呪術廻戦の呪術・呪具まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。
高校生である虎杖悠仁は、憎しみや悲しみが集まってできた『呪霊』を祓う為、特級呪物である『両面宿儺の指』を飲み込む。それにより『呪いの王』とされる両面宿儺が受肉するが、虎杖は両面宿儺を抑え込むことができた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。
登場人物たちは様々な呪術や呪具を使って戦闘を行う。

手のついた剣を動かす術式

自身が使用している手がついた剣を壁を這うように動かす事が可能。思わぬ方向から斬りつけたり、殴りつける事ができる。

ダメージを軽減する術式

詳細は不明だが、ダメージを軽減する事ができる。まともに受ければ死んでしまう七海の渾身の打撃をこの術式によりなんとか耐えていた。

ミゲルの呪術・呪具

前日譚である『東京都立呪術高等専門学校』で夏油が起こした大規模呪霊テロ『百鬼夜行』に参加していた術師。

縄の呪具

正式名称不明。五条悟を相手するときに使用していた。
珍しい術式が編み込まれているらしく、五条悟が手間取っていた。ミゲルの国の術師が数十年かけて編み込んだ呪具らしいが、五条悟との戦いで消滅した。

覆面の呪詛師の呪術・呪具

五条悟が学生の時に対峙した呪詛師。
五条悟と夏油傑が警護していた女の子に賞金がかけられ、その賞金を目当てにやってきた。
五条悟により瞬殺された。

分身する術式

本体を含め、最高5体の分身を作り出す。その全てが本物であり、どれが本体なのかを自由に選ぶことができる。
本体が危うくなれば分身を本体にして危機を回避することができる。五条悟に「良い術式」と評価された。

粟坂(あわさか)の呪術・呪具

あべこべの術式

自身に当たる強い攻撃を弱く、弱い攻撃を強く、あべこべにする術式。ただのあべこべであれば発動後に空気抵抗などの微弱な力で自滅してしまうため、あべこべにできる上限と下限を攻撃に合わせて調整している。上限以上の規格外の攻撃力を持つ五条には勝てない。
虎杖の攻撃や伏黒の玉犬の攻撃を受けても、高層ビルから落下しても全くダメージを負っていなかった。伏黒の蝦蟇や虎杖の一人時間差を利用した、強い力と弱い力での同時攻撃によって攻略された。

『渋谷事変』に現れた老婆の呪詛師の呪術・呪具

死者を呼び出す降霊術

死者を口寄せして憑依させる事により、その者の能力を使用できる。能力だけでなく、容姿や声も憑依させた者と同じになる。
自分自身だけでなく、他者にも死者を降ろす事が可能。死者を降ろして化けるためには死体が必要らしい。孫にこの術式を使用した時は孫が何か(おそらく死者の肉片や血)を口にしている。口寄せには時間がかかり、その時は完全に無防備になる。

『渋谷事変』では孫に伏黒甚爾を憑依させた。

疱瘡神(ほうそうがみ)

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

呪術廻戦の呪物まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 高校生の虎杖悠仁は、人の恐れや憎しみの集合体である『呪霊』に襲われる。虎杖は呪霊を倒すための力を得る為、『呪いの王』とされる『両面宿儺』の指を取り込んだ。それにより両面宿儺が受肉してしまうが、虎杖は両面宿儺を抑え込む力を持っていた。虎杖は、宿儺の指を全て取り込んでその呪いを消す為に呪術師となる。 『呪物』とは、作中に登場する呪いがこもった物体である。

Read Article

呪術廻戦の呪術師・呪詛師まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 主人公の虎杖悠仁は、人間の憎しみや恐れが集まった『呪霊』を倒す為に、『呪いの王』と称される両面宿儺の遺物『両面宿儺の指』を取り込む。それにより両面宿儺が受肉してしまう。しかし虎杖は両面宿儺を抑え込む力を持っていた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。 作中には様々な呪術を使う呪術師、呪詛師が登場する。

Read Article

呪術廻戦の呪霊まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 高校生である虎杖悠仁は、憎しみや悲しみが集まってできた『呪霊』を祓う為、特級呪物である『両面宿儺の指』を飲み込む。それにより『呪いの王』とされる両面宿儺が受肉するが、虎杖は両面宿儺を抑え込むことができた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。 『呪術廻戦』には、人間に害をなす様々な呪霊が登場する。

Read Article

目次 - Contents