呪術廻戦の呪術・呪具まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。
高校生である虎杖悠仁は、憎しみや悲しみが集まってできた『呪霊』を祓う為、特級呪物である『両面宿儺の指』を飲み込む。それにより『呪いの王』とされる両面宿儺が受肉するが、虎杖は両面宿儺を抑え込むことができた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。
登場人物たちは様々な呪術や呪具を使って戦闘を行う。

游雲(ゆううん)

三節棍の呪具。等級は特級である。
特殊能力はないが、攻撃力に優れている。特級呪霊である花御にも通用した。
元は夏油が所持していた。

狗巻棘(いぬまき とげ)の呪術・呪具

都立呪術高専2年生。言葉に呪いを込めて攻撃する『呪言師』の家系の出身。
不用意に人を呪わないために、普段の会話に使用する語彙はおにぎりの具のみである。

呪言(じゅごん)

言葉に呪力を込めて放ち、その言葉通りの効果を対象に与える。
強力な術式だが、使用すると声がかれてしまう。実力差がある敵に使用すると反動が生じ、喉から出血して話せなくなる。

パンダの呪術・呪具

都立呪術高専2年生のパンダ。当初は『パンダ』としか説明されていなかったが、都立呪術高専の夜峨正道が作った呪骸(呪いを込められた人形)である。通常、呪骸は意思を持たないが、夜峨の最高傑作とされるパンダは意思を持っており、突然変異呪骸とされている。
3つの核が埋め込まれており、パンダ(バランス型)、お兄ちゃんのゴリラ(パワー型)、お姉ちゃん(詳細不明)に形態変化することができる。

激震掌(ドラミングビート)

ゴリラモード時に使用できる。詳しい説明はないが、呪術ではないと思われる。
呪力を消費し、敵の内部に響く打撃を繰り出す。

乙骨憂太(おっこつ ゆうた)の呪術・呪具

『呪術廻戦』の前日譚である『東京都立呪術高等専門学校』の主人公。都立呪術高専2年生で海外に渡っている。
日本三大怨霊の1人であり、超大物呪術師でもあった菅原道真の子孫。五条悟とは遠縁だが血縁関係にある。
4人しかいない特級呪術師の1人である。五条悟には、自分と並ぶ術師になると言われている。

折本里香(おりもと りか)

乙骨の呪術ではなく、乙骨に取り憑く呪い。
結婚を約束していた小学校のクラスメイト・折本里香が死亡した時に呪いとなって乙骨に取り憑いた。
呪霊となった折本里香はとてつもない力を持っており、『特級過呪怨霊』にランク付けされた。変幻自在、且つ底なしの呪力を持っており、狗巻棘が有する『呪言』の力を持つメガホンを作り出すなどの芸当を見せた。乙骨が自らを生贄とした呪力の制限解除を行った時には更に凄まじい力を発揮し、夏油の持つ特級呪霊を含む4000体以上の呪霊を祓った。
乙骨が優しくする女性に嫉妬する。
夏油は、折本里香を手に入れることができれば、大規模な呪霊テロ『百鬼夜行』で9割9分の確率で勝てると発言していた。

折本里香がなぜそのような力を持った呪霊になったのかは謎となっていたが、実は折本里香が呪いをかけていたのではなく、折本里香の死を拒否した乙骨が呪いをかけていたせいだと明らかになった。呪いをかけた側である乙骨が夏油との戦いで自らを生贄としたことで主従制約を破棄したことになり、折本里香は解呪が完了して成仏していった。

七海建人(ななみ けんと)の呪術・呪具

1級呪術師。1度、呪術師を辞めてサラリーマンとなったが、その後、再び呪術師として復帰した。
五条悟から信頼されている呪術師だが、自身はあくまで五条悟が嫌っている呪術界の上層部側の人間と言っている。
五条悟に頼まれて、虎杖に実地訓練を行なった。
『黒閃』の連続発生記録保持者である。

弱点を作り出す術式

七海の主力となる術式。正式名称は不明。
対象の長さを内分した時、7対3に当たる部分を強制的に弱点とする。その場所を斬る事により、実力差がある敵に対しても有効的な攻撃を加えることができる。
対象の全身だけではなく、頭や腕などのパーツも術式の対象にすることができる。

十劃呪法「瓦落瓦落」(とおかくじゅほう がらがら)

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

NEW

呪術廻戦の呪霊まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 高校生である虎杖悠仁は、憎しみや悲しみが集まってできた『呪霊』を祓う為、特級呪物である『両面宿儺の指』を飲み込む。それにより『呪いの王』とされる両面宿儺が受肉するが、虎杖は両面宿儺を抑え込むことができた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。 『呪術廻戦』には、人間に害をなす様々な呪霊が登場する。

Read Article

NEW

呪術廻戦の呪物まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 高校生の虎杖悠仁は、人の恐れや憎しみの集合体である『呪霊』に襲われる。虎杖は呪霊を倒すための力を得る為、『呪いの王』とされる『両面宿儺』の指を取り込んだ。それにより両面宿儺が受肉してしまうが、虎杖は両面宿儺を抑え込む力を持っていた。虎杖は、宿儺の指を全て取り込んでその呪いを消す為に呪術師となる。 『呪物』とは、作中に登場する呪いがこもった物体である。

Read Article

NEW

呪術廻戦の呪術師・呪詛師まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 主人公の虎杖悠仁は、人間の憎しみや恐れが集まった『呪霊』を倒す為に、『呪いの王』と称される両面宿儺の遺物『両面宿儺の指』を取り込む。それにより両面宿儺が受肉してしまう。しかし虎杖は両面宿儺を抑え込む力を持っていた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。 作中には様々な呪術を使う呪術師、呪詛師が登場する。

Read Article

目次 - Contents