Sa・Ga2 秘宝伝説(Final Fantasy Legend II)のネタバレ解説まとめ

『Sa・Ga2 秘宝伝説』とは、1990年12月14日に現:スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ(GB)用ソフト。サガシリーズの第2作目。
基本的なシステムは前作『魔界塔士Sa・Ga』を踏襲しているが、さらに遊びやすくなるようシステムに変更や追加がなされている。
古の神々の遺産「秘宝」は手に入れるとすばらしい力が得られるという。主人公は、その「秘宝」を追って行方不明になった父親を探して、仲間たちと共に旅に出る。

『Sa・Ga2 秘宝伝説』の概要

『Sa・Ga2 秘宝伝説』とは、1990年12月14日に現:スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ(GB)用ソフト。ジャンルはRPG。サガシリーズの第2作目。
続編ではあるが、前作とはストーリーおよび設定上でも繋がりはない。
レベルの概念が無く、ほとんどの武器に耐久力があり使用制限がある。

基本的なシステムは前作『魔界塔士Sa・Ga』を踏襲しているが、人間とエスパーの成長システムは変更されている。
前作では上げることのできなかった人間の魔力を上げられるようになったり、エスパーの特殊能力が敵のレベルに応じて増えていくようになったりしている。
重要な会話やイベントなどが自動的に記憶される「メモ機能」も搭載されている。

人間、エスパー、モンスターに加え、今作では新たな種族として、「メカ」が追加された。
ストーリーの設定上、今作では仲間を入れ替えることができず、固定制となっている。
主人公も仲間も種族は最初に決めたものでクリアすることとなる。
今作ではパーティに一時的に加わるゲストキャラクターも登場する。

今作から音楽を手掛けるているのはこの後シリーズを担当することになる伊藤賢治氏。前作を担当した植松伸夫氏との共作となっている。
そのサウンドは評価が高く、曲数も前作より多い。また、今作ではサウンドテストの他に、街中で好きなBGMが聞ける「ジュークボックス」が登場している。

今作で主人公たちが冒険する舞台は、天界とそれを支える天の柱を中心に、いくつもの異なる世界が広がっている多重世界。
これらの世界のどこかには、世界を創りし古き神々の遺した多くの秘宝が隠されている。
秘宝は力のシンボルであり、すべての秘宝を1つに合わせた時、とてつもない力が蘇るといわれている。
すでに秘宝を手にした者の中からは、その秘宝の力を身に着け、新しき神を名乗る者が現れた。
この世界では、そんな力を秘めた秘宝をめぐって、多くの者たちが争っている。

今作のテーマは「親子」。
主人公は父親から託された秘宝を手に、旅に出たまま帰らぬ父を探して、9つの世界を旅することとなる。
ストーリーは低年齢層を意識した勧善懲悪ものとなっており、コミカルでわかりやすい。

今作は北米でも発売されており、タイトルは『Final Fantasy Legend II』で、ファイナルファンタジーシリーズの外伝扱いとなっている。

2009年9月17日にニンテンドーDSにて初のフルリメイク版となる『サガ2秘宝伝説 GODDESS OF DESTINY』が発売された。

『Sa・Ga2 秘宝伝説』のあらすじ・ストーリー

第一世界

アシュラという人物がこの世界を支配しようとしている。

この世界はいくつもの世界とそれらをつなぐ天の柱、そして天の柱の上にある天界とで成り立っている。
その昔、この世界を作ったとされる「古き神々」が天界に存在していたが、その古き神々は、「秘宝」をこの世界の各地に遺してこの世界から去った。
神々の遺物である秘宝は、大きな力があるとされている。その秘宝を手に入れ、秘宝の強大な力を身に着けた者たちは「新しき神」を名乗り、世界を支配しようとしていた。
今も秘宝を手に入れて神になろうとする者たちが後を絶たず、秘宝をめぐって争いが起こり続けている。

主人公がまだ幼い頃、主人公の父は秘宝「精霊の鏡」を主人公に託し、家を出た。
父は、その秘宝を「誰にも渡してはいけない」と主人公に言った。
やがて成長した主人公は、母親に「父を探しに行きたい」と伝える。
母は、主人公の旅立ちに理解を示し、学校の先生に挨拶していくようにと主人公に助言する。

旅立つ決意を固めた主人公は、先生のところへ行く。
先生は、秘宝について主人公に語る。
秘宝とは神々が遺した遺物であり、世界中に散らばっているという。
主人公が父親から託された「精霊の鏡」もそのひとつだった。
秘宝は全部で77個存在すると言われており、それぞれが異なる力を持っている。秘宝を手に入れた者の中には、その力を使って新たな神を名乗る者も現れた。
そして、その秘宝を77個すべて集めると女神の像になるといい、それを得ることによって神のごときすばらしい力を得るという。
主人公の父は、その女神像の力を悪用されないように、秘宝を集めていたという。
先生は主人公に、父親を捜すのなら秘宝を追えと助言する。
そして主人公の持つ「精霊の鏡」は、1つの世界にある秘宝の数を教えてくれるという力を持つ。
他の世界へと旅するには、世界の中心にある天の柱を登って行く必要があるのだが、それには秘宝が必要で、誰でも気軽に世界を超えられるわけではない。
父から受け取った秘宝を持つ主人公は、父探しの旅に同行してくれるという学校の友人3人と共に、旅立つ。

天の柱を目指して旅に出た主人公たちは、最初に着いた町で、この町の近辺でアシュラという者の手下たちが暴れているという話を聞く。
彼らは町の北にあるイシス神殿へと向かい、女神官・カイに出会う。
主人公はカイに父のことを知らないかと尋ねると、父はイシス神殿に秘宝のことを聞きに来て、その後ふらっといなくなったという。

カイは主人公たちに、イシス神殿の南にある古き神々の遺跡に秘宝があるらしいことを教えてくれた。
主人公たちは早速遺跡に向かい、秘宝を手にしたものの、途中でアシュラの手下に秘宝を奪われてしまう。
アシュラとは、秘宝を手に入れて新たな神を名乗っている者であった。
主人公たちはカイの元へ戻り、事情を説明し、秘宝を取り返したいと言うと、カイはアシュラの基地が神殿の北にあることを教えてくれる。
秘宝を取り戻すために、主人公たちはカイを道案内に迎えて、アシュラの基地へと乗り込む。

アシュラの基地を制圧し、秘宝を取り戻した主人公たちだったが、基地にはアシュラ本人はいなかった。アシュラの手下によれば、アシュラは別の世界にいるという。
アシュラは別の世界に住んでいながらも、この世界を侵略しようとしているという。
主人公たちは、自分たちの住む世界を護るため、アシュラを倒す決意をする。
カイは主人公たちがアシュラを討伐に向かう間、この世界を護るためこの地に残るという。
主人公たちは、カイと別れ、アシュラのいる世界へ行くため天の柱へ向かう。

第二世界

アシュラの塔で出会う覆面の男はガーディアンの一員だった。

天の柱を登って新たな世界へとやってきた主人公たち。
そこは新しき神・アシュラのいる砂漠の世界だった。
天の柱を出てすぐ南にある町で主人公たちは、アシュラが砂嵐に護られた塔にいるという情報を得る。
塔へ行く途中、アシュラの支配する町へ行くと、アシュラを狙って塔にどこかのスパイが潜り込んだらしいという噂を耳にする。

主人公たちは砂漠を歩いて砂嵐を越え、アシュラの塔へと乗り込む。
塔の中に潜入した主人公たちは、塔内に捕らえられていた覆面の男を救出する。

覆面の男は、アシュラのような秘宝を手に入れ新しき神を名乗る連中から秘宝を護る「ガーディアン」という組織の一員で、アシュラを狙ってスパイとして潜入したものの、正体がバレて捕らえられてしまったという。
主人公たちは覆面の男と共に行動し、塔の最上階でアシュラと対峙する。
アシュラは手下をミクロ化してカイの体内に送り込んだと話す。
カイの体内には生まれながらに秘宝が宿っているといい、その秘宝を手に入れるために手下を小さくしてカイの体内に送り込んだのだった。
手下たちがカイの体内で暴れまわればカイは弱って死んでしまうだろう。
要するにアシュラの手下たちはカイの体内に入ったウィルスのようなものだ。

アシュラはすべての秘宝を手にして世界で唯一の神になろうという野望に取りつかれており、カイの秘宝のみならず、主人公たちの持つ秘宝も奪おうと襲い掛かってきた。
主人公たちはアシュラを倒す。
覆面の男はアシュラを倒したことで目的を果たしたと言い、去っていった。

アシュラの言ったことが本当なら、カイの身が心配である。
主人公たちは急いで元の世界の、イシス神殿のカイの元へと戻る。
カイは重病にかかっていて、生死の境をさまよっていた。
おそらくはアシュラの言った通り、アシュラの手下たちがカイの体内に入り、秘宝を奪うためウィルスのごとく暴れ回っているせいだろう。

カイを助けるためには、自分たちもミクロ化してカイの体内へ入らねばならない。
イシス神殿の神官によれば、巨人族がミクロ化の方法を知っているという。
主人公たちは、巨人族の住む世界へと旅立つ。

第三世界

主人公たちに危機を救われたカイ。

主人公たちはかつて巨人族が住んでいたという世界にやってきた。
巨人の町にやってきた主人公たち。だがそこには巨人はおらず、普通の人間たちが住んでいた。
町の人によれば、巨人族たちは普通の人間になりたいと、みんなで小さくなってどこかへ行ってしまったという。

主人公は、この町で父に再会する。
父は主人公との再会を喜ぶが、まだ家には帰らず秘宝を探して旅を続けるという。
主人公も秘宝を探していると知ると、父は、「こんな子供が秘宝を持っているとは思わないだろう」ということで、自分の持っていた秘宝を主人公に渡す。その方が安全だろうというのだ。
それは秘宝を狙って神のごとき力を手に入れようとする者たちの目を欺くためだった。
父は主人公に、お互いに秘宝を追っていればまた再会できると言い、すべての秘宝を手に入れたそのときは一緒に家に帰ろうと約束して別れた。

主人公たちは巨人の町で、かつて巨人だったとの噂がある男・ジョニーから、巨人の遺跡に体を小さくするためのアイテム「ちいさくなーれ」があることを聞く。
主人公たちは巨人の遺跡へと向かう。
遺跡内の秘宝と「ちいさくなーれ」を入手した主人公たちは急いでカイの元へと戻る。
「ちいさくなーれ」を使い、身体をミクロ化した主人公たちは、カイの体内へと侵入する。
カイの体内にてアシュラの手下たちを退治し、カイの体内の秘宝を回収した主人公たちは、カイの体内から出て元の大きさに戻る。
カイは体内の秘宝は失ったが元気になった。
これでもう秘宝を狙う者たちにカイが襲われることもない。
主人公たちはカイと別れ、次なる世界へと旅立った。

第四世界

行方不明だったリンを見つける主人公たち。

主人公たちがやってきたのは、秘宝を手に入れて新しき神となったアポロンの治める世界。
まずは天の柱のすぐ近くにあるアポロンの神殿へ向かうと、アポロンは主人公たちを歓迎し、秘宝を1つくれた。
それはアポロンからの、悪しき神アシュラを倒してくれた主人公たちへの感謝のしるしだった。
アポロンは今の自分はもう十分な力を持っているので、もうこれ以上秘宝は必要ないのだという。
さらに彼は、主人公たちにこの世界にある秘宝にまつわる3つのヒントを与えてくれた。

主人公たちはそのヒントに従い、まずはアポロン神殿の東にある町を訪ねると、この町に住むリンという少女が山に薬草を取りに出かけたまま戻らないという話を聞く。
主人公たちは、秘宝を探すついでにリンを探そうと山に入る。
主人公たちは山の洞窟でリンを見つけるが、出口をふさぐ山の神と名乗る敵が邪魔をしていた。
山の神の正体はロボットだった。
主人公たちは山の神を倒し、村までリンを送っていく。

村の入り口でリンと別れた主人公たち。
村でリンを迎えたのは、なんと主人公の父だった。
リンは主人公の父を「お父さん」と呼んでいた。
父は、リンとリンの母親と3人でリンの無事を喜んでいた。
この光景を遠くから見ていた主人公はショックを受ける。
父が家に帰らないと言ったのは、秘宝を探すためなんかじゃなく、母親と自分を裏切ってここでリンたちと暮らしていたからだったのだ。
主人公は、自分に嘘をついて母親を裏切った父を、もう親とは思わない、と激しく恨んだ。
しかし主人公は、父を捜すと言って旅立った手前、この事実をなんて母親に伝えたらいいのかと悩み、仲間たちに相談する。
仲間たちは、ここまできたからには秘宝集めを続けよう、と提案する。考えるのはその後だと。
主人公もその提案に賛成し、「秘宝を全部集めて父を見返してやる」と意気込む。
そうして残りの2つの秘宝も手に入れ、彼らは次なる世界を目指す。

第五世界

ガーディアンのメンバーである大佐は主人公の父だった。

主人公たちがやってきた世界には、新しき神々などから秘宝を護る組織「ガーディアン」の基地があるという。
これまでもガーディアンのメンバーに会った主人公たちは、この組織に興味を持っていた。
主人公たちは、町のパブにある、ガーディアンの秘密基地に潜入しようとしたが、不審者として捕らえられてしまう。
だが、ガーディアンの幹部で「大佐」と呼ばれている人物が主人公たちを解放してくれる。
大佐の正体は主人公の父親だった。

主人公が大佐の子供だとわかると、主人公たちは基地の中で自由に行動できるようになった。基地では、ガーディアンのメンバーから、父が秘宝集めのプロだと聞かされる。
また、ガーディアンは新たな神アシュラ、アポロン、ビーナス、オーディンの行動を監視しているという情報も聞かされる。
主人公は、父がリンと暮らしていたことでわだかまりがあった。
その気持ちから、主人公は「裏切り者」と素直な気持ちを父にぶつけた。すると父は、「裏切ってなどいない」と否定した。
そのとき秘密基地が、新しい神からの襲撃を受け、壊滅状態となる。
「話はあとだ」と父は言い、主人公たちを連れて基地から脱出する。

天の柱まで脱出してきた父と主人公たち。
そこに現れたのは、基地を襲撃してきた新しい神の手下だった。
手下は父に対し、リンを人質に取っているので次の小世界まで来いと告げる。
どうやらガーディアンに恨みがあるようだった。

父と主人公たちが手下の指定した小世界に行くと、新しい神を名乗る敵のボスがリンを人質にとって待ち構えていた。
父は自分が敵の注意をひきつけているから、その間にリンを救出しろと主人公たちに頼んだ。
敵との1対1の戦いに挑む父だったが、敵に倒されてしまう。
リンは主人公の父を「おじさま」と呼んだ。
主人公はここではじめて父の事情をリンの口から知る。

リンの本当の父はガーディアンのメンバーであったが、任務中に行方不明になってしまい、さらに母親も病気になってしまった。
リンの父と親友だった主人公の父は、父がいなくて寂しがっていたリンのため、彼女の母親の病気が治るまで、リンの父親代わりとなっていたのだった。

真実を知った主人公は、父が裏切っていなかったことを知り、誤解して父にひどいことを言ったことを後悔した。
そして主人公たちは、父を殺した敵ボスを倒した。
リンを彼女の家に送り届ける主人公たち。
リンは自分のために主人公の父が犠牲になったことを主人公に謝った。
父を失い、一時は落ち込む主人公だったが、父の遺志を継いで秘宝を集めることを決意した。
主人公は、リンの母親から主人公の父から預かったという秘宝を受け取り、次の世界へと旅立つ。

第六世界

ビーナスは美しいものだけを愛する美女。

新しき神々の1人、ビーナスの治める世界にやってきた主人公たち。
ビーナスが住む大都会は高い塀に囲まれていた。
そこには美しい者だけが住むことを許され、容姿の醜い者や病気の者などは塀の外にある汚い世界へと追放されてしまう。
主人公たちは、醜いアシュラを倒してくれたという理由でビーナスに気に入られ、大都会での滞在許可を貰う。彼女からここにはもう秘宝はないと伝えられる。
だが、主人公たちが下水道を探索すると秘宝を見つけることができた。
ビーナスは汚いところには行かないため、下水道など探していなかったのだ。

大都会にあるビーナスの宮殿近くに、オリビアという悲しそうな女性が立っていた。
主人公たちが、なぜ悲しそうなのかと彼女に事情をきくと、オリビアにはアントニーという名の恋人がいたが、アントニーは病気で足が不自由になってしまったために大都会を追放されてしまったのだという。
ビーナスの目があり、勝手に大都会の外へ行くことはできないため、愛するアントニーにもう会えないことを彼女は悲しんでいたのだった。

高い塀に囲まれた大都会の外へ出てみると、そこはジャングルだった。
ジャングルの中には、大都会を追放された人々が暮らす村があった。
ここで暮らす人々は、大都会に比べて不自由な暮らしを余儀なくされるため、さぞ落ち込んでいるかと思いきや、塀の中でビーナスの言いなりになって堅苦しく生きるより、自由に生きられるここの暮らしが気に入っているようだった。
アントニーもそこにいて、大都会よりも自由なこの村の方が暮らしやすいと言うが、ただ、オリビアのことだけが気がかりだった。

オリビアはビーナスにより、ユリウスという男と無理やり結婚させられようとしていた。
これを聞いたアントニーは、秘宝を探す主人公たちの後をつけ、主人公たちが回収した秘宝の1つを盗んで逃げた。
彼はオリビアの結婚を阻止するため、盗んだ秘宝を使って結婚式を仕切るビーナスに対抗できる力を得ようとしていたのだった。

そしてオリビアの結婚式の日。
ビーナスに招待されて、主人公たちも式に出席することになった。
ビーナスが式を取り仕切り、オリビアにユリウスとの結婚の誓いの言葉を言えと強要する。
そこへアントニーが登場し、結婚式を妨害する。

アントニーはビーナスに秘宝の力を使って立ち向かうものの、あっけなく返り討ちにあう。
オリビアはアントニーに駆け寄り、彼を助け起こしながら、自分も大都会を出て彼と暮らすと言う。
自分が選んだユリウスではなく、不自由なアントニーを選ぶというオリビアに激怒するビーナス。
そんなビーナスの前で、自らの額に傷をつけるオリビア。
これで自分も美しくなくなったから、アントニーと共に大都会を出ていく、とオリビアは言う。
ビーナスは、自ら美しさを放棄したオリビアに怒り、アントニーもろとも彼女を殺そうとする。
主人公たちは、2人を助けるため、ビーナスと戦い、倒す。

ユリウスは、ビーナスに命じられたこととはいえ、アントニーとオリビアが恋人同士だったことを知っていながらオリビアと結婚しようとしていたことを2人に謝罪する。
2人は、ビーナスには逆らえなかったから仕方がない、とユリウスに理解を示す。
アントニーは助けてくれた主人公たちに礼を言い、主人公たちから盗んだ秘宝を返した。

仲がよさそうなオリビアとアントニーを羨ましそうに見ながら、主人公たちは彼らに別れを告げて次の世界へ旅立つ。

小世界

レースをするためだけの世界もある。

kiyokiyo23
kiyokiyo23
@kiyokiyo23

Related Articles関連記事

サガ フロンティア2(サガフロ2、SaGa Frontier 2)のネタバレ解説まとめ

『サガフロンティア2』とは、現スクウェア・エニックスが1999年に発売したプレイステーション用ソフト。ジャンルはRPG。サガシリーズとしては8作目、『サガフロンティア』シリーズでは2作目に当たる。 シリーズの特徴であるフリーシナリオは、今作では年代順にシナリオを追っていく「ヒストリーチョイス」システムとして採用されている。術が一般化している世界を舞台に、術が使えないギュスターヴ13世と時代の影で起こる災いに立ち向かうウィリアム・ナイツとその一族を主人公に、約100年に及ぶ物語が描かれる。

Read Article

ロマンシング サ・ガ(ロマサガ1、Romancing SaGa)のネタバレ解説まとめ

『ロマンシング サ・ガ』とは、1992年1月28日に現スクウェア・エニックスから発売されたスーパーファミコン(SFC)用ロールプレイングゲーム(RPG)。 ゲームボーイ用ソフト『Sa・Ga』シリーズのスタッフが新たに手掛けた意欲作。最大の売りは、当時まだ珍しかった自由度の高い「フリーシナリオシステム」を採用したこと。それぞれ異なる事情を抱えた8人の主人公から1人を選んで自由に世界を冒険するうち、伝説の邪神と戦うこととなる。

Read Article

魔界塔士 Sa・Ga(The Final Fantasy Legend)のネタバレ解説まとめ

『魔界塔士Sa・Ga』とは、1989年12月15日に現・スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ(GB)専用ソフト。ジャンルは当時、携帯機のGBでは不可能といわれた初のRPGで、当社初のミリオンソフトとなった。 サガシリーズの記念すべき第1作目。経験値やレベルの概念がなく、キャラクターの種別によって成長方法が異なるという斬新なシステムで注目された。舞台は1本の塔によって結ばれた4つの世界。その塔の頂上には楽園があるという。その楽園を求めて主人公は塔への冒険に旅立つ。

Read Article

ロマンシング サ・ガ3(ロマサガ3、Romancing SaGa 3)のネタバレ解説まとめ

『ロマンシング サ・ガ3』とは、1995年に現スクウェア・エニックスより発売されたスーパーファミコン用ロールプレイングゲームソフト。サガシリーズの6作目にあたり、ロマサガシリーズの3作目にしてシリーズの集大成との呼び声も高い。シリーズの特徴であるフリーシナリオの他、ミニゲームも充実。グラフィックや演出、音楽などの点で特に評価が高い。8人の主人公から1人を選び、「死食」がもたらす数々の謎を解き明かす冒険の旅に出る。

Read Article

時空の覇者 Sa・Ga3(Final Fantasy Legend III)のネタバレ解説まとめ

『時空の覇者 Sa・Ga3』とは、1991年12月13日に現:スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ専用ソフト。サガシリーズの完結編。今作がGB最後の作品となった。システムは前2作とは異なり、経験値でレベルアップするというオーソドックスなものに変更され、武器や魔法の使用回数制限も撤廃された。滅びの未来を変えるため過去へ送られた3人の若者たちが、仲間と共に時空を超えて異次元の神と戦う物語。

Read Article

サガ フロンティア(サガフロ、SaGa Frontier)のネタバレ解説まとめ

『サガ フロンティア』とは、現:スクウェア・エニックスが1997年7月11日に発売したプレイステーション用ソフトで、ジャンルはRPG。サガシリーズの7作目にあたる。主人公は7人の中から1人を選び、それぞれ違ったストーリーが展開する。今作ではこれまでのファンタジー路線に加えSF要素も盛り込まれている。また今作より「連携」システムが搭載された。多数の小世界「リージョン」を舞台に、7人の主人公たちがそれぞれの物語を紡いでいく。

Read Article

ロマンシング サ・ガ2(ロマサガ2、Romancing SaGa 2)のネタバレ解説まとめ

『ロマンシング サ・ガ2』とは、スクエア(当時)が開発したSFC用のRPGである。特徴は、決まった流れを追うのではなく、フリーシナリオを採用している点と、レベルに関係なく技を習得する閃きシステムが挙げられる。プレイヤーはバレンヌ帝国の皇帝となり、かつて世界を救った「七英雄」と対峙していくこととなる。その戦いは世代を超えて続き紡がれる。

Read Article

目次 - Contents