龍が如く 維新!(Yakuza Ishin)のネタバレ解説まとめ

PS3・PS4対応のアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品。
今作は、主人公の桐生一馬を坂本龍馬(斉藤一)としてキャラ設定を変え、坂本龍馬が生きた幕末の時代を舞台にしたアクションアドベンチャーとなっている。
キャッチコピーは「かつて日本には、英雄がいた。」。

CV:朴璐美

龍馬が定宿とする京有数の船宿「寺田屋」の女将。
きびきびと女中に指示を下すその姿は若々しいおりょうとはまた別の魅力を漂わせている。
大きな宿屋を女手ひとつで切り盛りするその辣腕ぶりは有名で、寺田屋の女将でお登勢の名前を聞いてその名前を知らない者は京にはいない。相当な利益を蓄えているらしいという噂も流れている。

長時間定宿している龍馬の面倒を見続けており、滞納した宿代を催促していることから、龍馬に「金に細かい女」と呼ばれている。

幾松(いくまつ)

CV:平野綾

京にある居酒屋「松之井」の女将を務める謎の女。
その洗練された立ち振る舞いは高い教養を感じさせるが、素性は定かではない。
武市の訃報で茫然自失、自暴自棄になりかけていた龍馬の前に突如として現れ、松之井に招待する。

本作における用語・設定

天念理心流(てんねんりしんりゅう)

吉田東洋を殺害した覆面の男が使った剣術の流派。
この流派を扱うのは沖田や永倉のように新選組のごく一部となり、元は「水戸天狗流」と呼ばれる相州乱波・風魔由来の剣術だったが、後に「天念理心流」と改名された。
利き手でない掌に柄の端を添えて構えるのが特徴である。

新選組(しんせんぐみ)

多摩から上洛してきた近藤勇が、試衛館の同志である土方歳三、沖田総司、永倉新八、井上源三郎、藤堂平助と共に結成した治安維持組織。
「最強の戦闘集団」と京でその名を轟かせている一方で、悪名も高く、その立場を利用して私利私欲を満たしている者や、己の野心の為に所属している者も少なくなく、無法者の集まりとして恐れられてもいる。

当初は「壬生浪士組」の名前で活動していたが、後に「新選組」へと改名。その頃から羽織りの導入や、原田左之助、武田観柳斎、伊東甲子太郎などの猛者達を加えるなどして組織を拡大した。
隊士の数は約1000人以上と史実の新選組よりも遥かに多いが、その多くが伊東派に下っている。隊長格であった谷三十郎、鈴木三樹三郎、松原忠司、井上、原田左之助が相次いで死亡した後、終盤に伊東、武田、藤堂が離反すると大多数の隊士が彼らについて離脱してしまった。

御陵衛士(ごりょうえじ)

物語の終盤で新選組を離反した伊東が結成した組織。武田や藤堂といった伊東派の隊士たちで構成されている。
しかし藤堂は伊東を繋がっている人物を探るために潜入した近藤派の間者であり、さらに武田も裏では伊東を見限り、長州藩への鞍替えを目論んでいた。最終的には武田は龍馬との戦いで敗れて死亡し、伊東たちも終盤で龍馬たちの前に立ち塞がるが、彼らと土方との死闘の末に敗れることになる。

寺田屋(てらだや)

お登勢が営んでいる伏見の旅籠。龍馬は斎藤一の偽名を使って滞在し、京における活動拠点としている。
後に龍馬と協力関係を結んだ中岡もここに滞在する様になる。

近江屋(おうみや)

終盤において舞台となる旅籠。寺田屋に代わる形でお登勢が新たな旅籠として建築したもの。
しかし、龍馬が「もう一人の坂本龍馬」をおびき寄せる為の計画を立案した際に、その舞台として提供され、後に思惑は成功し、大混戦の末に龍馬は「もう一人の坂本龍馬」の正体である武市と再会する事となる。

ゲームシステム

戦闘スタイルと演出

「龍が如く 見参!」と同じく刀をメインとしたバトルシステムが受け継がれているは勿論、幕末という時代設定ならではの「戦闘スタイル」という新要素が追加された。
刀を使用しボタンの長押しによるタメ攻撃が可能なスタイル「一刀の型」。銃を使用し遠距離からの攻撃が可能な「短銃の型」。拳を使い受け流しや町中にある武器を使ったり、「龍が如く」本編シリーズのケンカアクションと同じく素手による格闘やその他動作を中心とした「格闘の型」。刀と銃を使用し、素早い回転系の動きと斬撃と銃撃を織り交ぜた「乱舞の型」と4つのスタイルが基本となる。また、「龍が如く5」に登場した「絶技」と呼ばれる強力な超必殺技もこれら4つの型にそれぞれ1つずつ用意されている。

そしてバトル演出もシリーズ史上最も激しいものとなっており、さらにバトルの評価を行う「戦績」により、バトル後の「肩書き」が決定し、「凡人」から始まり、「名人」や「達人」のような肩書きになれば獲得できる経験値や報酬が増えていくようになった。
シリーズ恒例の「ヒートアクション」と呼ばれる必殺技を獲得できるイベント「天啓」もバトル中に発生するようになり、発生した直後にそのヒートアクションを使うことが可能となっている。

キャラクター強化

主人公龍馬のレベルの上限は99、4つのスタイルにそれぞれ25までの段位が設定され、全スタイルに反映される能力項目も用意。シリーズ恒例の修行も「龍が如く 見参!」のようなミニゲーム形式のものが多くなっている。

武器・武器強化

武器は従来のシリーズに比べかなり豊富になり、基本となる刀と銃以外にも大太刀、槍、大筒といった武器がある。
さらに武器強化もミニゲーム形式となり、大成功を収めると大幅に能力がアップする。また、仮に失敗してもその数の強化をこなしていけばその武器の上限に辿り着くという形になっており、失敗しても多少のメリットはある。

ゲームバランス

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

龍が如く0 誓いの場所(Yakuza 0)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く0 誓いの場所』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第6作目に相当する作品である。キャッチコピーは「日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説はここから始まった」。本作は初代「龍が如く」より過去の時系列の物語となっており、主人公の桐生一馬と、シリーズの顔役のひとりである真島吾朗がそれぞれ「堂島の龍」と「嶋野の狂犬」の異名で知られる極道になるまでの姿を描いている。

Read Article

龍が如く3(Yakuza 3)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く3』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第3作目に相当する作品である。キャッチコピーは「伝説の龍が帰ってきた」。本作は前作「龍が如く2」にて近江連合との戦いを終えた桐生一馬が、生まれ育った沖縄へと帰ってからの物語を描いており、その物語の舞台として東京と沖縄のふたつが選ばれているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く4 伝説を継ぐもの(Yakuza 4)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」のシリーズの第4作目に相当する作品である。キャッチコピーは「それは熱き男達の、奇跡の記録」。主人公の桐生一馬が東城会で起きた内乱を収めた後からの物語を描いており、従来の主人公である桐生一馬に加え、秋山駿、冴島大河、谷村正義と3人の主人公とその物語が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く OF THE END(Yakuza: Dead Souls)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く OF THE END』とはアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品で、2011年6月9日に発売されたPlayStation3用ゲームソフト。キャッチコピーは「伝説の男達、最後のケジメ」。本作は「龍が如く4 伝説を継ぐもの」後の神室町を舞台にしており、バイオハザードが発生した神室町を舞台に桐生一馬ら主人公たちが銃を手に戦いながら、事件の真相を追う姿を描いている。

Read Article

龍が如く1(Yakuza 1)のネタバレ解説まとめ

セガの大ヒットシリーズ初作品にして、累計販売本数100万本を記録したキラータイトル、『龍が如く(Yakuza)』のポイント解説。キャッチコピーは「伝説の男と100億の少女」。ゲームでスポットを当てられる事がほとんどなかった「日本の裏社会」「極道の世界」をテーマにした硬派なストーリー、爽快なアクション、笑いありの豊富なお遊び要素で注目されているシリーズの第1作です。

Read Article

龍が如く5 夢、叶えし者(Yakuza 5)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く5 夢、叶えし者』とは、セガゲームスが発売するアクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズの第5作目に相当する作品である。キャッチコピーは「その生き様に 男たちの血が騒ぐ」。本作は前作『龍が如く4』で桐生一馬と仲間たちが東城会と上野誠和会の抗争事件を解決した後、日本各地を舞台に起きる極道たちの動乱の物語を描いており、新たな主人公に品田辰雄と澤村遥、さらに物語の舞台に大阪、福岡、名古屋、北海道が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

セガが送る人気作品「龍が如く」。この歴代主人公を務める極道・桐生一馬。不器用だが実直で、けっして曲がらない「信念」を持つ、作中屈指の「漢」。彼は圧倒的な強さとまっすぐな心で、極道や警察、犯罪組織を巻き込んだ数々の事件を解決に導いていく。「堂島の龍」と呼ばれた伝説の極道の人柄、人生について解説する。

Read Article

「龍が如く」各シリーズごとの面白さ・ネタまとめ

「龍が如く」シリーズは、歌舞伎町を中心に繰り広げられる極道の世界を再現したアクションRPGです。シリーズ最新作の6の発売を控える前に、今までにリリースされた各シリーズごとのポイントをまとめてみました。実は今でこそ有名なあの人や、あんなことやこんなことなど、とにかくネタも満載なんです!

Read Article

【龍が如く】オッサンだけじゃない! 『龍が如く』シリーズの若いイケメンキャラまとめ

渋いオッサンがたくさん登場する『龍が如く』の、若いイケメンキャラまとめ。 硬派なイメージのある作品ですが、硬派=オッサンというわけではモチロンありません。若いキャラも登場しますし、全員が主人公の桐生さんに負けないくらいの精神を持っています。このまとめでは龍が如くシリーズに登場する若いイケメン達を紹介します。

Read Article

目次 - Contents