V系の礎となったレジェンドたち

V系好きなら絶対聞くべき!Xだけじゃない、すべてはこの人たちが作ったんだ!

GASTUNK

GASTUNK(ガスタンク)は、日本のロックバンド。活動スローガンは「HEARTFUL MELODY」。元々はハードコアシーンにおける活動が中心であったが、メジャーデビューする頃には、メディアからヘヴィメタルバンドとして紹介される事が多くなっていったようである。
X JAPAN、DEAD END、L'Arc〜en〜Ciel、黒夢などのロックバンドが影響を受けたと公言している他、特撮、COCOBAT、BALZACなど国内のパンク、メタルバンドに多大な影響を及ぼした。また、BAKIの白塗りやTATSUの華麗なステージ衣装といったように、ヴィジュアル系の走りでもあった。

出典: ja.wikipedia.org

上の文でも出ていますが、今、一線で活躍する方たちの憧れでもあります。
このあたりからどんどん新しいジャンルが派生していきました。

DEAD END

摩訶不思議なロック・バンド。
たとえば「DEAD ENDとはいかなるバンドなのか?」と問われた場合、あらゆる世代/嗜好の音楽ファンに対して同時に回答しようとすれば、こうした曖昧でつかみどころのない形容に逃げてしまわざるを得ないところがある。

DEAD ENDが生まれ、インディーズの歴史を塗り替えたりメジャーの常識を覆したりしていた1980年代。世界的にヘヴィ・メタルが音楽シーンのメインストリームに大きく侵食していた時代性のなかで、このバンドについてはジャパニーズ・メタルという枠のなかで語られることが多かった。が、彼らはそこに属していたわけではない。確かにその音楽を構成する要素の何割かはメタルだった。が、そこにはパンクの破壊力、グラム・ロックの頽廃的妖艶さ、ゴシックな闇、プログレ的緻密さ、文学の匂い、さらには往年の歌謡ポップスに通ずる普遍性すらも含まれていた。

難解さと明快さを同時に持ち合わせていた、という言い方も可能かもしれない。言い換えるならば、単純な構造をしているわけではない人間同士が、各々の個性を押し殺すことなくストレートな表現を行なっていたということであり、そうしてメンバー同士がぶつかりあったときに生じる爆発こそがDEAD ENDの音楽だった、ということである。

出典: dead-end.jp

活動を再開されたので、若い方でも知っている方はたくさんいらっしゃると思います。
ガスタンクと同じようにバンドマン達の憧れで、みんな競うようにMORRIEさんの真似をしていました。
今でもV系にその流れは残っています。
パンクもメタルもなんでもありな時代でした。

BUCK-TICK

BUCK-TICKは、日本のロックシーンが急激に加速し始めた80年代中頃から活動を続けるワンアンドオンリーなロックバンド。
現在活躍するアーティスト達にも今もなお、多大な影響を与え続けている。

1987年にメジャーデビューを果たし、まさに“バクチク現象”と言える多大な影響をシーンに与え、1989年にリリースされたサードアルバム『TABOO』でチャート第1位を獲得し名実共にトップアーティストの仲間入りを果たす。

その後も独特なポップセンスとダークな世界観を深く掘り下げていく一方で、ブレイクビーツ、ドラムンベース、エレクトロニカ etc...常にその時代の先鋭的な要素を積極的に取り入れ、まさにBUCK-TICKでしか成し得ない独自の音楽性を提示しながらも、今なお進化し続けている。

出典: www.jvcmusic.co.jp

メンバーチェンジもなく一度も活動を停止することなく続いているBUCK-TICK。
メンバーそれぞれが違う色を持ち、まさに唯一無二の世界観で時代関係なくカッコイイ音楽を作り続けています。

X JAPAN

X JAPAN(エックス・ジャパン)は、日本のヴィジュアル系ロックバンド[1]。1989年にX(エックス)としてメジャーデビュー。その後1992年に現在のX JAPANに改名。1997年9月22日に解散発表、同年12月31日に解散したが、2007年10月22日に再結成した。通称はX。
1982年、千葉県館山市で当時高校生だったYOSHIKIとToshlを中心に結成。LAメタルに影響を受けた派手なルックスで、後続のバンドに大きな影響を与えた。

出典: ja.wikipedia.org

言わずと知れたこのバンド。
V系の元祖だと思っている人がいる通り、当時の黒服系・お化粧系を世間に知らしめたのはX JAPANなのではないでしょうか。
記載の写真のhideとTAIJIが亡くなりました。
TAIJI脱退後にHEATHが加わり、hideの死後LUNA SEAのSUGIZOが加わりました。
hideのポジションは現在も残っており、ギターはhide、PATA、SUGIZOの3人の扱いとなります。

COLOR

「東のX, 西のCOLOR」と称される程の人気を誇った元祖ヴィジュアル系ロックバンドである。メタルの要素が強いXに対して、COLORは初期パンク・ロックを基礎にしていた。

1988年発売した初のオリジナルアルバム「激突」に見られるようにパンキッシュで今のメロコアにも通じる高速なサウンドと、ド派手な腰まである頭髪を赤や青に染め逆立てたファッション、反社会的な歌詞と、DYNAMITE TOMMYの常に危うさが滲み出るきな臭い私生活が生み出すライフスタイルが、関西のシーンで注目され、1989年日本クラウンよりメジャーデビュー。

出典: ja.wikipedia.org

フリーウィル代表ダイナマイトトミーさんのバンドです。
その名は若いバンギャルちゃんでも知っています。

LK168
LK168
@LK168

Related Articles関連記事

ブッダ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

ブッダ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブッダ』とは、漫画家・手塚治虫が手がけた、仏教を生み出した釈迦こと「ブッダ」の物語についての漫画作品である。少年漫画雑誌『希望の友』(潮出版社)にて、1972年〜1982年まで連載された。後のブッダである主人公「ゴータマ・シッダルタ」が苦悩しつつ仏教をどのように悟ったのかを描き出している。実在の人物と手塚治虫自身の創作の人物が入り混じっているも、2000万部を超える売り上げを記録し、非常に評価されている作品である。

Read Article

【GLAY】人気バンドメンバーの意外な本名を公開!出身地・略歴も【X JAPAN】

【GLAY】人気バンドメンバーの意外な本名を公開!出身地・略歴も【X JAPAN】

今をときめく人気バンド。メンバーの名前を1人1人眺めてみると、だいたいみんなローマ字で表記されていますよね。そんな彼らの本名が気になるという方も多いのではないでしょうか。この記事では、メンバーの本名が公開されている人気バンドについてまとめました。意外とどこにでもいそうな普通の名前の場合もあれば、本名からしてスター性が感じられる人もいるのが面白いですね。

Read Article

【hide】悲しすぎる…ヴィジュアル系バンドメンバーの訃報【TAIJI】

【hide】悲しすぎる…ヴィジュアル系バンドメンバーの訃報【TAIJI】

独特のメイクやノリ、サウンドでファンを魅了してやまないヴィジュアル系バンド。そのメンバーの中には死が報じられた方も多くいます。自殺、不慮の死、病気など、人気絶頂にあった人物が亡くなるのは辛いものですね…。この記事では、そんなV系バンドメンバーの死を巡る話についてまとめています。

Read Article

自殺ではなく事故死!?hideが最晩年に遺した曲達を紐解く!

自殺ではなく事故死!?hideが最晩年に遺した曲達を紐解く!

1998年、衝撃的な「自殺」を遂げファンのみならず世間を驚かせた、元X JAPANのhide氏。数多の伝説を持つ彼ですが、どうやら「事故死じゃないか」との見方もある模様。死後20年近く経っても未発表曲が発売されるほどの人気や話題は、単に「若くしてショッキングな死に方をした」ためではないのです。そんな彼が「最晩年」に遺した曲の一部をご紹介。

Read Article

【自殺】いったいなぜ…自ら命を絶った芸能人・著名人たち

【自殺】いったいなぜ…自ら命を絶った芸能人・著名人たち

苦悩、絶望、漠然とした不安に耐えられず自ら命を絶ってしまう人々がいる。自殺というあまりに悲しい人生の終焉を誰かが選んだ時、その周囲にいる人々もまた「どうしてその苦しみに気付けなかったのか、教えてくれなかったのか」と大きな衝撃を受ける。それがテレビなどで働く著名人であれば、ショックを受ける人の数も膨大なものとなる。 ここでは、世間に衝撃を与えた「自殺した芸能人・著名人」を紹介する。

Read Article

ようやく国が動き出した…?X JAPANの元メンバーTAIJIの死を巡る謎

ようやく国が動き出した…?X JAPANの元メンバーTAIJIの死を巡る謎

超人気ロックバンドX JAPANのベーシストとして活躍してきたTAIJI。そんな彼が2011年にあるトラブルがもとで自殺を図り、そのまま帰らぬ人となってしまいました。ところが、その死については不審な点も多く、5年の時を経てついに国が真相究明に向けて動き出したようです。この記事では、そんなTAIJIの死を巡る謎についてまとめました。

Read Article

良からぬ噂も!?不可解な自殺を遂げた芸能人・著名人まとめ

良からぬ噂も!?不可解な自殺を遂げた芸能人・著名人まとめ

芸能人・著名人の訃報が飛び込んでくると多くの人々が驚きや悲しみに包まれる。一方その最期が「自殺」であった場合、報道番組や雑誌などで連日のように取り上げられ、自殺の原因が何だったのかという噂話が囁かれることも珍しくない。中には犯罪めいた「良からぬ噂」をたてられることもあるのだ。本記事では「不可解な自殺」をした芸能人・著名人たちをまとめて紹介する。

Read Article

【hide】30~35歳で亡くなった芸能人・有名人まとめ【中島忠幸】

【hide】30~35歳で亡くなった芸能人・有名人まとめ【中島忠幸】

「人生80年」とはよく聞く言葉ですが、実際には早くに亡くなってしまう方もいますよね。各界でもそれは同じで、まだ30代という若さでありながら逝去された方がいます。この記事では、そんな国内外の芸能人・有名人についてまとめました。直接の知り合いではなくても、あまりにも早すぎる死はやっぱり衝撃だし、「まだまだ人生これからなのに…」と悔しい気持ちになるもの。次に生まれ変わってくる時は長生きしてほしいなと願うばかりです。

Read Article

YOSHIKIがミュージックステーション(Mステ)でやらかした当て振りが放送事故レベル!

YOSHIKIがミュージックステーション(Mステ)でやらかした当て振りが放送事故レベル!

『ミュージックステーション』といえば、タモリが司会を務める長寿音楽番組として有名ですよね。ある時、X JAPANが17年ぶりに当番組に出演した回で事件は起こりました。YOSHIKIがドラムから離れた時に音源からドラム音が流れてしまい、当て振りをしていることがバレてしまったのです。当て振りとは、カラオケの音源に合わせていかにも直接演奏しているかのような「振り」をすること。YOSHIKIの場合は以前にも何回かやらかしていたようで、ファンの間ではもはやネタにされているのが面白いですね。

Read Article

洗脳された?X JAPAN・ToshIの語った恐怖と解放

洗脳された?X JAPAN・ToshIの語った恐怖と解放

人気ロックバンド「X JAPAN」のボーカリストとして活躍が光るToshI。そんな彼に、かつて洗脳騒動が起こったことをご存知でしょうか。12年間で15億円以上も奪われたとのことで、一般人にはとても信じられないような話です。この記事では、そんなToshIの洗脳騒動についてまとめました。なんとも壮絶な経験をされているのですね…。

Read Article

目次 - Contents