流星の絆(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『流星の絆』とは、東野圭吾の同名小説『流星の絆』が原作となったミステリードラマである。子どものころに両親を殺された三兄妹が復讐を誓い、真犯人にたどり着くまでを描く。2008年10月から12月に、TBS系22時からの金曜ドラマ枠で放送された。脚本は宮藤官九郎が手掛け、基本のストーリーは守りつつも青春ドラマ的な要素やコメディー的な要素が加わったことで、原作とは大きく異なる世界観となっている。主役の三兄妹を二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香が演じる。

『流星の絆』の概要

流星の絆とは、2008年10月17日から12月19日まで全10回、TBS系22時からの金曜ドラマ枠で放送されたミステリードラマである。脚本は、テレビドラマ『池袋ウエストゲートパーク』『木更津キャッツアイ』『あまちゃん』などを手掛けた宮藤官九郎が担当した。基本のストーリーは守りつつも、宮藤が得意とする青春ドラマ的な要素やコメディー的な要素が加わったことで、原作とは大きく異なる世界観となっている。主役の三兄妹役の二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香、刑事役の三浦友和をはじめ、兄妹の両親役に寺島進とりょう、その他の重要人物役にも要潤、柄本明、桐谷健太と、非常に豪華なキャスト陣が名を連ねる。
原作のキャッチコピーは、「惨殺された両親の仇討ちを流星に誓い合った三兄妹」「兄貴、妹(あいつ)は本気だよ。俺たちの仇の息子に惚れてるよ」「14年後、彼らが仕掛けた復讐計画の最大の誤算は、妹の恋心だった」となっている。両親を何者かに殺され、以来ずっとお互いだけを信じて生きてきた三兄妹の絆と復讐劇を描く感動作である。
子どものころに両親を殺された三兄妹は流星に復讐を誓う。成長した三兄妹は、詐欺行為を繰り返していた。最後の詐欺のターゲットの父親が事件の犯人に酷似していたことから、三兄妹はその父親を容疑者とみなし、犯行の証拠を探し始める。しかし確固たる証拠は得られず、時効が迫って焦った三兄妹は、証拠を偽造することにする。警察、容疑者の息子も巻き込んで計画は進み、最後には驚きの真犯人が明らかになる。
原作は東野圭吾による本格派ミステリーで、同小説は2008年上半期小説部門売り上げNo.1にランクインした。また、ドラマは、KADOKAWA(角川マガジンズ)が主催する第59回「ドラマアカデミー賞」にて、作品賞、主演男優賞、助演女優賞、脚本賞、監督賞、主題歌賞を受賞している。

『流星の絆』のあらすじ・ストーリー

子供時代

出典: ameblo.jp

第1話にて、流星を見に行った功一(手前)、泰輔(奥)、静奈(中央)

14年前、小学生の功一、泰輔、静奈の兄妹は、洋食屋アリアケを営む両親、有明幸博、塔子とともに、穏やかに暮らしていた。流星群が流れる晩、功一と泰輔は、夜中にこっそり家を抜け出して見に行く計画を立てていた。夜になって計画を実行しようとしたところ、目を覚ましてしまった静奈が「自分も行きたい」と泣き出しそうになったため、仕方なく二人は静奈を連れて流星群を見に行った。しかし、流星群は雨で見られず、静奈も寝入ってしまい、功一と泰輔は残念に思いながらも帰路につく。
家に着いた功一と泰輔は、両親にばれないように部屋まで帰ろうとする。功一は両親が寝ていることを確認するために家の中に入り、自転車を置きに行った泰輔は勝手口から男が出てくるのに気づくが、驚いた泰輔は男を見送り、男は泰輔には気づかずに去っていく。泰輔が家に入ると、部屋から出てきた功一は「来るな!」と叫んだ。部屋の中では、両親が無残な姿で殺されていたのだった。
事件の担当になったのは、柏原、萩村の二人の刑事だった。功一は刑事たちに、両親の死体を発見するまでの経緯を話す。泰輔と静奈の様子を見に行った萩村から、ショックでしゃべれなくなっている泰輔と寝たままの静奈のことを聞き、何も知らない静奈を今だけでも寝かせてやりたいと訴えるのであった。目を覚ました静奈は、両親が病院にいると聞かされ、千羽鶴を折って持っていくと言う。見かねた功一は静奈に両親が殺された事実を伝え、嘘だと暴れる静奈を抱きしめる。
泰輔は刑事たちに、事件の夜に見た不審な男の事を伝える。さらに、手がかりとして有明家のものではない傘が見つかったが、指紋は検出されなかった。泰輔の目撃情報から作成された似顔絵に似た男も見つからなかったため、事件は迷宮入りとなる。
養護施設に入ることになって引っ越す準備をする三兄妹。それぞれに両親の形見を一つずつ選ぶことに決め、功一は、持ち出すものとしてアリアケのレシピノートを選んだ。店の看板が外されるのを見ながら、三人は、大人になったら犯人を見つけて敵をとると決意する。

三兄妹の詐欺行為の始まり

第1話にて、キャンペーンガールのバイト中の静奈

大人になった功一は、三人の親代わり、林ジョージが営むカレー屋「ジョージクルーニー」に住み込みで働いている。泰輔から電話を受けた功一は、大手企業で働いているはずの静奈がキャンペーンガールのアルバイトをしていると聞いて驚く。慌てた功一と泰輔が静奈に事情を聞いたところ、静奈はすでに会社を退職していたことが発覚する。静奈はエステティシャンの資格を取れそうだと嬉しそうに報告する。泰輔も静奈と一緒になって喜ぶが、教材を買うために30万円を支払ったと聞いた功一は、それが資格商法詐欺であることを見破る。取られた30万円を取り返すべく企てた詐欺計画が見事に成功し、ここから三人は詐欺行為を繰り返していくことになる。

高山への詐欺行為

第3話にて、喫茶店でドル建て債権について話す高山(手前)と佐緒里(静奈・奥)

静奈が会社を辞めた原因は、上司、高山久伸からのパワハラ(その実は好意の裏返し)であった。静奈は、会社を退職した後にも高山から頻繁にメールが来ることに戸惑っていた。静奈と泰輔の思いつきをきっかけに、高山に詐欺で復讐する計画がスタートする。
骨折して入院中の高山の元に、ナースの南田志穂(静奈)が現れる。高山は次第に志穂(静奈)の虜になり、退院後も連絡を取り合うようになる。志穂(静奈)が高山を呼び出した喫茶店に、銀行員の小宮(泰輔)が現れ、ドル建て債権の話を持ち掛ける。必要な額は200万円である。始めは疑っていたものの、小宮(泰輔)の様子から詐欺ではないと判断した高山は、志穂(静奈)が出せない残りの150万円を負担することを引き受けた。
三人は、高山との関係を断つため、再び一芝居打つ。志穂(静奈)と交際を続けていた高山だが、小宮(泰輔)を呼び出した志穂(静奈)は、カナダに留学することになったためにドル建て債権を解約すると言い出す。しかし、高山はドル建て債権を解約する気はなく、志穂(静奈)が出していた50万円も肩代わりするという。そして志穂(静奈)は、カナダへ旅立つのだった(実際には行ったふりである)。

三兄妹と戸神行成の関わり

出典: eiga-suki.cocolog-nifty.com

第4話にて、ワイン試飲会で会話する佐緒里(静奈・左)、春日井(泰輔・中央)、行成

ジョージクルーニーには、頻繁にやってくる客がいた。その名は戸神行成。いつもかならずハヤシライスをオーダーしては食べられずに終わるが、懲りずに何度も通ってくる。実は行成は、洋食屋チェーン店の御曹司だった。新店舗オープンに先駆け、東京中のおいしいハヤシライスを食べ歩いているのだと話す。功一の実家の洋食店に行ってみたいと言う行成に、店がすでになくなっていること、原因は両親が殺されたことだと打ち明ける。功一は、行成を次の詐欺のターゲットに決め、これを最後に詐欺を辞めることを宣言する。
行成は、ワインの試飲会に参加していたところ、「とがみ亭」について話す声を聴く。とがみ亭は自分の家が経営している洋食チェーンであり、行成自身も近々開店する新店舗を任されていた。興味を抑えきれなくなった行成は、会話をしていた男女、宝石商の春日井(泰輔)と帰国子女、高峰佐緒里(静奈)に声をかける。詳しい話を聞きたいと言う行成に根負けした佐緒里(静奈)は、近いうちにもう一度とがみ亭に行き、店に行く時には連絡すると約束した。
佐緒里(静奈)は行成に誘われ、新店に出すメニューの試食会に来ていた。行成は、メイン料理は絶対の自信をもつハヤシライスであり、それは元祖「とがみ亭」と同じ味だと説明する。運ばれてきたハヤシライスを口に運んだ佐緒里(静奈)は、その瞬間、いきなり涙を流す。一方の功一と泰輔は、店の外の車の中で待機していた。そこに車が止まり、一人の男が降りてくる。その顔を見た泰輔は驚愕する。事件の夜に家から出てきたのは、その男だと言うのだ。動揺する二人を置いて、男はとがみ亭に入っていく。そして、この男がとがみ亭社長であり行成の父である、戸神政行だということが明らかになる。

戸神政行への疑惑と証拠固め

出典: solmaster.exblog.jp

第8話にて、戸神家にレシピノートを隠す静奈

メニューの試食会後、家に帰ってきた静奈は、とがみ亭で食べたハヤシライスの味が父親のハヤシライスの味とまったく同じだったと話す。功一も幸博のレシピでハヤシライスを作るが、とがみ亭のものはそれ以上に幸博の味に似ていた。とがみ亭のハヤシライスが殺された父親の味で、泰輔が事件の夜に目撃した不審な男はとがみ亭社長の政行だった。それを知った泰輔は、政行が犯人だと興奮する。対照的に冷静な功一は、証拠がないと慎重に考える。
功一は、より幸博の味に近いハヤシライスを作ることに成功した。秘密はレシピに書かれていた隠し味の特別な醤油だったのだ。さらに功一は醤油を手に入れるのと同時に、貴重な情報を手に入れていた。醤油の販売店がとがみ亭からも注文を受けており、その注文が始まったのが14年前の事件の1ヵ月後からだったのである。犯人が政行だと確信した功一は、当初の作戦を大幅に練り直し、ターゲットを行成から政行に、狙いを一千万円から犯行の証拠に変更することを決めた。
佐緒里(静奈)からのメールを受けた行成は、オープン前で工事中の店に連れていく。佐緒里(静奈)は、ハヤシライスを食べて泣いた理由を、子どもの頃に食べていた「友達」の家のハヤシライスの味にとてもよく似ていて懐かしくなったのだと説明した。行成は、そのことを政行に話す。その後、行成と会った佐緒里(静奈)は、ハヤシライスの復刻を政行に止められ、プランが白紙に戻ったことを聞かされた。行成から話を聞いたときの政行の様子を知った泰輔は、政行への疑いをいっそう強める。泰輔は、詐欺がばれても良いから警察に全部話すと言う。静奈を守り、警察に事実を信じさせるため、功一は警察に客観的かつ決定的な証拠をつかませるための計画をたてる。
幸博と政行の接点を探るため、泰輔は幸博が頻繁に通っていた喫茶店「ニューフロンテ」を訪れる。しかし、店のマスターは幸博の事は覚えていたが、政行のことは覚えていなかった。一方、行成は、政行がとがみ亭を開店した当時の事を母、貴美子に尋ねる。その頃、とがみ亭は出前をしていたが、出前を受けたニューフロンテでハヤシライスをまずいと言われて帰ってきたことがあった。そのころ、思い出したことがあるとマスターから連絡を受けた功一と泰輔は、ニューフロンテを訪れ、同じ話を聞かされていた。政行のことを罵っていたのは、たまたまニューフロンテに来ていた幸博だったのだ。金に困った幸博はレシピを売り、その金が払えなかった政行がレシピを手に入れるために幸博を殺したのだと、功一は推理する。
犯人が政行であることを確信するも、逮捕につながるような決定的な証拠はいまだに見つからない。三兄妹は、偽の証拠を作ることを計画する。泰輔が持っていた幸博の形見の腕時計を政行の車の横に落として政行に触らせ、「政行の指紋が付いた腕時計」を手に入れることに成功した。さらに盗難車を調達し、静奈に母の形見の口紅を港に持ってこさせ、腕時計と口紅を隠した車を警察に見つけさせることに成功する。さらに功一は、とがみ亭が元あった場所にできている古本屋にも警察を誘導するための細工をしていた。
警察がシナリオ通りに動くことを面白がる泰輔だが、政行が両親を殺したことを示す証拠は依然としてない。功一は、政行がレシピを盗んだ証拠を作るために、アリアケのレシピノートを政行の自宅に隠すことを考える。それができるのは、静奈だけだった。
警察の捜査が進むなかで、レシピノートを政行の自宅に置いてくるという作戦は急を要していた。警察が政行を疑って家宅捜索をする前にレシピを置き、警察に見つけさせなければならない。それだけでなく、「佐緒里」としての静奈は行成の前から姿を消さなければならない。デート中に佐緒里(静奈)は行成にカナダ留学を伝える。行成は受け入れるが、留学の前に自宅に招待したいと言う。静奈は、戸神家に行く機会を得たのだった。
そして静奈が戸神家を訪問する日、静奈は兄たちに見送られながら家を出る。行成とともに戸神家に着いた佐緒里(静奈)を、貴美子が出迎える。佐緒里(静奈)を気に入った貴美子は香水をプレゼントし、佐緒里(静奈)はその場で手に振りかけた。行成は、佐緒里(静奈)を連れて家の中を案内する。一人になる機会を得た佐緒里(静奈)は急ぎで奥の書斎に入り、本棚に並んだ大量の本の隙間にレシピを押し込んだ。無事に部屋に戻った佐緒里(静奈)は、行成に送られて戸神家を後にする。行成は佐緒里(静奈)に、どうしても伝えたいことがあるからカナダに行く前に時間を作ってほしいと告げた。

矢崎夫妻とのかかわり

第6話にて、三兄妹の子供時代、塔子に子供がいたことに驚く矢崎

三兄妹が政行への疑いを深めて計画を進める中で、突如、塔子の元夫、静奈の実父である矢崎の妻、秀子がジョージクルーニーに現れ、事件の犯人は自分の夫だと告げる。それを聞いた功一は困惑するが、警察に取り調べを受けていた矢崎は、秀子が矢崎の事を犯人だと考えているのはただの妄想だと言って犯行を否定する。柏原と萩村は、泰輔に矢崎の顔を確認させるが、泰輔に矢崎の見覚えはなかった。矢崎を犯人だと思い込む秀子は、功一に、静奈に会って謝罪したいと頼むが、功一はそれを断った。その後、功一と静奈とぎくしゃくしたことを秀子のせいだと考えた泰輔は、秀子を騙して宝石を買わせようと目論む。泰輔が三兄妹の弟だと気づいていた秀子は泰輔に静奈に渡すつもりだった金を渡すが、泰輔は断って金を返した。

静奈の行成に対する気持ちの変化

出典: plaza.rakuten.co.jp

第7話にて、過去を思い出して泣き出す静奈に驚く行成

はじめは単なる詐欺のターゲットとして行成に接していた静奈だが、何度も行成に会って話すことを重ね、しだいにその気持ちに変化が生じる。行成をだますことに罪悪感を持ち始めた静奈は功一と泰輔にもう行成には会いたくないと告げる。静奈の様子の変化を感じていた功一と泰輔は、「あいつは仇なんだ」と言葉をかけ、静奈は「わかっている」と返した。
再び行成に会っていた佐緒里(静奈)に、行成は子どもの頃にハヤシライスを食べた店の名前を教えてほしいと頼む。佐緒里(静奈)は、店の名前は忘れてしまったが友達の名前は「矢崎静奈」だったと言い、あくまで「友達の話」として、自分のことを語る。その話を聞いた行成の温かい言葉に、静奈はまた涙した。
佐緒里(静奈)と行成はますます距離を縮めていた。両親の店がもとあった場所に行ってお互いに子供の頃のことを語ったり、兄妹で流星群を見にいった場所に行ってともに流れ星を見たりと、二人はロマンチックな時間を過ごす。静奈の行成への想いを心配する功一は必要以上に会わないようにと言うが、行成と会うのが楽しみになっていた静奈はまだ別れる必要はないと反発する。功一と泰輔は、静奈が行成を本気で好きになったことを確信していた。行成の家の家にノートを置いてくるのは、失敗すれば警察に捕まる危険な仕事である。行成のことが好きな静奈では失敗するのではないかと功一は心配するが、それを聞いた静奈はムキになって否定するのだった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

バナナマン(BANANAMAN)の徹底解説・考察まとめ

バナナマン(BANANAMAN)は、設楽統と日村勇紀による日本のお笑いコンビ。所属事務所はホリプロコム。1993年に結成し、主にコント師として活動しており、2008年のキングオブコントでは最終決戦2位を獲得する実力派コント師である。2003年にテレビ朝日系『内村プロデュース』に出演したのをきっかけにテレビやラジオなどメディアでの活動も増え、今やテレビに欠かせない顔となっている。

Read Article

バイオハザードIV アフターライフ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザードIV アフターライフ』とは、2010年に公開されたポール・W・S・アンダーソン監督によるホラーアクション映画。 カプコンから発売された大ヒットゲーム『バイオハザード』の実写映画の第4作目の作品となる。同シリーズ3作目から1年後の世界を描く『アフターライフ』では、原作ゲーム『バイオハザード5』からのオマージュ要素が多い。 ゾンビ映画の中でも世界的に影響を与え、スリル満点のアクションや、ストーリーの充実度が注目を集めている。

Read Article

容疑者Xの献身(ようぎしゃエックスのけんしん、The Devotion of Suspect X)のネタバレ解説・考察まとめ

ある日川で発見された、顔をつぶされた死体。刑事たちに協力を求められた大学准教授の湯川学は、その犯人を追い求める中で、ある人物にたどり着く。それは、湯川が天才だと認めていた大学時代の同級生、石神哲哉だった。 東野圭吾のガリレオシリーズをテレビドラマ化したキャストとスタッフが再集結し、劇場版として公開されたミステリー映画。

Read Article

重版出来!(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『重版出来!』とは2012年から松田奈緒子が小学館『月刊!スピリッツ』に連載中の青年漫画。週刊コミック誌『バイブス』の編集部を舞台に、主人公の漫画編集者・黒沢心が一癖も二癖もある漫画家たちや出版業界に関わる様々な業種の人々と一冊の本を生み出すため奮闘するお仕事漫画。2016年には黒木華主演でTBS系列にてドラマも放映。脚本は映画『図書館戦争』シリーズなどで知られる野木亜紀子。後に『逃げるは恥だが役に立つ』、『アンナチュラル』などのヒット作も手掛ける。

Read Article

バイオハザードV リトリビューション(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『バイオハザードV リトリビューション』とは、2012年に公開されたホラーアクション映画であり、『バイオハザードシリーズ』の第5作目となる作品である。監督はポール・W・S・アンダーソン。今作では、シリーズ第1作に登場したアンブレラ社の特殊部隊レイン、ジル・バレンタインたちが再登場する他、レオン・S・ケネディ、エイダ・ウォンなどのゲームの人気キャラクターも続々登場する。 アリス・アバーナシーは謎の研究施設に囚われていた。多数のアンデッドからから追跡される中、研究施設から脱走しようとする。

Read Article

BLOOD+(ブラッドプラス)のネタバレ解説・考察まとめ

BLOOD+とは、Production I.G制作のアニメ作品である。それ以外にも漫画、小説、パチンコに移植されている。主人公の音無小夜は沖縄に住む普通の女子高生。学校を襲った怪物「翼手」との遭遇をきっかけに自分が150年以上前から生きる不老不死の存在「翼手の女王」であることを思い出し、全ての翼手を殲滅させるために戦う物語である。

Read Article

今夜、ロマンス劇場で(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『今夜、ロマンス劇場で』とは2018年に公開された、主演綾瀬はるかと坂口健太郎によるラブストーリー映画である。映画監督を目指す健司が通い詰めていた「ロマンス劇場」で、モノクロ映画に出演している映画のヒロインである美雪に出会う。ある日、美雪が現実世界に現れ、健司は美雪に色のある現実世界を案内していくうちに、健司と美雪は惹かれ合っていく。しかし、美雪にはある秘密があった。切なくもあり、昭和中期を舞台とした切なくもあり温かい気持ちになるラブストーリー映画となっている。

Read Article

NEW

中島美嘉(Mika Nakashima)の徹底解説まとめ

中島美嘉とは、モデル、俳優としても知られている鹿児島出身の日本の歌手。どこか謎めいていて麗しく独特な魅力を持つ容姿、力強い声量の中に垣間見える繊細で透明感のある歌声は、世代を超えて多くの人たちを魅了している。2001年のドラマ『傷だらけのラブソング』でヒロイン役としてデビュー、さらに、同番組の「STARS」という主題歌で歌手としてもデビューする。それ以降、彼女が歌う楽曲はどれも、ビッグ・セールスの記録を打ち立てている。

Read Article

アメイジング・スパイダーマン2(マーク・ウェブ版)のネタバレ解説・考察まとめ

「アメイジング・スパイダーマン2」は、映画「スパイダーマン」のリブート(再始動)作品。 恋人「グウェン」を危険にさらさないという、彼女の亡き父との約束に悩む「スパイダーマン」こと「ピーター」は、両親の死に繋がる大きな陰謀に巻き込まれ、運命に翻弄されていく。

Read Article

借りぐらしのアリエッティ(ジブリ映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『借りぐらしのアリエッティ』とはメアリー・ノートン著書の『床下の小人たち』を原作として、米林宏昌が監督のスタジオジブリ制作アニメーション映画である。最終興行収入は92億5000万円で2011年に日本アカデミー賞最優秀アニメーション作品賞を受賞。とても美しい映像は劇中の音楽とよく合い、見ている人を夢中にさせた。人間に見られてはいけない小人が、人間の家で物を借りながらどのように隠れて暮らすのか、そして短い間に築かれていく小人であるアリエッティと少年の翔との友情と絆を描く。

Read Article

目次 - Contents