呪術廻戦の呪術・呪具まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。
高校生である虎杖悠仁は、憎しみや悲しみが集まってできた『呪霊』を祓う為、特級呪物である『両面宿儺の指』を飲み込む。それにより『呪いの王』とされる両面宿儺が受肉するが、虎杖は両面宿儺を抑え込むことができた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。
登場人物たちは様々な呪術や呪具を使って戦闘を行う。

領域展開 伏魔御廚子(ふくまみづし)

両面宿儺の領域展開。
基本的に、領域展開は自分に有意な異空間を作り出してそこに相手を引きずり込むものだが、伏魔御廚子は通常空間に異形の社を呼び出す。結果相手に「逃げる」という選択肢を与えることになるが、その“縛り”を設けることで術の力を増幅し半径200mにも及ぶ広大な範囲に効果を発揮する。
効果範囲内の全てのものに、解と捌の二つの斬撃を絶え間なく浴びせる。『両面宿儺の指』を取り込んだ仮想特級怨霊を一瞬で輪切りにし、渋谷の一区画を跡形もなく切り刻み、魔虚羅をも戦闘不能に追い込むなど、恐るべき威力を見せつけた。

開(フーガ)

漏瑚との火力合戦の中で見せた術。
印を組みながら弓を引くような独特の構えから放つ攻撃で、漏瑚の最大最強の火力を正面から打ち破って消し炭と化した。魔虚羅にトドメを刺す際にも放っており、その威力と使用した局面から考えて宿儺の切り札の一つだと思われる。

伏黒恵(ふしぐろ めぐみ)の呪術・呪具

虎杖と同じ都立呪術高専1年生。
父親は禪院家の人間であり、高いポテンシャルを持っている。虎杖の中の両面宿儺は伏黒に執着している描写がある。
虎杖と初めて遭遇した呪術師であり、行動を共にする主要人物の一人。

十種影法術(とくさのかげほうじゅつ)

呪術界の御三家である『禪院家』に伝わる術式。
影絵を作り、その形に応じた10種の式神を呼び出す。普通の式神より強力だが、一度破壊されるとその後使うことができない。しかし、破壊された式神の力は、別の式神に引き継がれる。
異なる式神を合体させて使うこともできる。

玉犬「白」(ぎょくけん しろ)

真っ白な犬の式神。主に索敵の為に使われている。『両面宿儺の指』によって顕現した仮想特級怨霊により破壊された。

玉犬「黒」(ぎょくけん くろ)

真っ黒な犬の式神。玉犬『白』と同じく、索敵するときによく使われる。

玉犬「渾」(ぎょくけん こん)

玉犬「白」が破壊され、その力が流れ込んで進化した玉犬。
巨大な体躯になっており、特級呪霊にも通じる攻撃力を持っている。

大蛇(オロチ)

巨大な蛇の式神。地中から現れ、対象を丸呑みにする。
両面宿儺により破壊された。

鵺(ぬえ)

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

NEW

東堂葵(呪術廻戦)の徹底解説まとめ

東堂葵とは、『呪術廻戦』の登場人物である。 呪術高専京都校の三年生。屈強な肉体とドレッドヘアがトレードマーク。学生ながら一級の資格を持つ呪術師で、性格は粗暴にして唯我独尊。高田というアイドルの熱狂的なファンで、自分の嗜好や好悪の感情に合わせて極端に態度を変える扱いにくい男だが、単身で特級呪霊を払うほどの実力者。 主人公・虎杖悠二とは趣味が合い、彼を一方的に“超親友(ブラザー)”と認定。共に肉弾戦を主とするため戦闘での相性は抜群で、彼と共闘した際は作中屈指の高位呪霊である花御をも翻弄した。

Read Article

呪術廻戦の呪物まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 高校生の虎杖悠仁は、人の恐れや憎しみの集合体である『呪霊』に襲われる。虎杖は呪霊を倒すための力を得る為、『呪いの王』とされる『両面宿儺』の指を取り込んだ。それにより両面宿儺が受肉してしまうが、虎杖は両面宿儺を抑え込む力を持っていた。虎杖は、宿儺の指を全て取り込んでその呪いを消す為に呪術師となる。 『呪物』とは、作中に登場する呪いがこもった物体である。

Read Article

NEW

呪術廻戦の呪術師・呪詛師まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 主人公の虎杖悠仁は、人間の憎しみや恐れが集まった『呪霊』を倒す為に、『呪いの王』と称される両面宿儺の遺物『両面宿儺の指』を取り込む。それにより両面宿儺が受肉してしまう。しかし虎杖は両面宿儺を抑え込む力を持っていた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。 作中には様々な呪術を使う呪術師、呪詛師が登場する。

Read Article

呪術廻戦の呪霊まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。 高校生である虎杖悠仁は、憎しみや悲しみが集まってできた『呪霊』を祓う為、特級呪物である『両面宿儺の指』を飲み込む。それにより『呪いの王』とされる両面宿儺が受肉するが、虎杖は両面宿儺を抑え込むことができた。虎杖は呪術師を育成する都立呪術高等専門学校へ入り、呪霊を滅する為の戦いを始める。 『呪術廻戦』には、人間に害をなす様々な呪霊が登場する。

Read Article

目次 - Contents