マイ・ブロークン・マリコ(漫画)のネタバレ解説まとめ

『マイ・ブロークン・マリコ』とは平庫ワカの漫画。webコミック誌『COMIC BRIDGE online』にて2019年7月16日から全4話の連載がスタートした。Twitterでは毎話トレンド入りし、単行本全1巻は即重版が決定する。主人公のシイノは26歳の会社員。ある日ラーメン屋でラーメンを啜っていた彼女は、店のテレビで親友マリコの訃報を知る。心を病んでマンションから飛び下り自殺したマリコへの友情から、シイノは衝動的に彼女の遺灰を奪い、生前のマリコが旅したがっていた岬をめざして逃避行に出る。

『マイ・ブロークン・マリコ』の概要

『マイ・ブロークン・マリコ』とは平庫ワカの漫画作品。webコミック誌『COMIC BRIDGE online』にて、2019年7月16日から全4話の連載がスタートした。26歳のOLが自殺した親友の遺灰を親元から奪って逃避行する話で、女性同士の究極の共依存ともいえる衝撃的な内容が大いに話題を博し、Twitterでは毎話公開と同時に数千リツイートされてトレンド入りする。2020年1月8日に発売された単行本が即重版決定するなど、無名の漫画家の初単行本としては異例の人気となった。
『コミックナタリー』『Real Sound』などのネット書評サイトで特集が組まれた他、個人のレビューブログなどにも数多く取り上げられ、2020年上半期最大のヒット作に推す声も大きい。
2020年8月の段階で、翻訳版・電子書籍合わせた売り上げは10万部を突破している。
『COMIC BRIDGE online』編集部は本作に「女同士の魂の結びつきを描く鮮烈なロマンシスストーリー」というキャッチコピーをふっている。
ロマンシスとは男同士の究極の絆ブロマンズの対義語としてネットで生まれた名称であり、狭義の友情や愛情を超えた女性2人の極限の絆をさす。互いが不可欠なマリコとシイノの切実な関係が、生々しい表情の描写やセンシティブなモノローグと相俟って鮮烈な読後感をもたらす。

シイノトモヨことシイノは26歳の会社員。ある日彼女がラーメン屋で昼食をとっていると、店内のテレビが親友イカガワマリコの自殺を報じる。マリコは中学時代からのシイノの幼馴染だった。親友の突然の自殺に愕然とするシイノ。今からでもマリコの為に何かできることはないか苦悩したシイノは、マリコを虐待していた父親のもとから彼女の遺灰を奪い、生前マリコが行きたがっていた岬をめざす。

『マイ・ブロークン・マリコ』のあらすじ・ストーリー

第1話『エスケープ』

ラーメン屋のテレビで親友マリコ(3コマ目)の自殺を知るシイノ(1コマ目)。

主人公のシイノトモヨは26歳の会社員。ある日シイノが外回りの途中でラーメン屋で昼食をとっていると、店内のテレビがニュースを流す。テレビではシイノの中学時代からの親友・イカガワマリコが、大量の睡眠薬を服用したあと、自宅マンションから飛び降り自殺したと報じられていた。シイノは愕然としてラーメンを啜る箸を止め、テレビが写すマリコの写真に見入る。
店主に送られてラーメン屋を出たシイノは、上の空の状態で先週マリコと遊んだ事を思い出す。マリコは元気に振る舞っており、彼女の身体には痣や怪我もなく、自殺の兆候には全く気付かなかった。マリコはある深刻な問題を抱えており、それ故精神を病んでいたのだが、シイノはとっくに治ったと思い込んでいた。
親友の自殺に衝撃を受けたシイノは、午後にもう1件回る営業先があったが、直帰以外の言葉が頭に浮かばなくなる。ふらふらの状態でなんとか家に帰ったシイノは、煙草を喫いながら台所に立ち、片手でスマホを操作する。何度かけてもマリコは電話に出ずLINEも既読にならない。本当にマリコが死んだのだと実感したシイノは、液晶が割れるのも構わずシンクにスマホを叩き伏せ、マリコとの初めての出会いを回想する。
それは中学時代、マリコがぼんやり煙草を喫っていると顔を無惨に腫らしたマリコが目を潤ませてやってくる。
マリコの腫れ上がった顔を思い出したシイノは、腕で顔を覆って寝転がる。
翌日出社したシイノは、外回りをサボった件で隣のデスクの上司に嫌味を言われる。しかしシイノはマリコの自殺の事で頭が一杯で、上司の説教を雑に聞き流す。「友達が死んでも社会人としてサボっていい理由にならない」と言われたシイノは喫煙室に引っ込み、ベンチに座って「うるせえよくそが」と毒突く。
シイノはマリコの告別式があるのか、あるなら行ったほうがいいのか迷うが、自分もマリコも友人が少なく、なによりマリコの父親が大っぴらに葬式などするはずがないと思い直す。マリコは子供の頃から父親に激しい虐待を受けており、そのせいで心を壊してしまったのだ。シイノは「またあの子に何もしてやれないのか」と思い詰め、今からでも死んだマリコの為にできることはないかと考え、父親からマリコの遺灰を奪おうと決める。自分を虐待して自殺にまで追い込んだ父親に今更弔われても、マリコはちっとも嬉しくないだろうというのが理由だ。
自宅アパートに帰ったマリコは台所の戸棚をあさり、鬼気迫る表情で包丁を掴む。包丁を握り締めたシイノは、マリコと仲良くなってしばらくのちの夏の出来事を思い出す。
屋上での喫煙がバレたのがきっかけで、シイノとマリコは親しくなった。シイノはその頃から柄が悪く浮いており、マリコは虐待でボコボコの顔を引かれ、2人とも友達が少なかったのだ。シイノはくじの景品の花火が当たったから一緒にやろうとマリコを誘い、マリコはこれにはしゃいで賛成する。話はとんとん拍子にまとまり、マリコと公園で待ち合わせたがシイノだが、時間が過ぎても彼女は現れなかった。シイノは自転車をこぎ、マリコが住んでいるアパートまで迎えに行く。
アパートの近くまで行くと、何かが割れるような物音と悲鳴が聞こえてくる。出所はマリコが住んでいる部屋だ。「どこ行くんだコラ、飯も作らねえで遊びに行く気か謝れバカバーカ!」とマリコを罵倒し謝罪を強要する父親の声を聞いたシイノは、矢も楯もたまらずドアを連打し、いい加減にしないと通報すると脅す。

ボコボコに腫れ上がったマリコの顔と室内の荒廃した様子に絶句するシイノ。

しばらくすると室内は静まり返り、父親にボコボコにされたマリコが小さくドアを開ける。マリコは今日は行けなくなったとシイノに詫び、シイノはドアの隙間から覗いた室内の荒廃した様子に絶句する。ゴミ袋がたまり、酒瓶や弁当の空箱が散らかった室内の奥にはマリコの父親が立っていた。
当時の凄惨な状況を回想したシイノは、「今度こそ助けてやるから待ってろよマリコ」と、包丁を両手で握り締めて念じる。
翌日、シイノは中学時代にマリコが住んでいたアパートを訪ねる。表札には「イカガワ」と出ており、マリコの父親の住所が変わってないのが判明する。バックに包丁を呑んだシイノは、怯みそうになる心を奮い立て、「マリコ、あんたそこにいるのよね」とドアに手をあてる。
シイノは意を決してピンポンを押し、中の人物にセールスに来たと嘘を吐く。ドアを開けたのはマリコの父親の再婚相手のタムラキョウコだった。シイノは猫を被り、このあたりの家を1軒1軒回って困りごとがないか聞いていること、困りごとを教えてくれたらそれに見合った対処法や商品を勧めると、なんとかキョウコを言いくるめて部屋に通させようとする。口からでまかせを必死に言い募るシイノを見たキョウコは、「あんたを見てると上京したての頃を思い出すわ」と同情し、シイノをあっさり部屋に上げる。
十数年ぶりに足を踏み入れた部屋は、以前より少しマシな程度に片付いていた。キョウコはお人好しな人物らしく、シイノの為にお茶を淹れてこようとする。そんなキョウコの背を見送ったシイノは、「この人がもっと早くマリコの親父と再婚していたら、ここんちはもう少しマシだったのかな」と感傷に耽る。マリコの母親は酒乱でどうしようもない父親に愛想を尽かし、マリコが小学生の頃に家を出て行ったが、マリコの高校進学を機に復縁し、再び同居をはじめたのだ。高校生のマリコは母親の帰還を心底喜び、母親を繋ぎ止めたい一心で懸命にいい子を演じていたが、そんなマリコの努力は父親に犯されて水の泡となる。母親はマリコが誘惑したから父親が手を出したと決め付け、それをシイノに打ち明けたマリコは、母親がもう戻ってこないかもしれないと泣く。
シイノを回想から引き戻したのは鼻先に流れてきた線香の煙だった。煙を辿って視線を移すと、仏壇の前に背中を丸めたマリコの父親が座っている。マリコの遺影を見た瞬間シイノは我慢が切れ、仏壇の遺灰へと飛びかかる。
仏壇に体当たりで突っ込んだシイノは、マリコの遺灰を懐に抱えこむ。仏壇をめちゃくちゃにされた父親は怒り狂い、「娘の仏壇にてめえ!」とシイノにむかって声を荒げる。台所から戻ったキョウコは、シイノの腹を蹴り上げる父親に慌てふためいて乱暴を止めに入る。父親に髪を鷲掴みにされたシイノは、咄嗟にバックから出した包丁で父親の手を切り付け、「高校生の時に実の娘を強姦しやがったてめえにっ、中学生だった実の娘を奴隷扱いしてたてめえにっ、小学生だった実の娘から母親を奪ったてめえにっ、弔われたって白々しくてヘドが出んだよお!」と思いの丈をぶちまける。
シイノは刺し違える覚悟でマリコの遺灰を守り、父親を片手の包丁で牽制して逃走する。シイノを殺しかねない勢いで遺灰を奪い返しにいく父親をキョウコは羽交い絞めにするが、顔面に肘鉄をくらい倒れる。シイノがキョウコを心配して振り向くと、父親が凄まじい剣幕で襲いかかってくる。

マリコの遺灰を抱いて窓から飛び降りるシイノ。

間一髪窓から飛び降りたシイノは、落下の途中で自分を逆さまに覗き込むマリコの幻を見る。しかしシイノ自身、マリコが死んでいる事は既に知っていた。自分の未練が生み出した幻覚に過ぎないマリコに対し、シイノは「本人なわけないか」と虚ろに呟く。
アパートの横手は川の土手であり、シイノは遺灰を抱いたまま土手を転がって川へ落ちる。なんとか対岸へ這い上がったマリコがアパートの窓を見上げると、「あんたが全部悪いんでしょうが、自分の子にへんなことするから!」と、キョウコがマリコの父親を叱り付けていた。
キョウコに胸ぐらを揺さぶられるがまま、父親は放心状態で涙を流す。その涙が彼が抱えたマリコの遺影に滴り、まるでマリコが泣いているように見える。
シイノはマリコの遺灰を抱え、脇目もふらず逃げていくのだった。

第2話『レッツ・ゴー・ハワイ』

マリコは手紙を書くのが好きで、シイノに沢山の直筆の手紙を送っていた。

川から這い上がったシイノはずぶぬれで靴も脱げたまま、マリコの遺灰を抱いて走り出す。走りながら考えるのはマリコからもらった沢山の手紙のことだ。

シイノ(3コマ目)と同じクラスになったマリコ(2コマ目)は、その喜びを手紙に書いてシイノに送る。

マリコが初めてくれた手紙は中学時代、2人の出会いから間もない頃だ。マリコは手紙にシイノと同じ組になれて嬉しいと書き、シイノは煙草を喫っているのにいい匂いがすると不思議がっていた。教室にて、笑顔で手を振るマリコにシイノも照れくさげに手を振り返す。
現在のシイノは胸に抱いたマリコの遺影に対し、「先公にバレないようにトイレの消臭スプレー持ち歩いてたからだよ」とネタばらしをする。中学時代のマリコはこの答えを聞いておかしそうに笑ったのだった。しかしシイノの腕の中の遺灰は何も言わない。

くしゃみの拍子に遺灰を落としかけるシイノ。

ボロボロになりながらアパートの階段を上り、どうにかこうにか自分の部屋に帰り着いたシイノは、マリコの父親に蹴られた腹の痛みに喘ぐ。その時、くしゃみの拍子に遺灰から手が滑る。遺灰が床に落ちる前にキャッチしたシイノは、そのまま台所の床に倒れ込んで爆睡する。
シイノはマリコの父親に今頃通報されている頃かと思いながら部屋をあさり、昔マリコからもらった大量の手紙を取り出す。マリコは手紙を書くのが大好きで、動物や花のイラストが付いたファンシーな便箋に、女の子らしい丸文字が綴られている。ハートやうさぎなどの手描きのイラストも散りばめられ、可愛いものを好んだマリコの人柄が偲ばれた。
マリコから届いた手紙を握り締めてしんみりするシイノ。続いてシイノは初めてのバイト代で買って以来、ボロボロになるまで履き倒したドクターマーチンというブランドの靴を取り出し、トイレの消臭スプレーで強烈な匂いをごまかす。そんなシイノの深夜のドタバタを、床におかれたマリコの遺影が無言で見守っている。

夏休みに行きたい場所を話し合う中学生時代のマリコ(左)とシイノ(右)。

中学時代、マリコとシイノはお互いの夏休みの予定を話す。シイノは毎年父方の祖母の家に帰省していたが、両親が離婚したので今年は行かないとマリコに述べる。シイノが「海行こうよ」とマリコを誘えば、マリコも「行きたいねえ海」と同意する。そしてすぐ「でも行けないなあ、お父さん怒るもん」と取り消す。
中学生時代のやりとりを回想したシイノは、旅の支度を整えてマリコの遺灰を見下ろし、「もう怒られっこないよ」と独りごちる。シイノはマリコの遺灰を連れ、昔2人で行きたがっていた海へと旅立った。
マリコの遺灰を抱いて夜道を歩きながら、シイノは中学時代のマリコの手紙の内容を思い出す。
そこにはマリコが夜中に酒が足りないと父親に起こされたこと、父親の命令で酒を買いに行かされたことが書かれていた。マリコは暗い夜道を1人で歩くのを怖がっていたが、シイノが夜によく散歩していると知ってから、もしかしたら彼女に会えるかもしれないと前向きになった。
別の手紙でマリコは花火ができなかったことをシイノに謝罪し、家まで迎えに来てくれた感謝を述べ、最後に「シイちゃんがいてくれてよかった」と結んでいた。父親に虐げられる辛い日々の中、自分の為に本気で怒って泣いてくれるシイノの存在だけがマリコの支えだった。
その手紙をポケットから出して読んだシイノは、中学生の頃を思い出し、笑いが漏れるのを押さえきれない。辛い事も多かったが、マリコと一緒に遊んだ楽しい思い出も手紙には記されていた。
シイノは海へ行くと決めたものの、具体的な場所は決めていない。シイノはハワイに憧れていたが、マリコが行きたがった海の場所は本人に聞くこと叶わず、永遠にわからずじまいである。液晶が割れたスマホを出し、マリコへLINEしたシイノは、メッセージは送れるのにマリコとはもう通じてないのだと改めて思い知らされる。マリコからの最後のメッセージは先週遊んだ直後で、マリコは「またね」と、可愛いうさぎのスタンプをシイノに送っていた。
それを見返したシイノは涙ぐみ、「どこ行きゃいいの……」と途方に暮れる。あんなに手紙好きだったマリコが自分に遺書も残さず死んだ事実と、親友の自殺を止められなかった後悔が、シイノの精神を追い込んでいた。
こんな気持ちを抱えたままマリコの遺灰とハワイに行けないと泣き暮れるシイノ。シイノの嗚咽に合わせるように羽虫がたかる街灯も点滅し、シイノは1人夜道に立ち尽くす。

生前のマリコ(2コマ目)がまりがおか岬に行きたがっていた事を突如として思い出すシイノ(3コメ目)。

その時シイノは唐突に、生前のマリコが自分の名前と最初の2文字が共通する、まりがおか岬に行きたがっていた事を思い出す。シイノの心の中のマリコも「行きたいな」と微笑み、シイノはまりがおか岬を行き先に定める。親友と再び心が通じ合った気がしたシイノは、嬉しさと哀しさがごちゃ混ぜにの泣き笑いをする。
シイノが夜行バスに飛び乗ると、隣の席にむさくるしい髭の男が座り、無言でノートパソコンのキーを叩き始める。窓際のシイノはそんな隣人をよそに窓にもたれ、マリコの遺灰を大事そうに抱く。シイノは再び昔マリコからもらった手紙を開く。そこにはマリコが見た夢の話が綴られており、夢の中でマリコはシイノと手を繋ぎ、暗い夜道をずっと歩いていたとある。シイノは父方の祖母はハワイに住んでいるとマリコに言ったが、それはシイノの憧れと願望から出た嘘だった。マリコはそれを承知の上で、「ハワイに着かないならシイちゃんとずっと夜道を歩いて行けると思って嬉しくなった」と書いていた。シイノ以上に辛い現実に日々耐えていたマリコには逃避先などなく、シイノの隣だけが居場所だったのだ。遺灰を抱いたまま眠りこんだシイノは、中学生時代のマリコが自分にもたれて寝ている夢を見る。

第3話『リメンバー・ミー』

自分のとマリコの分、2人分の牛丼をたいらげるシイノ。

深夜バスを下りたシイノは定食屋のカウンターにて、自分とマリコ2人分の牛丼を注文する。出てきたマリコの牛丼に割箸を立て冥福を祈ってから、りん(仏壇で鳴らす鈴)の代わりに匙でお冷のコップを打ち、シイノは牛丼をかっこむ。マリコの分まで綺麗に丼をたいらげて店を出たシイノは、深夜バスに10時間乗ってやってきた港町の空気を吸い込む。シイノが寝不足で酷い顔なのは、夜通しマリコの父親に殴られる夢を見たせいでもあった。
無断欠勤を責める会社からの電話も無視し、シイノは再び電車に乗る。まりがおか岬のある町へは電車で1本の距離だった。車両はがらがらで、シートに1人座ったマリコはうとうとまどろむ。そして再び昔の夢を見る。
シイノとマリコは同じ高校に進んだ。教室にて、マリコはシイノの机の前に立ち、「シイちゃんに彼氏とかできたら死ぬから」と宣言する。突然の告白に面食らったシイノが「何かあったの」と聞けば、「何もない日なんてないの」と俯く。この頃のマリコは父親に強姦され、一際情緒不安定だったのだ。
突然の揺れで目覚めたシイノは、口元の涎を拭い、どうせならもっと他の楽しい思い出を夢に見たいとぼやく。しかしシイノが思い出すのは、マリコがカッターでリストカットする場面など、ろくでもないものばかりだった。駅に着いたあとシイのはバスに乗り、「まりがおか」と書かれたバス停で下りる。波音を聞くなりシイノは目の色を変え、「その音は海かっ!」と音のする方向へ走っていく。その時シイノの背後をバイクが駆け抜け、彼女のリュックをひったくって去っていく。
マリコの遺灰を抱えて道路に突っ伏したシイノが、駆け去ったバイクを指さして「ひったくりが~」と叫んでいると、釣り帰りの男が通りかかる。シイノは道路に胡坐をかき、ひったくりにあった事を盛大に嘆くが、彼女の態度がふてぶてしかったので「大丈夫そうに見えますね」と男が発言する。その言葉に「喧嘩売ってんのか」と内心イラッとするシイノだが、今はとられたリュックの中身の方が重要だ。リュックの中にはスマホや財布、何よりまり子にもらった手紙が全部入っていた。
シイノはマリコの手紙を取り戻したい一心でその場から駆け出すものの、我を忘れていたせいで、うっかりマリコの遺灰を置き去りにしてしまった。道路に放置された遺灰を前に、アイスボックスをさげた男はどうしたものか沈黙する。
結局夕暮れまで走り回ったもののひったくり犯を捕まえられず、とぼとぼと帰ってきたシイノを男が迎える。なんと、男はずっとシイノが忘れていった遺灰の番をしていたのだ。しかもシイノが一文無しだと知ると、今日の宿代だと言って金を渡してくれる。シイノは礼を述べ、金を返すのに必要な連絡先と名前を聞くが、男は「名乗るほどの者じゃございません」と去っていく。しかし彼がさげたアイスボックスに『ナリタ商店 マキオ』と書かれていたので、どこの誰かはバレバレだった。
夜、『港酒場 おもひで』という居酒屋のテーブル席に座ったシイノは、マキオに貰った金でビールを何杯もお代わりする。ジョッキを一気に呷ったマリコは「赤の他人の情けでもらった金で飲む酒は気分が悪いな」とぼやくが、親友を失った今は、酒でも飲まねばやってられなかった。マリコの隣の席にはシイノの幻が座り、マキオはいい人そうだ、ああいう人と結婚したいとマリコに語る。「でも私なんかを好きになってくれるなら誰だって……」とマリコの幻が続けると、突如シイノは激昂し、「あんたには私がいたでしょうがっ!」とテーブルを殴り付ける。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents