリーザは圧倒的な強さ、残虐さからくるカリスマ性で有名である。

「サイヤ人編」では、悟空が地球人ではなく戦闘民族サイヤ人であることが発覚。兄ラディッツとの戦いで悟空はラディッツもろとも死亡。悟空の息子・悟飯はピッコロとの修行でサイヤ人の襲来に備えることになる。悟空はあの世で神様よりも神格の高い界王の下で修行を受け、元気玉、界王拳という技を習得しドラゴンボールで生き返る。本エピソードでピッコロや神様がナメック星人であることが発覚し、ナメック星のドラゴンボールを巡る「フリーザ編」に続く。

「フリーザ編」では、ナメック星を舞台に戦いが繰り広げられる。
悪の帝王と呼ばれるフリーザは、永遠の命を手に入れる為にナメック星のドラゴンボールを狙っていた。この戦いの中、悟空は1000年に一度現れる伝説の存在・超(スーパー)サイヤ人に変身した。超サイヤ人への変身は、悟空の黒い髪が逆立ち金色になる外見上の変化の他、それまで苦戦していたフリーザと互角以上の戦いを見せたことでファンの興奮と話題をさらった。

「人造人間編」では、悟空が倒しきれなかったフリーザが父のコルド大王や仲間たちと共に地球に来襲する。フリーザたちを倒したのは、ベジータの息子で未来から来たトランクスだった。未来世界は、人造人間という脅威により荒廃状態にあった。
トランクスという新たな超サイヤ人の登場、ベジータの超サイヤ人化の他、究極の人造人間セルとの戦いを通して潜在能力は最強だが戦闘を好まない悟飯の葛藤やベジータの父性の芽生えが描かれる。悟飯は力を解放させ、セルを痛めつけセルの自爆と悟空の死を招いてしまうが、自爆の際核が無傷だった為に再生能力で蘇ったセルとの再戦で父の仇が討てると改めて戦闘。セルを細胞一つ残らず消し去った。

「魔人ブウ編」では、セルとの戦いから7年が経過し、悟空が天下一武道会に出る為に一日だけこの世に戻ってくる。大会には界王よりも上の界王神がシンの名で参加しており、悟空たちに恐ろしい力を持った魔人ブウの封印が解かれようとしていると告げた。ブウは復活し、悟飯、ベジータは倒され悟空があの世に戻った為、地球の運命は悟空の次男・悟天と現代のトランクスに託された。悟天、トランクスはフュージョン(融合)と呼ばれる技で合体し、戦闘力を上げる(合体後の名はゴテンクス)。悟飯は敗北はしたが、界王神界で修行をし、パワーアップを遂げて参戦。しかし、ブウは多くの人間との出会いで更に邪悪な存在になり、戦士たちを吸収して悟飯らは苦戦を強いられる。
悟飯たちの危機を救うべく現世に戻った悟空とベジータは界王神界で真の姿になったブウと戦う。あの世と地球、ナメック星の人々の力を借り、悟空は超特大の元気玉でブウを消滅させた。最終決戦の直前、悟空は老界王神の命をもらい、ベジータはナメック星のドラゴンボールの力で生き返った。
ブウとの戦いから10年後、悟空は孫のパンと久しぶりに天下一武道会に参加。ブウの生まれ変わりの少年ウーブと出会い、彼と共に見果てぬ強さを求め修行の旅に出るのだった。

1986年にアニメ化され1989年からは原作の「サイヤ人編」から最終回までのエピソードを映像化した『ドラゴンボールZ』(以下『Z』)の放送が始まった。『Z』以前のシリーズは『ドラゴンボール』(以下『無印』)で放送された。原作終了後、アニメの方は続編に当たる『ドラゴンボールGT』(以下『GT』)が放送される。
『GT』では、神様とピッコロ大魔王が分離する前に作ったダークドラゴンボールの力で悟空が子供にされてしまう。ダークドラゴンボールには、一年以内に集めないと使った星が爆発する性質があり、悟空はトランクスと孫のパンと共に宇宙にドラゴンボール探しに向かう。サイヤ人に恨みを抱く人工生命体のベビーや、ドラゴンボールの使い過ぎで生まれた邪悪龍との戦いが描かれた。
2009年には『Z』のデジタルリマスター版『ドラゴンボール改』(以下『改』)の放送が開始。「サイヤ人編」から「人造人間編」に当たる第一期(2009年-2011年)、「魔人ブウ編」に当たる第二期(2014年-2015年)がある。

2013年には鳥山が脚本から深くかかわった映画『ドラゴンボールZ 神と神』が公開された。『GT』は原作終了より数年が経過しているが、『神と神』では原作最後の敵・魔人ブウを倒した直後の話となっている。
新キャラクターとして破壊神のビルスが付き人のウイスを伴い登場。ビルスの目的は、自分の強敵となりうる超サイヤ人ゴッドの存在と、それと戦う予知夢の真偽の確認だった。悟空は神龍から教えられた方法(正しい心を持った5人のサイヤ人の気を、1人のサイヤ人に注ぐ。悟空に気を注いだのはベジータ、悟飯、悟天、トランクス、胎児であった悟飯の子)で超サイヤ人ゴッドとなりビルスと戦った。原作で最強の形態であった超サイヤ人3では勝負にもならなかったが、超サイヤ人ゴッドとなった悟空は、破壊神であるビルスに7割もの力を出させている。尚、超サイヤ人ゴッドは神の次元に達した形態であり、気の質がクリアで、同じ次元に達していない者には超サイヤ人ゴッド状態の悟空の気は感じられない(通常悟空たちは他者から出る気で相手の位置を探っている)。

2015年、『神と神』の後続作品『ドラゴンボールZ 復活のF』が公開される。原作で死亡したフリーザが、後々の映画作品ではドラゴンボールの力で生き返り、生まれて初めての修行の果てにゴールデンフリーザなる新形態で登場。悟空、ベジータ共に、気の質が神に近い「神の領域」になり、超サイヤ人ゴッドを超える超サイヤ人ブルーで応戦する(超サイヤ人ゴッドが神への進化であるのに対し、ブルーは神の気を身に付けたサイヤ人の人としての進化と言える)。

2015年の5月には、『神と神』並びに『復活のF』の世界観を受け継ぐテレビシリーズ『ドラゴンボール超』(以下『超』)の放送が開始された。『神と神』『復活のF』は共に一部内容を変えて放送される。第6宇宙シャンパと惑星規模の大きさを持った超ドラゴンボールを賭けそれぞれの宇宙から5人の戦士が戦う「破壊神シャンパ編」、未来世界がゴクウブラックなる敵により壊滅状態になった「未来トランクス編」、人間レベルが低い八つの宇宙が消滅をかけて戦う「宇宙サバイバル編」から成る。力の大会とは、無の界と呼ばれる空間で行われる大会で、48間戦って落とし合いをする。脱落した戦士は自動的に観覧席に回され二度と武舞台(戦いの場)に上がることはできない。各宇宙10人で参加し、全員脱落した宇宙はその場で消滅させられる過酷なルールであった。

本項で紹介する神様(以下神)は、『ドラゴンボール』に登場するキャラクターである。バトルがメインの『ドラゴンボール』では、戦いのシーンに目が行きがちだが、その裏では友情や信念といった人間ドラマもあり、悟空と仲間との絆や敵味方の戦いに関する信念が描かれる。神々は時に悟空の師となり、時に戦闘のサポートや解説をし、ストーリーや世界観に広がりを持たせる役割を持つ。

『ドラゴンボール』シリーズの神とは

『ドラゴンボール』に登場した神々を神格の低い順に挙げると地球の神、界王、界王神、破壊神、全王となる(界王神、破壊神は立場的には対等)。

バトルがメインの『ドラゴンボール』では、戦いのシーンに目が行きがちだが、その裏では人間ドラマもあり、悟空と仲間との絆や敵味方の戦いに関する信念、生き様が描かれる。神々は時に悟空や仲間たちの師となり、戦闘のサポートをし、ストーリーや世界観に広がりを持たせる役割を持つ。神々が直接戦闘する描写は基本的にない。

物語が進むにつれて、前の敵よりも戦闘力の高い敵が次々現れた為、ファンからは「強さがインフレする」とよく評された。しかし、インフレしたのは戦闘力だけでなかった。これは、当初鳥山が悟空の少年時代最大の戦い「ピッコロ大魔王編」で終わらせようとしていたのを、作品人気により終わらせることができなかったことも関係する。
悟空が次々とより強い存在と戦う中で、武道の師匠でもあった神様の戦闘力を越えてしまう事態が発生。そこで、神格も戦闘力も上回る界王、界王神などが登場するようになった。

『神と神』では破壊神ビルスが登場。ビルスは「宇宙は12個ある」と語り、各宇宙に破壊神や界王神がいると言った。また、『超』では12の宇宙や神の頂点に立つ全王が登場する。全王は「戦わないが最強」との触れ込みで、強さ=戦闘力という『ドラゴンボール』世界の概念を覆した。
尚、『神と神』以降新たに登場した神々は「地球の破壊を口し、フリーザの地球侵攻を黙認する(ビルス)」、「人間たちの抹殺を計画する(ザマス)」、「容赦なく宇宙を消す(全王)」と、必ずしも悟空たちの味方に立つわけではない。

悟空は『神と神』や『超』において超サイヤ人ゴッドなる形態へと進化を遂げている。超サイヤ人ゴッドは破壊神とも戦える形態で、文字通り神の領域に達している。『超』の「復活の"F"編」ではゴッドの上を行く超サイヤ人ブルー、「宇宙サバイバル編」では破壊神ですら到達が難しい身勝手の極意にまで至った。

辺境惑星の神や界王は、各々の惑星や担当銀河を見守るのが役目。界王神は各宇宙の人類や規律を守り、時に創造する立場であり、破壊神は宇宙の摂理に従い星や人などを破壊する。
12の宇宙の頂点に立つ全王の役目は不明だが、人間レベルの計測を行っている模様。世界すらも一瞬で消してしまえる為破壊神にすら恐れられている。
以下、登場順に記述する。

『ドラゴンボール』シリーズの神の一覧

地球の神仙

カリン

声:永井一郎(『無印』『Z』26-160話 『改』) / 龍田直樹(『Z』217-241話) / 魚建(『超』)

初登場は『無印』。聖地カリンにそびえるカリン塔に住まう。本人(?)曰く「仙人ならぬ仙猫(せんびょう)様」。悟空たちからは「カリン様」と呼ばれる。武術の神様と呼ばれており、武道界では伝説の存在である。空を飛ぶ巨大な筋斗雲を持ち、亀仙人や悟空に一部を与えている。心を読む能力を持つ。
殺し屋桃白白との戦いに敗れた悟空が、カリン塔のてっぺんにある超聖水を飲めば強くなれると聞き、丸一日かかって登り切った。カリンは「手に入れれば飲んで良い」と言いながら、超聖水の入った壷を手に入れる邪魔をする。実際には超聖水はただの水だが、カリンとの攻防の中でパワーアップに必要な動きは全て身についており、壷を手にした時悟空はより強くなっていた。かつて亀仙人も超聖水を飲むためにカリンに挑んでおり、亀仙人と悟空は兄弟弟子と言える(亀仙人は3年かかったが、悟空は三日で成し遂げた)。
ピッコロ大魔王が倒された後、大魔王に殺された亀仙人とクリリンを生き返らせる為、「ドラゴンボールを作った神様に会え」と言い、送り出した。神に会う資格を持った者に印の鈴を持たせるのもカリンの役目である。
回復アイテムの仙豆を栽培しており、たびたび仙豆の補給の際などに登場する。仙豆は、見た目にはそら豆のような形をしている。一粒食べれば10日間は飲まず食わずでいられる上、瀕死の状態でも仙豆を食べれば傷が治り、体力が全回復する。強敵相手との戦闘の時には重宝されるアイテムである。

地球の神

地球の神の神殿。作中初登場時はカリン塔の真上に位置していたが、地球をくまなく見守る為に移動することが可能。

第7宇宙の地球で平和を見守る立場。カタッツの子(作中での呼び名は神様)と呼ばれる個体とデンデが作中で登場。いずれもナメック星人と呼ばれる異星人で、ドラゴンボールの製作者である。一宇宙の辺境惑星の神であり、神格で言えば低い方だが、デンデ、カタッツの子共に死者を蘇らせ、破壊された月を元に戻すことができる。
カタッツの子以前の神がどのような人物であったのか、詳しいことは描かれていないが、カタッツの子が悪しき心を持っていることを見抜き、中々神の後継として認めなかった。

地球の神の付き人にミスター・ポポがいる。ポポは神殿を訪れた者が本当に神に会うに値する人物かを見定めるテストを行う。

神様 / カタッツの子

声:青野武 / 島田敏(改66-68話 / 『ドラゴンボールヒーローズ』以降のゲーム)

作中で最初に現れたドラゴンボールの制作者。亀仙人とクリリンを生き返らせる為に神殿に向かった悟空と会っている。
元々はナメック星の生まれだったが、故郷ナメック星が悪天候に見舞われた際、親のカタッツにより逃がされる。出自のことは覚えておらず、自分の正体(ナメック星人)を知った時は「道理で皆とちょっと違うかなー、と思った」と口にしている。神様もしくはカタッツの子と呼ばれており、本名は不明。
ナメック星人は穏やかな性質の種族だが、カタッツの子は地球人に感化されて次第に悪の心が芽生えていった。天才的な武道家として自分以上に優れた者はいないと考えるようになった。神の存在を知って神殿へと訪れ、神になることを望んだが、悪しき心を持っていることを前任の神に見抜かれ認めてもらえなかった。神になる為に切り離した悪の心がピッコロ大魔王となった。
神殿に来た悟空に頼まれて、神龍も含めピッコロ大魔王に殺された者をすべて生き返らせる。これは「ピッコロ大魔王という悪を生み出してしまったことへの贖罪」だと言った。人間たちが私利私欲でドラゴンボールを奪い合うさまを見てきた為、本当は神龍を生き返らせるつもりはなかったが、他者を甦らせようと神殿までやってきた悟空に免じ、特別に神龍を生き返らせドラゴンボールも元に戻したのだった。

ピッコロ大魔王とは一心同体なので、本来なら大魔王が死んだ時点で神も死ぬはずだったが、大魔王が死ぬ直前分身のマジュニア(以下ピッコロ)を生み出した為神も生存していた。その後は悟空を神殿に住まわせて修行をつけ、ピッコロを倒してもらおうとした。神が自殺をするわけにはいかないとの理由だったが、天下一武道会で人間の体を借り、ピッコロを封じるため亀仙人の師匠武泰斗が開発した技・魔封波でピッコロを封じようとした。しかしピッコロによる魔封波返しというカウンター攻撃を受け、自分が封じられてしまう(憑依した人間の体は吸い込まれる直前に返した)。天下一武道会の決勝戦でピッコロと戦った悟空の機転で解放される。神様はすぐピッコロを倒すように言うが、悟空はピッコロとの決勝戦の決着を付けたがり、勝利する。
悟空同様動けない程ボロボロになったピッコロに止めを刺そうとするが、悟空に止められる。この時「自分だけドラゴンボールで生き返らせてくれればいい」と説得を試みるが、自分が死ねばドラゴンボールが使えなくなることを承知の上での嘘であることを悟空に見抜かれる。結局ピッコロは仙豆を与えられて逃走。
ピッコロ大魔王を生み出し、その息子であるピッコロを逃がすことになった際「自分なぞとうに神をやめるべきだった」と口にした。亀仙人による「世界を再び平和に導いたのはあなたですぞ。たった一つのドラゴンボールからすべてが始まったのです」との言葉で救われた模様。悟空に自分の後任を託そうとしたが、退屈な神殿暮らしを拒んだ悟空に逃げられた為、神の役目を続投していた。

「サイヤ人編」では、悟空がラディッツと相打ち的に死んだ後、悟空を体のある状態(本来は魂だけになる)であの世に連れていき界王の下で修行させ、生き残った戦士のクリリン、ヤムチャ、天津飯、餃子に自ら修行をつけた。
ベジータとナッパが地球に来た際、ピッコロが倒されたことで共に死亡する。その後「フリーザ編」でナメック星のドラゴンボールの力で復活した。これは界王の下で修行していたピッコロの作戦によるもので、ピッコロが生き返れば神も生き返り、地球のドラゴンボールも復活する為である。結果、地球の神も現世に戻り、復活した地球のドラゴンボールの力でフリーザ一味に殺された者たちを生き返らせることができた。
尚、ナメック星人にはかつて神と大魔王が行った分離だけではなく、同胞と融合できる性質もある。融合をすると戦闘力が数倍になる(人格のベースはどちらか片方のものとなる。作中では、ピッコロが戦闘タイプのナメック星人・ネイルと融合したが、人格はピッコロのものであった。いくらかの性質や記憶は受け継ぐ模様)。ピッコロは「人造人間編」で人造人間たちとの戦力差を痛感し、神との再融合をする為に神殿に向かった。
神は再融合そのものには反対しなかったが、倒すべき人造人間16号、17号、18号が本当に悪しき存在とは思えないと言い、しばらく様子を見ることを提案。ところが、セルという更なる邪悪な人造人間の存在を知り、再融合を果たした。その後デンデが現れるまで神殿には神がおらず、ドラゴンボールもない状態だった。

ピッコロと再融合して物語から退場したが、その知恵はピッコロの一部として生き続けている。

『GT』では、ピッコロ大魔王と分離する前に作ったダークドラゴンボールが登場した。ダークドラゴンボールは使用後宇宙中に散らばり、一年以内に集めないと使った星が爆発する性質を持つ。サイヤ人に恨みを持つ人工生命体ベビーによりダークドラゴンボールが使われた為最初の使用から1年が経過してしまい、地球は爆発する。ピッコロは、ダークドラゴンボールを生み出した大魔王と神の責任を取る為一人地球に残り死亡した。

『超』の「宇宙サバイバル編」では気を失い倒れたピッコロの精神世界に現れ、ピッコロを庇う悟飯の姿を指し示し、ピッコロが再び起き上がることに貢献した。

デンデ

声:鈴木富子(『Z』49話ー288話) / 結城比呂(『Z』290話ー291話) / 平野綾(『改』『超』)

初登場は「フリーザ編」。ナメック星人の子で、弟のカルゴや同じ村の仲間を皆殺しにされる。デンデ自身もフリーザ一味に殺されそうになっていたところをナメック星に来ていた悟飯たちに助けられた。悟飯たちが悪者ではないと知り、彼らに協力する。ナメック星の神龍・ポルンガへの召喚と願いにナメック語を使うこと、ドラゴンボールの一つを持ちナメック星を統べる最長老の存在を教えた。
ベジータが眠っている間にクリリン、悟飯共々こっそりナメック星のドラゴンボールを持ち出してポルンガを呼び出し、ピッコロの要望で彼を生き返らせナメック星に呼んだ。
傷を回復させる能力を持っており、その能力を厄介と見たフリーザに一度殺されるが、地球のドラゴンボールの力で生き返る。この時ナメック星はフリーザの手で爆発寸前であった。ナメック星のドラゴンボールによる三つめの願いで、皆と共に地球に飛ばされて新天地が見つかるまでカプセルコーポレーションで過ごし、復活したポルンガの力で新たな星へ旅立って行った。

その後、先述の神がピッコロと再融合しドラゴンボールはただの石となった。人造人間との戦いの中「やはりドラゴンボールは必要になってくるだろう」との悟空の提案で、ナメック星から神様候補が呼ばれることになった。クリリンたちに助けられた経緯から、地球に憧れを持っていたデンデが推薦されて地球にやって来る。元々地球にあったドラゴンボールを強化し、願いを一つから三つに増やした。
邪悪な存在となった魔人ブウが神殿を訪れて暴れた時、「神様は死んではダメ」と言われポポに庇われる。

『GT』ではポポもろとも寄生分身型の敵・ベビーに操られていたが、界王神に邪気や寄生分身体を祓う性質を持った超神水を飲まされ正気に返った。この時、界王神は急いでいた為デンデ、ポポ共に何が起きているのか分からない状態だった。

『超』では神殿を移動させた。移動の最中ブウの生まれ変わりが強い潜在能力を持っているとの情報を悟空に伝え、「悟空さんが力の使い方を教えてやってください」と頼んだ。

先代の神(せんだいのかみ)

カタッツの子の先代に当たる地球の神。原作では存在が語られたのみだが、TVアニメ『ドラゴンボールZ』の「魔凶星編」にて登場した。既に世を去っており、神仙界(しんせんかい)と呼ばれる場所に現れた。神仙界とは歴代の神々が眠る場所であり、現役の神であるカタッツの子に攻撃を仕掛けた。

あの世の神

アンニン / 太上老君(たいじょうろうくん)

えどのゆうき
えどのゆうき
@edono78

Related Articles関連記事

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

鳥山明による日本の漫画作品。略称は「DB」。 西遊記をモチーフにした中国風の世界にSFの要素を取り入れた独特の世界観を形成している。 長期連載と作者の鳥山明のセンスが相まって、様々な名言を生み出しており、これらの名言は、インターネットはもちろんのこと、様々なエンターテインメント作品に影響を与えている。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンボール(DRAGON BALL)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンボール』とは、鳥山明による漫画作品。雑誌「週刊少年ジャンプ 」にて、1984年から1955年まで連載されていた。山奥で暮らしていた主人公・孫悟空が、7つ集めると願いが叶うといわれるドラゴンボールを探しに旅に出たことから始まった物語が展開される。書籍として単行本が全42巻、完全版が全34巻発売された。東映動画(現・東映アニメーション)によってアニメ化されたほか、ゲームソフトも多数発売されている。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)シリーズの超サイヤ人まとめ

ドラゴンボール(DRAGON BALL)シリーズの超サイヤ人まとめ

『ドラゴンボール』とは鳥山明による漫画及びそれを原作としたアニメ作品である。世界に散らばる七つのドラゴンボールを探す冒険活劇から、主人公孫悟空らのバトルに重きを置いた作風にチェンジすることで世界的な人気を獲得。中でも悟空も含めた戦闘民族サイヤ人の変身形態、超(スーパー)サイヤ人は外見的特徴や戦闘力の高さから当時のファンに衝撃と興奮を与えた。超サイヤ人は、今尚シリーズの人気を誇る理由の一つである。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の必殺技まとめ

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の必殺技まとめ

『ドラゴンボール(DRAGON BALL)』とは、鳥山明による漫画、及びそれを原作としたアニメ、ゲームといったメディアミックス作品である。七つ集めることで願いを叶える龍を呼び出せるドラゴンボールを巡り、主人公の孫悟空と仲間たちが戦う物語。格闘物の少年漫画に多大な影響を与えた作品で、連載終了後も衰えぬ人気を誇る。個性豊かなキャラクターの他、多彩な必殺技が繰り出される戦闘シーンも人気の一因となっている。『ドラゴンボール』の戦闘シーンを彩る必殺技をまとめる。

Read Article

クロノ・トリガー(Chrono Trigger)のネタバレ解説・考察まとめ

クロノ・トリガー(Chrono Trigger)のネタバレ解説・考察まとめ

『クロノ・トリガー』とは、1995年に発売されたスーパーファミコン用ロールプレイングゲーム。 ファイナルファンタジーの坂口博信、ドラクエの堀井雄二、ドラゴンボール等の漫画家鳥山明の3名によるドリームプロジェクトとして企画され、話題になった。 主人公クロノは、未来の世界を滅ぼす元凶ラヴォスを倒すため、過去、現代、未来を行き来しながら冒険する。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の人造人間まとめ

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の人造人間まとめ

『ドラゴンボール』とは、及びそれを原作とするアニメ作品である。七つ集めることでどんな願いも叶えるドラゴンボールを巡る冒険活劇から、主人公の孫悟空や鳥山明による漫画、仲間たちが強敵と戦うストーリーがメインとなり、世界的な人気を得た。本項では、強力な戦闘力を持った人造人間と呼ばれるキャラクターをまとめる。人造人間たちは、悪の科学者ドクター・ゲロにより戦う為に作られ、悟空たちと敵対する立場だが、中には争いを好まない者や、戦闘をゲームと捉える者もおり、各個体が際立った個性と魅力を持つ。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の道具・アイテムまとめ

ドラゴンボール(DRAGON BALL)の道具・アイテムまとめ

『ドラゴンボール』とは、鳥山明の漫画及びそれを原作とするメディアミックス作品である。7つ集めることでどんな願いも叶える神の龍を呼び出せるアイテム“ドラゴンボール”を巡る冒険譚から始まり、次第にバトルものへと移行することで世界的人気を得た。主人公の孫悟空を初めとする魅力的なキャラクターと迫力ある戦闘シーン、人間ドラマの他、遊び心もある独特のアイテムも物語を盛り上げている。本稿では、タイトルにもなっているドラゴンボールを初め、『ドラゴンボール』に花を添える用語やアイテムを紹介する。

Read Article

NEW
フリーザ(ドラゴンボール)の軍団・一味・家族・一族まとめ

フリーザ(ドラゴンボール)の軍団・一味・家族・一族まとめ

フリーザ軍とは、鳥山明の漫画及びそれを原作とするメディアミックス作品『ドラゴンボール』シリーズに登場する組織である。シリーズ最大の悪役フリーザを筆頭に、あらゆる種族の宇宙人から構成される。戦闘力の計測を行うスカウターなど、フリーザ軍の所有するアイテムは読者を魅了した。宇宙人から成る構成員たちも悪役ながら魅力あふれるキャラクターで、様々な個性を持って物語に花を添える。フリーザ軍の一味、フリーザの家族、一族を紹介する。

Read Article

ドラゴンボールZ 神と神(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンボールZ 神と神(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンボールZ 神と神』とは、2013年3月30日に公開された『ドラゴンボール』シリーズの劇場公開作品である。原作者の鳥山明が初めてアニメシリーズに脚本の段階から深く関わっている。物語は、原作の魔人ブウ編にて、孫悟空が魔人ブウを倒してから約4年後に起こったエピソードが描かれている。平和に過ごしていた地球だったが、破壊神ビルスが目覚めスーパーサイヤ人ゴッドを探し出すという話である。

Read Article

ドラゴンボールの融合(フュージョン・ポタラ・同化・吸収)まとめ

ドラゴンボールの融合(フュージョン・ポタラ・同化・吸収)まとめ

『ドラゴンボール』とは、鳥山明の漫画を原作のメディアミックス作品で、バトル漫画の金字塔である。「融合(ゆうごう)」は、作中登場する技の1つで、2人以上の人物が結合し、1人の人間となるものである。単体の時よりも戦闘力が倍加する為、強敵との戦闘の際に行われる。特殊な動きで2人が1人の戦士になる「フュージョン」、界王神のアイテムを使い1人の戦士になる「ポタラ」、ナメック星人が一体化することで同胞に力を預ける「同化」、他者のエネルギーや能力を奪う「吸収」が登場した。

Read Article

ドラゴンボールZ 復活の「F」(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンボールZ 復活の「F」(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンボールZ 復活の「F」』は、2015年4月18日に公開された劇場公開アニメーション映画作品である。前作の『ドラゴンボールZ 神と神』の直接的な続編となっている。原作者の鳥山明は前作に続き、キャラクターデザインを担当すると共に、本作では初めて単独で脚本も務めた。4月18日に全国328館で公開され、興行収入37.4億円を記録した。悟空に殺された悪の帝王フリーザが復活した後、初めての過酷な修行を経て悟空に復讐するために地球へ向かった話である。

Read Article

ドラゴンボール(DRAGON BALL)のレッドリボン軍まとめ

ドラゴンボール(DRAGON BALL)のレッドリボン軍まとめ

レッドリボン軍とは、鳥山明の漫画及びそれを原作とするメディアミックス作品『ドラゴンボール』シリーズに登場する悪の組織である。国家に所属していない私設軍ながら武力、財力共に高く警察すら手出しができない「世界最悪の軍隊」と怖れられる。幹部たちがそれぞれの部隊を率いており、地域派遣された部隊は現地の住民を脅してこき使うことが多い。世界征服の野望を持ち、物語初期では7つ集めることで願いを叶える龍を呼び出せる「ドラゴンボール」を巡って主人公孫悟空(そん ごくう)と戦った。

Read Article

ドラゴンクエストIX(DQ9・ドラクエ9)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストIX(DQ9・ドラクエ9)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストIX 星空の守り人』は、2009年7月にスクウェア・エニックスより発売されたニンテンドーDS用RPGソフト。 ドラクエナンバリングタイトルで初めてMORPGとしてマルチプレイ要素が導入された作品である(シングルプレイのみでも本編をクリア可能)。 本作の主人公は天使であり、とある事件によって世界各地に散らばってしまった「女神の果実」を集めることが今回の冒険の目的である。 主人公の仲間たちはドラクエ3のようにプレイヤーがキャラクターを作成して仲間に加えるというシステムである。

Read Article

ドラゴンクエストVII(DQ7・ドラクエ7)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストVII(DQ7・ドラクエ7)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』とは、2000年8月26日にエニックスより発売されたプレイステーション用RPGソフト。 ドラクエナンバリングタイトルの中では、移植版を除いて初めて任天堂以外のゲーム専用機向けに開発されたソフトである。 今回の冒険は、大魔王オルゴ・デミーラによって失われた世界を取り戻し、大魔王を討伐することが目的である。 シリーズのソフトで最もゲームクリアまでに費やす時間が多いタイトルであり、非常にボリュームのあるストーリーとなっている。

Read Article

ドラゴンクエストV(DQ5・ドラクエ5)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストV(DQ5・ドラクエ5)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』とは、1992年9月27日にエニックスより発売されたスーパーファミコン用RPGソフト。 前作の「ドラゴンクエストIV」に続き、「天空シリーズ」の第二作目として知られている。 今回の冒険は、親子二代に渡って探し続けていた「天空の勇者」を探し出し、魔界に鎮座する大魔王を倒すことが目的。 本作から新しく仲間モンスターシステムが導入され、モンスターをパーティに組み込むことが可能である。

Read Article

ドラゴンクエストVI(DQ6・ドラクエ6)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストVI(DQ6・ドラクエ6)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストVI 幻の大地』とは、1995年に発売された「ドラゴンクエスト」シリーズの6作目の作品。「発見」をテーマとしており、主人公達が2つの世界を冒険する中で本当の自分自身を見つける、「自分捜しの旅」をするストーリーが展開される。新しい転職システムや、2つの世界を何度も往復するシナリオを特徴とする。シリーズの4作目・5作目と共に「天空シリーズ」と称される作品の1つであるとともに、同シリーズの完結編として位置づけられている。

Read Article

ドラゴンクエストIII(DQ3・ドラクエ3)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストIII(DQ3・ドラクエ3)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』とは、1988年2月10日にエニックスより発売されたファミリーコンピュータ用RPGソフト。 ドラクエシリーズ作品の中でも爆発的な人気を誇り、発売日には量販店の前に数キロメートルの行列ができるなどの社会現象を巻き起こした。 「魔王バラモス」の討伐に向かった「勇者オルテガ」の息子である主人公が、そのまま消息を絶った父に代わり魔王討伐の旅に出るストーリー。

Read Article

ドラゴンクエストIV(DQ4・ドラクエ4)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストIV(DQ4・ドラクエ4)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストIV 導かれし者たち』とは、1990年2月11日にエニックスから発売されたファミコン用RPGソフト。 前作までがロトシリーズと呼ばれているのに対し、今作は天空シリーズの第1弾となる。 今回の冒険は、地獄の帝王を蘇らせようとしているデスピサロの企みを阻止し、地獄の帝王を倒すことが目的である。 主要なプレイヤーキャラクターは「導かれし者たち」と言われる8人で、第1章から第4章までは仲間の旅立ちが描かれ、第5章で主人公のもとに導かれし者たちが集って魔王討伐に向かうことになる。

Read Article

ドラゴンクエストII(DQ2・ドラクエ2)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストII(DQ2・ドラクエ2)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』とは、1987年1月26日に株式会社エニックスより発売されたファミリーコンピュータ用RPG。 『ドラゴンクエストⅠ』の続編で、前作の世界から百年経った後の世界を舞台としている。 本作は二人の王子と一人の王女がパーティを組んで各地を冒険し、「悪の大神官ハーゴン」を倒すために奔走するストーリーである。

Read Article

ドラゴンクエストI(DQ1・ドラクエ1)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストI(DQ1・ドラクエ1)のネタバレ解説・考察まとめ

『ドラゴンクエストI』とは、国民的RPG「ドラゴンクエスト」の記念すべき第一作目である。 発売日は1986年5月27日でエニックスよりファミリーコンピュータ用ソフトとして発売された。 ファミコン用ソフトとしては初のRPGゲームであり、ファミコンにおけるRPGゲームのジャンルを確立させた初めてのソフトである。 一人の勇者(主人公)が闇の覇者竜王を倒すべく各地を冒険をするストーリー。

Read Article

ドラゴンクエストXI(DQ11・ドラクエ11)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストXI(DQ11・ドラクエ11)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエスト11とは、2017年7月29日に発売された同シリーズ11作目にして初の「PlayStation4(以降PS4と呼称)」と「Nintendo3DS(以降3DSと呼称)」の2機種同時発売のゲームとなる。2013年の企画当初はPS4のみだったが、後に3DS版の開発も決定された。 悪魔の子と呼ばれ、勇者でありながら追われる身となってしまう主人公。その旅のなかで出会う仲間たちとの壮大な冒険が始まる。

Read Article

ドラゴンクエストX(DQ10・ドラクエ10)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストX(DQ10・ドラクエ10)のネタバレ解説・考察まとめ

ドラゴンクエストシリーズの第10作目。同シリーズナンバリング作品としては初のオンラインゲームである。「エテーネの民」と呼ばれる主人公たちの村が冥王ネルゲルの攻撃により滅びを迎え、アストルティア大陸にて五つの種族のうちいずれかに転生した主人公が、元の人間の姿を取り戻し冥王ネルゲルを倒すため旅を始めるといったストーリーになっている。

Read Article

ベジータ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ベジータ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ベジータとは、『ドラゴンボール』シリーズの惑星ベジータの誇り高き王子であり、主人公・孫悟空(そんごくう)の最大にして最強のライバル。その生まれからエリート意識が非常に強く、他人から指図されることが大嫌い。地球に定住後は、悟空を目標としながら自己鍛錬の日々を送る努力の人でもある。他人にも自分にも厳しく、当初は冷酷な態度が目立った。しかし、悟空や仲間たちと過ごす中で少しずつ人間らしい感情を見せ始め、愛する者のために戦う強さも身に付けていく。私生活では妻ブルマの他、息子と娘が1人ずついる。

Read Article

人造人間18号/ラズリ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

人造人間18号/ラズリ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

人造人間18号/ラズリとは、『ドラゴンボール』に登場するキャラクターで、世界征服を企むレッドリボン軍の科学者ドクター・ゲロの作り出した人造人間である。元は普通の人間だったがドクター・ゲロによって改造されてしまい、双子の弟であるラピスも同様に改造され人造人間17号となる。同じくドクター・ゲロによって作り出された人造人間セルが倒された後、本作品の主人公である孫悟空の友人クリリンと結婚。マーロンという女の子を授かり、クリリンの師匠である亀仙人と共に暮らしている。

Read Article

ピッコロ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ピッコロ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ピッコロとは、大人気漫画『ドラゴンボール』シリーズに出てくるキャラクター。初登場時は、主人公・孫悟空の敵として地球の命運をかけた戦いを繰り広げた。悟空に敗れてからは、地球を征服しに来たサイヤ人に対して悟空と共闘するようになり、今では仲間として頼もしい存在となっている。悟空の息子・孫悟飯の師匠でもあり、普段はなかなか感情を表に出さないが、悟飯の前では優しい一面を見せている。

Read Article

孫悟空(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

孫悟空(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

孫悟空(そんごくう)とは、『ドラゴンボール』シリーズの漫画・アニメにて主役を務める人物。戦闘民族サイヤ人として生まれたことから強い相手との戦闘を好み、幼少の頃より数々の相手との戦いを経てきた。やがて地球の平和を脅かす強敵たちとも対峙し、地球の危機を何度も救うことになる。持って生まれた朗らかさと純粋さが悟空の人間性に不思議な魅力を添えており、戦った後に仲間となる人物も多い。悟空自身も非常に仲間想いであり、強いだけではなく優しさも併せ持った戦士である。なお、私生活では妻チチの他、2人の息子がいる。

Read Article

セル(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

セル(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

セルとは、『ドラゴンボール』に登場するキャラクターで、世界征服を企んだレッドリボン軍に所属していた天才科学者のドクター・ゲロが作り出した人造人間。同じくドクター・ゲロが作り出した人造人間17号・18号を吸収して究極の生命体となり、世界を恐怖に陥れることを計画していたが、孫悟空親子や他の戦士達の活躍により、その計画は阻止された。 冷静で話し方にも知性が感じられるが、自分が劣勢になると激昂し冷静さを失ってしまう。また、人間が恐怖に怯える顔を好むような冷酷さも持っている。

Read Article

トランクス(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

トランクス(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

トランクスとは、『ドラゴンボール』に登場する、戦闘民族サイヤ人のベジータと地球人のブルマとの間に生まれたハーフの男性。薄紫色の髪色で青色の瞳をしている。トランクスは本編時代と未来時代でそれぞれ登場し、育ってきた環境が異なるため性格も異なっている。トランクスの家はカプセルコーポレーションという大企業で、幼い頃から機械などに接していたため頭も良く、強さだけでなく知的な面も持っている。

Read Article

破壊神ビルス(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

破壊神ビルス(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

破壊神ビルスとは、鳥山明監修のアニメ作品『ドラゴンボールZ 神と神』及び『ドラゴンボール超』に登場する破壊神である。第7宇宙で宇宙の摂理に従い破壊を行うのが役目で、その戦闘力は「強い」という次元ではない。気に入らないことがあると周辺の星を破壊するなど子供っぽく我が儘な面から、立場としては対等な神の界王神にも恐れられている。「超(スーパー)サイヤ人ゴッド」が自分の強敵になるとの予知夢を見て主人公の孫悟空と戦った。邪悪な存在ではなく、それなりの良識や神としての威厳も持ち合わせている。

Read Article

ブロリー(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ブロリー(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ブロリーとは、『ドラゴンボール』のキャラクターで、映画『燃えつきろ!!熱戦・烈戦・超激戦』で初めて敵キャラとして登場する。 その後、映画『危険なふたり!超戦士はねむれない』『超戦士撃破!!勝つのはオレだ』の3部作にわたって敵として登場している。 3部作にわたり公開されていることから、敵キャラの中でも人気の高さがうかがえる。 20数年ぶりに、ブロリーが登場する『ドラゴンボール超 ブロリー』が公開されると、かなりの話題になった。 尚、原作には登場しておらず、映画オリジナルキャラクターである。

Read Article

魔人ブウ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

魔人ブウ(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

魔人ブウとは『ドラゴンボール』に登場するキャラクターで、本作品の主人公である孫悟空の敵キャラクターである。はるか昔、ビビディという魔道士に生み出されるものの手に負えず、封印されてしまった。時が経ち、ビビディの子供バビディが地球にて魔人ブウを復活させ世界を恐怖に陥れた。その後、魔人ブウは善と悪の2人に分かれ、悪の魔人ブウは孫悟空たちの活躍によって倒される。善の魔人ブウは孫悟空たちと協力し、悪の魔人ブウを倒したあと、地球で暮らしている。

Read Article

亀仙人(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

亀仙人(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

悟空にできた初めての師匠。 初登場時の年齢は319歳であり、亀の甲羅を背負った陽気でスケベなおじいちゃんだが、実際は武天老師と呼ばれる亀仙流武術の達人である。 少年時代の悟空とクリリンを修行し、時に厳しく、時に孫のように愛情をもって弟子を育てる広い心の持ち主である。 スケベな性格でありドラゴンボールにおいてスケベな担当として活躍している。 ドラゴンボール超では弟子たちと肩を並べて戦っているなど武術家としては生涯現役である。

Read Article

ベジット(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ベジット(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

ベジットとは、『ドラゴンボールZ』の魔人ブウ戦にて初登場したキャラクター。その正体は、孫悟空とベジータが界王神の持つイヤリング「ポタラ」によって合体した姿であり、孫悟空の本名カカロットとベジータで「ベジット」と自ら名乗った。ともに最強のライバル同士である2人が合体したため、何者をも寄せ付けない戦闘力を誇る。その実力は、悟飯を吸収してほぼ無敵となった魔人ブウをも圧倒するほど。結果的に変身は解けてしまうが、本当の実力は本人でさえも把握できておらず、まさに「最強」の名に恥じぬ戦士として光る存在である。

Read Article

バーダック(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

バーダック(ドラゴンボール)の徹底解説・考察まとめ

バーダックとは、『ドラゴンボール』に登場する主人公・孫悟空の実の父親で、戦闘民族サイヤ人の下級戦士。サイヤ人は宇宙の帝王フリーザに裏切られ滅ぼされようとしており、バーダックはこの事にいち早く気付き仲間を引き連れて対抗しようと試みたが、誰もバーダックを信じず、たった1人でフリーザに戦いを挑んだ。そして力が及ばずに返り討ちにあって死んでしまい、一族や故郷である"惑星ベジータ"の敵討ちを息子の孫悟空に託すこととなった。

Read Article

目次 - Contents