呪術廻戦の呪術・呪具まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。
高校生である虎杖悠仁は、憎しみや悲しみが集まってできた『呪霊』を祓う為、特級呪物である『両面宿儺の指』を飲み込む。それにより『呪いの王』とされる両面宿儺が受肉するが、虎杖は両面宿儺を抑え込むことができた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。
登場人物たちは様々な呪術や呪具を使って戦闘を行う。

赤血操術の奥義。
血液を加圧して限界まで凝縮する技が『百斂』であり、『百斂』で凝縮した血液を一点から解放し矢のようにして打ち出す技を『穿血』と呼ぶ。呪力で強化された血液の初速は音速にも及ぶという。

夜蛾正道(やが まさみち)の呪術・呪具

傀儡呪術

人形に呪力を込め、呪霊と戦うことができる『呪骸』を作り出す。
夜蛾は傀儡呪術の第一人者であり、自我を持った呪骸も作り出している(都立呪術高専2年のパンダ)。

楽巌寺嘉伸(がくがんじ よしのぶ)の呪術・呪具

府立呪術高専の学長。
呪術界の勢力図を塗り替えようとしている五条悟とは折り合いが悪い。
府立呪術高専の生徒たちに両面宿儺の器となった虎杖を殺すように命じた。

旋律を放つ呪術

ギターで奏でた旋律を増幅して呪力として撃ち出す。

冥冥(めいめい)の呪術・呪具

一級呪術師。
女性の呪術師であり、長く編み込んだ髪を顔の前に垂らしている。
守銭奴であり、金さえ支払えば仕事を引き受ける。交流戦の時は虎杖を殺そうとする楽巌寺に協力していた。
五条から認められるほどの実力者である。

黒鳥操術(こくちょうそうじゅつ)

烏を操り、視覚を共有する事ができる。偵察や索敵向けの術式。烏の視覚を映像化する事も可能。
戦闘にはあまり役に立たず、冥冥自身も「“烏を操る” それだけだよ。弱いよね?」と発言している。ただし、『縛り』を課すことで強力な攻撃を放つ事ができる。
冥冥は術式なしでも戦えるように鍛錬を積み、その後再び自らの術式と向き合うことで一級呪術師として花開いた。

神風(バードストライク)

本来、烏は微弱な呪力しか持っていないが、烏に自死を強制させて『縛り』を課す事により呪力制限を消し去る。その状態で行う体当たりは特級呪霊を容易に貫通する程の破壊力があり、防ぐ事ができたのは五条悟しかいない。

憂憂(ういうい)

右の少年が憂憂

冥冥の弟。ブレザーを着た金髪の少年。
冥冥を「姉様」と呼んで慕い、異常な気遣いで周囲の人間にも冥冥のペースに合わせる事を強制させる。
また、冥冥に対して「姉様が愛でているのは家族ではなく、家族という雇用関係でしょう?」と発言している。
冥冥は敵の領域対策として常に憂憂を連れている。

シン・陰流 簡易領域(しん・かげりゅう かんいりょういき)

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

呪術廻戦の呪物まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 高校生の虎杖悠仁は、人の恐れや憎しみの集合体である『呪霊』に襲われる。虎杖は呪霊を倒すための力を得る為、『呪いの王』とされる『両面宿儺』の指を取り込んだ。それにより両面宿儺が受肉してしまうが、虎杖は両面宿儺を抑え込む力を持っていた。虎杖は、宿儺の指を全て取り込んでその呪いを消す為に呪術師となる。 『呪物』とは、作中に登場する呪いがこもった物体である。

Read Article

呪術廻戦の呪術師・呪詛師まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 主人公の虎杖悠仁は、人間の憎しみや恐れが集まった『呪霊』を倒す為に、『呪いの王』と称される両面宿儺の遺物『両面宿儺の指』を取り込む。それにより両面宿儺が受肉してしまう。しかし虎杖は両面宿儺を抑え込む力を持っていた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。 作中には様々な呪術を使う呪術師、呪詛師が登場する。

Read Article

呪術廻戦の呪霊まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 高校生である虎杖悠仁は、憎しみや悲しみが集まってできた『呪霊』を祓う為、特級呪物である『両面宿儺の指』を飲み込む。それにより『呪いの王』とされる両面宿儺が受肉するが、虎杖は両面宿儺を抑え込むことができた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。 『呪術廻戦』には、人間に害をなす様々な呪霊が登場する。

Read Article

目次 - Contents