呪術廻戦の呪物まとめ

『呪術廻戦』とは、芥見下々によって『週刊少年ジャンプ』で連載されている、呪いを題材にした漫画である。
高校生の虎杖悠仁は、人の恐れや憎しみの集合体である『呪霊』に襲われる。虎杖は呪霊を倒すための力を得る為、『呪いの王』とされる『両面宿儺』の指を取り込んだ。それにより両面宿儺が受肉してしまうが、虎杖は両面宿儺を押さえ込む力を持っていた。虎杖は、宿儺の指を全て取り込んでその呪いを消す為に呪術師となる。
『呪物』とは、作中に登場する呪いがこもった物体である。

呪物とは

呪物とは、呪いを込められた物体である。呪霊と異なり、物体として現存している。それぞれに込められた呪いの強さが異なり、その呪いの強さでランク分けされている。『特級』が最も強力で、級の数字が上がる度にレベルが下がっていく。
呪物は生命を止め他に害を為さないという"縛り"で存在を保障しており、特級ともなると壊すことができない。

『呪術廻戦』の呪物

両面宿儺の指(りょうめんすくなのゆび)

特級呪物の一つ。『呪いの王』と称される特級呪霊である両面宿儺の指の屍蝋。
両面宿儺は4本の腕、2つの顔を持つとされる鬼神である。それ故に指は全部で20本存在している。
両面宿儺は1000年前に実在した人間である。呪術全盛の時代に、呪術師たちが総力を挙げて両面宿儺を倒そうとしたが敗北している。特級呪霊の中でも突出した力を持っており、それ故に『両面宿儺の指』も他の呪物と比べて強力な力を持っている。
呪物は生命を止め他に害を為さないという"縛り"があるが、宿儺の指は有害と言える。それは、宿儺の指が特別であり、呪物と成ってその上20に分割しても尚、時を経て呪いを寄せる化物であるためである。

主人公の虎杖は、呪霊を倒す力を得る為にこの指を取り込んだ。それにより両面宿儺が受肉してしまったが、虎杖は両面宿儺の力を抑えることができる『器』としての力を持っていた。虎杖が死ねば虎杖の中の両面宿儺も死ぬ為、全ての指を虎杖に取り込ませて殺害する計画が立てられている。

呪霊がこの指を取り込めば、強力な力を得て特級呪霊となる。

獄門疆(ごくもんきょう)

特級呪物。
呪詛師である夏油傑が所持し、特級呪霊の漏瑚が譲渡を求めた。詳細は分かっていないが、現代最強の呪術師である五条悟を封じ込める力があるらしい。

呪胎九相図(じゅたいくそうず)

堕胎された9人の赤子が元となった呪物。
かつて、呪霊の子供を孕む特異体質の娘がいた。その体質のせいで娘は迫害を受けた。娘は家を逃げ出し、ある寺に辿り着いた。しかしその寺は『史上最悪の術師』として名を残す加茂憲倫が開いたものだった。加茂憲倫は人間と呪霊の子に興味を示す。そして娘はその後、九度の懐妊と九度の堕胎を繰り返した。そうして生まれた赤子が呪物となった。
都立呪術高等専門学校で保管されていた。

それぞれの赤子は番号が振られている。この内の1〜3番が真人により盗まれた。真人たちは盗んだ呪胎九相図を一般人に飲み込ませて受肉させた。それにより『脹相』『壊相』『血塗』という3体の特級呪霊が生まれた。

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

目次 - Contents