呪術廻戦の呪術・呪具まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。
高校生である虎杖悠仁は、憎しみや悲しみが集まってできた『呪霊』を祓う為、特級呪物である『両面宿儺の指』を飲み込む。それにより『呪いの王』とされる両面宿儺が受肉するが、虎杖は両面宿儺を抑え込むことができた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。
登場人物たちは様々な呪術や呪具を使って戦闘を行う。

十種影法術(とくさのかげほうじゅつ)

呪術界の御三家である『禪院家』に伝わる術式。
影絵を作り、その形に応じた10種の式神を呼び出す。普通の式神より強力だが、一度破壊されるとその後使うことができない。しかし、破壊された式神の力は、別の式神に引き継がれる。
異なる式神を合体させて使うこともできる。

玉犬「白」(ぎょくけん しろ)

真っ白な犬の式神。主に索敵の為に使われている。『両面宿儺の指』によって顕現した仮想特級怨霊により破壊された。

玉犬「黒」(ぎょくけん くろ)

真っ黒な犬の式神。玉犬『白』と同じく、索敵するときによく使われる。

玉犬「渾」(ぎょくけん こん)

玉犬「白」が破壊され、その力が流れ込んで進化した玉犬。
巨大な体躯になっており、特級呪霊にも通じる攻撃力を持っている。

大蛇(オロチ)

巨大な蛇の式神。地中から現れ、対象を丸呑みにする。
両面宿儺により破壊された。

鵺(ぬえ)

仮面をつけた怪鳥の式神。雷を纏い、敵に体当たりして攻撃する。移動の際にも使われる。

蝦蟇(がま)

巨大な蝦蟇。舌を伸ばして対象の動きを制限したりする。

不知井底(せいていしらず)

2種の式神を合成させた拡張術式。「鵺」と「蝦蟇」を合わせた術式。
翼の生えた蝦蟇を呼び出す。

満象(ばんしょう)

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

NEW

呪術廻戦の呪霊まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 高校生である虎杖悠仁は、憎しみや悲しみが集まってできた『呪霊』を祓う為、特級呪物である『両面宿儺の指』を飲み込む。それにより『呪いの王』とされる両面宿儺が受肉するが、虎杖は両面宿儺を抑え込むことができた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。 『呪術廻戦』には、人間に害をなす様々な呪霊が登場する。

Read Article

NEW

呪術廻戦の呪物まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 高校生の虎杖悠仁は、人の恐れや憎しみの集合体である『呪霊』に襲われる。虎杖は呪霊を倒すための力を得る為、『呪いの王』とされる『両面宿儺』の指を取り込んだ。それにより両面宿儺が受肉してしまうが、虎杖は両面宿儺を抑え込む力を持っていた。虎杖は、宿儺の指を全て取り込んでその呪いを消す為に呪術師となる。 『呪物』とは、作中に登場する呪いがこもった物体である。

Read Article

NEW

呪術廻戦の呪術師・呪詛師まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 主人公の虎杖悠仁は、人間の憎しみや恐れが集まった『呪霊』を倒す為に、『呪いの王』と称される両面宿儺の遺物『両面宿儺の指』を取り込む。それにより両面宿儺が受肉してしまう。しかし虎杖は両面宿儺を抑え込む力を持っていた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。 作中には様々な呪術を使う呪術師、呪詛師が登場する。

Read Article

目次 - Contents