呪術廻戦の呪術・呪具まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。
高校生である虎杖悠仁は、憎しみや悲しみが集まってできた『呪霊』を祓う為、特級呪物である『両面宿儺の指』を飲み込む。それにより『呪いの王』とされる両面宿儺が受肉するが、虎杖は両面宿儺を抑え込むことができた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。
登場人物たちは様々な呪術や呪具を使って戦闘を行う。

傀儡呪術

人形に呪力を込め、呪霊と戦うことができる『呪骸』を作り出す。
夜蛾は傀儡呪術の第一人者であり、自我を持った呪骸も作り出している(都立呪術高専2年のパンダ)。

楽巌寺嘉伸(がくがんじ よしのぶ)の呪術・呪具

府立呪術高専の学長。
呪術界の勢力図を塗り替えようとしている五条悟とは折り合いが悪い。
府立呪術高専の生徒たちに両面宿儺の器となった虎杖を殺すように命じた。

旋律を放つ呪術

ギターで奏でた旋律を増幅して呪力として撃ち出す。

夏油傑(げとう すぐる)の呪術・呪具

呪術師ではないただの人間を殺害し、呪霊が存在しない世界を作ろうとする呪詛師。
かつては都立呪術高専に在籍していた。五条悟のただ1人の親友であり、共に任務に出ていた。4人しかいない特級術師の1人。
『呪術廻戦』の前日譚である『東京都立呪術高等専門学校』にて、大規模な呪霊を使ったテロ『百鬼夜行』を起こした。
法衣を着用し、額に大きな傷がある。

呪霊操術 (じゅれいそうじゅつ)

降伏した呪霊を自身の中に取り込み、使役する術式。
術師と呪霊を階級換算した時、2級以上の差があれば無条件で取り込むことができる。夏油は特級術師なので、2級以下の呪霊はすぐに使役できる。
主従制約のある呪霊であっても、その主人を殺害して奪うことができる。

極ノ番 「うずまき」(ごくのばん うずまき)

夏油が使役する呪霊をひとかたまりにして対象にぶつける。
百鬼夜行の時に使用し、この時は4461体の呪霊を使役していた。

特級仮想怨霊「化身玉藻前」(とっきゅうかそうおんりょう けしんたまものまえ)

夏油が使役する呪霊の一体。等級は特級である。
詳細な能力は明らかになっておらず、乙骨との戦いで祓われたと思われる。

虹龍(こうりゅう)

夏油が使役する中で最高硬度を誇る呪霊。
しかし、伏黒甚爾が持つ呪具によって切り裂かれた。

口裂け女(くちさけおんな)

夏油が使役していた呪霊の1体。
何の呪霊なのか明らかになっていないが、大きく開かれた口、「わたしきれい?」というセリフから口裂け女だと思われる。
出現すると簡易領域を展開し、「わたしきれい?」と質問してくる。その問いに答えるまで、お互いに不可侵となる。質問に答えると簡易領域が解かれ、巨大な鋏が現れて攻撃してくる。

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

NEW

呪術廻戦の呪霊まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 高校生である虎杖悠仁は、憎しみや悲しみが集まってできた『呪霊』を祓う為、特級呪物である『両面宿儺の指』を飲み込む。それにより『呪いの王』とされる両面宿儺が受肉するが、虎杖は両面宿儺を抑え込むことができた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。 『呪術廻戦』には、人間に害をなす様々な呪霊が登場する。

Read Article

NEW

呪術廻戦の呪物まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 高校生の虎杖悠仁は、人の恐れや憎しみの集合体である『呪霊』に襲われる。虎杖は呪霊を倒すための力を得る為、『呪いの王』とされる『両面宿儺』の指を取り込んだ。それにより両面宿儺が受肉してしまうが、虎杖は両面宿儺を抑え込む力を持っていた。虎杖は、宿儺の指を全て取り込んでその呪いを消す為に呪術師となる。 『呪物』とは、作中に登場する呪いがこもった物体である。

Read Article

NEW

呪術廻戦の呪術師・呪詛師まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 主人公の虎杖悠仁は、人間の憎しみや恐れが集まった『呪霊』を倒す為に、『呪いの王』と称される両面宿儺の遺物『両面宿儺の指』を取り込む。それにより両面宿儺が受肉してしまう。しかし虎杖は両面宿儺を抑え込む力を持っていた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。 作中には様々な呪術を使う呪術師、呪詛師が登場する。

Read Article

目次 - Contents