満月をさがして(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『満月をさがして』とは、2002年から2004年まで種村有菜により『りぼん』に掲載されていた、ファンタジー漫画およびアニメ作品である。
喉の病気で余命わずかの少女満月が、死神タクトの力を借りて変身して歌手になるというストーリー。少女と死神の交流を描きながら生と死といったテーマも根底にあり、小中学生から大人まで幅広い人気を集めた。

『満月をさがして』の概要

『満月をさがして』とは、2002年1月号から2004年6月号まで種村有菜により『りぼん』に掲載されていた、歌手を目指す病弱な少女が死神の力を借りて夢を叶えるファンタジー漫画およびアニメ作品である。タイトルの「満月」は「フルムーン」と読む。全30話、7巻。2002年4月から2003年3月までテレビ東京系列でアニメ化された。全52話、DVD全13巻。
12歳の少女、神山満月が主人公。最愛の人、桜井英知との約束で歌手を目指しているが、喉の病気が原因で思い通りに歌うことができない身体であった。そんな満月の前に、二人組の死神タクトとめろこが現れる。満月はタクトの能力を借りて16歳の姿に変身し、音楽事務所のオーディションを受ける。オーディションに合格した満月は、「フルムーン」という芸名でデビューを果たす。小中学生から大人の女性向けの、変身魔法少女アイドル作品に分類される。

『満月をさがして』のあらすじ・ストーリー

フルムーンとして歌手デビューする

1話のタクトとめろこの初登場シーン。オーディションに行くのを祖母に止められて悩んでいる満月の元に、突然壁を抜けてタクト(画像左上)とめろこ(画像左下)が現れた。

12歳の少女神山満月(こうやまみつき)は、喉の病気で主治医の若王子圭一(わかおうじけいいち)に手術を勧められていた。だが、手術を受けると声が出せなくなるため、歌うことが大好きな満月は「声が出なくなるくらいなら死んだ方がマシ」という考えでいる。そんな時に、突然死神のタクト・キラとめろこ・ユイが目の前に現れた。彼らは、満月の寿命があと1年だということと、満月の死を阻止しようとする者がいることを伝える。それを聞いた満月は、あと一年の命ならどうしても歌手のオーディションを受けたいと言い、タクトの神術を借りて16歳の健康な女性の姿に変身した。無事にオーディションに受かった満月は「フルムーン」の芸名でデビューすることとなった。

アニメで、フルムーンがデビュー曲を披露するシーン。

ライバル歌手の若松円(わかまつまどか)に「どうせ顔がいいからでしょう」などと嫌味を言われながらも、フルムーンは芸能界を突き進んでいく。満月が歌手を目指していたのは、昔同じ養護施設にいた思い人の桜井英知との約束だからである。英知がアメリカへ行ってしまう前に、次に会う時までにお互いに夢に近づいていようと約束していた。それを知ったタクトは「男のためだなんて不純だ!」と怒りを露わにしたが、めろこは彼女の恋を応援した。
家を抜け出して歌手活動をする満月に不信感を抱いた祖母の神山文月(こうやまふづき)は、満月を離れの部屋に閉じ込めてしまう。タクトに助け出された満月は、家を出る決心をする。フルムーンの姿になった満月は、満月を探しにきた文月に偶然会い、悩んだ末に自分のCDを「捨てちゃってもいいですから。お願いです。聴いてください」と手渡した。受け取った文月はフルムーンが去ってから「音楽なんてきらいよ。いつも私の大切なもの、奪って行くのですもの」と悲し気な表情を見せた。

ライバル若松円との対決

家出している最中に、満月は偶然円と出会う。満月がフルムーンだと知らない円は、満月を家に招いて優しく接した。満月は戸惑いながらも「私は歌がすきで一生懸命やって、まどかさんも歌がすきで一生懸命やって。どんどん良くなるのっ、なんかそういうのいいよね…っ、うれしい…!」と好感を抱くようになった。
シャンプーのCMにフルムーンと若松円が起用される。同じ曲で歌って対決するというものであり、満月はわくわくしていた。しかし、死神のいずみ・リオとジョナサンの策略によりフルムーンの歌詞が盗用されてしまう。同じ歌詞で歌う円の姿にショックを受けながらも、フルムーンは即興で歌を披露した。人魚姫のイメージで歌ったその曲は、円の歌よりも周りの者に好評だった。しかし、インターネットでの人気投票ではいずみに不正アクセスされ、フルムーンは円に倍の票差で負けてしまう。
勝者であるはずの円は、すっきりしない面持ちでフルムーンの元を訪ねる。負けたことを気にしていない様子のフルムーンは「最初はただあの歌詞をもう歌えないってことが悲しかったですけど、よく考えたら気持ちは残ってるから。言葉を変えてもちゃんと伝わるって思ったんです」と円に伝えた。その言葉で円は自分を恥じ、CMを降板してアイドルも辞めると言う。マネージャの今村鈴たちの説得により、どうにか円が辞めることは避けられた。

いずみとの対面

めろこが急に泣き出してしまうことがあり、満月は心配する。そんな時にめろこに「満月はタクトのことどう思ってるの?」と尋ねられた。満月は「大切な人ですよ」と言うが、めろこがタクトと満月の仲を怪しんでいることに気付いて慌てて否定した。「私が英知君以外の人を好きになるなんて、ないですから」と一途に英知を思う満月の様子に、めろこは罪悪感を耐えきれなくなった。CM対決で満月が負けてしまったのは、元はと言えばめろこのせいなのだと白状する。死神いずみの存在を教え、めろこは満月に謝りながらも「助けてほしい」と頼む。めろこはずっと前からいずみのことが好きで、どうしても逆らえないのだと言う。
満月はいずみを探しに行き、対面する。いずみは飄々とした態度で「本当は君の夢の邪魔とか、どうでもよかったんだ。だって僕の目的は君の魂を奪うことだから」と言う。いずみが人間界にやってきたのは、満月と慣れ合って仕事を全うしようとしないタクトとめろこの代わりに、満月の魂を奪うためだったのだ。死ぬ覚悟ができていたはずの満月も、いざ魂を奪われそうになると必死で抵抗する。間一髪のところでタクトとめろこがやってきて、いずみの策は止められた。いずみは満月の魂を奪うことをあきらめるが、満月の心にはわだかまりが残る。「覚悟ができているなら、命日でも今でも同じことでしょ?」といういずみの言葉を思い出し、「もう少し、生きる意味をさがしてみたい。たった一瞬でいいから、思い切り輝いてみたい」と願う。

タクトの過去と、英知の真相

主治医の若王子が、フルムーンのプロデューサーになる。彼はかつて、人気バンド「ROUTE:L」のキーボード担当であった。行方不明になった満月を探すため、医者を休業して芸能界に戻ってきたのだ。
若王子はフルムーンの正体が満月だと思い、問い詰める。「芸能界なら君に会えると思ったんだ。君が行くなら歌が歌えるところか、英知君の居場所しかないと思ったから」という若王子に、フルムーンは「違います」と否定した。そのことを聞いたいずみは、英知が満月の死を阻止する人間なのではないかとタクトとめろこに助言する。もし英知が満月の死を阻止する人間ならば、二人を会わせないようにしようとタクトとめろこは決めた。
若王子が英知の居場所を知っているのではないかと、タクトは人間の姿になって探りを入れにいく。人間の姿で若王子と対面すると、若王子は驚愕の表情で「托人…」と口にした。タクトは思わずその場を逃げ出すが、脳裏に記憶が蘇ってくる。死神は全員、生前に自殺した元人間であり、タクトは人間だった頃「ROUTE:L」のボーカル吉良托人だった。托人は満月と同じような喉の病気で、声帯を摘出したために声を失ってしまった。歌を歌えなくなり、絶望した托人は投身自殺を図った。
タクトの様子が只事ではないと思った満月は、マネージャーの大重正実にタクトについて尋ねた。そして、托人の過去について知る。満月は「こんなに近くにタクトの世界があったなんて…」と呆然とする。タクトはまだ死神見習いで、耳も羽もレプリカである。その状態で生きていた頃の記憶を取り戻すと、幽霊になってしまう。タクトは自殺した罪悪感にかられて、このまま幽霊になって消えてしまおうとする。だが満月は「完全な死神になれたら、記憶を取り戻しても幽霊にならずにすむのでしょう?枷なら私がとっぱらってあげるから、歌っていいよ」と言う。満月は、タクトを探すために走り回り過ぎたせいで、そのまま気絶してしまった。タクトが完全な死神になる手段は、満月の命を奪うことである。躊躇っているタクトを、めろこは「満月の命、とっちゃだめだよ…」と止めた。「今ここで満月の命を奪えば、タクトは消えずにすむわ。でも絶対後悔する。自分の命を自分で奪ったことを今でも悔いているように」と言うめろこの言葉に、タクトも満月の命を奪わない選択をした。
タクトは、生前に幼い満月と出会っていたことを思い出す。満月の父親の古賀葵が事故で亡くなった後、養護施設に預けられた満月の様子を、若王子と一緒に見に行っていたのだ。
タクトとめろこは、英知を探して満月と会わせてやり、満月の死を阻止してもらおうと計画する。だがその中で、英知は既に飛行機事故で死んでいることを知る。そして、満月も初めからそのことを知っていて隠していたのだ。

満月の心の闇と、フルムーンの成長

順調に芸能界の道を歩んでいると思われたフルムーンだが、ある日円に「あんたの歌には致命的な欠陥がある!それに気づかなければここで終わりよ」と言われてしまう。気になった満月は若王子に、フルムーンの歌に何か問題はないかと尋ねた。若王子は悩みながらも「詩に感情がこもっていない」と言う。若王子の「君の歌は、本当に君が心から叫びたいことなの?」という言葉に、満月の脳裏に英知が浮かぶ。英知の死を知りながら、悲しい現実から目を逸らし続けていた満月。覗かれたくないと思う心をこじ開けることなんて、自分には無理かもしれないと満月は思う。
どこかよそよそしい死神たちの様子が気になっていた満月は、ジョナサンに「英知君は死んでたってタっくん(タクト)たち言ってたよ」と言われて、英知の死を死神たちに知られてしまったことに気付く。満月は心を閉ざし、置手紙を置いて家を飛び出した。タクトはそんな満月を探し出し、「俺がおまえの死を阻止する者になる!」と告げた。さらに「好きだ」と告白するが、満月は英知を思い、タクトを拒絶した。
新曲のレコーディングが始まるが、フルムーンは思い通りに歌えなくなってしまう。けれど葛藤の中で「私の命は歌うためにある」と気付く。傷を曝け出して魂の叫びの歌にし、フルムーンは歌手として大きく成長した。

めろこの過去

タクトに思いを寄せていためろこは、満月のことを応援しながらも内心落ち込んでいた。命日が近くなってめろこの神力が弱まり、うさぎのぬいぐるみの姿になっていたところを満月の祖母である文月に見つかる。予想外に文月が優しかったため、めろこは神力が溜まって元の死神の姿に戻るまで文月に世話になろうと決めた。
ある日文月はめろこと墓参りに行き、「お友達の命日なの」と悲しそうな顔を見せる。そこでめろこは、自分が人間だったころの記憶を思い出してしまう。めろこは生前、里匡萌(りきょうもえ)という名前で文月と親友だったのだ。萌は古雅清十郎(こがせいじゅうろう)のことが好きであったが、清十郎は文月を好きになったため、文月を強引に許婚にしてしまった。清十郎の行為で、萌は文月の元許婚と婚約させられることになってしまい、その男性に押し倒されて襲われかけるなど悲惨な目にあう。さらに文月と清十郎がキスしているのを見てしまったことで、萌は文月に裏切られたのだと絶望して自殺してしまった。
めろこは満月から、清十郎が祖父であると聞く。自暴自棄になっためろこは、満月の魂を狩ろうと攻撃する。だが、タクトに止められて咎められる。タクトが満月を守る姿に、めろこは満月の魂を奪うことをあきらめ「なんで私ばっかり…」と傷心した。暗い感情を抑えきれないままめろこは、いずみに救いを求めた。「もう疲れた…ここにいたくない。連れて帰って…」と泣いて縋るめろこを、いずみは優しく抱き留めた。
様子のおかしかっためろこを、満月は心配する。どうしてめろこが祖父のことを聞いたのか疑問に思い、そして以前に文月や家政婦の田中から萌の話を聞いたことを思い出す。満月たちの元を去って行こうとするめろこに、満月は真実を話した。めろこは文月と清十郎が結ばれていたと誤解していたが、実はそうではなかったのだ。文月と清十郎はそれぞれ別の相手と結婚し、偶然その子供同士が結婚したのだ。つまり清十郎は、満月の父方の祖父である。満月はめろこに「おばあちゃんにだってまた逢えたのに。ごめんねだってありがとだってまた言えるのに。何もしないで逃げるなんてずるいよ」と言う。めろこは満月に背中を押される形で、萌の姿になって文月の元へ行った。前世で深くかかわった人間と会話をするのはタブーとされているので、会話はできない。だが最後は、笑顔で文月と別れられた。
満月の元に戻ってきためろこは「もう絶対あんなことしないから。絶対絶対満月のこと守るから!」と改めて決意した。

フルムーンのストーカー騒動

フルムーンの友人として、那智(なち)が登場する。那智は人気バンド「OZ」のボーカルである。ある日、フルムーンへのファンレターに紛れて爆発物が届けられる。中身をチェックしていた大重は、怪我を負ってしまった。那智は、爆発物の件で犯人かもしれない人物を見ていた。その数日後、那智が何者かに刃物で切り付けられた。現場には犯人が残したメモがあり「フルムーンが歌手をやめなければ、次は本人を狙う」と書いてあった。そのせいでフルムーンは、那智のファンから恨まれてしまう。
フルムーンの握手会で、液体の入った瓶が投げ込まれる。瓶はフルムーンには当たらず、近くにいた若王子に当たった。幸い中身はただ水のようだが、フルムーンは感情が高ぶって「どうしてこんなことをするの!?」と声を荒げる。もう周りの誰も傷つけたくない満月は、歌手を辞める決心をする。
満月は、満月の両親が死んだのも、英知が死んだのも全部自分のせいだと思いつめる。一人だけ生きて幸せになるのが怖いという満月に、タクトは「俺はおまえが笑ってるの見ると和むけど、英知は違うの?」と問いかける。満月の心は徐々に落ち着いていき、英知ならきっと、満月が「生きたい」と言えば笑って「いいよ」と言ってくれる優しい人だということを思い出す。満月は再びフルムーンとして表舞台に出て、歌手を続けることにした。
那智が変装してフルムーンのストーカー捜しをし、お陰で犯人は捕まえられた。しかし、犯人をパトカーで輸送中に、突然爆発音とともに犯人が消えてしまう。パトカーから出てきたのは、ジョナサンだった。いずみはそれを見咎めて「満月に何かしたら僕が許さないよ?」と睨みつけるが、ジョナサンは「主は僕だよ、いずみくん」といずみを拘束した。ジョナサンの正体は死神部長のシェルダンで、いずみ、タクト、めろこの上司だった。

大重と若王子の恋愛模様

フルムーンのストーカーからの爆発物で怪我を負った大重と、その場にいて責任を感じていた若王子は、お詫びとして一緒に居酒屋へ行く。酔ってしまった大重を若王子は大重宅まで連れていくと、部屋の中は若王子のポスターで溢れていた。大重は「ROUTE:L」だった頃の若王子の大ファンだったのだ。酔った大重は目の前にいる若王子と、ポスターの中の若王子の区別がつかず「大好きです」と微笑んだ。大重のアパートから出てくる若王子を、偶然貴条充(きじょうみつる)が見ていた。貴条は事務所の社長で、妻がいるにもかかわらず大重と不倫関係にあった。数日後、貴条はいやがらせのため、若王子が見ている前で大重との仲を見せつける。その影響で若王子は、大重に冷たく接するようになった。
若王子は、車内に落ちていた大重のパスケースを拾う。パスケースにはアイドルだった頃の大重と「ROUTE:L」のメンバーが一緒に映った写真と、ペンのキャップが付いていた。パスケースを探していた大重は、円のマネージャーの今村に「何か大事なものでも入っていたの?」と聞かれ、「ガラスの靴」と答える。それから「見つけてくれたのが王子様なら、魔法なんかなくても私は特別になれるのにな」と寂し気に微笑む。偶然その会話を聞いていた若王子は「ガラスの靴?」と首を傾げた。
大重が貴条に会いに行くのを見て、心が落ち着かない若王子は咄嗟に大重を引き留めてしまう。けれど「なんでもないです」と言い、パスケースを返しそびれた。若王子はパスケースを眺めながら、記憶を手繰る。
社長室で貴条と大重が密会していたところに、突然若王子が乗り込んでくる。焦って取り乱す大重を若王子は部屋の外へ連れ出そうとする。貴条は「奥さんと別れるよ。大重君、君を選ぶ。だから、戻ってきなさい」と言うが、若王子は「それはどうも、ありがとうございました」と言い放って大重を連れ去った。
戸惑う大重に、若王子は自分の思い出の宝物だと言ってポケットから星占いの診断書を取り出す。それは、若王子が「ROUTE:L」のメンバーだった頃に、医者になるという夢も捨てきれず進路に悩んでいた時に、いつの間にか鞄に入っていたものだった。若王子の誕生日の診断で「職業や夢などを2つ持つと、良いバランスが生まれ大きな成功を得るでしょう」と書かれていた。そして裏面にはペンで「全部つかめ」と誰かの手書きで書かれていた。若王子はそのメッセージに後押しされ、医者になるという夢も叶えたのだ。
そのメッセージを書いたと思われるペンも一緒に、若王子は大切に持っていた。そして、大重のパスケースを取り出すとそこに付いていたペンのキャップと合わせた。ペンとキャップはぴったりとはまる。若王子は微笑んで「君だったんだね、結菜ちゃん」と、大重がアイドルだった頃の芸名で呼んだ。
シンデレラのガラスの靴に王子様が気付いてくれたことに、大重は涙ぐむ。泣きだした大重を若王子は優しく抱きしめた。

光理の登場と、満月の心の変化

光理が、フルムーンにツーショット写真を見せながら元カレが托人であると教えるシーン。傍で聞いていたタクトは、それまで前世での恋人の記憶を忘れていたため衝撃を受けている。

yesk1214kokeq0
yesk1214kokeq0
@yesk1214kokeq0

Related Articles関連記事

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/stay night(フェイト ステイナイト)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/stay night』とは、TYPE-MOONが開発するビジュアルノベルゲームのアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)の物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつであるセイバーがヒロインにしたルートを脚本にしている。2006年1月から6月まで全24話で放送された。

Read Article

紳士同盟†(クロス)のネタバレ解説・考察まとめ

紳士同盟†(クロス)のネタバレ解説・考察まとめ

『紳士同盟†(しんしどうめいクロス)』とは、種村有菜による学園ラブコメディ漫画。2004年9月から2008年7月まで、集英社の少女漫画雑誌『りぼん』にて連載されていた。お金持ちのみが通える名門学園を舞台に、ヒロインである元ヤン少女と生徒会長である青年との複雑な恋模様を描く。単行本だけでなく、イラスト集や文庫版のコミックスも発売されている。単行本は全11巻、文庫版は全7巻となり巻末にはそれぞれ書き下ろし漫画やキャラクター設定資料などのお楽しみ要素がある。2004年にはドラマCD化もされている。

Read Article

アダルトすぎて問題に!?種村有菜さんによる二次創作&同人誌について

アダルトすぎて問題に!?種村有菜さんによる二次創作&同人誌について

「神風怪盗ジャンヌ」、「満月をさがして」などの人気作を精力的に発表し、90年代以降の少女マンガを語る上で外せない存在である女性漫画家の種村有菜さん。作品はアニメ化もされ、多くのファンに支えられる彼女は、Twitterに他作品の二次創作イラストをアップしたり、さらにコミケに参加したりという活動をしていることでも知られています。しかしその作品がエッチな内容だったために問題に……!?

Read Article

アイドリッシュセブン(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

アイドリッシュセブン(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

アイドリッシュセブンとはバンダイナムコオンライン提供のスマートフォン向けアプリ、及びそれを原作にしたアニメ作品。 主人公は父の経営するアイドル事務所で、アイドルの卵たちのマネージャーを任される。7人のアイドルの卵たちは、個性豊かで性格もバラバラだった。 主人公と「IDOLiSH7」と名付けられた彼らが、華やかだが厳しくもある芸能界を通して、頂点を目指し成長していく物語である。

Read Article

アイドリッシュセブン(第15話『閉じられる扉』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第15話『閉じられる扉』)のあらすじと感想・考察まとめ

IDOLiSH7のメンバーは雑誌やネットのゴシップ記事に惑わされ、だんだんと疑心暗鬼になっていく。そんな中、環の妹を探す為の番組収録が行われた。妹が見つかったと喜ぶ環。しかし環の前に現れたのは妹ではなく、自分たちを捨てた父親であった。 今回は「アイドリッシュセブン」第15話『閉じられる扉』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第4話『プロの覚悟』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第4話『プロの覚悟』)のあらすじと感想・考察まとめ

デビュー前に活動停止を言い渡されてしまったIDOLiSH7は、アイドルとしての自覚を促すため、TRIGGERのライブを観て刺激を受けることを決める。ライブ当日、会場へ向かうナギと環と大和はTRIGGERの九条天に遭遇する。その頃、陸は双子の兄に関する秘密を打ち明けようとしていた。 今回は「アイドリッシュセブン」第4話『プロの覚悟』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第8話『プリーズ、ミュージック』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第8話『プリーズ、ミュージック』)のあらすじと感想・考察まとめ

ミュージックフェスタ出演当日、IDOLiSH7は初めて自分たちに楽屋が用意されていることにはしゃいでいた。だが、生放送であるミュージックフェスタで失敗は許されない。そんな中、発作を起こしかけた陸に気を取られてしまい、一織が歌い出しを失敗してしまう。 今回は「アイドリッシュセブン」第8話『プリーズ、ミュージック』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第12話『5人と2人』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第12話『5人と2人』)のあらすじと感想・考察まとめ

正式にデビューすることが決まったIDOLiSH7。記者会見も行われ、7人の顔は晴れ晴れとしていた。IDOLiSH7の冠番組も始まることになり、アルバムツアーも上手くいっている。順調に見えたスタートだったが、IDOLiSH7とMEZZO"の仕事をこなす壮五はだんだんと顔色が悪くなっていくのだった。 今回は「アイドリッシュセブン」第12話『5人と2人』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第5話『秘密』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第5話『秘密』)のあらすじと感想・考察まとめ

TRIGGERのライブも終わり、IDOLiSH7はダンスも歌も解禁され、新曲発表のライブに向けて奮闘していた。そんな中、陸の様子がおかしいことに気付いた一織は彼を問い詰める。陸には何か秘密があるようだった。 今回は「アイドリッシュセブン」第5話『秘密』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第9話『大切な時間』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第9話『大切な時間』)のあらすじと感想・考察まとめ

壮五と環のユニット『MEZZO"』のデビューが決まった。そんな中、社長と万理はバーベキューに行こうと7人と紡を川辺に連れていく。それぞれに別れて、夕飯の準備をする7人と紡。社長には、バーベキューをするだけでなく、なにか思惑があるようだった。 今回は「アイドリッシュセブン」第9話『大切な時間』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第16話『ゼロ地点の決意』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第16話『ゼロ地点の決意』)のあらすじと感想・考察まとめ

社長にIDOLiSH7解散と告げられてしまった。7人はどうして新人賞にノミネートされたことを喜べないのか悩んでいた。偶然にも全員がゼロアリーナの近くにおり、陸は、天を見つける。陸は、久しぶりに天と話すのだった。 今回は「アイドリッシュセブン」第16話『ゼロ地点の決意』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第13話『失われたもの』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第13話『失われたもの』)のあらすじと感想・考察まとめ

多忙の末に倒れてしまった壮五は、ストレス性の急性胃炎と診断された。壮五が倒れてしまったのは自分のせいだと環は言う。だが壮五は、環のせいではなく自分の父に関係があるのだ、と倒れてしまった理由を話し始めた。 今回は「アイドリッシュセブン」第13話『失われたもの』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第14話『あの歌をもう一度』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第14話『あの歌をもう一度』)のあらすじと感想・考察まとめ

サウンドシップ出演当日、陸はとても緊張していた。仲間たちに励まされ、陸はサウンドシップへの覚悟を決める。そんな中、急遽TRIGGERの出演が中止となり、IDOLiSH7はTRIGGERの代わりにトリを務めることになってしまったのだった。 今回は「アイドリッシュセブン」第14話『あの歌をもう一度』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第17話『making the dream』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第17話『making the dream』)のあらすじと感想・考察まとめ

新人賞を受賞したIDOLiSH7は年末に行われるブラホワに向けて意気込んでいた。紡も新人賞を受賞したことを夢みたいだと喜ぶ。そこへ、一通の電話がかかってくる。電話の相手は、ダグラス・ルートバンクというアメリカの人気ポップロック歌手だった。 今回は「アイドリッシュセブン」第17話『making the dream』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第2話『はじまりのステージ』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第2話『はじまりのステージ』)のあらすじと感想・考察まとめ

オーディションを経て結成された「IDOLiSH7」。紡の企画によって、初ライブの会場は約3000人が入る野外大音楽堂に決まる。初ライブに向けて紡とメンバー全員で宣伝活動に取り組むが、当日集まった観客はたったの9人だった。 今回は「アイドリッシュセブン」第2話『はじまりのステージ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第7話『ひとすじの光』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第7話『ひとすじの光』)のあらすじと感想・考察まとめ

先日ライブを行ったIDOLiSH7だったが、その中で活躍した壮五と環の人気が急上昇していた。そんな二人をグループから引き抜こうと、八乙女社長が二人に声をかける。八乙女社長は環がテレビに映りたい理由を知っており、それを知った壮五は驚くのであった。 今回は「アイドリッシュセブン」第7話『ひとすじの光』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第6話『雨の中の凱旋』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第6話『雨の中の凱旋』)のあらすじと感想・考察まとめ

野外大音楽堂でのライブに再チャレンジすることになったIDOLiSH7。チケットは完売し、当日のライブも順調に進んでいた。しかし徐々に天気が悪くなり、機材が故障してしまう。照明もなく真っ暗な中、彼らはプロとしてどうするべきかを考える。 今回は「アイドリッシュセブン」第6話『雨の中の凱旋』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第3話『それぞれの気持ち』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第3話『それぞれの気持ち』)のあらすじと感想・考察まとめ

初ライブを終え、気持ちを新たに前へ進もうとする紡とIDOLiSH7。紡にマネージメント協力を申し出た一織は、グループとしての路線にも関わるセンターを決めるよう提案する。方向性が定まったIDOLiSH7だが、路上ライブ活動をこなしていく中で活動停止を言い渡されてしまう。 今回は「アイドリッシュセブン」第3話『それぞれの気持ち』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第10話『広がる世界』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第10話『広がる世界』)のあらすじと感想・考察まとめ

IDOLiSH7はWeb番組を始めた。個性的な7人は、生放送中もそれぞれマイペースだった。そんな中、大和にドラマの出演オファーが来る。知名度を上げるチャンスだというのに、何故か大和はオファーを断ってしまうのだった。 今回は「アイドリッシュセブン」第10話『広がる世界』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

アイドリッシュセブン(第1話『shaking your heart』)のあらすじと感想・考察まとめ

アイドリッシュセブン(第1話『shaking your heart』)のあらすじと感想・考察まとめ

父親が経営する「小鳥遊事務所」に入社した小鳥遊紡は、デビュー前のアイドルグループのマネージャーを担当することになる。紹介された和泉一織、二階堂大和、和泉三月、四葉環、逢坂壮五、六弥ナギ、七瀬陸の7人のうちデビューできる3人を選ぶオーディションが行われる。 今回は「アイドリッシュセブン」第1話『shaking your heart』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents