龍が如く3(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く3』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第3作目に相当する作品である。キャッチコピーは「伝説の龍が帰ってきた」。本作は前作「龍が如く2」にて近江連合との戦いを終えた桐生一馬が、生まれ育った沖縄へと帰ってからの物語を描いており、その物語の舞台として東京と沖縄のふたつが選ばれているのが特徴となっている。

CV:渡哲也

桐生の渡世の父にして恩師・風間新太郎の双子の弟。
冷静沈着な性格で、英語を混ぜた話し方をするのが特徴的。桐生を前蹴りの一発で吹き飛ばすほどのパワーと身体能力、そして正確にヘッドショットを決める兄譲りの射撃の腕前と、戦闘能力はかなりのもの。

兄とは対象的に堅気の道を歩いており、警察庁長官官房国際課に身を置いていたが、兄が極道組織の幹部であることから職場で敬遠されて辞任。その後渡米し、CIAの一員となる。
東城会本部を訪れ、大吾に沖縄の土地買収をするよう働きかけるが、実はCIAからブラックマンデーの調査と追跡を命じられており、この働きかけは事件の裏側で暗躍しているブラックマンデーを炙り出すためのものである。

劉家龍(ラウ・カーロン)

CV:龍澤慎一

中国系マフィア組織「蛇華」の日本支部総統で、表向きは横浜にある中華料理屋「翠蓮楼」のオーナーを務めている。
中国武術の達人でもあり、戦闘では素手の格闘術に加えて大刀や鈎爪といった多彩な武器を使いこなす。
かつて、「龍が如く」の物語において100億円を手に入れるために神室町のギャングを買収して彼らに遥を捕らえさせるが、遥を救出しに乗り込んできた桐生に倒される。その後、桐生に面子を丸潰れにされたと思い込み、桐生への復讐のために浜崎と結託するようになる。

アンドレ・リチャードソン

CV:チャールズ・グラバー

世界的に暗躍する武器密売組織「ブラックマンデー」の首領で、大吾や名嘉原を撃った張本人。
戦闘では鋭い足技を中心とした素早い攻撃を駆使し、二丁拳銃やショットガンも巧みに使いこなす。
部下たちはもちろん自身もスパイとしてCIAに潜り込ませ、田宮が基地拡大法案と共に推し進める「新BMDシステム(弾道ミサイル防衛システム)」の導入を実現させ、その利益を手に入れようと目論んでいる。

神室町の住人たち

ユウヤ

CV:三宅健太

桐生の協力者にして兄弟分のひとりで、神室町のホストクラブ「スターダスト」の店長。「龍が如く」にて店を訪れた桐生をみかじめ料を取立てにきたヤクザと勘違いして殴りかかったが、後に事情を知って桐生に謝罪し、一輝と共に桐生の良き協力者となる。
本作ではスターダストを借りて勢力拡大の足掛かりにしようとした錦山組の長谷部に一輝と共に抵抗していたところを桐生に助けられ、一輝と共に協力していくことになる。

一輝(かずき)

CV:土田大

桐生の協力者にして兄弟分のひとりで、神室町のホストクラブ「スターダスト」のオーナー。
スターダストからみかじめ料を取らない風間新太郎には大変に世話になっているらしく、彼に対して恩義を感じている。
前作「龍が如く2」では、真拳派の構成員によって半年も拉致監禁され、さらに銃で撃たれて重傷を負うもなんとか一命を取り留め、スターダストに復帰した。そして本作でも風間への恩返しとして、ユウヤと共に引き続き桐生の手助けをする。

ニューセレナのママ

CV:園崎未恵

桐生の恋人である澤村由美や麗奈が働いていたバーの女主人を務める元キャパ嬢。
伊達とも知り合いであり、由美や麗奈がいなくなったことで閉店になっていた馴染みの店を開きたいという願いで彼の協力を経てセレナを買い取り、「ニューセレナ」として改装して営業を始めた。
その後、桐生とも出会ってニューセレナをアジトとして提供するなど、桐生の協力者のひとりともなっている。

サイの花屋(サイのはなや)

CV:藤原喜明

神室町の地下に存在する無法地帯「賽の河原」を拠点とする情報屋の元締め。
本名は不明であり、もともとは警察官として活動していたが、情報の横流しを伊達に告発されたことで辞職し、後に賽の河原の支配人となって裏商売を続けるようになった。
本作は真島組の管理下で賽の河原と同じく神室町の地下にある拠点のひとつを間借りしており、桐生たちに東城会内部の情報を提供する。

琉球街の住人たち

咲の母

CV:田中敦子

咲の実母で、痩せ身と男癖の悪さが特徴的な悪女。
夫がいるにも関わらずに他の男の家に転がり込んでは浮気ばかり繰り返しており、浮気と自由を楽しみたいがために咲が生まれた時点で彼女をただの邪魔者だとしか認識していない。そしてついには自分の人生を咲に破綻させられたと勝手に思い込むようになり、借金の取り立てを苦にして自殺した夫と咲を置いて逃げ出したが、後に玉城と知り合い、「咲と3人で暮らす」という条件で咲の誘拐に協力した。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

龍が如く1(初代・極)のネタバレ解説まとめ

セガの大ヒットシリーズ初作品にして、累計販売本数100万本を記録したキラータイトル、『龍が如く(Yakuza)』のポイント解説。キャッチコピーは「伝説の男と100億の少女」。ゲームでスポットを当てられる事がほとんどなかった「日本の裏社会」「極道の世界」をテーマにした硬派なストーリー、爽快なアクション、笑いありの豊富なお遊び要素で注目されているシリーズの第1作です。

Read Article

龍が如く5 夢、叶えし者(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く5 夢、叶えし者』とは、セガゲームスが発売するアクションアドベンチャーゲーム『龍が如く』シリーズの第5作目に相当する作品である。キャッチコピーは「その生き様に 男たちの血が騒ぐ」。本作は前作『龍が如く4』で桐生一馬と仲間たちが東城会と上野誠和会の抗争事件を解決した後、日本各地を舞台に起きる極道たちの動乱の物語を描いており、新たな主人公に品田辰雄と澤村遥、さらに物語の舞台に大阪、福岡、名古屋、北海道が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

龍が如く OF THE END(オブ ジ エンド)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く OF THE END』とはアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズのスピンオフ作品で、2011年6月9日に発売されたPlayStation3用ゲームソフト。キャッチコピーは「伝説の男達、最後のケジメ」。本作は「龍が如く4 伝説を継ぐもの」後の神室町を舞台にしており、バイオハザードが発生した神室町を舞台に桐生一馬ら主人公たちが銃を手に戦いながら、事件の真相を追う姿を描いている。

Read Article

龍が如く0 誓いの場所(ZERO)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く0 誓いの場所』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」シリーズの第6作目に相当する作品である。キャッチコピーは「日本中が狂喜乱舞していた時代。「龍」の伝説はここから始まった」。本作は初代「龍が如く」より過去の時系列の物語となっており、主人公の桐生一馬と、シリーズの顔役のひとりである真島吾朗がそれぞれ「堂島の龍」と「嶋野の狂犬」の異名で知られる極道になるまでの姿を描いている。

Read Article

龍が如く4 伝説を継ぐもの(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如く」のシリーズの第4作目に相当する作品である。キャッチコピーは「それは熱き男達の、奇跡の記録」。主人公の桐生一馬が東城会で起きた内乱を収めた後からの物語を描いており、従来の主人公である桐生一馬に加え、秋山駿、冴島大河、谷村正義と3人の主人公とその物語が追加されているのが特徴となっている。

Read Article

『龍が如く』シリーズにおいて"堂島の龍"と呼ばれた伝説の極道・桐生一馬の人生

セガが送る人気作品「龍が如く」。この歴代主人公を務める極道・桐生一馬。不器用だが実直で、けっして曲がらない「信念」を持つ、作中屈指の「漢」。彼は圧倒的な強さとまっすぐな心で、極道や警察、犯罪組織を巻き込んだ数々の事件を解決に導いていく。「堂島の龍」と呼ばれた伝説の極道の人柄、人生について解説する。

Read Article

NEW

龍が如く7 光と闇の行方(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『龍が如く7 光と闇の行方』とは、セガが発売するアクションアドベンチャーゲーム「龍が如くシリーズ」の第7作目に当たる作品である。キャッチコピーは「ゲームに飽いた人たちへ」。本作は、龍が如くの主人公であった桐生一馬に代わり春日一番が主人公となり、彼が刑務所というどん底に突き落とされてから本物の龍になるまでの姿を描いている。重くハードなストーリー展開はそのままに、これまでの喧嘩アクションに新しくライブコマンドRPGバトルが加わり、これまでのシリーズとは全く異なったRPG作品となっている。

Read Article

「龍が如く」各シリーズごとの面白さ・ネタまとめ

「龍が如く」シリーズは、歌舞伎町を中心に繰り広げられる極道の世界を再現したアクションRPGです。シリーズ最新作の6の発売を控える前に、今までにリリースされた各シリーズごとのポイントをまとめてみました。実は今でこそ有名なあの人や、あんなことやこんなことなど、とにかくネタも満載なんです!

Read Article

【龍が如く】オッサンだけじゃない! 『龍が如く』シリーズの若いイケメンキャラまとめ

渋いオッサンがたくさん登場する『龍が如く』の、若いイケメンキャラまとめ。 硬派なイメージのある作品ですが、硬派=オッサンというわけではモチロンありません。若いキャラも登場しますし、全員が主人公の桐生さんに負けないくらいの精神を持っています。このまとめでは龍が如くシリーズに登場する若いイケメン達を紹介します。

Read Article

目次 - Contents