龍が如く 維新!(Yakuza Ishin)のネタバレ解説まとめ

PS3・PS4対応のアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品。
今作は、主人公の桐生一馬を坂本龍馬(斉藤一)としてキャラ設定を変え、坂本龍馬が生きた幕末の時代を舞台にしたアクションアドベンチャーとなっている。
キャッチコピーは「かつて日本には、英雄がいた。」。

幕府の人々

徳川慶喜(とくがわ よしのぶ)

CV:徳重聡

江戸幕府第十五代征夷大将軍。
徳川幕府300年の歴史において、最も困難な局面の舵取りを担っている男で、若いながらもその知力・胆力は歴代将軍の中でも突出しており、剣の腕も超一流。

幕府の維持にのみ奔走する幕臣たちの中にあって唯一、この国のために「成すべき事」に気づいている。
しかし、将軍という立場がその決断を許さず、責務と理想の狭間で苦悩し続けていた。

佐々木只三郎(ささき たださぶろう)

CV:西凜太朗

将軍家直参の武士のみで構成される、新選組と対をなす戦闘集団「京都見廻組(きょうとみまわりぐみ)」の筆頭格の男。

事あるごとに新選組の前へその姿を現し、立ち塞がっては敵視してくるが、その実力は二番隊隊長の永倉も認めるほどである。
高級な着物に身を包んでいるが、全身から放たれる殺気は酔狂でも見せかけでも何でもなく、新選組の隊士も含めたあらゆる強者を気圧させる。

勝麟太郎(かつ りんたろう)

CV:堀内賢雄

江戸幕府軍艦奉行並。
海外列強の脅威が迫る中、日本の防衛の要である幕府海軍を統括する役割を担っている。

現在の幕府を支える重要人物のひとりだが、一方では薩摩藩の西郷と個人的に接触し、イギリスの武器商人と強い繋がりを持った、「坂本龍馬」と名乗る龍馬とは別人の謎の男と引き合わせるなど不穏な動きを見せている。

重要な人物

西郷吉之助(さいごう きちのすけ)

CV:岩崎征実

日本南端で独立独歩の方針を進む雄藩・薩摩の軍事を代表する薩摩藩軍賦役。
鍛え上げられた巨躯、金色に染まった髪、出会う人全てに強烈な印象を与える風貌と流暢な関西弁が特徴的。

物語の序盤、龍馬とは京の銭湯という思いもかけない場所で出会うことになり、後に日本に大きな影響を与えていくことになる。

新堀松輔(しんぼり まつすけ)

CV:山寺宏一

飄々とした雰囲気で、掴みどころのない長州藩士の男。
新堀という名前も偽名だと自ら公言しており、その正体を知る者はごくわずか。

しかし京でも指折りの情報通として知られており、長州藩においても重要人物であることだけは間違いないとされている。ノリが軽く隙だらけのように見えるが、実は一部の隙も見せないほどのかなりの切れ者で、剣の腕も相当であることが窺える。
京のどこかに活動拠点となる店を構え、自分の女に運営を任せているらしいが、その真偽のほどは誰も知らない。

おりょう

CV:桜庭ななみ

龍馬が定宿とする、京でも指折りの船宿「寺田屋」に住み込みで働く器量よしの女中。
健康的な美しさに凛とした振る舞い、彼女の姿見たさに常連になっている客もいるほどで、寺田屋の看板娘となっている。

また、龍馬が恩師の仇を追って京に潜伏していることなど露知らず、ただの宿代を滞納してばかりの迷惑な客の一人に過ぎないと思っている。
しかし、かつて親を幕府の役人に斬られるという悲劇を味わった過去から、簡単に人を斬る新選組に憎悪を抱き、「人殺し」として嫌っており、龍馬が新選組入隊すると聞いてその過去からくる本音を見せる。

サイの風呂屋(ふろや)

CV:藤原喜明

京の銭湯を根城にし、入り浸っていることからそう呼ばれている腕利きの情報屋。
滅多に姿を現さず、その存在自体が疑われるほどで、しかも高額な調査料を要求してくることから生半可な志士では会うことすらかなわない。
しかしその調査料に見合うほどの情報屋としての手腕は絶大で、その気になれば幕府の懐具合ですら調べ上げることができるという。

東洋の暗殺犯を追う龍馬と銭湯で出会い、その暗殺犯である「覆面の男」の流派である天念理心流の使い手が新選組にいることを龍馬に教えた。

お登勢(おとせ)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

龍が如く0 誓いの場所(Yakuza 0)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く0 誓いの場所』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第6作目に相当する作品である。キャッチコピーは「日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説はここから始まった」。本作は初代「龍が如く」より過去の時系列の物語となっており、主人公の桐生一馬と、シリーズの顔役のひとりである真島吾朗がそれぞれ「堂島の龍」と「嶋野の狂犬」の異名で知られる極道になるまでの姿を描いている。

Read Article

龍が如く3(Yakuza 3)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く3』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第3作目に相当する作品である。キャッチコピーは「伝説の龍が帰ってきた」。本作は前作「龍が如く2」にて近江連合との戦いを終えた桐生一馬が、生まれ育った沖縄へと帰ってからの物語を描いており、その物語の舞台として東京と沖縄のふたつが選ばれているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く4 伝説を継ぐもの(Yakuza 4)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」のシリーズの第4作目に相当する作品である。キャッチコピーは「それは熱き男達の、奇跡の記録」。主人公の桐生一馬が東城会で起きた内乱を収めた後からの物語を描いており、従来の主人公である桐生一馬に加え、秋山駿、冴島大河、谷村正義と3人の主人公とその物語が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く OF THE END(Yakuza: Dead Souls)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く OF THE END』とはアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品で、2011年6月9日に発売されたPlayStation3用ゲームソフト。キャッチコピーは「伝説の男達、最後のケジメ」。本作は「龍が如く4 伝説を継ぐもの」後の神室町を舞台にしており、バイオハザードが発生した神室町を舞台に桐生一馬ら主人公たちが銃を手に戦いながら、事件の真相を追う姿を描いている。

Read Article

龍が如く1(Yakuza 1)のネタバレ解説まとめ

セガの大ヒットシリーズ初作品にして、累計販売本数100万本を記録したキラータイトル、『龍が如く(Yakuza)』のポイント解説。キャッチコピーは「伝説の男と100億の少女」。ゲームでスポットを当てられる事がほとんどなかった「日本の裏社会」「極道の世界」をテーマにした硬派なストーリー、爽快なアクション、笑いありの豊富なお遊び要素で注目されているシリーズの第1作です。

Read Article

龍が如く5 夢、叶えし者(Yakuza 5)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く5 夢、叶えし者』とは、セガゲームスが発売するアクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズの第5作目に相当する作品である。キャッチコピーは「その生き様に 男たちの血が騒ぐ」。本作は前作『龍が如く4』で桐生一馬と仲間たちが東城会と上野誠和会の抗争事件を解決した後、日本各地を舞台に起きる極道たちの動乱の物語を描いており、新たな主人公に品田辰雄と澤村遥、さらに物語の舞台に大阪、福岡、名古屋、北海道が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

セガが送る人気作品「龍が如く」。この歴代主人公を務める極道・桐生一馬。不器用だが実直で、けっして曲がらない「信念」を持つ、作中屈指の「漢」。彼は圧倒的な強さとまっすぐな心で、極道や警察、犯罪組織を巻き込んだ数々の事件を解決に導いていく。「堂島の龍」と呼ばれた伝説の極道の人柄、人生について解説する。

Read Article

「龍が如く」各シリーズごとの面白さ・ネタまとめ

「龍が如く」シリーズは、歌舞伎町を中心に繰り広げられる極道の世界を再現したアクションRPGです。シリーズ最新作の6の発売を控える前に、今までにリリースされた各シリーズごとのポイントをまとめてみました。実は今でこそ有名なあの人や、あんなことやこんなことなど、とにかくネタも満載なんです!

Read Article

【龍が如く】オッサンだけじゃない! 『龍が如く』シリーズの若いイケメンキャラまとめ

渋いオッサンがたくさん登場する『龍が如く』の、若いイケメンキャラまとめ。 硬派なイメージのある作品ですが、硬派=オッサンというわけではモチロンありません。若いキャラも登場しますし、全員が主人公の桐生さんに負けないくらいの精神を持っています。このまとめでは龍が如くシリーズに登場する若いイケメン達を紹介します。

Read Article

目次 - Contents