ブッダ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブッダ』とは、漫画家・手塚治虫が手がけた、仏教を生み出した釈迦こと「ブッダ」の物語についての漫画作品である。少年漫画雑誌『希望の友』(潮出版社)にて、1972年〜1982年まで連載された。後のブッダである主人公「ゴータマ・シッダルタ」が苦悩しつつ仏教をどのように悟ったのかを描き出している。実在の人物と手塚治虫自身の創作の人物が入り混じっているも、2000万部を超える売り上げを記録し、非常に評価されている作品である。

声が出せなかった奴隷女。
奴隷として売られる最中にアナンダに襲われ、自由の身になったところでアナンダについていき、アナンダと共にしばらく旅をしていた。
しかし、アナンダに取り付いている悪魔に邪魔者とされ、アナンダから追い払われてしまう。
その際にリータはブッダを連れてアナンダを救ってくれるように願い、その最中にブッダに声が出せるようにしてもらった。
その後、頭を丸めてブッダの弟子になった。
最後はブッダを襲おうとする毒蛇からブッダを庇い、その毒を受けてしまい、死亡した。

サーリプッタ

圧倒的なカリスマ性を持ち、他のブッダの弟子たちからの信頼も厚かった。
ブッダからはモッガラーナと共にブッダの後継に指名されていた。
精霊を見ることができ、科学的なものにも明るい。
ブッダの後継だったが、事故に遭ってブッダより先に他界した。

モッガラーナ

見た人物のそれまでの人生と、それからの人生を全て見通すことができる特殊能力を持つ。
サーリプッタと共にブッダの弟子になった。
ブッダからはサーリプッタと共にブッダの後継になるように言われていた。
しかし、ブッダよりも先に病気に倒れ、ブッダに最後の予言を残してこの世を去った。

マガダ国

ビンビサーラ

マガダ国国王。
ブッダとは同い年であり、ブッダに対して非常に協力的であり続けた。
ブッダとの出会いはアッサジによる自身の死の予言を受けてからで、その予言による苦しみからブッダが救ってくれると信じていた。
当時シッダルタと名乗っていたブッダに対し、初めて「ブッダ」と呼んだ人物である。
ブッダが悟りを開いてからは竹林精舎を提供し、在家の弟子となった。
ビンビサーラを殺すと予言された息子のアジャセのことを恐れており、愛情よりも恐怖の方が先走っていることがしばしばあった。
故にアジャセのことを自分から遠ざけてしまったが、死ぬ間際にそのことを悔いて、アジャセのことを憐れんだ。

アジャセ

ビンビサーラの息子。
知性に長け、良い国王になると信じられていた。
幼少期からビンビサーラのことを非常に慕っており、自分がビンビサーラを殺すという予言の話をされるのを嫌っていた。
「ブッダがいるからビンビサーラは死の予言のことを忘れられない」と思い込み、ビンビサーラを死の予言から遠ざけるために一度ブッダに矢を射かけた。
それがビンビサーラの逆鱗に触れ、王宮の北の塔に幽閉された。
幽閉生活の中でユーデリカという少女と恋に落ち、駆け落ちを考えたが、そのことがビンビサーラにばれてしまい、ユーデリカは処刑されてしまった。
そのことからアジャセのビンビサーラへの憧憬の念は消えていき、ビンビサーラがダイバダッタの毒に倒れて自身が国王になった際には、ビンビサーラを北の塔へ押し込めた。
ダイバダッタのことを実の兄のように思っており、国王になってからはダイバダッタのために国の力を使うことを惜しまなかった。
しかし、ダイバダッタが亡くなってから額が大きく腫れ始めた。
その腫れを直したのがブッダであり、額の腫れがなくなってからはブッダの弟子になり、自分を憐れんでくれたビンビサーラのために涙を流した。

イダイケ

ビンビサーラの妃。
ビンビサーラがアジャセを恐れることに対して怒りを覚えていた。
ビンビサーラが北の塔へ幽閉されることになった際には、アジャセに許しを乞うたが却下され、ビンビサーラと会うこともままならなくなった。
賄賂を近衛兵に渡すことでなんとかビンビサーラと面会することができ、1日に1食しか与えられていない飢餓状態のビンビサーラに自分の体に塗った蜜を舐めさせて生きながらえさせていた。

ハラゲーイ

マガダ国に仕える国王側近の大臣。
ビンビサーラの時代から大臣の座に就いており、アジャセが王になってからもそれは続いた。
アジャセがビンビサーラを北の塔へ幽閉しようとしたときはそれを止めようとしたが、アジャセの凝り固まった心に勝てず、「長い物には巻かれろ」とそれに従った。

ジーワカ

マガダ国の1番の名医のバラモン。
ユーデリカが疫病にかかった際に、アジャセから言われてユーデリカと他の数人の奴隷女たちを救った。
しかし、ダイバダッタの毒によるビンビサーラの病や、アジャセの額の腫れは治せなかった。

suma719
suma719
@suma719

Related Articles関連記事

火の鳥(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

漫画界の巨匠、手塚治虫の描く壮大な物語が『火の鳥』だ。その血を飲むと永遠の命が得られる伝説の鳥である「火の鳥」。この伝説の鳥を巡り、古代から未来へ、未来から古代へ。またミクロからマクロへ、マクロからミクロへと想像を絶するスケールで世界が流転する。文明の進化と衰退、科学の罪、生命進化、人間の心と、「火の鳥」を狂言回しに、あらゆる要素を紡ぎ、手塚治虫が読者へ送る「究極の物語」だ。

Read Article

PLUTO(プルートウ)のネタバレ解説・考察まとめ

『PLUTO』とは、手塚治虫の作品「鉄腕アトム」の中のエピソード「史上最大のロボット」を原作とした浦沢直樹の漫画作品。 舞台は人間とロボットが共存する世界。世界最高水準の能力を持つ7体のロボットが、次々と何者かに破壊される事件が起きる。7体のロボットの1人・ドイツ刑事ロボットのゲジヒトは、一連の事件に深く関わっているとされる謎のロボット「プルートウ」の正体に迫っていく。

Read Article

ブラック・ジャック(BLACK JACK)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブラック・ジャック(BLACK JACK)』とは、手塚治虫の代表的な漫画作品の1つで、天才無免許医師が法外な治療費と引き換えに多くの怪我や難病を治療していく人間ドラマ作品。1973年~1983年に『週刊少年チャンピオン』で連載され、連載終了後も読み切り作品が掲載された。さらに、他の漫画家の執筆による作品も数多くあり、医療漫画のパイオニアにして、金字塔と言われる。映画、OVA、実写のTVドラマ、アニメなど、さまざまな形で映像化されてきた。

Read Article

テイルズ オブ エクシリア(Tales of Xillia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ エクシリア』とは、2011年にPlayStation3用タイトルとしてバンダイナムコゲームスから発売されたRPG。同シリーズの15周年記念作品である本作は、シリーズ初のダブル主人公を採用し、同シリーズのキャラクターデザインでお馴染みの藤島康介、いのまたむつみが本作のキャラクターデザインを担当。精霊マクスウェルが創造し、人間と精霊が共生する世界リーゼ・マクシアを舞台に、創造主と同じ姓を名乗る謎の女性ミラ=マクスウェルと、医師を志す青年ジュード・マティスの世界を救う物語が描かれる。

Read Article

テイルズ オブ エクシリア2(Tales Of Xillia2)のネタバレ解説・考察まとめ

リーゼ・マクシアとエレンピオスを隔てる断界殻が消えて約1年後。 エレンピオスの首都トリグラフに住む青年ルドガー・ウィル・クルスニク。 就職先へ初日出社日、見知らぬ少女エルと列車テロに巻き込まれる。 事件解決のため奔走する彼だったが多額な借金と分史世界の破壊という使命を背負うこととなってしまう。 「テイルズ オブ」シリーズの本編作品、第14作目。

Read Article

神の手を持つ男 ブラック・ジャックの生い立ちと謎について考察まとめ

手塚治虫の漫画『ブラック・ジャック』。一話完結の作品の中に完璧な人間ドラマを描きだす手塚治虫は間違いなく天才だったといえるでしょう。漫画を読んだことのない人はもちろん、ある人にとってもブラック・ジャックは謎の多い人物です。今回は間黒男がいかにして伝説の無免許医ブラック・ジャックになったのか、ブラック・ジャックとはいったい何者なのか、その本性に迫ります。

Read Article

三つ目がとおる(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『三つ目がとおる』とは、手塚治虫による漫画及び、それを原作とするアニメ作品である。無邪気な性格の中学生、写楽保介は古代種族三つ目族最後の生き残り。額の絆創膏を剥がすと第三の目と共に超知能、超能力を操る冷酷な人格が現れ悪魔のプリンスと化す。写楽は世界征服を目論む一方で、時にクラスメイトの和登さんらと共に古代遺跡絡みの陰謀に巻き込まれる。オカルトブームの中、人気を博し第1回講談社漫画賞を受賞。漫画の神と呼ばれた作者の没後初のアニメ化作品でもある。

Read Article

火の鳥の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『火の鳥』はあの『鉄腕アトム』を生み出した漫画界の巨匠、手塚治虫による『火の鳥(不死鳥)』を題材とした長編漫画である。日本の漫画文化を代表する作品の一つ。仏教の「六道輪廻」の考え方を軸に「死と再生」を主なテーマとした壮大なストーリーとなっている。 全12編ともなる独立したストーリーの舞台が過去と未来を行き来する独特な構成や、宗教思想と漫画の融合が当時画期的であり、現在でも数々の作品に影響を与え続けている。 この記事では、生命の本質や人間の業を説くような火の鳥の名セリフの数々を紹介する。

Read Article

アドルフに告ぐ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『アドルフに告ぐ』とは、漫画家・手塚治虫が手がけた第二次世界大戦中のドイツと日本、そして3人のアドルフについての漫画作品である。『週刊文春』にて1983年1月6日〜1985年5月30日まで連載された。ヒットラー、カウフマン、カミル、3人のアドルフの人生が入り混じり、狂言回しの峠草平を中心に物語が進んでいく。1986年度の第10回講談社漫画賞一般部門を受賞し、手塚治虫の作品の中でもトップクラスの名作である。

Read Article

奇子(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『奇子』とは手塚治虫が小学館『ビッグコミック』に1972年1月25日号から1973年6月25日に連載していた漫画作品。戦後史最大の闇とされた下川事件をモデルにした事件を核に、旧家一族の愛憎劇を絡めた物語となっている。第二次世界大戦直後、天外仁朗(じろう)が外地から復員すると、実家には末の妹・奇子(あやこ)が増えていた。実は奇子は仁朗の義姉と彼の父親の不義の子であり、彼女の存在が家族間に緊張を生む。一方仁朗はGHQのスパイに成り下がり、司令部からの命令で様々な汚れ仕事や諜報活動に手を染めていく。

Read Article

浜崎あゆみ(Ayumi Hamasaki)の徹底解説まとめ

浜崎あゆみとは、キッズモデル・アイドル時代を経て1998年に歌手デビューした福岡県出身のミュージシャン。自らが作詞を手掛ける事が多く、そのストレートな表現で若者たちの心を魅了した。後に総売上枚数が5000万枚を突破し、ソロアーティスト及び女性アーティストとして史上初の快挙を成し遂げた。また、楽曲のみならず彼女のファッションやメイクをお手本にする若者たちが急増し、女子高生のカリスマ的存在に。ファッションリーダーとして、ネイルアート、大きなサングラス、豹柄などを流行させ社会現象となった。

Read Article

【ブラック・ジャック】記念すべき第1話「 医者はどこだ!」のネタバレと感想

「鉄腕アトム」や「火の鳥」「ジャングル大帝」などの名作を世に生み出した手塚治虫先生。そんな彼の作品の中で「医療漫画の傑作」と言われ、現在でも高い支持を集めているのが「ブラック・ジャック」です。今回は2004年に発売された新装版の特徴を踏まえながら、第1巻収録話についてまとめていきます。(※参考画像なし)

Read Article

いつの時代も面白い!テレビアニメ『ブラック・ジャックシリーズ』

どうも。最近話題になっている「ヤング ブラック・ジャック」効果で再びB・Jブームが到来した筆者です。子供の頃に何気なく見ていたストーリーは、今改めて見ると中々に感慨深いものがあったりします。という事で今回は、テレビで連続放送されていたB・J各シリーズを1話無料動画と合わせてご紹介。

Read Article

ぐるなびにて連載のエッセイ漫画【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】をご存知ですか?

田中圭一先生と言えば、漫画界の巨匠・手塚治虫先生の絵柄で下ネタギャグな作風を確立したパイオニア。その田中先生が現在webサイト「ぐるなび」にて、漫画家ご本人とそのご家族にまつわる“食”にスポットを当てたエッセイ漫画を連載しており、これが大変おもしろい!ですのでこちらでは、田中先生の作品を通して、ご自身も漫画家や他分野で活躍されているご家族も紹介させて頂きます。

Read Article

手塚治虫の名作『ブラックジャック』の集大成! 『ブラックジャック大全集』

手塚治虫の名作が最も美しく甦る。 『ブラックジャック』は過去、秋田書店等で何度か単行本化されているが未収録作品がいくつかある。 しかし本書は、過去の単行本化された中で未収録作品が3話と一番少ない。 なお、この3話(「指」・「植物人間」・「快楽の座」)は手塚プロダクションの意向により今後も掲載されることはないため、この『ブラックジャック大全集』が〈完全版〉と言えるだろう。

Read Article

目次 - Contents