極主夫道(漫画・ドラマ・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『極主夫道』(ごくしゅふどう)とは、おおのこうすけによる日本の漫画。実写ドラマ化とアニメ化もされている。「不死身の龍」と呼ばれた元・最凶ヤクザの、主夫業の日常を描いたハートウォーミングコメディ。強面のヤクザが全力で主夫業に邁進するギャップ、および高い画力とシュールな展開が特徴。大筋は主人公の龍がその強面から繰り出す熟練の家事スキルギャップが軸になるが、登場人物たち半数近くがその筋の関係者で彼らも彼らでどこかしらズレており、そのズレの連鎖から笑いの渦を生んでくるパターンも多い。

『極主夫道』の概要

最強と呼ばれた「不死身の龍」の、主夫生活の姿。

『極主夫道』(ごくしゅふどう)とは、おおのこうすけによる日本の漫画。実写ドラマ化とアニメ化もされている。
2018年2月23日からウェブコミックサイト『くらげバンチ』(新潮社)に短期連載される。当初は短期集中連載の予定であったが、TwitterなどSNSを中心に拡散され好評を博したため本連載が決定。同年5月18日から本連載を開始した。
コミックス7巻の累計発行部数は360万部を超える。

「不死身の龍」と呼ばれた元・最凶ヤクザの、主夫業の日常を描いたハートウォーミングコメディ。
強面のヤクザが全力で主夫業に邁進するギャップ、および高い画力とシュールな展開が特徴。大筋は主人公の龍がその強面から繰り出す熟練の家事スキルギャップが軸になるが、登場人物たち半数近くがその筋の関係者で彼らも彼らでどこかしらズレており、そのズレの連鎖から笑いの渦を生んでくるパターンも多い。

アニメ版について

最強の主夫のお手製お弁当。

2021年4月8日より、Netflixで配信開始。
本作は原作愛に溢れる制作陣の想いから、マンガを読んでいるような感覚を視聴者が味わえるよう、あえて「動かない」演出がなされているのが特徴。
一見すると楽な手法のように思いがちだが、本作の監督である今千秋は、「普通に作画で動かした方が楽だわ~って思いました!」と苦労したことを明かしている。
画面が動かないため、効果音を画面に書き込んで動きを表現している。

ドラマ版について

実写ドラマ版の再現度の高さが話題になった。

2020年10月11日から12月13日まで読売テレビ制作・日本テレビ系「日曜ドラマ」枠で、毎週日曜22時30分〜23時25分に放送された。主演は玉木宏。
第5話放送終了後からHuluにて、オリジナルストーリー「3年辰組 極主夫先生」(全6話)が配信される。
娘の登場や龍が所属していた暴力団の再構築などいくつかのドラマオリジナルの設定が用意されている。
キャスト陣が全力でラジオ体操するシュールすぎるOPが話題を呼び、初回11.8%と同枠としては高視聴率を記録している。
なお、ナレーションは番宣用に千葉繁を起用。本編ではナレーションを回ごとに変更している。

『極主夫道』のあらすじ・ストーリー

主夫を極める道を歩く龍の日常

妻の忘れた弁当を必死にお届けする龍。

専業主夫である龍(タツ)は、愛刀を腰に差し身支度を整える。
強面の龍が支度を整えるとその姿は「極道」と間違えられる出立ちだ。
だが龍はエプロンを身につけると、いつものように妻のお弁当を作った。

強面の龍が作るお弁当はとてもかわいらしい内容だった。使っている刀とのギャップが激しい。

お弁当を作り終わると、カシャカシャと自前のスマートフォンで本日のお弁当の写真を最高の角度で撮る。
そこへドタバタとやってきたのは、龍の妻である美久(ミク)。彼女は「遅刻だ!!」と叫びながら、飲み物だけを勢いよく飲む。普段の彼女の出勤時間より早い時間に、龍は「まだ時間やないで?」と聞く。すると美久は大事な会議があったのを忘れていた、と叫びながら家を出て行った。そんな美久に朝ごはんを勧める龍だったが、「行ってきます」と言って美久は仕事に行ってしまう。
一人になった龍は飼っている猫の銀(ギン)を抱き上げながら、今日しなければいけない家事の確認をしていると、美久がお弁当を忘れたことに気付く。龍は慌ててお弁当箱を閉じてジップロックに入れ、頑丈なアタッシュケースにお弁当箱を入れる。しっかりと留め金を閉じて、龍は愛用の帽子を被って家を出た。そしてママチャリにまたがると、全力で美久を追う。
しかし、龍は警察官に職務質問で止められてしまった。警察官はキョトンとした顔をしている龍に対して「職業は?」と聞いた。龍は真顔で「専業主夫です」と答える。警察官は龍のその答えに反応できずに固まった。龍の見た目は「極道」と呼ばれる人間の出立ちそのものだったからだ。よくよく龍の姿を見た警察官は、龍の正体に気付き、思わず「お前…不死身の龍か!?」と叫んだ。
一晩に単身丸腰で抗争相手の事務所を十ヵ所潰したと言われている伝説のヤクザ、それが「不死身の龍」である。
「その後忽然と姿を消したって聞いてたが…」と続ける警察官を前に、美久にお弁当を渡すため焦っていた龍は自らの懐にスッと手を入れた。その動きに警察官は慌てて身構えるが、龍が懐から出したのはクーポン券だった。思いもしないものを出された警察官は驚きで固まるが、龍は「ここはひとつこれで…」と言ってそのクーポン券を警察官に渡す。
龍は何事もなかったように「ほな」と言って立ち去ろうとする。警察官は「待って待って待って」と龍を止めたのだった。

美久の誕生日パーティー

妻の誕生日を祝う龍。飾り付けも料理もプレゼントも一生懸命準備した。

その日、龍はアニメショップに来ていた。店内の商品である「俺の妹はどうかしてるぜ!!」のフィギュアを見ながら、さすがの龍も困惑している。そんな龍を見た店員も「ヤクザ?」と思って困惑したが、その龍がレジにやってきてドキッとした。
龍はアタッシュケースをレジカウンターに置き、真顔で店員に「声は出すな。目線も外せ」と言う。その言葉に店員は顔を強張らせる。そして龍は店員に「クライムキャッチポリキュア☆の、ブルーレイBOXはあるか?」と告げた。一瞬何を言われたのか分からなかった店員だったが、龍の言葉を理解すると水を得た魚のように流暢にクライムキャッチポリキュアについて語り出す。
黙って聞いていた龍だったが止まらない店員の語りを止めるため、店員の喉に手刀を当てた。「カハ」と息を吐く店員に龍は気を取り直して、茶封筒を懐から出し「ブツを用意してくれ!」と言う。続けて龍は「袋はこちらで用意する」ことと「ポイントカード作れるか?」と店員に聞いたのだった。

美久は今日も疲れてアパートに帰って来た。
すると龍が玄関の前で仁王立ちで待っている。その姿にびっくりする美久だったが、そんな美久を構いもせずに龍は無言で美久の荷物チェックをし、金属チェックもアパートの廊下でしっかりとこなす。龍は美久に一通りのチェックをし終えると、ようやく玄関のドアを開けて「どうぞ」と家に招き入れた。「何なんだ」と言いながら、美久は自宅に入る。
美久の目には、一変していた部屋の様子が映った。壁には「八幡大菩薩」「天照皇大神」「春日大明神」「寿」という文字が龍の手書きで書かれて飾っている。更には雛壇があり一つ一つ何かが飾られていた。そしていつも食べているちゃぶ台ではなく、個人用の御膳台が置いてある。美久は驚きで思わず「何じゃこれ!?」と叫んでしまう。そこに龍がいつの間にか被ったのかパーティー用の帽子をつけた姿で、ハッピーバースデーの歌を歌いながらバースデーケーキを差し出してきた。その顔の凶悪さに、思わず心の中でツッコミをしてしまう美久。
そしてそこから龍が今までしてきた和式な作法での誕生日祝いに、美久は一体何をしているかわからなくなり混乱しながらも龍の祝い方に付き合う。しかし心の中では「これは何?」と美久は思っていた。そんな美久に龍はアニメショップで買った商品を渡す。美久はプレゼントに喜び、開けていいかを龍に聞く。プレゼントを開け自分の好きなアニメのブルーレイBOXに美久は喜ぶ。
満面の笑顔で美久は龍に「ありがとう。嬉しいよ」と言った。美久の様子に龍も表情を緩める。しかし美久は「ほんとこれ全然いいんだけど…」と前置きをした後で、龍のプレゼントのブルーレイBOXがすでに持っているものだと言った。その言葉に龍は固まる。

龍なりの謝罪の表し方だったが、美久に止められる。

そして龍はいきなり愛刀を取り出すと「けじめぇえ」と叫びながら自分の小指を切り落とそうとした。
いきなりのけじめ行動に美久は驚愕し、思わず龍にラリアットを食らわして強引にけじめ行動を止める。その容赦のない美久のラリアットの勢いで、龍は窓から投げ出されたのだった。

龍のジム体験

主婦の友達とジム体験をする龍。

美顔用具を使用した後、自分の顔を鏡で角度を変えながらまじまじと見つめた龍は「…たるんできたか?」と思う。
そこで室内でフラフープを始める龍。少しでも自分の体を引き締めようと運動を始めたのだった。しかし美久にとっては、龍が何故フラフープを始めたのかわからない。「なんでフラフープしてんの?」と龍に尋ねた美久だったが、龍の回すフラフープがヒュンと自分の顔の横を通り「あぶな」と言いながら避ける。美久が別の部屋に移動して、再度龍のいる部屋に戻ると、フラフープが美久の体に当たり「いた」と思わず叫ぶ美久。ついに美久は怒り、龍の回していたフラフープを叩き落とした。呆然としている龍に美久は「外でやろうか」と注意をした後、「それか、ほら」と言いながら一枚のチラシを渡す。それはフィットネスジムのチラシだった。

そして龍は主婦友2人と一緒にフィットネスジムにやってくる。2人の主婦友は週一でそのフィットネスジムに通っており、「今はキャンペーン中で色んなレッスンを無料で体験出来る」と龍に説明してくれた。
フィットネスジム未経験の龍を交えて、3人はまずエアロビを体験する。インストラクターの女性の言葉に合わせて3人はダンスを始めた。主婦友2人はフィットネスジム未経験の龍をちらっと伺う。女性インストラクターの「もっと笑顔で〜!!」という言葉に合わせて龍は笑顔を浮かべた。その笑顔は他人から見たら怖く、主婦友2人は心の中で「あれ…笑顔!?」と驚く。そして女性インストラクターが最後の決めポーズと言うと、龍も最後のポーズと笑顔で決める。それを目撃した主婦友2人は同時に「笑顔こわっ」と思った。
エアロビの体験を終えて、休憩をする3人。龍は「いやぁ楽しいもんすね…エアロビって」と感想を言い、主婦友も「龍さん上手だったわよ!笑顔以外」と龍の感想に答える。
次に主婦友の提案でヨガのレッスンを受けることにした3人。女性インストラクターの指示通りのポーズをとる。そこで女性インストラクターは「何かの形に似てますね〜」と自分達がとっているポーズについて質問した。その言葉に龍はハッと何かに気づき思わず「組長に木刀で派手にど突かれた後のポーズ…!!」と言う。少しの沈黙の後、女性インストラクターは気を取り直したように「鋤のポーズですね〜」と答えた。その後も龍はとるポーズごとに「ヘタこいて指詰める覚悟決めた時のポーズ…」「運転席から『お前 この車山に捨ててこい』って鍵渡すポーズ…」「頭にキレイに弾が入った時のポーズ…」と言い、女性インストラクターから「あ、もう言わなくていいですよ〜」と言われてしまう。
ヨガのレッスンを終え、3人は集まり「ヨガはなんか肌に合いますね」と言う龍に、主婦友2人は驚く。龍は汗を拭きながら「こんだけ汗流したんは、昔事務所にダンプ突っ込んできて以来やなぁ…」と言う。龍の言っていることがわからない主婦友2人は「事務所でダンス?」と勘違いしつつ「気に入ってくれたんなら良かったわ!」と答えた。
久々に運動した龍は主婦友2人と話していたせいか何も考えずに目の前の扉を開けてしまう。主婦友が思わず「龍さん!!」と止めるが間に合わなかった。龍が開けてしまった扉は女性用の更衣室のもので、主婦友からは「もー、龍さん…」と言われるが、龍は動揺してその場から転がり出た。
そして土下座をし勢いよく床に頭を打ち付ける龍に、主婦友2人はどうしたのかと駆け寄る。龍は「覚悟は出来てます!」と言い、自身の体を身動きが取れないようなポーズをとると更に「どうぞ縛って、山に埋めるなり海に沈めるなりしてください!!」と叫んだ。
その龍の姿に主婦友2人は「ちょっとヨガっぽい」と思ったのだった。

クリスマスパーティー

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

食戟のソーマの十傑まとめ

『食戟のソーマ』とは、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による日本の漫画作品である。小説やアニメなど、多数のメディアミックスが成された。 創真は日本屈指の料理の名門校『遠月茶寮料理學園』へと編入する。そして、そこで出会う仲間やライバルと共に研鑽を積んでいく。 『十傑』とは、遠月に存在する最も優れた10人の料理人である。創真は遠月で最も優れた料理人になるため、十傑の打倒を目標とする。

Read Article

クジラの子らは砂上に歌う(クジ砂)のネタバレ解説・考察まとめ

「クジラの子らは砂上に歌う」とは、「梅田阿比」による漫画作品。2017年にJ.C.STAFF製作でアニメ化。砂の海に浮かぶ巨大な船「泥クジラ」には、超能力「情念動(サイミア)」を操る「印」と、操れない「無印」がいた。印である主人公「チャクロ」は泥クジラの歴史を綴る記録掛りをしていた。チャクロはある日、砂の海を漂流してきた島で謎の少女「リコス」に出会う。

Read Article

食戟のソーマの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「食戟のソーマ」は、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による漫画作品。 下町の定食屋の倅である「幸平創真」は、一人前の料理人になるべく家業を手伝いながら料理の修業に励む日々を送っていた。中学卒業の折、幸平は父親の紹介により世界屈指の料理学校「遠月学園」に通うことになる。遠月学園での幸平の活躍と成長を描く料理漫画。料理を通して人生について語られる名言が数多い。

Read Article

とある魔術の禁書目録(インデックス)の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

「とある魔術の禁書目録」は、鎌池和馬によって書かれたライトノベル作品。 科学によって超能力を発現する「能力開発」をカリキュラムに組み込んだ、大規模な教育機関「学園都市」。その街に住む高校生「上条当麻」のもとにある日現れたシスター「インデックス」を巡って、上条は魔術の世界に踏み込んでいく。オカルトと科学、相反する二つの世界を描くバトルアクションとして、深いストーリーや名言の評価が高い作品である。

Read Article

初恋限定。(Hatsukoi Limited.)のネタバレ解説・考察まとめ

『初恋限定。』は、河下水希による漫画作品。 『週刊少年ジャンプ』にて、2007年44号から2008年26号まで連載された。 中学2年生の有原あゆみと江ノ本慧を中心に、中学生と高校生計8人の恋が同時進行で進む姿を描いたオムニバス作品だが、連載期間は約半年と短命に終わった。 いわゆる「打ち切り」となった作品であるが、打ち切りに遭いながらドラマCDやアニメといったメディアミックス化された珍しい作品でもある。

Read Article

ふらいんぐうぃっち(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ふらいんぐうぃっち』とは、2012年より講談社「別冊少年マガジン」で連載された石塚千尋による漫画の事である。主人公の魔女、木綿真琴(こわたまこと)が修行のため横浜から青森の親戚の家やって来る。居候先の倉本家で高校生活を送りながら魔術の勉強をしたり、他の魔女や異世界の住人と関わりと通じて一人前の魔女としての修行に励む、日常系ほのぼのファンタジー。

Read Article

君と僕。(君僕)のネタバレ解説・考察まとめ

『君と僕。』とは、2003年から堀田きいちが、『月刊少年ガンガン』にて連載を開始した漫画。2004年からは『ガンガンパワード』、2009年からは『月刊Gファンタジー』に移籍して連載。2011年、アニメ第1期の放送が開始され、1年後には第2期も放送している。クールな双子に真面目な学級委員、可愛い系男子と、少しお馬鹿な帰国子女。5人の男子高校生が日常の中で、少しずつ成長を遂げていく、青春×コメディー。思春期の「恋」や「友情」が、優しいタッチで描かれている作品で、知名度と比較して熱狂的ファンが多い。

Read Article

アリスと蔵六(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『アリスと蔵六』とは、今井哲也による漫画、及びJ.C.STAFF製作のアニメーション作品。2012年から連載が始まり、2013年に第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門新人賞を受賞。「アリスの夢」と呼ばれる能力者である主人公「沙名」は、住んでいたある研究所から逃亡する。空腹の中出会ったのは、曲がった事が大嫌いなお爺さん「樫村蔵六」であった。

Read Article

ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)のネタバレ解説・考察まとめ

『ウィッチクラフトワークス(Witch Craft Works)』とは、講談社『good!アフタヌーン』に掲載されている水薙竜のファンタジー漫画、およびそれを原作とするアニメ作品。 とある普通の高校生(多華宮君)と全校生徒から姫様と敬愛される美少女クラスメートの魔女(火々里さん)を中心に多華宮君を巡って繰り広げられる魔女たちと多華宮君の物語である。

Read Article

舞妓さんちのまかないさん(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『舞妓さんちのまかないさん』とは、2017年より小山愛子が『週刊少年サンデー』にて連載している和風料理漫画である。第65回小学館漫画賞に少年向け部門作品として受賞している。京都の舞妓が暮らす「屋形」で、まかないさんとして日々の食事を担う少女「キヨ」を主人公とした物語。一般の家庭料理や京都の昔ながらの料理、キヨの地元である青森の郷土料理など、たくさんの料理が登場する。舞妓の普段の食生活や稽古の様子、日常が垣間見える作品となっている。

Read Article

プラネット・ウィズ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『プラネット・ウィズ』とは、「J.C.STAFF」製作のオリジナルアニメーション作品。2018年に放送。本作は漫画家「水上悟志」が書き下ろしたネームを元に製作されている。漫画版は水上悟志自らが描いている。主人公「黒井宗矢」は記憶喪失の状態で「先生」「黒井銀子」の二人と暮らしていた。ある日、街に「ネビュラウェポン」と呼ばれる謎の飛行物体が現れ、それをヒーロー7人が倒す。しかし宗矢は銀子にヒーロー達を倒すように言われるのであった。

Read Article

会長はメイド様!(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『会長はメイド様!』とは2006年から藤原ヒロが『LaLa』で連載しているメイド喫茶で働く生徒会長と完全無欠のスーパー男子高校生との恋愛を描いた学園ラブコメを原作としたアニメ作品。普段は厳しい生徒会長であるため恐れられている主人公の鮎沢美咲には、メイド喫茶で働いている秘密があった。メイド姿で働いていることが広まると、星華高校を改革しようと積み上げてきた努力が無駄になることを恐れていた。そんな美咲の秘密を知ってしまった碓氷拓海が何かにつけて美咲を助け、美咲は徐々に碓氷拓海に惹かれていく。

Read Article

仮面ライダーゼロワン(Zero-One)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーゼロワン』とは、東映制作で2019年に放送された仮面ライダーシリーズの特撮テレビドラマ。令和初の仮面ライダーシリーズ。主人公の飛電或人/仮面ライダーゼロワンは祖父が亡くなったため飛電インテリジェンス社長兼仮面ライダーゼロワンとして戦うことになる。人工知能搭載型ロボットヒューマギアを暴走させようとするサイバーテロリスト組織滅亡迅雷.netとの闘いや夢と情熱の大切さを描く。キャッチコピーは「令和仮面ライダー元年」、「世界最強の社長はただひとり!オレだ!」。

Read Article

重版出来!(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『重版出来!』とは2012年から松田奈緒子が小学館『月刊!スピリッツ』に連載中の青年漫画。週刊コミック誌『バイブス』の編集部を舞台に、主人公の漫画編集者・黒沢心が一癖も二癖もある漫画家たちや出版業界に関わる様々な業種の人々と一冊の本を生み出すため奮闘するお仕事漫画。2016年には黒木華主演でTBS系列にてドラマも放映。脚本は映画『図書館戦争』シリーズなどで知られる野木亜紀子。後に『逃げるは恥だが役に立つ』、『アンナチュラル』などのヒット作も手掛ける。

Read Article

スパイラル(推理の絆)のネタバレ解説・考察まとめ

『スパイラル(推理の絆)』とは、『月間少年ガンガン』にて『名探偵に薔薇を』でデビューした推理小説家の城平京(しろだいらきょう)が原作を担当し、『裏世界ピクニック』の水野英多(みずのえいた)が作画を担当した、1999年8月から2005年10月まで連載されたミステリーアドベンチャー漫画である。ブレード・チルドレンと呼ばれる常人より優れた能力を持つ少年少女たちとの命を賭けた戦いを、主人公である高校生・鳴海歩が身体能力ではなく持ち前の推理能力で切り抜けていく鮮やかさが魅力となっている。

Read Article

貞子 vs 伽椰子(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『貞子 vs 伽耶子』とは2016年に公開された日本のホラー映画。共に一世を風靡したジャパニーズホラー映画『リング』シリーズの「山村貞子」と『呪怨』シリーズの「佐伯伽耶子」の最恐二大ヒロインが共演を果たした。監督は白石晃士。女子大生の倉橋有里の親友・夏美は偶然手に入れた「呪いのビデオ」を見てしまう。一刻も早く「見たら二日後に死ぬ」呪いを解かなければならない。一方「呪いの家」が気になって仕方ない女子高生・高木鈴花。蔓延してゆく強力な呪いを解くためにはバケモンとバケモンをぶつけるしかないのだった。

Read Article

あまんちゅ!(Amanchu!)のネタバレ解説・考察まとめ

『あまんちゅ!』とは、天野こずえによる漫画作品、及びアニメシリーズ。 2016年と2018年の2度アニメ化した際には、舞台である静岡県伊東市を中心に大きな盛り上がりを見せた。 登場人物が所属する静岡県立夢ヶ丘高校ダイビング部の日常を描いた作品であるが「日常ときどきダイビング。」というキャッチコピーのようにメインは日常であり、ダイビングに対する知識がなくても日常作品として楽しめる。 勿論、ダイビングに関する知識や楽しさ、そして恐さも作中で描かれておりダイビング漫画としても評価が高い。

Read Article

仮面ライダーゴースト(Ghost)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーゴースト』とは、生と死をテーマにした仮面ライダーシリーズの第17作目である。2015年10月4日から2016年9月25日まで放送された。 主人公のタケルは、眼魔と呼ばれる怪物に襲われて命を失う。その後、死後の世界にて仙人と出会ったタケルは、仙人の力によって幽霊として現世に復活した。タケルは15個揃うと願いが叶う眼魂を集め、生き返るために仮面ライダーゴーストとして戦う事となる。 命の尊さに向き合うタケルの姿や格好いい戦闘シーンなどから、子供たちを中心として人気を得た作品だ。

Read Article

食戟のソーマ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『食戟のソーマ』とは、原作:附田祐斗、作画:佐伯俊による料理・グルメ漫画。原作コミックは発売から2週間で20万を超える部数を売り上げた。テレビアニメも好調で、2015年から2019年で4回に渡って放送された。 下町の定食屋で育った主人公・幸平創真は店を継ぐつもりだったが、父親が突如店を閉めることを宣言する。創真は料理のエリートが集う名門料理学校・遠月学園に進学することになる。

Read Article

探偵オペラ ミルキィホームズ(ゲーム・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『探偵オペラ ミルキィホームズ』とは偵都ヨコハマを舞台にしたアニメで、探偵を目指す四人の少女を中心としたものである。ゲーム版『探偵オペラミルキィホームズ』を原作にしており、J.C.STAFFによって製作された。2010年10月から12月まで1期が、2012年1月から3月まで2期が放送された。2013年7月から9月から3期が、2015年1月から3月まで4期が放送された。

Read Article

とある魔術の禁書目録(第1期)のネタバレ解説・考察まとめ

『とある魔術の禁書目録』とは、鎌池和馬のライトノベル『とある魔術の禁書目録』を原作とする、J.C.STAFF制作によるサイエンス・ファンタジーアニメ作品。第1期は、2008年10月から2009年3月まで放送された。第1期以降、2020年までには、第2期、第3期までが放送されている。『とある科学の超電磁砲』、『とある科学の一方通行』などと合わせて「とある」シリーズと呼ばれており、本作『とある魔術の禁書目録』はその中核的な位置づけの作品である。

Read Article

翔んで埼玉(映画・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『翔んで埼玉』とは、魔夜峰央によるギャグ漫画作品、およびそれを原作としたコメディ映画作品である。。二階堂ふみやGACKTを始め、豪華なキャスト陣が本気でふざけた内容が大きな話題となる。埼玉県民が東京都民に虐げられてきた架空の世界が舞台となり、埼玉解放を求めて他の県を巻き込みながら全面戦争へと発展していく。

Read Article

家売るオンナ(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『家売るオンナ(ドラマ)』とは、は、2016年7月から9月にかけて放送された、スーパー営業マンの不動産販売をテーマとしたドラマである。主演は北川景子で、天才的不動産屋・三軒家万智が、顧客の悩みや問題点を解決しつつ、家を売りまくるというストーリー。数々の賞を受賞し、海外でも方された人気ドラマで、2017年5月にはスペシャルドラマ『帰ってきた家売るオンナ』、2019年1月から3月まで、続編として『家売るオンナの逆襲』が放送された。

Read Article

のだめカンタービレ(漫画・アニメ・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

「のだめカンタービレ」とは、二ノ宮知子による日本の漫画作品。講談社「Kiss」にて連載された。クラシック音楽をテーマにしている作品で、第28回講談社漫画賞少女部門賞を受賞。ドラマ、アニメ、映画、小説、ゲーム、CD、韓国でもドラマ化されるなど、多種多様にメディア化されている。 世間にクラシック音楽ブームを起こした。千秋とのだめが音楽を通じて出会った人々との交流で成長していく様を描いている作品。

Read Article

あなたの番です(あな番)のネタバレ解説・考察まとめ

『あなたの番です』とは、日本テレビ系にて2019年4月から9月まで放送された全20話のミステリードラマである。キウンクエ蔵前というマンションに引っ越してきた新婚夫婦が「交換殺人ゲーム」に巻き込まれる姿を描いたミステリードラマで、企画・原案は秋元康。第1章、第2章で構成された2クール半年間に渡って放送され、テレビ放送と連動して、『扉の向こう』というスピンオフがHuluにて独占配信されている。

Read Article

愛の渦(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『愛の渦』(映画)とは劇団「ポツドール」の主宰者であり劇作家として活躍中の三浦大輔が監督を務めた、セックスが題材の成人向け映画作品である。戯曲『愛の渦』は岸田國士戯曲賞受賞。待望の映画化に注目が集まった。舞台はとあるアパートの一室。そこはセックスを目的に集まった男女が乱交パーティーを行う裏風俗だ。集まったのはニートや女子大生、保育士にサラリーマンと見ず知らずの男女10名。肉欲に溺れる男女と交錯する人間模様を浮き上がらせた、セックスがテーマの映画となっている。

Read Article

秒速5センチメートル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『秒速5センチメートル』とは、2007年に公開された日本のアニメーション映画作品およびそれを原作とした小説・漫画などの派生作品。「君の名は。」(2016年)で有名な新海誠監督の劇場公開長編第3作目。思春期から成人までの男女の心の距離と速度をテーマとした3つの短編の連作。現実の現代日本を舞台に、少年・少女を主人公とした恋模様や葛藤が描かれる。

Read Article

秒速5センチメートルの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

美しすぎる映像表現と、アニメーションながら何か大事な事を気づかせてくれる何気ない日常の精緻な表現。 アニメファンのみならず様々な人々を魅了する作品を世に送り出す新海誠監督作品の中でも、「秒速5センチメートル」は片想いの心情を表現する詩的な名言・名セリフによって「切なすぎるラブストーリー」として今でもネット上で語り継がれている。今回はそんな新海誠監督代表作の名言・名セリフを振り返る。

Read Article

ロングバケーション(ロンバケ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロングバケーション』とは、1996年4月から6月まで毎週月曜日21:00から、フジテレビ系の「月9」枠で放送された日本の恋愛ドラマ。主演は木村拓哉と山口智子で、その他松たか子や竹野内豊など、人気俳優が脇を固める。ピアニストを目指す瀬名秀俊と、モデル崩れの葉山南がひょんな事から一つ屋根の下に住むことになり、互いに惹かれていくストーリー。脚本は人気脚本家の北川悦吏子。略称は「ロンバケ」。最高視聴率36.7%を記録し、第34回ギャラクシー賞選奨にも選出された。

Read Article

目次 - Contents