LIAR GAME(ライアーゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『LIAR GAME』とは2005年より甲斐谷忍が『週刊ヤングジャンプ』で連載しているサスペンス漫画、およびそれを原作としたテレビドラマ作品。"バカ正直のナオ"と呼ばれる女子大生・神崎直(かんざきなお)が、巨額の金を賭けた騙し合いのゲーム『LIAR GAME(ライアーゲーム)』に巻き込まれ、天才詐欺師・秋山深一(あきやましんいち)とともにライアーゲームを戦い抜く姿を描いたサスペンスである。

『LIAR GAME』の概要

『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』上映情報/東宝

出典: www.toho.co.jp

『LIAR GAME』とは2005年より甲斐谷忍が『週刊ヤングジャンプ』で連載しているサスペンス漫画、およびそれを原作としたテレビドラマ作品である。
2007年4月に初のテレビドラマとしてフジテレビで放映された。2年後の2009年11月からは同局にてテレビドラマのシーズン2が開始した。また、テレビドラマシーズン2(全9話)では語られなかった"幻の第10話"『ライアーゲームX』や主人公・神崎直と天才詐欺師・秋山深一の過去を描くスピンオフドラマ『ライアーゲーム エピソードゼロ』も公開されている。さらに、『LIAR GAME』は映画化もされており2010年3月に『ライアーゲーム ザ・ファイナルステージ』、2012年3月に『ライアーゲーム 再生』が上映された。
正直者の女子大生・神崎直(かんざきなお)が、巨額の金を賭けた騙し合いのゲーム『LIAR GAME(ライアーゲーム)』に巻き込まれ、天才詐欺師・秋山深一(あきやましんいち)とともにライアーゲームを戦い抜く姿を描いた物語である。巨額の金を賭けたゲームでは、金に目が眩んだ多くのプレイヤーが騙し合いや駆け引きを繰り広げる。そのなかで、お互いに信頼し合うことが大切だと説く主人公・神崎直の誠実さが生み出すストーリーは国内外問わず、幅広い支持を集めている。

『LIAR GAME』のあらすじ・ストーリー

トーナメント1回戦「1億円争奪ゲーム」

正直者の女子大生、カンザキナオのもとにライアーゲーム事務局から現金1億円が届いた。トーナメント1回戦ではこの1億円を対戦相手と奪い合う。

ナオの対戦相手は中学の担任、藤沢先生だったが、先生のことを信用しているナオはまんまと1億円を奪われてしまう。
しばらくの間、1億円を奪われたことに気づかなかったナオだったが、先生のふとした会話から自分が騙されていることを知り、1億円を返してもらうよう懇願する。
しかし、藤沢先生はナオからの必死の頼みに応じず、ナオは為す術がなくなり釈放された天才詐欺師・アキヤマに助けを求る。最初は相手にしなかったアキヤマだったが、バカ正直なナオを放っておけずライアーゲームに協力する。

アキヤマはナオと交代で24時間見張り続けることで藤沢にプレッシャーを与えるが、藤沢は頑丈な金庫を見せつけてこの中から1億円は奪う事はできないと言う。絶望するナオだが、アキヤマは絶対に1億円を奪うと宣言しその場を立ち去った。

いよいよゲーム終了となる17時になり、藤沢のもとにライアーゲーム事務局が回収に現れた。ライアーゲーム事務局から来た男はナオの1億円を合わせた合計2億円の照合を開始した。

勝利を確信した藤沢が2億円の使い道を考えていると、本物のライアーゲームの事務局を名乗る男が1億円の回収に現れた。パニックになった藤沢だったが、先に来た回収員はアキヤマの変装だった。

アキヤマはゲームの終了時刻を1時間早く偽った手紙を藤沢宅のポストに投函することで藤沢に誤った終了時刻を認識させたのである。

藤沢から1億円を奪うことに成功したナオだが、人間不信に陥った藤沢を救うために、藤沢に1億円を返還した。

トーナメント2回戦「少数決」

ディーラーにより2回戦『少数決』が開催された

チームに潜む”X”の策略を見破るアキヤマ

2回戦の挑戦者は全部で22名。
二者択一の問題にYESまたはNOで回答し、少数派になる回答をした人が勝ちというゲームである。

最後まで残ることができなければ1億円の負債を抱えるというルールに戸惑いを隠せないナオだったが、早速アキヤマは必勝法と呼べる作戦を立てた。
アキヤマは、8人でチームを組めば確実に誰か1人は賞金を手にすることができ、手にした賞金をチームで分配すればチームの全員が4千万円の賞金を手にすることができると言った。

作戦は順調に進んだが、アキヤマは違和感を覚えていた。
ナオもアキヤマの作戦通りゲームから脱落し、残っているのはアキヤマを含めた4人となった。

作戦通り順調に進んできたと思われた「少数決」だったが、最終決戦となる投票でアキヤマが抱いていた違和感の正体であるXが姿を表した。Xは女性に変装したフクナガで、8人チームを3つ作り全てに所属することで確実に勝利することができるというシナリオを描いていた。

しかし、Xの失言を分析することで早い段階からXの正体を見破っていたアキヤマは参加者の1人の石田と手を組むことでフクナガを騙し、見事勝利を収めることに成功した。

敗者復活戦 「リストラゲーム」

トーナメント2回戦で勝利を収めたナオだったが、ライアーゲーム事務局員のタニムラにまんまと乗せられてしまい1人で敗者復活戦に挑みことになった。

今回の敗者復活戦は投票数が少ない1名が脱落するルールであり、参加者はトーナメント2回戦「少数決」の敗者が集まったため、2回戦で参加者を騙し一人勝ちしようとしていたフクナガを敗者にしようと全員が一致団結していた。

しかし、フクナガの策略にはまり、参加者の中でナオだけが負債を抱えていないことを知られてしまう。参加者からの反感を買い最下位となったナオだったが、アキヤマの登場により形成は逆転した。

ナオは参加者たちと秘密裏に交渉を行い、10票を高値で買い取る。
これにより票はナオのもとに流れ、今まで安全圏にいた参加者たちは横並びで脱落ラインに立たされることになった。参加者たちは最下位から抜け出すために、ナオ(アキヤマ)の言い値で票を買わざるを得なくなった。

参加者たちによる票の売買が終了。ナオはミウラを最下位に選んだ。

ナオは仲間外れにされていたゲームの序盤で唯一優しく接してくれたミウラの借金を肩代わりし、ミウラをゲームから抜けさせる選択を取ったのである。

このゲームを通してナオは「みんなが正直でいさえすれば全員が救われる」という考えが芽生えた。

トーナメント3回戦 「密輸ゲーム」

3回戦の密輸ゲームは、2つの陣営に分かれて敵陣営にある自陣営の財産を自陣営に運び合うゲームである。
ただし、財産を運ぶ際には敵陣営の検査官のチェックが入るので、財産を運んでいることが敵陣営にばれないようあざむく必要がある。

今回の密輸ゲームでアキヤマとナオは、これまでナオたちを苦しめてきたフクナガと共闘することとなった。
頭脳だけでなく腕っぷしにも自信のあるフクナガをはじめ、そのフクナガを上回る頭脳を持つアキヤマを擁する南の国陣営の勝利は堅いと思われた。
しかし、ライアーゲーム事務局はアキヤマ、ナオやフクナガに加えて、北の国陣営の「ヨコヤ」と言う男にも注目していた。

ゲーム序盤、ナオたちの属する南の国陣営は、身内に内通者がいることに気付かず北の国陣営にリードを許してしまう。
ヨコヤの戦略を見破ることができず差が開いてしまう南の国陣営だったが、アキヤマが逆転の糸口を掴んだ。

アキヤマは南の国陣営の裏切りを逆手に取り、北の国のメンバーであるアカギたち3人にチームを裏切るよう提案をした。
アキヤマの提案を承諾してチームを裏切ったアカギたちだったが、ヨコヤに裏切りを見破られてしまう。
そして彼らはなす術なく、結果発表を迎えることになりました。

今回の密輸ゲームは、ゲームで使用される金を大量に保有したままゲーム自体には負けることで、借金を抱えることなくライアーゲームから抜けることが可能となる。
ヨコヤはこの作戦を実行しましたが、アキヤマ率いる南の国陣営がヨコヤの立てた作戦の実行に成功するという結果になった。

裏切りを見破られたアカギたちは、南の国陣営の戦略を北の国陣営に洗いざらい話したと思われたが、作戦の核心部分を隠しており裏で共闘していた。
アキヤマとナオは密輸ゲームで得た賞金を、このゲームで協力してくれたアカギたち3人の借金の返済に充てると宣言した。

ヨコヤは密輸ゲームで唯一個人で10億円以上の賞金を得ることに成功したが、主張がぶつかったナオを倒すため、ドロップアウトせずライアーゲームを続けることにした。また、ヨコヤへのリベンジに燃えるフクナガとナオたちの行動に心を打たれたアカギもライアーゲームに残ることに決めたのである。

敗者復活戦(2回目)

ライアーゲーム3回戦密輸ゲームを終えて、強敵「ヨコヤ」と戦い抜いたナオたちは、仲間たちをゲームから抜けさせることに成功した。
しかし、その代償としてナオとアキヤマは2人で8億の負債を背負い敗者復活戦に進むことになった。

敗者復活戦は3対3のチーム戦で、3種類のゲームのうち先に2勝したチームの勝利となる。

ナオはアキヤマ、フクナガと同じチームになった。

敗者復活戦1「24連装ロシアンルーレット」

初戦を任されたフクナガは、敵チームのニシダと戦う。

フクナガは敵チームのニシダを翻弄し、圧倒的に差をつけた状態でゲームは進行した。
フクナガはそのまま大差をつけてゲームを終えようとしたが、このゲームが引き分けになることでより儲ける策を見つけたため残りのゲームをわざと負けて欲しいとナオから頼まれた。

フクナガはニシダと引き分けることに成功し、引き分けにさせた理由をナオに聞いた。
ナオはこのゲームでプレイヤーが勝つことは、ライアーゲーム事務局を儲けさせることに繋がってしまうため、嘘をついてフクナガを騙したことを明かしたのである。

敗者復活戦2「17ポーカー」

2回戦に参加したアキヤマはキクチと戦う。
「17ポーカー」はカードを17枚使用するという点のみが通常のポーカーと異なるルールである。

アキヤマはこれまでのゲームにおいて卓越した頭脳を活かし圧勝してきたが、「17ポーカー」ではキクチ相手に苦戦を強いられた。

元ボクサーで動体視力の良いキクチは、ディーラーのシャッフルする癖からジョーカーの位置を特定し、自分の手札にジョーカーが入るようにカードを切らせることができた。
ジョーカーの位置を自在に操れるキクチ相手になす術もなく敗戦を重ねるアキヤマだったが、ゲームの途中に逆転の糸口を発見した。
アキヤマはキクチに引き分けを提案するも、キクチは聞く耳を持たない。

「17ポーカー」は最終ラウンドに突入し、お互いの手札が開示。
結果はアキヤマの大勝となったのである。

アキヤマは使用されるカードが毎回新品であることからカードの並び順を完璧に把握し、ディーラーにシャッフルの回数を指定することで配られる手札を完全にコントロールすることでキクチに勝利したのである。

アキヤマはリードを奪ったまま、ナオに3回戦を託した。

敗者復活戦3「回らないルーレット」

1勝1敗で迎えた大将戦は、ナオとコサカの戦いとなった。
ナオは敵チームのメンバーを救いたいと訴えたが、2回戦のキクチ同様、コサカも聞く耳を持たなかった。

コサカを説得することは難しいと思われたためナオはゲームを進めたが、ナオの戦略はコサカに筒抜けになっていた。
フクナガはコサカと秘密裏に同盟を結んでおり、「ナオは嘘をつくとき瞬きをする癖がある」という情報を流していたのである。

ナオはコサカとフクナガが繋がっていることに気づかないままゲームは最終ターンを迎えた。
コサカはナオの癖を確認し、勝利を確信。そして、全てのチップを一箇所にベットしたのである。

ここで当てられてしまえばナオたちは巨額の負債を背負うことが確定する。

勝利を確信したコサカだったが、一点に集中して賭けた場所は外れていた。
状況を飲み込めないコサカに対して、フクナガはナオが瞬きをする癖は嘘であることを告げたのである。

大きな勝利を手にしたナオたちだったが、ニシダ、キクチ、コサカの借金を肩代わりし4回戦に進むことで、敗者復活戦で戦った敵チームを救済したのである。

ucd_wrk
ucd_wrk
@ucd_wrk

目次 - Contents