EVERGLOW(エバーグロー)の徹底解説まとめ

EVERGLOW(エバーグロー)とは、2019年にデビューした韓国の6人組女性アイドルグループである。グループ名には、「太陽の光が照らす日と照らさない夜があるように、光と影の両方を自分たちだけの時間に作りだす」という想いが込められている。また、アメリカの音楽チャート「ビルボードチャート」のワールドデジタルソングセールスチャートで「Bon Bon Chocolat」は5位、「Adios」は2位獲得するなど、欧米諸国で人気を集めているグループである。

EVERGLOW(エバーグロー)の概要

EVERGLOW(エバーグロー)とは、2019年にシングル『Arrival of EVERGLOW』でデビューした韓国の6人組女性アイドルグループである。「いつも・常に」を意味する「EVER」と、「輝く」を意味する「GLOW」を掛け合わせて作られたグループ名には、「太陽の光が照らす日と照らさない夜があるように、光と影の両方を自分たちだけの時間に作りだす」という想いが込められている。ファンクラブの名前は、「Forever」だ。また、アメリカの音楽チャート「ビルボードチャート」のワールドデジタルソングセールスチャートで「Bon Bon Chocolat」は、5位、「Adios」は2位獲得するなど、欧米諸国で人気を集めているグループである。
2020年に初のミニアルバム『REMINISCENCE』をリリースすると、タイトル曲「DUN DUN」は、アメリカの音楽チャート「ビルボード・ワールドデジタルソングセールスチャート」では3位を記録。それに加えて、YouTube再生回数は、公開してからたった16時間後で1千万回再生を突破するなど、絶大な人気ぶりを証明した。
そんな人気ぶりを受けて、2020年3月6日~15日には初のアメリカツアー「EVERGLOW:EVERLASTING TOUR IN USA」を開催した。アトランタでは音響トラブルに見舞われるというハプニングもありながらも、ヒットソングを披露したり、先輩アイドルのTWICE(トゥワイス)の曲のカバーを披露したりと、ファン大満足の公演となった。
2021年には新型コロナウイルスの影響で直接ファンに合うことは難しくなってしまったが、7月25日にはオンラインコンサート「2021 EVERGLOW ONLINE CONCERT [THE FIRST]」を開催し、ファンとの交流の場を持った。

EVERGLOW(エバーグロー)の活動経歴

デビュー

シングル『Arrival of EVERGLOW』のイメージ画像

2019年3月18日にシングル『Arrival of EVERGLOW』でデビューを果たした。

初のショーケース

ショーケースでの写真

デビューシングル発売日に、ソウル広津区YES24ライブホールにて、初のショーケースを開催した。
ショーケースでは赤の衣装に身を包んだメンバーたちがカリスマ性あふれるステージを披露した。

tvN水木ドラマ『悪魔が君の名前を呼ぶ時』にサプライズ出演

ドラマ『悪魔が君の名前を呼ぶ時』に出演したときの写真

8月8日、ドラマ『悪魔が君の名前を呼ぶ時』にサプライズ出演した。
EVERGLOWはソウルエンターテインメントの所属歌手でライジングスターとして出演した。

2枚目のシングル『HUSH』をリリース

発売記念ショーケースでの写真

8月19日、2枚目のシングル『HUSH』をリリースした。また、リリースを記念して同日に、ソウル広津区YES24ライブホールにて発売記念ショーケースをおこなった。

アメリカツアーを開催

アメリカツアーでのステージ写真

2020年3月6日から15日まで、初のアメリカツアー「EVERGLOW:EVERLASTING TOUR IN USA」を開催した。
6日ダラス、8日アトランタ、11日シカゴ、13日ジャージーシティ、15日ロサンゼルスで行われた。観客との距離が近いダラスでの公演や、当時最新曲であった「REMINISCENCE」の披露など、ファンが大満足するような公演であった。

初のオンラインコンサートを開催

オンラインコンサートイメージ画像

2021年7月25日、新型コロナウイルスの影響を受けて初となるオンラインコンサート「2021 EVERGLOW ONLINE CONCERT [THE FIRST]」を開催した。
デビュー曲「Bon Bon Chocolat」や多くのヒット曲、アルバムに収録されている曲の貴重なパフォーマンスまで、多彩なステージを披露した。
さらに、EVERGLOWのメンバーが演技に初挑戦したスペシャル映像も初披露された。

EVERGLOW(エバーグロー)のメンバー

E:U(イユ)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents