X JAPAN聴くならこれをこれを聴け「バラード編」

X JAPANといえばバラードも大人気。
ライブでの大合唱でも有名ですね。

ALIVE

作詞、作曲:YOSHIKI
インディーズ時のアルバム、「Vanishing Vision」に収録されています。
インディーズながら完成度は高くドラマティックな展開が繰り広げられます。
イントロにはベートーヴェンの「月光」が使われ、一見クラシカルな印象ですがギターが唸るロックなバラードです。

UNFINISHED

(作詞・作曲:YOSHIKI / 編曲:X)
『Vanishing Vision』では未完成だったが、本作では完全なものが収録された。この曲で『ミュージックステーション』にも出演した。

出典: ja.wikipedia.org

メジャーデビューアルバム「BLUE BLOOD」に収録。
「BLUE BLOOD」版の方が人気も高いようです。

ENDLESS RAIN

作詞、作曲 :YOSHIKI
メジャーから2枚目のシングルで初のバラード。
バラード嫌いだったhideにギターソロを作るよう、YOSHIKIが頼んだそうです。
そしてhideはテレビインタビューで「歌うギターソロは楽しかった」と答えています。
今でも愛されている一曲です。

Voiceless Screaming

(作詞:TOSHI 作曲:TAIJI 編曲:X)
レコーディング中に喉を潰してしまったToshlが、自分自身をモデルに作詞。
曲は89年夏頃に原型が完成しており、10分を超える組曲にする予定もあったが最終的にバラードとなった。
この曲ではほとんどののギターをTAIJIがひとりで演奏しており(ソロの後半部分だけTAIJI・TOSHI・クルーの一人による3人のギター演奏になっている[10])、HIDEとPATAは演奏に参加していない。その卓越した演奏はHIDEをして「俺には弾けない」、PATAも「TAIJIほど上手くは弾けない」と言わしめたほど。ライブではPATAとTAIJIのふたりで演奏されていた。なおこの曲を演奏する秘訣はTAIJI本人いわく「フォークソングを勉強すること」だそう。
TAIJIは脱退後に自身のバンドであるD.T.Rで「Voiceless」として、TAIJI with HEAVEN'Sで「Voiceless Screaming ~from Heavens」としてカバーしている。TOSHIソロライブでも演奏されていた。

出典: ja.wikipedia.org

Say Anything

作詞、作曲:YOSHIKI
X名義では最後のシングルにして、X時代の最大のヒット作となりました。
美しいストリングスで始まる9分弱の大作です。
絡み合うギターソロもTOSHIの澄んだ高音も美しい壮大なバラードです。

『Jealousy』はYOSHIKIの体調不良などでレコーディングが遅れていた上に、CBS・ソニーの株式上場のために発売日が当初の予定より大幅に早まった。そのため「ART OF LIFE」や「Standing Sex」の収録は見送られたが、YOSHIKIが『Jealousy』のエンディングにと考えていた「Say Anything」は、ロサンゼルスでのレコーディング期限が終了し、日本に帰国した後にもCBSソニー信濃町スタジオで数時間のボーカルレコーディングが続けられ、結果として完全に満足いくものではなかったものの、『Jealousy』のリリースに間に合わせた。そのためYOSHIKIが“打倒「ENDLESS RAIN」を目指して書いた”楽曲であるものの、「失敗作」と振り返る。
この曲はキーも高く後半は高音パートが連続するゆえ、レコーディングは終了時にToshIが吐血したといわれるほど難航した。

出典: ja.wikipedia.org

Tears

作詞:白鳥瞳 & YOSHIKI 作曲:YOSHIKI
YOSHIKIが亡き父を想い、書き上げた曲としても有名です。
演奏時間は「Say Anything」を上回る大作。
小泉元総理のお気に入りの曲であり、ヴォーカルTOSHIのお気に入りでもあります。
X JAPAN名義の一作目にして、バンドとしても最大のヒットとなりました。

Longing 〜跡切れたmelody〜

作詞・作曲:YOSHIKI
Xならではの王道的なバラードです。
発売されたのはバンドとしては後期になりますが、作られたのはまだX名義の時代。
他のバラードのインパクトが強いですが、こちらも美しいバラードです。

Forever Love

LK168
LK168
@LK168

Related Articles関連記事

ブッダ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

ブッダ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブッダ』とは、漫画家・手塚治虫が手がけた、仏教を生み出した釈迦こと「ブッダ」の物語についての漫画作品である。少年漫画雑誌『希望の友』(潮出版社)にて、1972年〜1982年まで連載された。後のブッダである主人公「ゴータマ・シッダルタ」が苦悩しつつ仏教をどのように悟ったのかを描き出している。実在の人物と手塚治虫自身の創作の人物が入り混じっているも、2000万部を超える売り上げを記録し、非常に評価されている作品である。

Read Article

【GLAY】人気バンドメンバーの意外な本名を公開!出身地・略歴も【X JAPAN】

【GLAY】人気バンドメンバーの意外な本名を公開!出身地・略歴も【X JAPAN】

今をときめく人気バンド。メンバーの名前を1人1人眺めてみると、だいたいみんなローマ字で表記されていますよね。そんな彼らの本名が気になるという方も多いのではないでしょうか。この記事では、メンバーの本名が公開されている人気バンドについてまとめました。意外とどこにでもいそうな普通の名前の場合もあれば、本名からしてスター性が感じられる人もいるのが面白いですね。

Read Article

【hide】悲しすぎる…ヴィジュアル系バンドメンバーの訃報【TAIJI】

【hide】悲しすぎる…ヴィジュアル系バンドメンバーの訃報【TAIJI】

独特のメイクやノリ、サウンドでファンを魅了してやまないヴィジュアル系バンド。そのメンバーの中には死が報じられた方も多くいます。自殺、不慮の死、病気など、人気絶頂にあった人物が亡くなるのは辛いものですね…。この記事では、そんなV系バンドメンバーの死を巡る話についてまとめています。

Read Article

自殺ではなく事故死!?hideが最晩年に遺した曲達を紐解く!

自殺ではなく事故死!?hideが最晩年に遺した曲達を紐解く!

1998年、衝撃的な「自殺」を遂げファンのみならず世間を驚かせた、元X JAPANのhide氏。数多の伝説を持つ彼ですが、どうやら「事故死じゃないか」との見方もある模様。死後20年近く経っても未発表曲が発売されるほどの人気や話題は、単に「若くしてショッキングな死に方をした」ためではないのです。そんな彼が「最晩年」に遺した曲の一部をご紹介。

Read Article

【自殺】いったいなぜ…自ら命を絶った芸能人・著名人たち

【自殺】いったいなぜ…自ら命を絶った芸能人・著名人たち

苦悩、絶望、漠然とした不安に耐えられず自ら命を絶ってしまう人々がいる。自殺というあまりに悲しい人生の終焉を誰かが選んだ時、その周囲にいる人々もまた「どうしてその苦しみに気付けなかったのか、教えてくれなかったのか」と大きな衝撃を受ける。それがテレビなどで働く著名人であれば、ショックを受ける人の数も膨大なものとなる。 ここでは、世間に衝撃を与えた「自殺した芸能人・著名人」を紹介する。

Read Article

良からぬ噂も!?不可解な自殺を遂げた芸能人・著名人まとめ

良からぬ噂も!?不可解な自殺を遂げた芸能人・著名人まとめ

芸能人・著名人の訃報が飛び込んでくると多くの人々が驚きや悲しみに包まれる。一方その最期が「自殺」であった場合、報道番組や雑誌などで連日のように取り上げられ、自殺の原因が何だったのかという噂話が囁かれることも珍しくない。中には犯罪めいた「良からぬ噂」をたてられることもあるのだ。本記事では「不可解な自殺」をした芸能人・著名人たちをまとめて紹介する。

Read Article

ようやく国が動き出した…?X JAPANの元メンバーTAIJIの死を巡る謎

ようやく国が動き出した…?X JAPANの元メンバーTAIJIの死を巡る謎

超人気ロックバンドX JAPANのベーシストとして活躍してきたTAIJI。そんな彼が2011年にあるトラブルがもとで自殺を図り、そのまま帰らぬ人となってしまいました。ところが、その死については不審な点も多く、5年の時を経てついに国が真相究明に向けて動き出したようです。この記事では、そんなTAIJIの死を巡る謎についてまとめました。

Read Article

洗脳された?X JAPAN・ToshIの語った恐怖と解放

洗脳された?X JAPAN・ToshIの語った恐怖と解放

人気ロックバンド「X JAPAN」のボーカリストとして活躍が光るToshI。そんな彼に、かつて洗脳騒動が起こったことをご存知でしょうか。12年間で15億円以上も奪われたとのことで、一般人にはとても信じられないような話です。この記事では、そんなToshIの洗脳騒動についてまとめました。なんとも壮絶な経験をされているのですね…。

Read Article

目次 - Contents