ロマンシング サ・ガ3(ロマサガ3)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロマンシング サ・ガ3』とは、1995年に現スクウェア・エニックスより発売されたスーパーファミコン用ロールプレイングゲームソフト。サガシリーズの6作目にあたり、ロマサガシリーズの3作目にしてシリーズの集大成との呼び声も高い。シリーズの特徴であるフリーシナリオの他、ミニゲームも充実。グラフィックや演出、音楽などの点で特に評価が高い。8人の主人公から1人を選び、「死食」がもたらす数々の謎を解き明かす冒険の旅に出る。

ユリアンと駆け落ちをしていない、またはユリアンがパーティにいる場合
ユリアンがミカエルから男爵に任じられ、モニカと一緒になる。

ユリアンと駆け落ちしたが、ユリアンがパーティにいない場合
ユリアンは「やっぱり向いてない」と王宮から去る。モニカは嫁入りの話を断る。

カタリナ編

カタリナはミカエルのニセモノに騙されてマスカレイドを奪われてしまう。

カタリナは、ロアーヌ貴族の娘であり、真面目な性格で剣の腕も立つ。
その剣技をミカエルの父で、今は亡きロアーヌ侯フランツに見込まれ、15歳の頃にモニカの護衛兼侍女に任じられる。その際、フランツからロアーヌに伝わる聖王の遺物である宝剣「マスカレイド」を授けられる。
カタリナはミカエルに密かに想いを寄せていた。

ゴドウィン反乱の報せをミカエルに伝えるためにモニカを送り出した後、カタリナはゴドウィンと内通している大臣に捕らえられてしまう。
牢に入れられたカタリナ。これ以前に牢のカギを手に入れているかどうかでストーリーが変わる。
牢のカギを隠し持っていた場合、自力で牢から脱出し、玉座の前でミカエルと合流し、共にモンスターのボスを倒す。

牢のカギを手に入れてない場合は、牢の中でミカエルに助け出されるまで待機することとなる。

その後、ミカエルに化けた何者かに騙され、大切なマスカレイドを奪われてしまう。
マスカレイドは代々のロアーヌ侯妃が持つとされる小剣。
ロアーヌの宝であるマスカレイドを奪われたことで、カタリナはミカエルから叱責を受け、マスカレイドを取り戻すまでロアーヌに戻ることを禁じられてしまう。
責任を感じたカタリナは自らを戒めるために髪を切り、マスカレイドを探す旅に出る。

マスカレイドを奪った犯人は、神王教団の者だった。
神王教団とは、15年前の死食で生き残った「宿命の子」が、魔王も聖王をも超越した神王になると信じて崇め、神王のために聖王や魔王の遺物を収拾をする集団である。
神王教団を乗っ取る計画を立てていた教団の幹部マクシムスは、聖王遺物を集めることで力を蓄えようとした。
聖王遺物とは聖王や、その仲間が使用したと言われている強力な武具のことで、マスカレイドもそのひとつだった。
カタリナはマクシムスを倒し、マスカレイドを奪還するのだった。
マスカレイドを取り返したカタリナはようやくロアーヌに戻れるのだった。
だが、ロアーヌを「四魔貴族」ビューネイが襲う。カタリナはビューネイを退けるものの、アビスゲートが開きかけていることを知り、ゲートを閉じるための旅に出る。

エンディング

ミカエルがパーティにいる場合
ミカエルからプロポーズされる。

ミカエルがパーティにいない場合
マスカレイドをミカエルに返上して王宮から去り、旅に出る。

ハリード編

各地を傭兵をしながら放浪していたハリードは、立ち寄ったシノンの開拓村でモニカの護衛を引き受け、無事にミカエルの元へモニカを送り届けた後、ミカエルの軍に雇われる。
ミカエルと共にゴドウィン軍を退ける。
その後、ロアーヌ城がモンスターに奪われたというのでミカエルと共に城へ向かう。
玉座の間でミカエルと共にモンスターのボスを倒す。

その後、シノンへ戻ると、エレン以外のメンバーはそれぞれ旅立ってしまっていた。
ハリードはシノンを出てミュルスから船でツヴァイクへ、宛てのない旅に出る。

ハリードはかつて栄えたゲッシア朝ナジュ王国の王族であったが、神王教団に国を滅ぼされ、恋人のファティーマ姫は生死不明となって行方知れずになってしまった。
神王教団とは、15年前の死食で生き残った「宿命の子」を魔王も聖王をも超越した神王になると信じて崇め、神王のために聖王や魔王の遺物を収拾をする集団である。

ハリードの当面の目的はゲッシアの王族が葬られている墓「諸王の都」に初代ゲッシア国王アル・アワドの名刀カムシーンを探しに行くことだった。
各地を巡るうち、アビスゲートが開きかけていることを知り、ゲートを閉じるための冒険に出ることになる。

エンディング

名刀カムシーンを入手している場合
王国とファティーマ姫との思い出を胸にまた冒険の旅に出る。

名刀カムシーン入手していない場合
生きていたファティーマ姫と再会し、喜びを爆発させる。

共通編

アビスへは少年かサラかどちらかが行くことになる。

主人公がピドナへいくと、トーマスの親戚の家があるというので訪ねてみる。
そこではゴンという少年が魔王殿へ行ったまま戻らないというので、主人公たちはゴンを探しに魔王殿へ行くことになる。
魔王殿で主人公たちは、ゴンを救出する際に王家の指輪がないと開かない大扉を見つけるが、一旦ゴンとともに脱出する。
その後、主人公たちはランスへ行くと、死食の影響で、魔物の住む世界・アビスとこの世界を繋ぐ門「アビスゲート」が開きかけている、という話を耳にする。
アビスゲートの向こう側にいる魔物たちの中でも特に強い力を持つ「四魔貴族」は、アビスゲートの中からこちらの世界に自らの幻影を作って送り込み、アビスゲートを開こうとしているという。

主人公たちは各地を冒険し、「四魔貴族」の幻影を1体ずつ倒して4つのアビスゲートを閉じていくことになる。

サラが仲間にいる場合、序盤に仲間になっている謎の少年。
彼はおそらくサラと同じ年齢だが、「自分と関わると他人が不幸になる」と他人を拒絶し続けていた。
だが、サラとはなぜか心を通じ合っていた。

主人公たちが「四魔貴族」の残りの1体の幻影を倒し、4つ目のアビスゲートを閉じた時、仲間のサラと少年がアビスゲートに反応し、アビスゲートに吸い込まれてしまいそうになる。
実は、サラと少年は3回目の「死食」を生き抜いた「宿命の子」だったのだ。
3回目の「宿命の子」は1人でなく、2人いたのだった。
サラが主人公の場合、少年がサラを助けて身代わりにアビスゲートの向こう側・アビスへ行ってしまう。
サラ以外の主人公の場合、サラが少年を助け、サラだけがアビスへと消えてしまう。

主人公たちはサラ(または少年)をなんとか助けたいと思い、各地を巡っていると、5つ目のアビスゲートが存在するという話を聞く。
それは、忘れられた地・東方にあるという。
主人公たちはサラ(または少年)を助けるために、5番目のアビスゲートからアビスへと乗り込もうと東方の地を目指す。

東方の地はかつて魔王の力で荒廃してしまい、見捨てられた地となっていた。
そのため、大陸中央とはまったく異なる独特の中国様式のような文化が発展し、復興を遂げていた。
5つ目のアビスゲートは黄京城の天守閣の裏にあった。
アビスゲートからアビスへと飛び込む主人公たち。
アビスを奥へ進むと、「四魔貴族」の本体が待ち受けていた。
「四魔貴族」たちを倒し、さらに奥へ進むと、そこにサラ(または少年)がいた。

しかし、サラ(または少年)は、主人公たちを見て悲しむ。

本来「宿命の子」は1人のはずだった。
通常ならその子が聖王になるか魔王になるかの選択をし、また次の死食を待つ、ということになるのだが、「宿命の子」が2人存在してしまうという異常事態により、選ぶ間もなく「宿命の子」のもつ力は死と破壊に片寄り、世界は破壊される運命にある。
そうならないように、「宿命の子」の片割れであるサラ(少年)は、破壊の力と共にアビスでひっそり死を迎えるつもりでいたというのだ。

ところがここアビスに2人の「宿命の子」が揃ってしまったことで、死と破壊の力の象徴である「破壊するもの」が誕生してしまう。

「破壊するもの」はアビスを含む世界すべてを破壊しつくしてしまう。
主人公たちは「破壊するもの」と戦う。
この「破壊するもの」こそが死食の元凶、死の星が具現化したものであった。

「宿命の子」であるサラと少年は、主人公パーティを抜けて「破壊するもの」の死と破壊の力を押さえ続ける。
その間に主人公たちは「破壊するもの」を打ち砕くことに成功する。
だが、「宿命の子」2人の力はつき、「破壊するもの」は自らの中の残った死と破壊のパワーを開放して消え去った。

死の星=「破壊するもの」の力によりアビス、そして主人公たちの世界は崩壊した。

「宿命の子」の持つ死と破壊の力。
しかしサラと少年、2人の「宿命の子」は、その力と表裏一体となる生と再生の力をも持っていた。
死と破壊の力=魔王の力、生と再生の力=聖王の力。
通常1人である「宿命の子」はこのどちらかの力を選択する。
だが2人の「宿命の子」が存在する意味は、そのどちらの力も持つということだった。
主人公たちの諦めない希望の心に励まされた「宿命の子」2人は、彼らの持つそのもう1つの再生の力でもって、破壊された世界を再び元の姿のまま再生した。

世界は再生したが、死食の元凶である死の星とアビスは、再生されなかった。
これは再生の力を2人の「宿命の子」がコントロールしたためだ。
これにより、この世界から死食は失くなった。

主人公たちは、サラ(少年)と共に再生された世界に戻った。
死の星とアビス以外はすべてが元の姿に再生され、以前と変わらぬ世界で人々は暮らしている。

『ロマンシング サ・ガ3』の登場人物・キャラクター

主人公

ユリアン・ノール

シノンの開拓民。20歳。男性。宿星:歳星
死食で妹を失ったという過去を持つ。
シノンへ移住してエレンと出会い、彼女に恋心を抱く。
正義感が強く、明るい性格で行動力もある。
意志力のステータスが突出して高い。
シノンで知り合ったハリードやモニカ姫の推薦でロアーヌのプリンセスガードへの入隊を薦められる。
主人公以外の時はロアーヌ宮殿にいるため、仲間にする機会は限られる。
特に主人公がカタリナの場合は、ロアーヌに戻ることができないため、仲間にできない。

ミカエル・アウスバッハ・フォン・ロアーヌ

ロアーヌ侯爵。27歳。男性。宿星:鎮星
父の死後、ロアーヌ侯爵となった。容姿端麗で、軍事と外交の天才。
軍隊の指揮能力に優れ、ロアーヌ発展のため尽力する姿に領民からの評価も高い。
外出する際には影武者と入れ替わる。
領主のため、他の主人公のように銀行を利用できず、手持ちのお金から使うしかない。また、超過した分の金額はロアーヌの国庫に入ることになり、国庫から資金を引き出すことはできない。

ミカエルが主人公の時に、ロアーヌ国の軍事と施政を、「マスコンバット」と「施政」というミニゲームで行うことができる。
また、武器防具開発や、マスコンバットに関連した戦術開発及び各種強化も可能。
これらのミニゲームの成果は国威という数字に表される。
国威に応じてエンディングが変化する。

ミカエルが主人公でない場合、ミカエルを仲間にするためにはロアーヌ宮殿内に入らなければならないため、彼を仲間にする機会は「ビューネイの巣を叩く」イベント発生時に話しかけるしかない。また、基本的にはモニカとミカエルを同じパーティに入れる事はできない。

kiyokiyo23
kiyokiyo23
@kiyokiyo23

Related Articles関連記事

ロマンシング サ・ガ(ロマサガ1)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロマンシング サ・ガ』とは、1992年1月28日に現スクウェア・エニックスから発売されたスーパーファミコン(SFC)用ロールプレイングゲーム(RPG)。 ゲームボーイ用ソフト『Sa・Ga』シリーズのスタッフが新たに手掛けた意欲作。最大の売りは、当時まだ珍しかった自由度の高い「フリーシナリオシステム」を採用したこと。それぞれ異なる事情を抱えた8人の主人公から1人を選んで自由に世界を冒険するうち、伝説の邪神と戦うこととなる。

Read Article

ロマンシング サ・ガ2(ロマサガ2)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロマンシング サ・ガ2』とは、スクエア(当時)が開発したSFC用のRPGである。特徴は、決まった流れを追うのではなく、フリーシナリオを採用している点と、レベルに関係なく技を習得する閃きシステムが挙げられる。プレイヤーはバレンヌ帝国の皇帝となり、かつて世界を救った「七英雄」と対峙していくこととなる。その戦いは世代を超えて続き紡がれる。

Read Article

サガ フロンティア(SaGa Frontier)のネタバレ解説・考察まとめ

『サガ フロンティア』とは、現:スクウェア・エニックスが1997年7月11日に発売したプレイステーション用ソフトで、ジャンルはRPG。サガシリーズの7作目にあたる。主人公は7人の中から1人を選び、それぞれ違ったストーリーが展開する。今作ではこれまでのファンタジー路線に加えSF要素も盛り込まれている。また今作より「連携」システムが搭載された。多数の小世界「リージョン」を舞台に、7人の主人公たちがそれぞれの物語を紡いでいく。

Read Article

サガ フロンティア2(SaGa Frontier 2)のネタバレ解説・考察まとめ

『サガフロンティア2』とは、現スクウェア・エニックスが1999年に発売したプレイステーション用ソフト。ジャンルはRPG。サガシリーズとしては8作目、『サガフロンティア』シリーズでは2作目に当たる。 シリーズの特徴であるフリーシナリオは、今作では年代順にシナリオを追っていく「ヒストリーチョイス」システムとして採用されている。術が一般化している世界を舞台に、術が使えないギュスターヴ13世と時代の影で起こる災いに立ち向かうウィリアム・ナイツとその一族を主人公に、約100年に及ぶ物語が描かれる。

Read Article

Sa・Ga2 秘宝伝説(Final Fantasy Legend II)のネタバレ解説・考察まとめ

『Sa・Ga2 秘宝伝説』とは、1990年12月14日に現:スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ(GB)用ソフト。サガシリーズの第2作目。 基本的なシステムは前作『魔界塔士Sa・Ga』を踏襲しているが、さらに遊びやすくなるようシステムに変更や追加がなされている。 古の神々の遺産「秘宝」は手に入れるとすばらしい力が得られるという。主人公は、その「秘宝」を追って行方不明になった父親を探して、仲間たちと共に旅に出る。

Read Article

時空の覇者 Sa・Ga3(Final Fantasy Legend III)のネタバレ解説・考察まとめ

『時空の覇者 Sa・Ga3』とは、1991年12月13日に現:スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ専用ソフト。サガシリーズの完結編。今作がGB最後の作品となった。システムは前2作とは異なり、経験値でレベルアップするというオーソドックスなものに変更され、武器や魔法の使用回数制限も撤廃された。滅びの未来を変えるため過去へ送られた3人の若者たちが、仲間と共に時空を超えて異次元の神と戦う物語。

Read Article

魔界塔士 Sa・Ga(The Final Fantasy Legend)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔界塔士Sa・Ga』とは、1989年12月15日に現・スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ(GB)専用ソフト。ジャンルは当時、携帯機のGBでは不可能といわれた初のRPGで、当社初のミリオンソフトとなった。 サガシリーズの記念すべき第1作目。経験値やレベルの概念がなく、キャラクターの種別によって成長方法が異なるという斬新なシステムで注目された。舞台は1本の塔によって結ばれた4つの世界。その塔の頂上には楽園があるという。その楽園を求めて主人公は塔への冒険に旅立つ。

Read Article

ロマンシング サガ リ・ユニバース(ロマサガRS)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロマンシング サガ リ・ユニバース』とは、スクエアエニックスとAkatsukiが共同開発しリリースされた、iOS・android用スマホオンラインRPGである。 新しい命の全てを奪う『死食』復活に画策する魔王を阻み世界に平和をもたらすため、新8英雄(ポルカ、リズ、ゼノン、ヴァルドー、妖精ブラウニー、シン・ドゥ、マドレーン、イーヴリン)が集結。 閃きシステムによる育成の大変さはあるが、愛着を持って一つのスタイルを育てたり、戦術を練って戦いに挑めるところが最大の魅力だ。

Read Article

目次 - Contents