呪術廻戦の呪術師・呪詛師まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。
主人公の虎杖悠仁は、人間の憎しみや恐れが集まった『呪霊』を倒す為に、『呪いの王』と称される両面宿儺の遺物『両面宿儺の指』を取り込む。それにより両面宿儺が受肉してしまう。しかし虎杖は両面宿儺を抑え込む力を持っていた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。
作中には様々な呪術を使う呪術師、呪詛師が登場する。

『呪術廻戦』の概要

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。
コミックスの累計発行部数が200万部を超え、『全国書店員が選んだおすすめコミック2019』で1位、『みんなが選ぶTSUTAYAコミック大賞2019』で大賞を獲得した。

高校生である虎杖悠仁は、ある日、人間の恐れや憎しみが作り出した『呪霊』に遭遇する。虎杖はその呪霊を倒す力を得る為に特級呪物である『両面宿儺の指』を取り込んだ。虎杖はそれにより呪霊を祓うことができたが、両面宿儺が受肉してしまう。
両面宿儺は『呪いの王』と呼ばれた特級呪霊であった。虎杖は両面宿儺を抑え込める『器』としての力を持っており、両面宿儺は虎杖の中に封じ込められたが、両面宿儺を恐れた呪術界は虎杖の秘匿死刑を決定した。 ただしそれには執行猶予がついていた。両面宿儺の指は誰にも破壊することができなかったが、指を取り込ませて虎杖を殺害すれば、中にいる両面宿儺を倒すことができる。虎杖は「今すぐ死ぬ」「両面宿儺の指を全て取り込んで死ぬ」という選択肢を与えられた。祖父から「オマエは強いから人を助けろ」「大勢に囲まれて死ね」と言われていた虎杖は両面宿儺の指を取り込む事を決めた。
そうして虎杖は呪術師を育成する学校『東京都立呪術高等専門学校』へと編入し、呪霊や、呪術を使って人に仇なす呪詛師と戦っていく。

作中には様々な呪術を使う呪術師、呪詛師が登場する。

呪術師・呪詛師とは

呪術を使い、呪霊を祓う者たちの総称。多くの呪術師が『呪術高等専門学校』を拠点に活動している。
呪術師はその力によって等級分けされている。昇級する為には他の呪術師から推薦を受けなければならない。
使用する呪術は、術者が持つ術式によって効果が違う。術式は生まれつき持っているもので、新たに会得することはできない。
呪術を使って人を殺める者は『呪詛師』と呼ばれる。

虎杖 悠仁(いたどり ゆうじ)

プロフィール・人物像

性別:男性
身長:173cmくらい(どんどん伸びてそう)
体重:80kg以上
体脂肪率:1ケタ
所属:東京都立呪術高等専門学校一年
等級:一級呪術師に昇級査定中
好みのタイプ:ジェニファー・ローレンス
イメージソング:9mm Parabellum Bullet『ハートに火をつけて』 / □□□『いつかどこかで』

『呪術廻戦』の主人公。
薄茶色の短髪で、刈り上げている。フードの付いた服をよく着用している。呪術高専の制服にもフードが付いているが、これは五条が勝手にアレンジを加えた為である。虎杖自身はその制服を気に入っている。

人を差別せず、誰とでもフレンドリーに接することができる。高校では並外れた身体能力を持っていながらも、『心霊現象研究会』に所属していた事がその交友関係の広さを表している。しかし、『心霊現象研究会』に入ったことが特級呪物である『両面宿儺の指』と出会うきっかけとなる。
祖父が死ぬ前に言い残した「オマエは強いから人を助けろ」「大勢に囲まれて死ね」という言葉により、両面宿儺の指を取り込むことを決めた。会って間もない人間が『善人』と断言するほどに裏表がなく、思いやりがある。
戦闘面では、呪霊に対して全く臆する事なく殺害する事ができ、五条からは「イカれている」と評された。

両親はおらず、祖父によって育てられた。祖父が両親の事を話そうとした時は全く興味を示してなかった。

能力

虎杖は、『呪いの王』と称される『両面宿儺』を抑える事ができる『器』としての力を持っている。
虎杖は呪霊を見る事ができたが、呪霊と戦う力を持っていなかった。そこで特級呪物である『両面宿儺の指』を飲み込み、呪力を手に入れた。『両面宿儺の指』を飲み込んだ事で両面宿儺が受肉してしまう。通常ならば指を飲み込んだ時点で死亡しているはずだが、『器』である虎杖は死ぬ事がなく、両面宿儺を抑え込んだ。
虎杖は体に術式が刻まれておらず、呪術を使うことができないが、そのうち宿儺の術式が体に刻まれると言われている。虎杖が使用しているのは、体術に呪力を上乗せした技である。
常人離れした身体能力と格闘センスを持っている。それは、術式を持たない代わりに身体能力に優れるという『天与呪縛(生まれつきなんらかの制限を受けることで並外れた力を得る事)』が掛かっている禪院真希を凌ぐとされている。伏黒恵は「東京校・京都校、全員呪力なしで闘り合ったら虎杖が勝ちます。」と断言している。
攻撃する際、並外れた身体能力を持っているせいで呪力操作が追いつかず、自身の攻撃の後に呪力が衝突する癖があった。五条にそれが武器になると言われ、『逕庭拳』が編み出された。後に『府立呪術高等専門学校』の東堂葵の手解きを受け、攻撃と呪力をほぼ同時に当てることができるようになった。
攻撃と呪力を誤差0.000001秒以内に当てると『黒閃』という現象が起き、稲妻のような黒い呪力が周囲に走る。『黒閃』時には通常の2.5乗の攻撃を放つことができる。黒閃は狙って出せるようなものではないが、虎杖は常人より遥かに高い確率で黒閃を出すことができる。黒閃の連続発生記録保持者は一級呪術師である七海建人で、その回数は4回だが、虎杖は黒閃を出したその日に5回黒閃を放ち、その内の4回は連続で使用した。

特級呪霊である真人は、魂の形を変える力を持っている。魂の形に肉体がついてくるようで、真人は魂の形を変えて傷を修復することができる。その為、普通の呪術師では真人にダメージを与えることができない。しかし、自身の中に両面宿儺を宿している事で虎杖は常に他者の魂に触れており、魂を知覚することができる。その為、真人の魂の形を歪め、ダメージを与えることができる。真人は虎杖のことを『天敵』としている。

五条からは、乙骨、秤と共に「自身に並ぶ術師になる」と称されている。

renote.jp

来歴

虎杖は病に伏している祖父のお見舞いに行く為、運動部の誘いを断って早く帰ることができる『心霊現象研究会』に所属していた。ある日、虎杖が祖父のお見舞いに行くと、祖父は「オマエは強いから人を助けろ。手の届く範囲でいい。救える奴は救っとけ。迷っても感謝されなくてもとにかく助けてやれ。オマエは大勢に囲まれて死ね。俺みたいにはなるなよ。」と残して命を落とした。
その後、虎杖は伏黒恵という男に出会った。伏黒は呪霊を祓う呪術師であり、学校にある呪物を回収しに来ていた。その呪物は『両面宿儺の指』という特級呪物だった。箱は虎杖が所持していたが、肝心の中身は『心霊現象研究会』の先輩たちが夜に学校で開けると言って持っていってしまっていた。

虎杖と伏黒はすぐに学校へ向かうが、すでに封印は解かれており、学校には呪霊が集まっていた。伏黒は虎杖に学校に入らないように伝えて中に入って行った。最初は伏黒に従っていた虎杖だが、「オマエは強いから人を助けろ。」という祖父の言葉が脳裏に浮かび、学校の中へ入って行った。しかし、呪力を持たない虎杖に呪霊を倒す術はなく、追い詰められる。伏黒も負傷し、虎杖は先輩を連れて逃げるように言われる。しかし、虎杖は逃げようとせず、『両面宿儺の指』を飲み込んだ。それにより虎杖は呪力を得て、呪霊を祓うことができた。
しかし、その直後に虎杖の様子が変わる。『両面宿儺の指』は『呪いの王』と呼ばれる特級呪霊・両面宿儺が残した呪物であり、虎杖が指を取り込んだことにより両面宿儺が受肉してしまったのである。伏黒は両面宿儺となった虎杖を殺害しようとするが、次の瞬間に虎杖は通常の状態に戻った。虎杖は両面宿儺の力を抑えることができる『器』の力を持っていた。その後、虎杖は遅れて登場した五条により気絶させられる。

目を覚ました虎杖は身動きが取れなくされていた。目の前には五条がおり、虎杖は五条から死刑を宣告された。しかし、虎杖の死刑には執行猶予がついていた。両面宿儺は4本の腕と、2つの顔を持っていたとされており、呪物である『両面宿儺の指』は全部で20本あった。これまでその呪物は誰にも破壊できなかったが、『器』である虎杖に全ての指を取り込ませてから殺すことで、中にいる両面宿儺も殺すことができるため、虎杖は「今すぐ死ぬか」「両面宿儺の指を取り込んで死ぬか」の選択を迫られる。そして虎杖は、少しでも人の役に立つことができるように、呪物を取り込んで死ぬことを選択した。
その後、虎杖は伏黒も通う呪術師を育成する『都立呪術高等専門学校』へと通うことになった。

伏黒 恵(ふしぐろ めぐみ)

プロフィール・人物像

性別:男性
身長:175cmくらい(成長中)
所属:東京都立呪術専門高等学校一年
等級:二級呪術師 → 一級呪術師に昇級査定中
出身地:東京都
趣味:実話系の本を読むこと
好きな食べ物:生姜に合うもの
嫌いな食べ物:パプリカ
イメージソング:宇宙人『白日夢』 / Weezer『Island In The Sun』

都立呪術高専1年生。主人公の虎杖と行動を共にする主要人物の1人。
呪術界の御三家である禪院家の血族であり、都立呪術高専に入学時に二級呪術師に認定されていた天才。
父親は五条が「僕が引くほどのろくでなし」と言うほどで、禪院家を出て婿養子に入り、その後、恵と再婚した女性の子供を残して蒸発した。それ故に父親や禪院家に良い印象を持っておらず、「(禪院家とは)繋がりがない」と言っている。

冷静沈着で無愛想。
少しでも多くの善人が幸せを享受できるように、という思いを持っている。対して、悪人に対しては必ず救わなければならないとは思っていない。少年院で呪霊が出て死者が出た時には「ただでさえ助ける気のない人間を死体になってまで救う気は無い」と発言し、虎杖と揉めた。しかし、出会ったばかりにも関わらず、『両面宿儺の指』を取り込んで処罰されることが予想された虎杖の事を助けるように五条に懇願するなど、情に厚い一面も垣間見える。

能力

影を使った式神使い。式神使いは自身が戦わないタイプが多いが、伏黒は体術も優れており、自身も前に出て戦闘を行う。
武器も扱うことができ、呪具である黒い刀身の剣を使用することもある。
五条からは、実力・潜在能力が虎杖と並ぶと称されている。
伏黒の能力を知った両面宿儺は興味を抱いており、伏黒を使って何かを企んでいるような描写がある。

renote.jp

十種影法術(とくさのかげほうじゅつ)

禪院家相伝の術式の一つ。
影を使い、式神を呼び出して戦わせる。式神を呼び出す際は、手で影絵を作る必要がある。
式神は同時に2体呼び出すことができる。しかし、呪力の消費が激しい式神の場合は1体しか呼び出せない。
影の中にものを収納することもできる。伏黒は呪具を入れて持ち運びしている。

領域展開も不完全ながらに使用している。名は『嵌合暗翳庭(かんごうあんえいてい)』。
発動すると一帯が影の波で満ちる。その波からは無数の式神が生まれる。この時は、影で自身の分身を作り出したり、影の中に潜んだりした。

来歴

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

NEW

呪術廻戦の呪術・呪具まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 高校生である虎杖悠仁は、憎しみや悲しみが集まってできた『呪霊』を祓う為、特級呪物である『両面宿儺の指』を飲み込む。それにより『呪いの王』とされる両面宿儺が受肉するが、虎杖は両面宿儺を抑え込むことができた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。 登場人物たちは様々な呪術や呪具を使って戦闘を行う。

Read Article

呪術廻戦の呪物まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 高校生の虎杖悠仁は、人の恐れや憎しみの集合体である『呪霊』に襲われる。虎杖は呪霊を倒すための力を得る為、『呪いの王』とされる『両面宿儺』の指を取り込んだ。それにより両面宿儺が受肉してしまうが、虎杖は両面宿儺を抑え込む力を持っていた。虎杖は、宿儺の指を全て取り込んでその呪いを消す為に呪術師となる。 『呪物』とは、作中に登場する呪いがこもった物体である。

Read Article

NEW

呪術廻戦の呪霊まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 高校生である虎杖悠仁は、憎しみや悲しみが集まってできた『呪霊』を祓う為、特級呪物である『両面宿儺の指』を飲み込む。それにより『呪いの王』とされる両面宿儺が受肉するが、虎杖は両面宿儺を抑え込むことができた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。 『呪術廻戦』には、人間に害をなす様々な呪霊が登場する。

Read Article

目次 - Contents