呪術廻戦の呪術・呪具まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。
高校生である虎杖悠仁は、憎しみや悲しみが集まってできた『呪霊』を祓う為、特級呪物である『両面宿儺の指』を飲み込む。それにより『呪いの王』とされる両面宿儺が受肉するが、虎杖は両面宿儺を抑え込むことができた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。
登場人物たちは様々な呪術や呪具を使って戦闘を行う。

『呪術廻戦』の概要

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。
コミックスの累計発行部数が200万部を超え、『全国書店員が選んだおすすめコミック2019』で1位、『みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2019』で大賞を獲得した。

高校生である虎杖悠仁は、ある日、人の憎しみや恐れが集まった『呪霊』に襲われる。虎杖は呪霊を倒す力を得る為に特級呪物である『両面宿儺の指』を飲み込んだ。それにより『呪いの王』といわれる両面宿儺が受肉してしまうが、虎杖は両面宿儺を封じ込めることができる『器』だった。
虎杖は両面宿儺の復活を恐れる呪術界上層部により死刑を言い渡されるが、現代最強の呪術師である五条悟により「今すぐ死ぬか」「両面宿儺の呪物を取り込んで死ぬか」を選ばされる。人の役に立つよう祖父に言われていた虎杖は、両面宿儺の呪いを取り込んで死ぬことにした。それから虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へと入り、呪霊や、呪いを使って殺人を犯す呪詛師たちと戦っていく。

登場するキャラクターは、様々な呪術や呪具を使って戦闘を繰り広げていく。

『呪術』とは

呪いの力を使って呪いを祓う『呪術師』や、呪いの力を使って人を殺める『呪詛師』が使用する術。
呪いの大本となる力『呪力』を、構築式である『術式』に流す事により『呪術』が発動する。使用する術式によって発動する呪術が変化する。呪力や術式の有無は基本的には生まれつきであり、後天的に得る事はほとんどない(主人公の虎杖は呪物を取り込む事で呪力を得た)。

術式に制限をかけたり、自身の術式を相手に開示するなど、自身に枷を課す事により呪術の威力を上げる事ができる。これを『縛り』という。稀に、生まれつき呪力を持たなかったり、身体を動かす事ができないなど、先天的な『縛り』を受けて生まれてれくる者がいる。これを『天与呪縛』という。禪院真希は「本来持っているはずの術式を持っていない」という『天与呪縛』により、人間離れした身体能力を得ている。

術式の最終段階であり、呪術の極致に至る術を『領域展開』という。
術式を付与した『生得領域(≒心の中)』を呪力で周囲に構築する。結界術の一つであり、発動すると辺り一帯が術者の領域となる。他の呪術と比べて大幅に呪力を消費するが、環境要因によって術者のステータスが上昇する、領域内で発動した付与された術式は必ず当たる、といった利点がある。
領域展開に対しては、呪術で受ける、領域外に逃げる、こちらも領域展開をする、といった対処法がある。
同時に領域が展開された時には、より洗練された術がその場を制することになる。

『呪具』とは

呪力を持った武器。
呪力が無い者でも扱うことができ、これにより呪霊を祓うことが出来る。
特級から4級までランクが存在し、ランクが上がれば上がるほどに強力な武器となる。

虎杖悠仁(いたどり ゆうじ)の呪術・呪具

『呪術廻戦』の主人公。都立呪術高専1年生。
元は一般人であったが、特級呪物である『両面宿儺の指』を飲み込み、呪力を得た。
両面宿儺とは、かつて存在した『呪いの王』と称される呪霊である。虎杖は体に術式が刻まれておらず、呪術を使うことができないが、そのうち宿儺の術式が体に刻まれると言われている。虎杖が使用しているのは、体術に呪力を上乗せした技である。

逕庭拳(けいていけん)

呪力を纏わせたパンチ。
虎杖は並外れた身体能力を持っているせいで、殴打の際に呪力のコントロールが追いつかず、パンチの後に遅れて呪力が衝突していた。それにより、一度の攻撃に二度の衝撃が生じていた。これが『逕庭拳』と名付けられた。
並みの術師では何が起こったか分からず混乱する、と評されたが、特級クラスの相手には通じない、とも言われている。

黒閃(こくせん)

呪力を纏って攻撃をする際、打撃を打ち込んだ後に0.000001秒以内に呪力が衝突した際に起きる現象。黒閃が発生すると空間が歪み、稲妻のような黒い呪力が周囲に走る。黒閃の攻撃は通常時の2.5乗の威力となる。黒閃を発動できた後は、アスリートでいう『ゾーン』に入ったような状態になり、意図的に行なっていた呪力の操作を無意識に行うことができ、全能感に包まれる。黒閃を出したことがある術者と、そうでない術者の間には大きな違いがあるとされている。
虎杖固有の技というわけではないが、虎杖は圧倒的戦闘センスにより、黒閃を常人より遥かに高い確率で出せる。ちなみに、虎杖以外でこれまで作中に登場したキャラクターで黒閃を出したことがあるのは、五条悟、七海建人、釘崎野薔薇である。黒閃連続発生記録保持者は七海であり、その回数は4回である。虎杖は、黒閃を出した初日に5回の黒閃を放った。その内の4回を連続で出している。

屠坐魔(とざま)

虎杖が五条から渡された短刀の呪具。等級は不明。
『両面宿儺の指』を取り込んだ仮想特級怨霊により破壊された。
元々は禪院真希が所有していた物で、真希が五条に貸していた。

刀の形、刀身に空いた2つの穴、刀に巻かれた布から察するに、『FF7』の主人公であるクラウドの武器『バスター・ソード』のパロディだと思われる。

両面宿儺(りょうめんすくな)の呪術・呪具

『呪いの王』と称される特級呪霊。特級呪霊の中でも突出した力を持つ。
1000年前に実在した人物であり、腕が4つ、顔が2つあったとされる。呪術全盛の時代に、呪術師たちが総力を挙げて挑んだが、誰も敵わなかったとされている。
20本の両面宿儺の指が特級呪物として残っている。虎杖がその指を飲み込んだことにより、両面宿儺が受肉を果たした。しかし、虎杖は両面宿儺に支配される事がない『器』であり、両面宿儺を自身の中に封じている。

領域展開 伏魔御廚子(ふくまみづし)

両面宿儺の領域展開。
異形の社を呼び出す。どういった能力か詳細は分からないが、『両面宿儺の指』を取り込んだ仮想特級怨霊を一瞬で輪切りにした。

伏黒恵(ふしぐろ めぐみ)の呪術・呪具

虎杖と同じ都立呪術高専1年生。
父親は禪院家の人間であり、高いポテンシャルを持っている。虎杖の中の両面宿儺は伏黒に執着している描写がある。
虎杖と初めて遭遇した呪術師であり、行動を共にする主要人物の一人。

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

目次 - Contents