カルテット(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『カルテット』とは松たか子主演のラブストーリー、コメディー、サスペンスの要素が入った連続テレビドラマ。2017年1月17日から3月21日まで毎週火曜22時から22時54分に放送されていた。ある日、偶然出会った演奏者である男女4人が、弦楽四重奏のカルテットを組み軽井沢で不思議な共同生活を始める。夢叶わず30代に入り、それぞれが人生のピークを迎えず緩やかな下り坂で立ち止まっていたが、4人の出会いは偶然ではなかった。ほろ苦くて甘い、ビターチョコレートのような大人のラブサスペンスである。

『カルテット』の概要

『カルテット』とは松たか子主演のラブストーリー、コメディー、サスペンスの要素が入った連続テレビドラマ。2017年1月17日から3月21日まで、毎週火曜22時から22時54分にTBS系「火曜ドラマ」枠で放送されていた。また、松たか子にとっては5年ぶりの連続ドラマ主演となった。第7回コンフィデンスアワード・ドラマ賞で作品賞をはじめとする5部門制覇など、複数のドラマ賞を受賞している。
ある日、東京のカラオケボックスで偶然出会った男女4人は、皆30代でそれぞれがヴィオラ・ヴァイオリン・チェロの奏者だったこともあり軽井沢で一冬の共同生活を行うことになる。弦楽四重奏のカルテットを組んで、レストラン「ノクターン」をメインにさまざまな場所で演奏をしていくが、音楽だけではどうにもならない現実に向き合うことになる。思い描く演奏者としての夢に届かず、人生のピークを迎えることもできないまま緩やかな下り坂で立ち止まる4人が不思議な縁でつながる。そして、彼らの出会いは偶然ではない秘密が隠されていた。ほろ苦くて甘い、大人のラブサスペンスである。

『カルテット』のあらすじ・ストーリー

カルテット結成

出典: www.tbs.co.jp

カルテット結成を祝う4人。左から家森、真紀、別府、すずめ。

人の行き交う東京の街角で路上演奏をしていたチェロ奏者の世吹すずめのもとに、仕事の依頼だと1人の老婆が話しかけてきた。そして、「この女性と友達になってほしい」と手渡された写真にはヴァイオリン奏者の巻真紀という1人の女性が写っていた。すずめは早速真紀の動向を探り出し、カラオケボックスにヴァイオリンを弾きに来た真紀と偶然を装って遭遇するために部屋から出てくるのを待っていた。ところが、すずめがタイミングぴったりに自身の個室のドアを開けたのと同時に、楽器を手にした2人の男性もドアを開けた。その2人の男は別府司と家森諭高と名乗り、すずめと真紀も含めて奏者が4人偶然その場に居合わせたことから話が弾み、カルテットを組まないかと話が進んだ。しばらく経ち、真紀は同じくヴァイオリン奏者の別府の運転する車で彼の祖父が所有する軽井沢の別荘へ向かっていた。別府の別荘が4人で集まるにはちょうど良い位置にあり、使っていなかったため活動拠点にはもってこいだったからである。「家森さんも、すずめちゃんも真紀さんが来るの楽しみにしています」と語る別府は、カラオケボックスですずめ、真紀、別府、家森の4人の演奏者が偶然出会ったことを運命だとも真剣な表情で言った。

道中に、道を聞かれた女子大生と別れ際にキスをするような軽い性格の家森を拾って別荘へと到着した。別荘には死体のように眠るパジャマ姿のすずめがおり、4人は初めて一緒に演奏をする。初めてにしては気持ちのいい演奏に楽しくなる4人は、晩御飯に結成を祝って唐揚げを食べる。レモンをかけるか聞かなかったすずめと別府に、ネチネチ文句を言う家森と静かに共感する真紀という和気藹々とした雰囲気が流れていた。

4人とも休みが合う時以外はいつもの日常に戻る。元プロで現在は専業主婦の真紀。祖父が偉大な音楽家でドーナツ会社のサラリーマンである別府。路上演奏で日銭を稼ぐすずめ。フリーターの家森。「ドーナツホール」という名前をつけたカルテットを組んでから、スーパーで演奏をしていた彼らは素敵なステージのあるレストラン「ノクターン」を見つける。しかし、そこには余命わずかと嘘をついて長期間演奏し続けるアマチュアの年配のピアニストがいたため、出演にこぎつけることができなかった。ところが真紀が店主へ「数年前にも同じ文言で活動していました。余命わずかと言うのは嘘です」と伝えたため、とって変わることに成功した。年配ピアニストと同じアマチュア演奏家として、活動の場を強引に奪うことに罪悪感が残る彼らは、燻り続ける自分達の未来をそのピアニストに見ていた。

出典: www.tbs.co.jp

ノクターンでの初舞台後、拍手をもらうカルテットドーナツホール。左から真紀、別府、すずめ、家森。

真紀がピアニストを追い出したことに対して、腑に落ちない別府は「もう少し違う方法はなかったのか」と真紀に投げかける。仕様がないことだと言う真紀は、「音楽で食べていきたい同じ夢を持つのなら尚更奪うしかないのだ」と訴える。そして、既婚者であるが夫が失踪したきり1年帰ってこないことを皆に告げる。帰る場所はもうないから、軽井沢の別荘で4人で音楽と一緒に暮らしたいのだと語る真紀にメンバーたちは微笑む。そして、ノクターンで初舞台をふんだ。

胸の内を話したことでメンバーと距離の近くなった真紀。しかし、一方ですずめは人気のない場所で路上で出会った依頼人の老婆に真紀の声が入った盗聴器を渡す。老婆は真紀の姑で、「息子は失踪なんかしていない。あの女に殺された」と語った。そして、すずめに友達のフリを続けてほしいとお願いする。

別府の失恋と告白

出典: www.tbs.co.jp

職場で親密な様子の別府と九條。左から別府、九條。

日中ドーナツ会社に勤務するサラリーマンの別府は、同僚の九條から好意を抱かれていることに気づいていた。プライベートでも会ったり冗談を言える中の2人だが、とある仕事終わりにカラオケで九條から「結婚するんだよね」とサラリと告げられる。驚く別府だが九條は淡々としており、別府の組んだカルテットに結婚式での演奏をお願いする。別府には大学時代からの想い人がいた。その人は学祭のステージでヴァイオリンを弾いていた、当時プロとして活動する真紀だった。しかし、真紀には自身の想いが到底届くことがないと思っていたため、身近で好意を抱いてくれている九條の気持ちに甘えていた。九條の結婚の報告を受けてから、別荘で夜に真紀と話す機会があり、素直に真紀に「好きだ」と告げる別府。真紀はまだ失踪した夫のことが忘れられず、夫よりも幸せにできると言う別府に対して「捨てられた女なめんな」と怒りをあらわにする。真紀にフラれた別府はカラオケに九條を誘い、泥酔して彼女の家に泊めてもらう。その時、別府は九條を押し倒すが九条は受け入れた。朝が来て、ベランダでラーメンを啜りながら九條は別府に「私もずるいし、別府くんもずるいよ」と言って、これが私たちのクライマックスなんじゃないかと別府に投げかけた。うなずく別府はしばらくして、結婚式の演奏をしたいとカルテットのメンバーに相談する。

結婚式当日、バージンロードを歩く九條に向けて別府は真紀に一目惚れした際の曲である「アベ・マリア」を弾いた。そして、途中からよく九條とカラオケで歌っていたZARDの「White Love」を奏で、九條への想いを音にのせた。2人にフラれた別府だが、一緒にカラオケで騒いで発散したりしてカルテットの面々に支えらたおかげで少しだけ立ち直ることができた。そんな中、別府が少し気になるすずめはコンビニに行こうと誘うが中々2人で話をすることができない。

すずめの過去

出典: www.tbs.co.jp

すずめの父親の死期が近いことを伝える少年の岩瀬とすずめ。左から岩瀬、すずめ。

いつものようにノクターンへ演奏に向かうドーナツホールの4人は、家を出る前にボーダーの服を着るタイミングについてふざけ合った後レストラン前でボーダーを着た少年、岩瀬純に話しかけられる。どうやらすずめに話があるらしいその少年は、すずめの父親がもうすぐ亡くなりそうで娘に会いたいと言っていると伝えてきた。すずめ以外の3人にその話は聞かれないようにしていた。しかし、それを聞いてもすずめは慌てる様子もなくそっけない。少年は諦めて帰るが、その後別府に家族のことを聞かれたすずめは適当なことを言ってはぐらかした。千葉にある父親のいる病院近くまで行くことはあったが、すずめが父親に会うことはなかった。そんな中、カルテットの存在を知った少年とその母親は別荘に連絡し偶然そこにいた真紀が電話をとる。すずめとは連絡がつかなかったので、真紀が代わりにすずめの父親の元へ行き、そのタイミングで父親は息を引き取った。病院で少年は、真紀にひとつのブログを見せる。それはとあるOLが書いたもので、かつての同僚について当時の様子と筆者であるOLの心情が吐露されていた。いつもニコニコ笑っていたすずめと思われる同僚は自分のことを一切話すことがない少し風変わりな女性だったとあり、ある日同僚が彼女の名前を検索すると「超能力少女」として活躍していた過去のすずめの情報が出てきた。すずめは父親に仕込まれて透視ができる少女としてもてはやされた時代があった。しかし、それが虚偽だとわかると父親は詐欺の罪で捕まり、すずめも槍玉にあげられたのだ。年月は経っていたが、OLのすずめを同僚たちがいじめるのは容易いことだった。ブログの筆者も同様に加害者であったと書かれており、すずめがしばらくすると仕事をやめたので謝りたくても謝れない後悔が最後に綴られていた。

出典: www.tbs.co.jp

蕎麦屋で話こむ真紀とすずめ。左から真紀、すずめ。

病院を出た真紀は病院前で呆然とするすずめを見つける。近づいて名前を読んでも走って逃げようとするすずめを捕まえて、真紀は近くの蕎麦屋に入った。ご飯を食べたら病院に戻るように言う真紀に対して、人の親切に薄情だった父の話をするすずめは病院へ行くことを渋った。そんな様子を見て真紀は、「軽井沢に帰ろう」とすずめの手を握って言う。昔の自分を知られたらみんなに嫌われてしまうと思っていたすずめは、みんなと離れたくないと本音を漏らす。「あそこはすずめちゃんの居場所」だと話す真紀は「泣きながらご飯食べたことある人は生きていけます」とご飯を頬張るすずめを見つめた。すずめは帰りの車の中で、祖父から譲ってもらったチェロと祖父の話を真紀にした。幼少期、物置でチェロを見つけたすずめに祖父はチェロが遠い異国の地で生まれて、数百年の年月を経てここにあることやチェロの弾き方を教えてくれた。まだ幼かったすずめは自分よりも長く生きるチェロにずっと側にいてほしいと願い、それから今まで一緒に生きてきた。そんな大切な思い出を共有した真紀に、偶然を装って近づいたことを口走りそうになったすずめだが、ちょうどその時家森と別府が別荘に付けたイルミネーションが目に入ってきた。「お帰りなさい」と迎える2人に近づくすずめは、少し離れてた場所にいた別府の元へ駆け寄り衝動的にキスをする。

家森の過去

出典: www.tbs.co.jp

息子の光大を連れて帰ろうとする家森。左から光大、家森。

カルテットとして活動する家森は、美容院でアルバイトをするフリーターだったがすぐに辞めてしまった。そして、そんな家森をつけ狙う半田という男がいた。半田は家森に「この女を知らないか」と写真を見せて仕切りに聞くが、「僕はもう関係ない」と家森は毎度逃げ回っていた。ある日半田が4人の暮らす別荘に押しかけてきて、家森のヴィオラを持ち出してしまう。そこで家森は自身がバツイチで息子がいることをメンバーに告げた。そしてすずめを現彼女と偽って息子に会いに行こうとする。久しぶりに息子の光大に会った家森は離れがたくなり、別荘へ息子を連れ去ったため元妻の茶馬子が乗り込んできた。どうやら今彼と上手くいっていない茶馬子に、家森が関係を戻そうと切り出す。定職につかず音楽で生きていこうとする家森に嫌気がさしていた茶馬子は、それを突っぱねる。一夜明けて再び別荘にやって来た半田は、茶馬子に今彼との手切金を渡しに来た。茶馬子の今彼は社長息子だったため、社長は茶馬子との関係を切るために半田に行方を追わせていたのだ。無事にヴィオラも戻ってきたが、元妻と息子2人が帰るのを見送る家森の目には涙が浮かんでいた。

ドーナツホールのチャンス

出典: www.tbs.co.jp

ボイスレコーダーを発見する真紀。左から有朱、真紀。

ある日、別府はノクターンで音楽で成功した弟にカルテットのメンバーが無職であることを指摘され、仕事をして独立するべきだと言われる。早速弟の紹介で、クラッシックの音楽フェスティバルに参加してみないかと誘われる4人だが真紀は揶揄われているのだと乗り気ではない。そんな中、別府は「一度個人の夢は忘れて、ドーナツホールの夢を見ましょう」と提案する。しばらくして、とあるピアニストのバックとして仕事の依頼をされるが派手なコスチュームを着て振り付けのような演奏を強いられる。前日にも満足な練習時間がなかったため、もっと練習がしたいとプロデューサーに懇願すると「君たちを選んだのは弟さんに頼まれたから」と言われてしまう。当日にはリハなしで音源に合わせて演奏する変更を伝えられて、憤るメンバーたち。真紀はそんな彼らに「三流の仕事してやりましょう」とステージに立つことを勧める。気持ちを切り替えて仕事をした4人は、講演後街中で路上演奏を行った。純粋に音楽を楽しんでくれる観客に自然と顔も綻ぶカルテットの面々。この一件から、別府は弟からの仕事の依頼を断ることにする。

一方すずめは、旦那が行方不明になった翌日にパーティーに行くような非常識な女だと、姑から聞いていた真紀の行動の理由を本人から聞くことになる。「夫は以前から逃げ癖があって、私からも逃げたんだと考えたら思いっきり遊んでやろうと思ったのだ」と語る真紀は清々しい程いい笑顔をしていた。非常識でもなんでもなかった真相に胸を撫で下ろすすずめは、もう姑からの依頼である真紀の嘘の友人として盗聴し、探るようなことはしたくないと思う。しかし、姑から突然「もういいの」と告げられてしまう。どうやら新しい駒として、ノクターンの従業員である有朱を選んだようだった。

真紀と夫の関係

出典: www.tbs.co.jp

お互いを思い合っていると思っていた真紀と夫の幹生。左から幹生、真紀。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

池袋ウエストゲートパーク(IWGP)のネタバレ解説・考察まとめ

『池袋ウエストゲートパーク(IWGP)』とは2000年4月から6月までTBS系で放送された日本の若者の日常をワイルドに描いたテレビドラマ。主演は長瀬智也、脚本は宮藤官九郎。その他渡辺謙や妻夫木聡など、多くの豪華俳優が出演している。池袋を舞台に、主人公マコトが池袋を舞台に友人やギャングたちとケンカや友情に明け暮れるストーリー。原作は石田衣良の小説『池袋ウエストゲートパーク』で、ドラマ以外にも、コミック、ミュージカル、舞台、アニメなど幅広いメディアミックスがなされた。

Read Article

HERO(2007年の映画)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2007年9月8日に公開された日本の映画作品。2001年にフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の映画版。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2007年の日本映画興行収入第1位 (81.5億円)を記録した。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が傷害致死事件を通して大物代議士の疑惑に関わることになる。

Read Article

花束みたいな恋をした(はな恋)のネタバレ解説・考察まとめ

『花束みたいな恋をした』とは、2021年公開の日本のラブストーリー映画。主演は菅田将暉と有村架純。『東京ラブストーリー』『Mother』などで知られる坂元裕二によるオリジナル脚本で、終電に乗りそびれた二人が21歳で恋に落ちて、26歳で別れるまでの忘れられない恋愛を描く。坂元裕二はあくまで「普通の恋愛」を描くことを目指しており、等身大の恋愛に共感する視聴者が続出した。

Read Article

ハゲタカ(Hagetaka)のネタバレ解説・考察まとめ

ハゲタカとは、日本人作家・真山仁の経済小説を原作にしたテレビドラマ・映画。2007年にNHKで全6話が放送されている。日本企業買収の使命を帯びて、米国投資ファンドの敏腕マネージャーの鷲津が帰国し、企業の社長や銀行とのマネーゲームが繰り広げられる。鷲津は企業を救うために模索するが、その気持ちとは裏腹に金が悲劇を巻き起こす。ドラマが国内外で高い支持を受けたことで、映画化もされた。

Read Article

マスカレード・ホテル(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『マスカレード・ホテル』とは、東野圭吾が書いた人気小説『マスカレード・ホテル』を原作とした大ヒット映画である。木村拓哉主演の映画で、長澤まさみや小日向文世、渡部篤郎など豪華キャストがそろっている。物語は予告連続殺人事件の捜査のために、警視庁の刑事たちがホテル・コルテシア東京に潜入捜査をする。エリート刑事の新田はフロントクラークとして同じホテルの仕事をする山岸と共に、次々とホテルに来る怪しい宿泊客の対応をしていく。誰が殺人事件を起こそうとしている犯人なのかを突き止めていくミステリー映画。

Read Article

陸王(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『陸王』とは作家の池井戸潤が書いた小説『陸王』が原作のドラマで、脚本は八津弘幸、演出は福澤克雄と田中健太が担当。ドラマのストーリーは資金難に苦しむ老舗足袋屋の社長が、会社の未来を考え新規事業のランニングシューズ開発に乗り出し、たくさんの人の助けで苦難を乗り越え、マラソン足袋「陸王」を開発するまでの企業再生物語。ドラマの主人公である宮沢紘一を俳優の役所広司が演じ、たくさんのエキストラを使った駅伝シーンなどは臨場感のあるシーンに仕上がっている。大多数の人たちから感動したと大反響を呼んだ人気ドラマ。

Read Article

HERO(2015)のネタバレ解説・考察まとめ

「HERO」とは2015年7月18日に公開された日本の映画作品。2001年に第1期、2014年に第2期としてフジテレビ系で連続ドラマとして放送された同作の劇場版2作目。監督は鈴木雅之。脚本は福田靖。2015年の日本映画興行収入第3位 (実写映画では第1位) を記録 (46.7億円)。木村拓哉演じる主人公・久利生検事が不審な交通事故を通して大使館の疑惑に関わることになる。

Read Article

めがね(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『めがね』とは、都会からとある島にやって来た女性・タエコが、滞在する宿の主人・ユージや、島の高校教師・ハルナ、タエコを探しに島に来たヨモギ、そして毎年春に島に来ては、少し変わったかき氷屋をしているサクラとのふれあいの中で、固く閉ざしていた心を解きほぐしていくストーリーとなっている。「何が自由か、知っている」をキャッチコピーにして、2007年に公開。主演は小林聡美、監督は萩上直子が務めた。2008年のベルリン映画祭では、パノラマ部門に参加し、日本映画初のマンフリート・ザルツゲーバー賞を受賞した。

Read Article

かもめ食堂(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『かもめ食堂』とは、フィンランドのヘルシンキに日本人女性・サチエがオープンした小さな食堂を舞台に、3人の日本人女性とフィンランド人との穏やかで心温まる交流を描いたヒューマンドラマである。群ようこの同名の小説をもとにした映画であり、小林聡美、片桐はいり、もたいまさこの3人が主演の萩上直子監督作品。かもめ食堂がヘルシンキの人々に受け入れられ、身近な食堂としてみんなの居心地の良い居場所になっていく物語である。

Read Article

ロングバケーション(ロンバケ)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロングバケーション』とは、1996年4月から6月まで毎週月曜日21:00から、フジテレビ系の「月9」枠で放送された日本の恋愛ドラマ。主演は木村拓哉と山口智子で、その他松たか子や竹野内豊など、人気俳優が脇を固める。ピアニストを目指す瀬名秀俊と、モデル崩れの葉山南がひょんな事から一つ屋根の下に住むことになり、互いに惹かれていくストーリー。脚本は人気脚本家の北川悦吏子。略称は「ロンバケ」。最高視聴率36.7%を記録し、第34回ギャラクシー賞選奨にも選出された。

Read Article

流星の絆(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『流星の絆』とは、東野圭吾の同名小説『流星の絆』が原作となったミステリードラマである。子どものころに両親を殺された三兄妹が復讐を誓い、真犯人にたどり着くまでを描く。2008年10月から12月に、TBS系22時からの金曜ドラマ枠で放送された。脚本は宮藤官九郎が手掛け、基本のストーリーは守りつつも青春ドラマ的な要素やコメディー的な要素が加わったことで、原作とは大きく異なる世界観となっている。主役の三兄妹を二宮和也、錦戸亮、戸田恵梨香が演じる。

Read Article

HERO(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『HERO』とは、第1期が2001年に、第2期が2014年にフジテレビ系で放送された、検察をテーマにした日本のテレビドラマシリーズ。木村拓哉が主演を務め、自身の正義と価値観で捜査を行う型破りな検事・久利生公平と彼を支える検察事務官、同僚検事たちの活躍を描いている。その他、2006年にドラマ特別編が、2007年には劇場版がそれぞれ制作され、2015年には劇場版第2作が制作された。第28回ザ・テレビジョンドラマアカデミー賞を受賞した。

Read Article

タイガー&ドラゴン(ドラマ)のネタバレ解説・考察まとめ

『タイガー&ドラゴン』とは、2005年にスペシャルドラマとして放送され、その後、連続ドラマ化された「落語とヤクザ」をテーマにした日本のテレビドラマ。主演はTOKIOの長瀬智也とV6の岡田准一。ヤクザの虎児が落語家に弟子入りし、事件に巻き込まれながらも噺家として修行を積んで、一人前の落語家を目指していくストーリー。毎話お題目となる落語噺に沿うように作成されており、1話完結の構成となっている。TBSプロデューサー磯山晶と脚本宮藤官九郎のコンビによるドラマ。

Read Article

レキシ・セカンドアルバム「レキツ」におけるコラボレーションとレキシネームについてのまとめ

歴史をフィーチャーし、独自の路線を突き進む人気のアーティスト「レキシ」 そんなレキシがコラボレーションしたアーティストはいつも豪華。 そして、コラボレーションする際にアーティストには”レキシネーム”という名前がつけられ話題になっています。 今回は、レキシのセカンドアルバム「レキツ」でコラボレーションしたアーティストとレキシネームについてまとめました。

Read Article

90年代の恋愛バイブル!伝説のドラマ「ロングバケーション」

木村拓哉と山口智子主演の本作は、1990年代の恋愛ドラマとしては最高峰のものだと思います。 胸がときめいて、そして切なくなるようなシチュエーションの数々と、それとぴったりマッチした音楽達。 「恋する気持ちを忘れたら『ロンバケ』を見よう」というフレーズがこのドラマの素晴らしさをずばり表現しています。

Read Article

目次 - Contents