ブッダ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブッダ』とは、漫画家・手塚治虫が手がけた、仏教を生み出した釈迦こと「ブッダ」の物語についての漫画作品である。少年漫画雑誌『希望の友』(潮出版社)にて、1972年〜1982年まで連載された。後のブッダである主人公「ゴータマ・シッダルタ」が苦悩しつつ仏教をどのように悟ったのかを描き出している。実在の人物と手塚治虫自身の創作の人物が入り混じっているも、2000万部を超える売り上げを記録し、非常に評価されている作品である。

一方その頃、タッタとミゲーラは盗賊団として生計を立てていた。
偶然捕まえたサモンである「デーパ」に対して、ミゲーラは「サモンなら苦行をしているはず」と自らの目を焼くように促した。
デーパは実際に片目を焼いて見せ、ミゲーラは感心し自らの苦痛を話した。
すると、デーパは「ナラダッタ」の存在を口にし、ミゲーラはナラダッタに会いに行くことにする。
ナラダッタは森の中に住んでおり、衣服を身につけず4本足で歩き、言葉も話さず、まさに獣のような姿をしていた。
ナラダッタの目が太陽を見つめたことで潰れてしまっていることを知ったミゲーラは、「なぜわざわざこんな苦しむようなことを選んで生活しているのか」とデーパに尋ねた。
そこでデーパに「人間は苦しむために生きている」と告げられ、苦しむことで来世で報われると諭されたミゲーラは納得しきっていない様子で肩を落として帰っていった。
出家を決意したシッダルタだったが、妃のヤショダラが子を身ごもってしまった。
その子が自分が出家するための「障碍」となると考えたシッダルタは、「障碍」の意である「ラーフラ」を子供に名付けるようにヤショダラに言いつけた。

ヤショダラの子を授かったという告白に対して、シッダルタは「ラーフラ」という名前をつけるように言った

その後、シッダルタは王宮の屋根で断食の苦行を始めた。
心配するヤショダラに、シッダルタは「悪魔よ去れ!」と言い放ち、決心は非常に固いものだった。

五人の行者

その頃、バンダカは王室の大臣の1人に、カピラヴァストウの王になることを提案されていた。
その大臣はシッダルタがいなくなれば問題なくバンダカが王になれると言い、ヤショダラが近くにいることも伝えた。
ヤショダラの元へ向かったバンダカは、ある方法でシッダルタが苦行をやめるようにしてやると提案し、ヤショダラはすがる思いでそれを飲んだ。
ある方法とは、バンダカの知り合いのバラモンにシッダルタを説得させることだった。
5人のバラモンを連れてシッダルタの元へ向かったバンダカは、5人のバラモンがシッダルタを屋根の上から降りさせることに成功するのを見て狂喜した。

シッダルタを苦行に誘う五人の行者

シッダルタは、5人のバラモンに共に修行をしようと誘われたのだった。
王宮を出て行こうとするシッダルタを追うヤショダラだったが、バンダカに止められてしまう。
バンダカはヤショダラを無理矢理にでも手篭めにしようとし、ヤショダラはシッダルタに助けを求める悲鳴をあげた。
ヤショダラを救うために一度王宮に戻ったシッダルタは、バンダカに決闘を申し込まれ、剣を渡されるが、シッダルタはその剣を池に放った。
剣を向けてくるバンダカに対して、その剣を握ってみせ、自分には剣は全く通じないということを示して見せた。
そのシッダルタの確固たる決心と行為に、バンダカは敵わないと感じヤショダラを諦め、シッダルタはしばらくは王宮に留まることにした。

旅立ちの朝

髪を切り落としたシッダルタ。

ヤショダラはやがて男子を産み、その7日後にシッダルタはその子と対面し、スッドーダナ王から王位を受け継ぐことになった。
ヤショダラはシッダルタの言った通りに子供に「ラーフラ」と名付けた。
しかし、王位を受け継ぐ前の晩に、スッドーダナ王の元にシッダルタの影が現れ、出家することをスッドーダナ王に伝えた。
スッドーダナ王は引き止めようと必死になって説得したが、シッダルタの決意は固く、とうとうスッドーダナ王も諦めてしまった。
その頃、シッダルタは王宮を抜け出していた。
愛馬カンタカに乗り、遠くの湖まで来たシッダルタは髪を切り落とし、立派な僧となった。

バンダカの死

シッダルタが去った後、カピラヴァストウはいまだにコーサラ国からの嫌がらせに苦しめられていた。
困り切ったスッドーダナ王はバンダカを王にすることを決意した。
正式に王になったバンダカは再びヤショダラを狙うも、ヤショダラはバンダカと結ばれるくらいなら死を選ぶと頑なで、その頑なさにバンダカは諦め、他のシャカ族の貴族と子を作った。
子供の名を「ダイバダッタ」と名付けたバンダカは、いつかダイバダッタをシッダルタにけしかけることを目論む。
コーサラ国の侵攻が起こったと聞いたバンダカは、的確な指示でコーサラ国の軍隊を退けることに成功したが、槍を受けてしまい、死亡した。

槍を受けてしまったバンダカ

苦行

サモンとなったシッダルタは、旅の途中で猟師に出会い、猟師の家に泊めてもらうことにした。
そこには偶然にもデーパがおり、デーパはシッダルタにサモンとしての苦行について教えた。

猟師の父親はアッサジのことを「できがいい」と嘘をつき、シッダルタとデーパの2人について行かせて、厄介払いをしようとした

猟師の男は、たくさんの子供達の中でも頭が弱くて手がかかり、邪魔者である「アッサジ」を「サモンにしてやってくれ」と、デーパとシッダルタに押し付けようとした。
デーパもシッダルタも流石に面倒を見きれないと感じ、アッサジを放って修行に出た。
デーパはシッダルタに苦行のなんたるかを身をもって示すが、シッダルタは「自分を苦しませるだけの行為などばかばかしい」と感じていた。
修行の旅の途中、バッカワという苦行者に会いにいったシッダルタとデーパだったが、バッカワは苦行の末に死亡していた。
デーパはそれを偉大だと言うも、シッダルタは「生きることが大事」だと反発した。
そこへ、盗賊団であるタッタたちが現れた。
タッタはシッダルタにカピラヴァストウの王になって、コーサラ国を倒してもらおうと考えていたのだ。
タッタはシッダルタに王族に戻って王となるように要求するも、シッダルタは頑なに拒んだ。
その言葉を聞いてタッタは「ならばシッダルタについていく」と言い出したため、タッタたちを撒くためにシッダルタとデーパは馬を奪ってその場を逃げ出した。
タッタの部下たちに追い回されることになり、小さな洞窟に逃げ込むも、そこへアッサジが現れた。
アッサジはタッタの部下にシッダルタとデーパの嘘の居どころを教え、2人を救った。
だがそれでもシッダルタとデーパはアッサジを連れて行こうとはしなかった。

弱肉強食

バンダカの子・ダイバダッタは継父にいじめられていた。
ダイバダッタは実の父親がいないことから同級生にもいじめられ、非常に臆病な性格になっていた。
ある日、ダイバダッタが同級生と遠足していた時、ダイバダッタはトゲが刺さったキツネの子供のトゲを抜いてやった。
ちょうどその時、暴れ象が現れ、ダイバダッタを含む子供達を踏みつぶそうと突進してきた。
穴倉に逃げ込んだ子供達だったが、喉の渇きに襲われる。
そこでダイバダッタは水を発見したが、他の子供達には譲るつもりはなく、無理やり奪いに来た子供の頭に岩をぶつけ、殺害していった。

全ての級友を殺したところを発見されたダイバダッタ

そのことで罪に問われ、ダイバダッタは狼に八つ裂きにされるという処刑を受けることになった。
そこに狐が現れ、ダイバダッタを連れて自らのねぐらに戻った。
そこには、ダイバダッタがトゲを抜いてやったキツネの子供がいた。
ダイバダッタは恩返しをされたのだった。
ダイバダッタはキツネに育てられ、キツネとして成長していった。
時には狩りごっこで無駄な殺生をし、キツネの親にお仕置きされることもあったが、キツネの親とキツネの子のことを本当の家族のように感じていた。
そして乾燥期がやってきた。
食べ物も水もなく、キツネたちとダイバダッタは弱っていき、キツネの親は死んでしまう。
なんとか水を確保するも、餌を捕まえるためにキツネの子と狩りをしていたところ、キツネの子はヒョウに食われてしまった。
ひとりぼっちになってしまったダイバダッタのところにナラダッタが現れ、食べ物を分けてくれるようになった。
ナラダッタはダイバダッタに「強いものは勝ち、弱いものは滅びる」ということを教え、ダイバダッタの考え方に大きな影響を与えた。

老婆と浮浪児

ある時、ダイバダッタは川に現れた人間に対して「ここはぼくのなわばりだ」と飛びかかってしまい、その結果人間に捕らえられてしまう。
ナラダッタはダイバダッタは人間に育てられた方がいいと感じ、ダイバダッタを救おうとはしなかった。
捕らえられたダイバダッタは見世物として狼と戦わせられそうになったが、けもの同士で気持ちが通ったのか戦いにはならず、ダイバダッタは見世物の檻を破って脱出した。
ダイバダッタは様々なところに水や食べ物を求めて彷徨うも、どこでも救ってはもらえず袋叩きにあった。
最終的にダイバダッタが逃げ込んだ場所には1人の老婆がおり、その老婆に薬をもらってなんとかその場をしのいだ。

suma719
suma719
@suma719

Related Articles関連記事

火の鳥(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

漫画界の巨匠、手塚治虫の描く壮大な物語が『火の鳥』だ。その血を飲むと永遠の命が得られる伝説の鳥である「火の鳥」。この伝説の鳥を巡り、古代から未来へ、未来から古代へ。またミクロからマクロへ、マクロからミクロへと想像を絶するスケールで世界が流転する。文明の進化と衰退、科学の罪、生命進化、人間の心と、「火の鳥」を狂言回しに、あらゆる要素を紡ぎ、手塚治虫が読者へ送る「究極の物語」だ。

Read Article

PLUTO(プルートウ)のネタバレ解説・考察まとめ

『PLUTO』とは、手塚治虫の作品「鉄腕アトム」の中のエピソード「史上最大のロボット」を原作とした浦沢直樹の漫画作品。 舞台は人間とロボットが共存する世界。世界最高水準の能力を持つ7体のロボットが、次々と何者かに破壊される事件が起きる。7体のロボットの1人・ドイツ刑事ロボットのゲジヒトは、一連の事件に深く関わっているとされる謎のロボット「プルートウ」の正体に迫っていく。

Read Article

ブラック・ジャック(BLACK JACK)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブラック・ジャック(BLACK JACK)』とは、手塚治虫の代表的な漫画作品の1つで、天才無免許医師が法外な治療費と引き換えに多くの怪我や難病を治療していく人間ドラマ作品。1973年~1983年に『週刊少年チャンピオン』で連載され、連載終了後も読み切り作品が掲載された。さらに、他の漫画家の執筆による作品も数多くあり、医療漫画のパイオニアにして、金字塔と言われる。映画、OVA、実写のTVドラマ、アニメなど、さまざまな形で映像化されてきた。

Read Article

テイルズ オブ エクシリア(Tales of Xillia)のネタバレ解説・考察まとめ

『テイルズ オブ エクシリア』とは、2011年にPlayStation3用タイトルとしてバンダイナムコゲームスから発売されたRPG。同シリーズの15周年記念作品である本作は、シリーズ初のダブル主人公を採用し、同シリーズのキャラクターデザインでお馴染みの藤島康介、いのまたむつみが本作のキャラクターデザインを担当。精霊マクスウェルが創造し、人間と精霊が共生する世界リーゼ・マクシアを舞台に、創造主と同じ姓を名乗る謎の女性ミラ=マクスウェルと、医師を志す青年ジュード・マティスの世界を救う物語が描かれる。

Read Article

テイルズ オブ エクシリア2(Tales Of Xillia2)のネタバレ解説・考察まとめ

リーゼ・マクシアとエレンピオスを隔てる断界殻が消えて約1年後。 エレンピオスの首都トリグラフに住む青年ルドガー・ウィル・クルスニク。 就職先へ初日出社日、見知らぬ少女エルと列車テロに巻き込まれる。 事件解決のため奔走する彼だったが多額な借金と分史世界の破壊という使命を背負うこととなってしまう。 「テイルズ オブ」シリーズの本編作品、第14作目。

Read Article

神の手を持つ男 ブラック・ジャックの生い立ちと謎について考察まとめ

手塚治虫の漫画『ブラック・ジャック』。一話完結の作品の中に完璧な人間ドラマを描きだす手塚治虫は間違いなく天才だったといえるでしょう。漫画を読んだことのない人はもちろん、ある人にとってもブラック・ジャックは謎の多い人物です。今回は間黒男がいかにして伝説の無免許医ブラック・ジャックになったのか、ブラック・ジャックとはいったい何者なのか、その本性に迫ります。

Read Article

三つ目がとおる(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『三つ目がとおる』とは、手塚治虫による漫画及び、それを原作とするアニメ作品である。無邪気な性格の中学生、写楽保介は古代種族三つ目族最後の生き残り。額の絆創膏を剥がすと第三の目と共に超知能、超能力を操る冷酷な人格が現れ悪魔のプリンスと化す。写楽は世界征服を目論む一方で、時にクラスメイトの和登さんらと共に古代遺跡絡みの陰謀に巻き込まれる。オカルトブームの中、人気を博し第1回講談社漫画賞を受賞。漫画の神と呼ばれた作者の没後初のアニメ化作品でもある。

Read Article

火の鳥の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『火の鳥』はあの『鉄腕アトム』を生み出した漫画界の巨匠、手塚治虫による『火の鳥(不死鳥)』を題材とした長編漫画である。日本の漫画文化を代表する作品の一つ。仏教の「六道輪廻」の考え方を軸に「死と再生」を主なテーマとした壮大なストーリーとなっている。 全12編ともなる独立したストーリーの舞台が過去と未来を行き来する独特な構成や、宗教思想と漫画の融合が当時画期的であり、現在でも数々の作品に影響を与え続けている。 この記事では、生命の本質や人間の業を説くような火の鳥の名セリフの数々を紹介する。

Read Article

アドルフに告ぐ(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『アドルフに告ぐ』とは、漫画家・手塚治虫が手がけた第二次世界大戦中のドイツと日本、そして3人のアドルフについての漫画作品である。『週刊文春』にて1983年1月6日〜1985年5月30日まで連載された。ヒットラー、カウフマン、カミル、3人のアドルフの人生が入り混じり、狂言回しの峠草平を中心に物語が進んでいく。1986年度の第10回講談社漫画賞一般部門を受賞し、手塚治虫の作品の中でもトップクラスの名作である。

Read Article

奇子(手塚治虫)のネタバレ解説・考察まとめ

『奇子』とは手塚治虫が小学館『ビッグコミック』に1972年1月25日号から1973年6月25日に連載していた漫画作品。戦後史最大の闇とされた下川事件をモデルにした事件を核に、旧家一族の愛憎劇を絡めた物語となっている。第二次世界大戦直後、天外仁朗(じろう)が外地から復員すると、実家には末の妹・奇子(あやこ)が増えていた。実は奇子は仁朗の義姉と彼の父親の不義の子であり、彼女の存在が家族間に緊張を生む。一方仁朗はGHQのスパイに成り下がり、司令部からの命令で様々な汚れ仕事や諜報活動に手を染めていく。

Read Article

浜崎あゆみ(Ayumi Hamasaki)の徹底解説まとめ

浜崎あゆみとは、キッズモデル・アイドル時代を経て1998年に歌手デビューした福岡県出身のミュージシャン。自らが作詞を手掛ける事が多く、そのストレートな表現で若者たちの心を魅了した。後に総売上枚数が5000万枚を突破し、ソロアーティスト及び女性アーティストとして史上初の快挙を成し遂げた。また、楽曲のみならず彼女のファッションやメイクをお手本にする若者たちが急増し、女子高生のカリスマ的存在に。ファッションリーダーとして、ネイルアート、大きなサングラス、豹柄などを流行させ社会現象となった。

Read Article

【ブラック・ジャック】記念すべき第1話「 医者はどこだ!」のネタバレと感想

「鉄腕アトム」や「火の鳥」「ジャングル大帝」などの名作を世に生み出した手塚治虫先生。そんな彼の作品の中で「医療漫画の傑作」と言われ、現在でも高い支持を集めているのが「ブラック・ジャック」です。今回は2004年に発売された新装版の特徴を踏まえながら、第1巻収録話についてまとめていきます。(※参考画像なし)

Read Article

いつの時代も面白い!テレビアニメ『ブラック・ジャックシリーズ』

どうも。最近話題になっている「ヤング ブラック・ジャック」効果で再びB・Jブームが到来した筆者です。子供の頃に何気なく見ていたストーリーは、今改めて見ると中々に感慨深いものがあったりします。という事で今回は、テレビで連続放送されていたB・J各シリーズを1話無料動画と合わせてご紹介。

Read Article

ぐるなびにて連載のエッセイ漫画【田中圭一のペンと箸-漫画家の好物-】をご存知ですか?

田中圭一先生と言えば、漫画界の巨匠・手塚治虫先生の絵柄で下ネタギャグな作風を確立したパイオニア。その田中先生が現在webサイト「ぐるなび」にて、漫画家ご本人とそのご家族にまつわる“食”にスポットを当てたエッセイ漫画を連載しており、これが大変おもしろい!ですのでこちらでは、田中先生の作品を通して、ご自身も漫画家や他分野で活躍されているご家族も紹介させて頂きます。

Read Article

手塚治虫の名作『ブラックジャック』の集大成! 『ブラックジャック大全集』

手塚治虫の名作が最も美しく甦る。 『ブラックジャック』は過去、秋田書店等で何度か単行本化されているが未収録作品がいくつかある。 しかし本書は、過去の単行本化された中で未収録作品が3話と一番少ない。 なお、この3話(「指」・「植物人間」・「快楽の座」)は手塚プロダクションの意向により今後も掲載されることはないため、この『ブラックジャック大全集』が〈完全版〉と言えるだろう。

Read Article

目次 - Contents