今夜、ロマンス劇場で(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『今夜、ロマンス劇場で』とは2018年に公開された、主演綾瀬はるかと坂口健太郎によるラブストーリー映画である。映画監督を目指す健司が通い詰めていた「ロマンス劇場」で、モノクロ映画に出演している映画のヒロインである美雪に出会う。ある日、美雪が現実世界に現れ、健司は美雪に色のある現実世界を案内していくうちに、健司と美雪は惹かれ合っていく。しかし、美雪にはある秘密があった。切なくもあり、昭和中期を舞台とした切なくもあり温かい気持ちになるラブストーリー映画となっている。

『今夜、ロマンス劇場で』の概要

『今夜、ロマンス劇場で』は2018年2月10日に公開された日本映画である。監督は武内英樹であり、映画『のだめカンタービレ』や『テルマエ・ロマエ』など数多くのヒット作を生み出している。興行収入は10億円、観客動員数は79万人となった。モノクロ映画から飛び出してきたヒロインの美雪を演じるのは、綾瀬はるか。美雪に恋をする将来有望の映画助監督である健司は坂口健太郎が演じている。他にも本田翼、北村一輝が、中尾明慶、石橋杏奈、西岡徳馬、柄本明といった豪華キャストがスクリーンに色どりを与えている。そして、加藤剛にとっては、生前に出演した最後の作品となった。
舞台は昭和35年。高度成長期真っただ中の日本。映画監督を夢見る青年・健司は、ロマンス劇場に通い詰めて毎回見ているモノクロ映画があった。そこに出演するヒロイン・美雪に密かに想いを寄せていた。もう誰も見ていないその映画を、健司は毎日のように鑑賞していた。そんなある日、健司の前に奇跡が起きる。映画のスクリーンの中から、美雪が飛び出してきたのだ。モノクロの世界しか知らない美雪に、カラフルな現実世界を案内していく健司。美雪の横柄な態度に振り回される健司だったが、次第に二人は惹かれ合っていく。しかし、美雪にはある秘密があった。現実世界に来た代わりに、人のぬくもりに触れてしまうと消えてしまうという秘密だ。そんな時、美雪は映画会社の社長令嬢である塔子が、健司に想いを寄せていることを知ってしまう。愛する人に触れたのに触れられない。もどかしい気持ちと切ない気持ちが交錯する中、2人はどう現実に向き合っていくのか。切なくもあり心温まる、ロマンチックなラブストーリーである。

『今夜、ロマンス劇場で』のあらすじ・ストーリー

【プロローグ】モノクロの世界の中で姫を演じる美雪

『お転婆姫と三銃士』に出演している美雪

モノクロの映画『お転婆姫と三銃士』の世界から映画がスタートする。城のパーティーに出席した美雪。「皆さん、よくぞおいでで。今日は、心ゆくまで楽しんでください」と言って、椅子に着席する。しかし、パーティー終了後、「もう嫌だ!毎日パーティーばかりで疲れる」と言って、アクセサリーを外してベッドにダイブする。そして、美雪は城を脱走する。森の中を走る美雪。動物たちが「またお城を脱走したのですか」と次々に話しかけてきて、歌とダンスを披露する。美雪のいるモノクロの映画の世界は、ミュージカル風の映画の世界でもある。そこで、スクリーンを見ている観客のシーンへと展開していく。その後、美雪が出ている映画は廃棄されるシーンへと移っていく。映画にはたくさんの喜びと感動をくれる奇跡のような力があるが、忘れられていく映画も星の数ほどある。誰からも見られず、必要とされず、忘れられていく映画には価値などないのだろうかと、問いかけがあり、廃棄された美雪の映画が倉庫に保管される。
その後、保管された美雪の映画を取り出す青年がいた。映画会社に勤めて映画監督を目指す健司の姿だ。健司は『お転婆姫と三銃士』のフィルムを取り出し、スクリーンに映像を映した。

病室にいる老人と脚本

脚本を看護師に見せる老人

場面はガラッと変わり、現代のシーンに移る。スマホを操作する看護師・吉川天音に「牧野さんの検温終わったの?」と、注意する看護師がやってくる。吉川は牧野の検温を忘れていたようで、慌てて向かおうとするも、上司の看護師に牧野のことを「可哀想なおじいちゃんですよね。いかにも孤独なおじいちゃんって感じじゃないですか」と言う。毎日孫がやってくるけど、老人が転んでも手も貸さないと、孫のことを絶対に遺産目当てだと言い放つ。しかし、ブツブツ言っているうちに上司から、「さっさと検温を済ませてきなさい」と再度注意され、吉川は老人の病室へと向かう。
老人の病室で検温を済ませて、吉川が退出しようとすると、原稿用紙が机から落ちた。吉川が老人に「これは何ですか?」と聞くと、老人は「映画の脚本だよ」と答えた。どうやら昔老人が書いた映画の脚本のようだった。吉川は老人に「牧野さんって脚本家だったんですか?」と質問するが、老人は脚本家ではなく助監督として毎日走りまわっていたと答えた。老人は吉川に「映画は好きか?」と質問すると、吉川は「まあまあかな。これはどんなお話なんですか?」と質問を返す。老人は「今の若い子が楽しめるようなものじゃないよ」と答える。しかし、吉川は戻ったら怒られるから、サボるのを手伝ってほしいということで、脚本の内容を話してほしいと老人に原稿用紙を渡す。老人は、原稿用紙を手に取って吉川に物語の内容を話し始めた。

美雪がスクリーンから飛び出してくる

健司と『お転婆姫と三銃士』の世界から飛び出した美雪が出会うシーン

場面は一気に変わる。昭和35年。映画の撮影現場にシーンが切り替わる。時代劇の撮影現場の様子だ。パネルにペンキで背景を作っている青年は、牧野健司。映画会社・京映の助監督で、映画監督になるのを夢見ている。筆で背景を製作してる健司に、同僚の山中伸太郎が「そんなの助監督の仕事じゃないだろ」と話しかけてくる。健司は「これも監督なるための修行だよ」と言いながら作業を続けている。そんな中、大スターであり京映の看板スターである俊藤龍之介がやって来る。俊藤は到着早々に脚本をミュージカル風に変えようと言い出す。俊藤の思い描く作品を語っているところ、健司が躓いてしまい、そのせいで高いところから落ちてきたペンキを俊藤がかぶってしまった。健司は土下座で俊藤に謝り、何とか許してもらった。その後、山中に慰めも込めて可愛い女の子と飲みに行こうと誘われた健司。2人が離している中に現れたのは、京映の社長令嬢である成瀬塔子だった。塔子に密かに想いを寄せている山中は、塔子も飲み誘うも断られてしまう。健司も山中の誘いを断り、1人ロマンス劇場に足を運んだ。
ロマンス劇場で映画を見た健司は、館主の本多正に『お転婆姫と三銃士』を見たいことを告げ、お金を払って1人で貸し切り状態で鑑賞した。面白そうに映画を眺める健司。そこへ本多が「そんな映画よく何回も見ていられるな」と話しかけてきた。健司は「世界観はめちゃくちゃだけど、とても魅力的なんです。」と語った。さらに、主人公の美雪がとても魅力的だと嬉しそうに言った。楽しそうに鑑賞していたが、本多から、明日に『お転婆姫と三銃士』を売るという事実を聞かされる。物好きな収集家から売ってくれと頼まれたそうだ。健司は映画が見られなくことが嫌だということを本多に言うが、もちろん話は聞いてもらえない。しまいには本多に「会いたいなら直接会いに行けばいいだろう」とまで言われた。健司も「会えるなら会いに行ってますよ!」と言うも、映画時代はかなり古いもので、美雪を演じた女優もとっくの昔に亡くなっている。会えるわけがない。
明日から映画が見られなくなることに、悲しみを感じながら健司は鑑賞を続けた。スクリーンに美雪が映る。美雪が動物たちと別れるシーンだった。泣いている動物たちからプレゼントをもらった美雪は、動物たちに「そんな顔をするな。私は必ず戻ってくる。」と言って走っていった。そのシーンを見た健司は「これで見納めか…」とポツリと呟く。
劇場の外では雷雨が激しくなっている。風も強い。片付けを終えた本多は、劇場に健司を残したまま劇場を後にした。
涙ながらにスクリーンを眺める健司。健司がスクリーンに映っている美雪に手を差し伸べる。すると、停電が起こった。真っ暗で何も見えない中、物音がした。物音にびっくりした健司は、持っていたラムネの瓶を落としてしまう。ラムネの瓶が転がり、何かに当たった。すると、人の声と動く音がした。電気が復旧したら、目の前にモノクロの姿で現れた美雪が健司の目の前にいた。健司は驚いて転げ落ちたが、美雪に話しかけようと近づいたところ、美雪に頭を思いっきり殴られてしまう。
カラフルな世界にやってきた美雪は、ロビーへと走っていき、色のある世界に感動する。美雪は色を見て健司に「これは何だ?」と何色なのかを次々に質問していく。健司は「そんなに綺麗ですか?」と美雪に聞くと、美雪は映画の世界の中からいつも見ていて気になっていたと言う。健司は、女優の幽霊じゃないのかと美雪に聞くが、美雪は自分は幽霊ではなく王女の美雪だと、映画の中の美雪だと言う。健司は興奮して憧れていたことを美雪に伝えようと近づくも、美雪はほうきを手に取って健司をまた殴ってしまう。
そこへ、本多が劇場に帰ってきた。健司は慌てて美雪を外へ案内し、2人で劇場の外へと出て行った。

現場で好き放題する美雪

健司が徹夜で作った背景に好き勝手に色を足している美雪

健司の家にやってきた美雪。薄汚い家を見た美雪は「牢獄ではないか」と、つい言ってしまう。家の中に入ると美雪は、缶に入ったドロップに感激したり、健司を「今日からお前は私の僕だ」と言ったりして、健司を振り回した。
翌朝、美雪は健司に「仕事場を案内させろ」と命令する。荷車に美雪を乗せて毛布を被せて仕事場に向かった健司は、仕事場に着くと美雪をメイク室に案内し、着替えと化粧で色をつけるようにお願いする。メイク室の外で待っていた健司は、自分の仕事があるため早くしてほしいと美雪を急かす。メイク室のドアが開いて、健司は驚愕した。目の前に色がついた美雪の姿があったからだ。見惚れてしまう健司をよそに、美雪は「早く案内しろ」と言いながら先を歩いて行った。2人は外に出て仕事場を散策する。すると、健司は仕事で呼ばれてしまったため、美雪に「あまり遠くに行ってはいけませんよ」と言った健司だったが、戻ってくると健司が徹夜で仕上げた背景のパネルを、美雪がペンキで落書きしてしまっていた。青い空だった背景が、美雪の手によって異空間のような空に描きかえられてしまった。健司の上司は激怒していたが、そこにやってきた俊藤が、作品の世界観に合っているため採用しようと言った。何とかその場が治まりそうだと思ったが、俊藤が美雪に近づこうとすると、美雪は持っていた日傘で俊藤を殴ってしまう。美雪はそのままどこかへ行ってしまい、健司は慌てながら美雪を追いかける。途中で山中に「あの美人が塔子さんより美人な人か?」と話しかけられるも、健司はそれどころではないと言って美雪を追いかける。美雪は、撮影の本番中の現場を横断したり、ダイナマイトを手に取って、撮影に使う予定のスモッグの中に入れたりと好き放題する。
一方の健司は、撮影現場に入った美雪のことを「あいつは誰だ」と現場の人間が怒っているのに対して、山中に「健司の女です!」と言われてしまい、集団で殴られてしまう。事態が落ち着いた後に、俊藤が目覚めたから撮影を再開すると言われて、俊藤の元へ行く。土下座で謝った健司に対して俊藤は「彼女がマブじゃなかったら、君を殺していたよ」と言われ、何とか許しをもらう。
撮影が再開されたが、スモッグの中にダイナマイトが入っていることを知らず、誤ってスタッフがダイナマイトを仕込んでしまう。俊藤はケガをしてしまい、健司は警察に問い詰められる。やっと解放され、美雪とも再開するも、健司は「もううんざりなんです」と、美雪に言ってしまう。美雪は、お守りを落としたから探してほしいと言うも、健司は「僕はあなたの僕じゃない。自分で探せばいいでしょ」と言って、美雪を突き放してしまう。美雪は1人で撮影現場を後にした。

2人の距離が少し縮まる

美雪のお守りであるオカリナを見つけた健司

助監督室に戻った健司は仕事を続けるも、雨が降ってきて美雪のことを心配に思って仕事場を後にする。美雪の元へ行くと、雨の中草むらをかき分けながらお守りを探している美雪の姿があった。美雪にとって映画の中で動物たちからプレゼントでもらった大事なオカリナだった。健司は美雪に傘を渡し「僕が探します」と言って、美雪のオカリナを探した。そして、健司は美雪が探していたオカリナを見つけて、美雪に渡そうとするも美雪は一歩引いてしまう。健司は「スクリーンの中にいたから気づかなかったけど、実際会ってみると相当なお転婆で面喰っちゃいました」と笑いながら言って、美雪にひどいことを言ったことを謝った。美雪はオカリナを手に取って大事そうに握った。雨が止んで、青い空が見えた。そこには虹がかかっていた。健司は美雪に「虹が2本かかった様子が見られたら、願いが叶うそうです」と言った。美雪は「ぜひ見てみたいものだな」とポツリと言うと、健司は「じゃあいつかその時はここで2人で見ましょう」と美雪に言った。美雪は少し笑って「考えといてあげる」と健司に言った。2人の距離が少し縮まった瞬間だった。

徐々に惹かれ合っていく健司と美雪

シナリオハンティングのために出かけた健司と美雪

場面は現代に戻り、老人と吉川のシーンになる。吉川は「脚本の中の主人公は牧野さん自身なんですね」と言う。続いて吉川は相手の女性のことが気になって老人に聞くが、そのまま話の続きに入る。
ある日、塔子のアイデアで若手にチャンスを与えるということで、脚本を書いてほしいと助監督それぞれに言った。採用されたら映画化できるということで、健司は大喜びして、山中と「どっちが選ばれても恨みっこなしだぞ」と言ってライバル精神を燃やした。実は、塔子は健司に想いを寄せており、このアイデアも健司のために出したアイデアだった。
健司はロマンス劇場に足を運び、そのことを本多に伝えた。しかし、健司自身「いざ脚本を書くとなったら何を書いたらいいか分からない」と悩みをコソッと打ち明けた。それを聞いた本多は、健司にアドバイスをした。本多のアドバイスを聞いた健司は、「何を書くべきか分かった!」と言って、勢いよく劇場を後にした。
家に帰ると、早速脚本を書きだした健司。美雪は暇だと健司に伝えると、健司は「じゃあ、シナリオハンティングを手伝ってください」と言って、美雪と共にいろんな場所へ出かけた。バラを眺めに行ったり、かき氷を食べたり、歩きながら色しりとりをしたり、様々なことを2人でした。何度か健司が美雪に触れそうになったシーンがあったが、美雪は「気安く触るな」と言って健司を追い払った。
ある日2人で歩いていると、健司が「このシーンで2人はキスをするんです。」と言った。しかし、手も繋いだことない2人。健司は「無理ですよね」と言って先を歩いたが、美雪がそばにあった電話ボックスに入り、目を瞑って待っていた。健司は、電話ボックスに近寄り、ガラス越しに美雪にキスをしようとするも、直前で美雪は目を開けて、健司の顔を見て「間抜けな面だな」と笑ってしまう。その後も、2人のシナリオハンティングは続き、ある時美雪が健司に脚本の内容を質問した。健司は美雪との話を映画にしたいと言った。美雪は「その物語の結末はどうなるんだ?」と聞いた。健司は、「ごめんなさい。まだ決めていないんです。」と言った。美雪は、目の前の景色をじっと眺めた。

美雪の秘密が明かされる

健司を訪ねたはずの美雪が帰宅しようとしたところ、俊藤に引き留められるシーン

ある日、健司の家に塔子が訪ねてきた。その時に家にいたのは美雪のみで、2人で喫茶店へ行く。そこで塔子が健司に想いを寄せていることを美雪は知る。美雪は、健司とのことを遠い親戚であると塔子に伝えた。家に帰った美雪は「そろそろ話さなきゃな…」と呟いた。
一方、健司の仕事場では、健司の脚本が採用されたことが決まった。結末をきちんと書くようにと命じられた健司。健司は喜びを美雪に伝えようと、美雪を蛍が見える川に連れてきた。健司はそこで「ずっとあなたの隣でいろんな景色を見たい。僕の隣にずっといてくれませんか?」とプロポーズをして、美雪にプレゼントを渡そうとした。しかし、美雪は「ずっと一緒にいられない」と言った。美雪は、この世界に来た代償として人のぬくもりに触れてしまうと消えてしまうという秘密を健司に告げた。健司は、美雪になぜ現実の世界に来たのかを美雪に問いかけた。美雪は、健司に会いたかったから現実の世界に来たことを健司に伝えた。最初は色んな人が美雪を見てくれていたが、次第に誰も見なくなった。そんな時に見つけてくれたのが健司だった。もうすぐ会えなくなると知って、一度会いたいと思って、美雪は現実の世界に飛び出してきたと健司に告げた。
健司は、美雪の秘密を知ってしまい、脚本の結末を書けずにいた。ある日、助監督室でお酒を飲んでいたところを塔子に見つかり、一緒にお酒を飲むことに。帰り際に塔子は健司に告白するも、その一部を山中に見られてしまう。
数日後、美雪は健司のジャケットから指輪を見つけた。以前健司が美雪に渡そうとしていたものだと気づき、健司の気持ちに応えようと思った美雪は、指輪を握りしめて走って健司の仕事場に向かう。美雪は健司の姿を見つけたが、ちょうど健司は山中と話しているところだった。健司は山中に美雪にプロポーズをしたが振られてしまったことと、塔子に告白されたことを話していた。そして最後に健司は「好きな人に触れずに生きていけると思うか?」と言うと、山中は「そんなわけないだろ」と言った。健司は「そうだよな」と言ってその場所を去ろうとした。話を聞いてしまった美雪は、慌ててその場を去った。帰り際に俊藤に引き留められるも、振り払って立ち去った。
その夜、健司が帰宅したところに大荷物を抱えた美雪が出てきた。健司の家を出ていくというのだ。悲しそうな顔をする健司に美雪は「お前のそんな顔を見るのも、触れないように気を遣われるのも、愛想笑いも、もう全部うんざりだ」と言って、健司の前から姿を消した。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ホタルノヒカリ(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホタルノヒカリ』とは、ひうらさとるによって2004年から2009年まで『Kiss』に掲載された漫画作品。2007年に綾瀬はるか主演にてテレビドラマ化され、2010年に『ホタルノヒカリ2』、2012年には『映画 ホタルノヒカリ』と続いた。恋愛するより家で寝ていたいと思っている27歳の干物女雨宮蛍が、枯れ果て忘れていた恋心を取り戻す物語。

Read Article

わたしを離さないで(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『わたしを離さないで』とは、日系イギリス人のカズオ・イシグロが2005年に発表した長編小説で、日本ではTBS系列で放送された脚本・森下佳子によるテレビドラマである。「臓器提供」を目的としてこの世に誕生した「クローン人間」の子供時代から始まり、成長とともに人生を受け入れ、全うしていく姿がドラマの中で主人公の恭子、友彦、美和の姿を映しながら描いていく。見どころは、作品の中では、現実の人物に近いキャラの恭子が自分の人生を振り返りながらすべてを受け入れ「生きる」ことに前向きになるという作品になっている。

Read Article

JIN(仁)のネタバレ解説・考察まとめ

『JIN(仁)』とは、TBS系列にて2009年10月〜12月まで放送されたTVドラマ及び、『スーパージャンプ』で連載されていた村上もとかによる漫画作品。「現代の医師が、もし幕末へタイムスリップしたらどうなるか?」を描いたSF要素の強い医療時代劇漫画をドラマ化したものである。第五話で視聴率20%超えを達成し、最終話では平均視聴率25.3%、瞬間最高視聴率29.8%を記録した。この記録は、2009年に放送された民放の連続ドラマ視聴率の中で最高記録となり、大きな反響を呼んだ、国民的人気ドラマである。

Read Article

LIFE!〜人生に捧げるコント〜(テレビ)のネタバレ解説・考察まとめ

LIFE!~人生に捧げるコント~とは、NHKが制作しているコントを中心としたバラエティ番組。『人生』をテーマにしており、ウッチャンナンチャンの内村光良が中心となっている。内村にとってはNHKでの初のレギュラー番組。一度見たら忘れられない個性的すぎるキャラクターたちや、多分野に渡る豪華ゲストが特徴。

Read Article

仮面ライダーゼロワン(Zero-One)のネタバレ解説・考察まとめ

『仮面ライダーゼロワン』とは、東映制作で2019年に放送された仮面ライダーシリーズの特撮テレビドラマ。令和初の仮面ライダーシリーズ。主人公の飛電或人/仮面ライダーゼロワンは祖父が亡くなったため飛電インテリジェンス社長兼仮面ライダーゼロワンとして戦うことになる。人工知能搭載型ロボットヒューマギアを暴走させようとするサイバーテロリスト組織滅亡迅雷.netとの闘いや夢と情熱の大切さを描く。キャッチコピーは「令和仮面ライダー元年」、「世界最強の社長はただひとり!オレだ!」。

Read Article

重版出来!(漫画・ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『重版出来!』とは2012年から松田奈緒子が小学館『月刊!スピリッツ』に連載中の青年漫画。週刊コミック誌『バイブス』の編集部を舞台に、主人公の漫画編集者・黒沢心が一癖も二癖もある漫画家たちや出版業界に関わる様々な業種の人々と一冊の本を生み出すため奮闘するお仕事漫画。2016年には黒木華主演でTBS系列にてドラマも放映。脚本は映画『図書館戦争』シリーズなどで知られる野木亜紀子。後に『逃げるは恥だが役に立つ』、『アンナチュラル』などのヒット作も手掛ける。

Read Article

ザ・マジックアワー(三谷幸喜)のネタバレ解説・考察まとめ

『ザ・マジックアワー』とは三谷幸喜が脚本・監督したエンターテインメント映画である。佐藤浩市の主演映画で妻夫木聡や深津絵里など豪華キャストが多数出演している。三谷幸喜が監督する4作品目の映画で、第32回日本アカデミー賞で4部門にノミネートされた。マフィアの天塩商会が牛耳る港町の守加護。彼らの怒りを買ってしまった備後は、助かるために三流俳優の村田を騙し、映画撮影と称して殺し屋のデラ富樫を演じさせる。天塩の者たちに村田が偽のデラ富樫だとバレないよう備後が四苦八苦する、大ヒットコメディ映画。

Read Article

翔んで埼玉(映画・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『翔んで埼玉』とは、魔夜峰央によるギャグ漫画作品、およびそれを原作としたコメディ映画作品である。。二階堂ふみやGACKTを始め、豪華なキャスト陣が本気でふざけた内容が大きな話題となる。埼玉県民が東京都民に虐げられてきた架空の世界が舞台となり、埼玉解放を求めて他の県を巻き込みながら全面戦争へと発展していく。

Read Article

勝手にふるえてろ(綿矢りさ)のネタバレ解説・考察まとめ

『勝手にふるえてろ』とは2017年に公開された日本のラブコメディ映画。芥川賞作家の綿矢りさの原作小説を松岡茉優主演で映画化。10年間も中学の同級生に片想い中で恋愛経験ゼロのヒロイン「ヨシカ」。そんな彼女に人生初めての彼氏ができる。ヨシカは片想いだけど妄想彼氏の「イチ」と初めて告白されてできた彼氏・会社の同僚「二」で勝手に二股を作り葛藤する。傷つきながらも暴走する主人公をコミカルに描く。監督は『でーれーガールズ』の大九明子。「第30回東京国際映画祭コンペティション部門」で観客賞を受賞した話題作。

Read Article

HERO(2007年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2007年9月8日に公開された日本の映画作品。2001年にフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の映画版。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2007年の日本映画興行収入第1位 (81.5億円)を記録した。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が傷害致死事件を通して大物代議士の疑惑に関わることになる。

Read Article

HERO(2015)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2015年7月18日に公開された日本の映画作品。2001年に第1期、2014年に第2期としてフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の劇場版2作目。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2015年の日本映画興行収入第3位 (実写映画では第1位) を記録 (46.7億円)。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が不審な交通事故を通して大使館の疑惑に関わることになる。

Read Article

流星の絆(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『流星の絆』とは、東野圭吾の同名小説『流星の絆』が原作となったミステリードラマである。子どものころに両親を殺された三兄妹が復讐を誓い、真犯人にたどり着くまでを描く。2008年10月から12月に、TBS系22時からの金曜ドラマ枠で放送された。脚本は宮藤官九郎が手掛け、基本のストーリーは守りつつも青春ドラマ的な要素やコメディー的な要素が加わったことで、原作とは大きく異なる世界観となっている。主役の三兄妹を二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香が演じる。

Read Article

HERO(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『HERO』とは、第1期が2001年に、第2期が2014年にフジテレビ系で放送された、検察をテーマにした日本のテレビドラマシリーズ。木村拓哉が主演を務め、自身の正義と価値観で捜査を行う型破りな検事・久利生公平と彼を支える検察事務官、同僚検事たちの活躍を描いている。その他、2006年にドラマ特別編が、2007年には劇場版がそれぞれ制作され、2015年には劇場版第2作が制作された。第28回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞を受賞した。

Read Article

のぼうの城(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『のぼうの城』とは、和田竜の日本の歴史小説を元にして2012年に公開された映画である。犬童一心と樋口真嗣の共同監督で制作された。主人公の長親(ながちか)は忍城(おしじょう)城代の息子である。関白秀吉の家臣である三成によって、忍城は開城を迫られていた。しかし長親は世の理不尽に真っ向から対抗するため、三成に相対する。長親は周りの力を借り、ついには三成軍を退けることになった。この作品は時にはしんみりしつつも、長親という「でくのぼう」の奇策によって観た人を気分爽快にさせる歴史映画となっている。

Read Article

NEW

本田翼が可愛い!星のドラゴンクエストのCM画像・動画を一挙公開【星ドラ】

『星のドラゴンクエスト』とは、2015年にリリースされたオリジナルストーリーが楽しめるスマホアプリである。イメージキャラクターに女優の本田翼を起用し、リリース前に作成されたCMや画像が【可愛い】と話題になった。本記事では本田翼が様々な役柄に挑戦した『星のドラゴンクエスト』のCM・画像をまとめて紹介する。

Read Article

目次 - Contents