時空の覇者 Sa・Ga3(Final Fantasy Legend III)のネタバレ解説まとめ

199112 game

『時空の覇者 Sa・Ga3』とは、1991年12月13日に現:スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ専用ソフト。サガシリーズの完結編。今作がGB最後の作品となった。システムは前2作とは異なり、経験値でレベルアップするというオーソドックスなものに変更され、武器や魔法の使用回数制限も撤廃された。滅びの未来を変えるため過去へ送られた3人の若者たちが、仲間と共に時空を超えて異次元の神と戦う物語。

『時空の覇者 Sa・Ga3』の概要

179003138

『時空の覇者 Sa・Ga3』は、1991年12月13日に現:スクウェア・エニックスからゲームボーイ(GB)専用ソフトとして発売されたRPGである。
今作は、同社から発売された最後のGB向けタイトルとなった。
ストーリー的には3作とも独立した作品ではあるが、この作品でGBにて展開してきたサガシリーズは完結することとなったため、今作には「完結編」というサブタイトルが付いている。

今作のストーリーは、滅亡寸前の未来世界に生まれた3人の幼児たちが、タイムマシンにより過去へ送られ、未来を救うというもの。
主人公たちは現在、過去、未来と3つの時代を行き来し、さらには異次元へと乗り込んで破滅の元凶となったラグナ神を倒すこととなる。
過去を変えると未来も変わるというタイムトラベルがテーマだが、それゆえにシナリオの矛盾も生じてしまっており、その説明がないため少々不親切に感じてしまう。

前2作とはシステムが大きく異なり、経験値でレベルがアップするというオーソドックスなシステムに変更された。
今作では武器の使用回数が撤廃され、魔法もMP制になった。
また、これまでのサガシリーズの特徴でもあった多重世界という概念も薄れた。これは携わった開発スタッフが前2作と違うためである。
今作の開発を担ったのは、同社の大阪開発部の前身である「スクウェア大阪」のスタッフで、前2作のスタッフは参加していない。
それにより、前2作までの「サガらしさ」が失われることとなり、ファンからの評価はあまり良くなかった。
音楽も前作の担当者ではなく、スクウェア大阪の笹井隆司が担当した。
これは、サガシリーズの生みの親である河津秋敏が、同時期に当時の次世代機種であるスーパーファミコン版で『ロマンシングサ・ガ』を開発していたためである。
そのため、リメイク版が発売されるまでは河津秋敏が関わっていない今作は、同氏の手掛ける「サガシリーズ」として紹介される際の項目からは除外されていた。

今作のメインキャラクターデザインを務めたのは前作から引き続き藤岡勝利。
モンスターデザインはクトゥルフ(クトゥルー)神話に登場する架空の神々を参考にしている。

海外版は「FINAL FANTASY Legend Ⅲ」というタイトルで発売された。

2011年1月6日に、ニンテンドーDS専用ソフトとしてフルリメイクされた『サガ3時空の覇者 Shadow or Light』が発売された。
リメイク版には前2作を制作した河津秋敏が新たにシリーズディレクターとして参加しており、システムなどが大幅に変更され、「サガらしさ」を復活させることとなった。
こちらはGB版と区別するため、「SoL」と略される。

音楽の方では、オリジナル作曲者による監修のもと、『魔界塔士 Sa・Ga』、『Sa・Ga2 秘宝伝説』、『時空の覇者 Sa・Ga3 完結編』のゲーム内実装の全楽曲を収録した映像付きサウンドトラック『SaGa 1,2,3 Original Soundtrack Revival Disc』が発売されている。

『時空の覇者 Sa・Ga3』のあらすじ・ストーリー

プロローグ

Saga3 08 cs1w1 400x

サガ世界の空に巨大な水瓶が現れた。

はるかな昔。
サガ世界に異次元世界の神々が侵攻してきた。
サガ世界の神「ソール」は、異次元世界の神々と戦い、戦闘機「ステスロス」を使って勝利し、彼らを異次元へ封印した。

それから長き年月が経ったある時、サガ世界の空に突如として謎の巨大な「水瓶」が出現した。
巨大な水瓶は大量の水と魔物をサガ世界に吐き出し続けた。
その結果、サガ世界の大陸のほとんどが水没し、残った陸地で暮らす人々も水瓶から湧いて出た異次元の魔物の攻撃を受けて、滅びの危機に瀕してしまう。
このままではサガ世界はすべてが水没してしまい、生き物は生存できなくなってしまう。もはやそれを止める手立てはない。

滅びに向かうサガ世界で、人々を滅びから救うため活動している革命軍の1人・ボラージュという人物は、一縷の望みを3人の子供たちに託し、彼らをタイムマシンで過去へ送り込んだ。いつか彼ら3人が、滅びの未来に向かう歴史を変えてくれることを期待して。

現在のサガ世界

Saga3 09 cs1w1 400x

デューンたちは、ギルから自分たちを過去へ送った男の話を聞く。

現在世界。
この時代も、空の巨大な水瓶から大量の水と魔物が排出され続けている。

ダームの町。
デューン・ポルナレフ・ミルフィーそしてメルローズの4人は、いつものようにメルローズの作った「バトルトレーナー」という戦闘訓練のための機械で修行に励んでいた。
町の外は魔物がうろついているため、彼らは町のみんなを守るために日々修行しているのである。
ダームの町は、みなしごが多く、長老ギルが面倒を見ていた。

翌日、メルローズを除く3人は旅に出ることになっていた。
旅立ちを前に、デューンたち3人は、長老ギルから話を聞く。
デューン・ポルナレフ・ミルフィーの3人は、未来からタイムマシンに乗ってやってきた未来人なのだ。
デューンたち3人を未来から現在へ送り込み、ギルに預けたのはボラージュという男だった。
ボラージュは、謎の水瓶により世界が滅亡の危機に瀕している未来の都市バイパーに住む人物で、未完成のタイムマシンに幼いデューンたち3人を乗せ、過去へと送り出したという。彼は幼子3人に、いつか滅びの未来を変えてくれるかもしれないという希望を託したのだ。

無事に現在の世界へたどり着いた幼いデューンたち3人を、ダームの町の長老ギルが我が子同然に今日まで育ててきた。
ギルは、デューンたちに、彼らが未来から送られてきたことを告げていた。
それゆえ、長老はいつか彼らが未来を救うために旅に出ると言い出すことも予感していた。
町の外は魔物が跋扈し、危険な旅になるだろうとギルは3人を心配していたが、彼らは「未来で戦っている人がいるのに自分たちだけ逃げるわけにはいかない」と固く決心していた。
まだ幼いネメシス、ディオールといった子供たちも、デューンたちを慕っている。彼らはデューンたちが旅立つことを知り、「行っちゃやだ」と駄々をこねる。
そんなネメシスたちにデューンは、「いい子にしていたらまた会える」と約束した。

ギルは「見せたいものがある」と神殿にデューンたち3人を連れて行く。
そこにはメルローズとギルの孫娘でデューンに想いを寄せるシリューがいた。
彼らは幼馴染であるデューンたち3人に同行したいと申し出た。
ギルはシリューたちの決意を認め、同行を許可した。

神殿でギルが彼らに見せたかったものとは、時空を越える力を持った戦闘機「ステスロス」だった。
それはかつてこのサガ世界の神「ソール」が異次元の神々に勝利した際に使用したものと伝わっている伝説の乗り物である。
デューンたちが未来の世界を救うためには必要不可欠なものだとギルは語る。
ギルによれば、いまここにあるステスロスは稼動に必要なユニットを失っており、時空を超えることはできないという。
ギルはデューンに、ボラージュからの預かり物だという「レーダー」を渡し、ステスロスを稼働させるためにどうするべきか、ステスロスの研究家であるクロノスという人物に会って聞くよう助言する。
クロノスは海を越えた先にあるイレムの町にいるという。

しかし海は魔物の巣窟であるため、船を出すことができない。
悩むデューンたちにギルは、浮遊石を呼び出して空を飛ぶ魔法「ムオン」を手に入れろと言う。
ギルの助言により、北の塔でムオンの魔法を手に入れたデューンたちは、ムオンの魔法で空を飛び、海を越えてイレムの町へと向かう。

イレムの町でクロノスに会うデューンたち。
デューンの持つレーダーをクロノスに見せると、彼は「これはステスロスのユニットを集めるための物だ」という。
「ステスロスのユニットを集めてどうするつもりだ?」と問うクロノスに、デューンは「自分たちが生まれた故郷である未来の世界を見てみたいのだ」と答える。
彼らが滅びの未来から来た子供たちだと知ると、クロノスは彼らに「かこワープ」を託した。
かこワープとはステスロスに取り付けることで過去世界へワープできるユニットである。
クロノスは、ステスロスのユニットを「かこワープ」を使って過去へ行って探すようにデューンたちに進言する。
未来に行くためのユニット「みらいワープ」は現在世界で自分が探すとクロノスは言う。
さらに彼は、ステスロスのユニットは魔物も探しているらしいから気を付けるように、と忠告する。

デューンたちは「かこワープ」を手に、ダームの神殿にあるステスロスの元へ戻ることにした。

神殿に戻ろうとするデューンたちの前に、魔物が立ちはだかる。
それはサハギンという魔物で「ドグラ様の命で、ステスロスのユニットを集める不届き者を抹殺しに来た」という。
サハギンは、デューンたちに「過去へは行かせない」と言って襲ってきた。
サハギンを倒して神殿にあるステスロスへ乗り込もうとしたところで、メルローズが「長老と村が心配だ」と言い出した。
彼は、神殿近くまで魔物がやってきたことで、ダームの町が襲われないかと心配になったのだ。
メルローズは町と長老を守るため、自分が町へ戻ると言い、デューンたちと別れた。
デューンたちは、「メルローズが町を守ってくれるなら安心だ」と思い、ステスロスにかこワープを取り付け、過去へと向かった。

過去のサガ世界

Smile

さらわれたはずの少女フレイヤがデューンたちに襲い掛かる。

過去の世界にやってきたデューンたち。
あたりは見慣れた景色で、神殿もあった。
この時代にも水瓶はあるが、まだ水没していない大陸が多く、人々はまだそれほど危機感を抱いていない。

デューンたちは神殿の近辺で1人の若者に出会う。
それは若き日のギルであった。
ギルは、デューンたちにこの辺りに町を作るのにいい土地は無いかと尋ね、デューンはダームの町があった場所を教えた。
ギルはみなしごたちの町を作ろうと思っていると言い、デューンたちに礼を言って、去っていった。

デューンたちは、ムオンの魔法で浮遊石を呼び出し、空を飛んで過去の世界を巡る。

レイの町にやってきたデューンたち。
そこでは町の人々がサハギンになってしまうという奇病が流行っていた。
町の人は、海で泳いだらサハギンになってしまったと言う。

道具屋の主人は、サハギンになってしまった町の人々を救うため、モンスターになってしまった人間を元に戻す道具だと言われて手に入れた「じょうかマシン」が、実はステスロスに取り付けるユニットだったことを知って怒っていた。そして「どうりでなんの効果もないはずだ」と溜息をついていた。
道具屋の主人は、自分が持っていても意味がないからと、デューンたちに「じょうかマシン」を譲ってくれた。

次に向かったのは、クロノスのいたイレムの町。
現在でクロノスと会った館へ行ってみると、まだ幼いクロノスがいた。
クロノスと話すと、フレイヤという少女が魔物にさらわれたという。
館に住むクロノスの祖母で、イレムの町の指導者でもあるおおばばさまが救出に向かったというので、デューンたちも後を追って南の洞窟に向かった。
洞窟内でおおばばさまに追いついたデューンたちは、少女救出に協力すると申し出るが、おおばばさまは「よその者を危険な目に遭わせられない」と申し出を拒む。
おおばばさまは、フレイヤをギルから預かったのだという。
デューンはおおばばさまに、自分たちは未来から来た者だと話す。
おおばばさまは未来から来たというデューンたちの話に驚いていたが、彼らが未来でギルに育てられたと話すと、デューンたちを信じると言い、説得に応じて町へ帰って行った。
洞窟の奥へと進むデューンたちの前に現れたのは、さらわれたはずのフレイヤだった。
彼女は獣のようなうなり声をあげてデューンたちに襲い掛かってきた。
デューンたちがフレイヤを傷つけないように倒すと、彼女は正気に戻った。
どうやらフレイヤには強い魔力があるらしく、その魔力を利用され魔物に操られていたようだった。
魔物はその強い魔力を狙って彼女をさらったようだった。
フレイヤをパーティに加え、さらに洞窟を進むとそこには異形の魔物ドグラがいた。
ドグラはデューンたちをボラージュだと思い込んでおり、襲い掛かってきた。
ボラージュというのは未来で自分たちを過去へ送り込んだ人物だ。
デューンたちは、ドグラがボラージュを知っていたことに驚き、ドグラを倒した後、ボラージュがどこにいるのかを尋ねたが、答えず死んだ。
デューンたちは、ドグラが持っていたステスロスのユニット「くどうエンジン」を手に入れた。

デューンたちは、フレイヤを連れてイレムのおおばばさまの元へ戻る。
デューンたちは、魔力の強いフレイヤがまた魔物に狙われることを危惧し、彼女をデューンたちがいた現在の世界のギルに預けることをおおばばさまに提案する。
おおばばさまは、ギルがフレイヤを自分に預けて、町を作る土地を探しに行ったことを心配していたが、未来でギルが無事に町を作れたことを聞いて、おおばばさまは喜び、デューンの提案に賛成した。
おおばばさまは、デューンたちに「サモン」という魔法を授けてくれる。
「サモン」は海に潜ることができる魔法である。

デューンたちはサモンを使って海の底にあるムーの町へ行くと、世界を作った神ソールが目覚めれば、水瓶を止めることができるかもしれない、という話を聞く。

再び現在のサガ世界

Smile

デューンたちはアシュラと戦う。

過去で手に入れたユニットをステスロスに取り付けて、現在の世界へ戻ってきたデューンたちは、ダームの町のギルの元へフレイヤを預ける。
デューンたちは、ギルからクロノスが何か手がかりを得たらしいと聞き、彼の元へ向かう。

クロノスに会い、みらいワープは、南の塔に住むアシュラという魔物が持っているらしいことを聞く。
その直後、大きな地震が起こる。
クロノスとデューンたちが外へ出てみると、海上に城が浮上していた。
クロノスによると、城は水瓶から出てきたカオスという異次元の神の四天王の1人のものらしい。

デューンたちはアシュラの住む南の塔へと向かう。
アシュラはステスロスのユニットを集めてカオスの元へ送っていた。
デューンたちはアシュラを倒すと、カオスのカギを手に入れた。
カオスのカギはカオス城に入るためのアイテムである。

デューンたちはアシュラが持っていたステスロスのユニットを入手するため、カオス城へと乗り込む。
カオスを倒し、デューンたちは「みらいワープ」と「ホバーエンジン」を手に入れる。

デューンたちはステスロスにみらいワープを取り付け、未来へと向かう。

未来のサガ世界

Dahm1s

未来世界のダームの町への入り口は墓石の下にあった。

未来の世界にやってきたデューンたち。
そこは見渡す限りの海。
水瓶から吐き出される水は、この時代にはかなりの大陸を水に沈めてしまっていた。
ダームの町があったはずの場所も水没しており、見る影もない。

イレムの町はかろうじて水没せずに残っていた。
イレムにはクロノスがいて、デューンたちを待っていた。
彼の話では、生き残った人々が人工島にバイパーという都市を作り、異次元の魔物たちと戦い、水瓶を止めるための組織「革命軍」を結成しているという。
おおばばさまの体の具合が悪いと言い、会ってやってくれとクロノスはデューンたちに頼む。
おおばばさまはデューンたちに、ソール神がミロクという異次元の神にさらわれたことを告げ、「メタモル」という魔法を彼らに授けた。
メタモルは異次元の魔物に姿を変える魔法である。
おおばばさまは、メタモルを使って、ムーの町のサハギンから話を聞くようにと遺言し、息を引き取った。

ムーの町へ行くと町の住人は全員サハギンになっていた。
水瓶から流れ出た水のせいで広がった伝染病が原因だという。
デューンたちはメタモルを使ってサハギンに変身し、町の人々から話を聞く。
「水瓶を作ったラグナ神を倒さない限り、侵略は続く。」
「異次元も滅びつつあり、異次元の神がこの世界を侵略するのはこの世界へ移住するためだ。」
「魔物が子供をさらうのは、異次元にある聖剣を手に入れるためだといい、聖剣エクスカリバーは額に深紅のあざのある人間の女しか持つことができない。」
「異次元には、魔法石から古の魔法を作れる者がいる」などの情報を得ることができた。

ダームの町は水没したかと思われていたが、実は高台へ移転していた。
町の入り口は墓にカモフラージュされており、墓の下の階段を下りた地下にダームの町はあった。
地上には魔物があふれているため、町の人々は地下に隠れていたのだ。
そこには成長したフレイヤやメルローズ、子供たちが暮らしていた。
デューンたちが旅立ってから15年が経っていた。
久々の再会を喜ぶメルローズとデューンたち。町の長老ギルはすでに他界したという。

町ではネメシスが魔物にさらわれたと大騒ぎになっていた。
ネメシスには、聖剣を手に入れる力があるということで魔物がさらっていったという。

メルローズによると、異次元の神ミロクが、浮遊大陸で眠りについていたこの世界の神ソールをさらったのだという。また、ネメシスをさらったのもミロクだという。
メルローズは、バイパーという都市にいるディオールがネメシスを取り戻そうとしているので、彼に協力するようデューンたちに頼む。
都市バイパーには、異次元からの侵略に対抗する組織「革命軍」の本部がある。
メルローズとディオールも革命軍に参加しているという。
バイパーは魔物の侵入を警戒し、厳重な警備を敷いていて、都市に入るためには合言葉が必要であった。
メルローズからバイパーに入るための合言葉を聞き、デューンたちは、バイパーへ向かう。

ダームの町から程なくしてたどり着いたバイパーは、レーダーや対空兵器に囲まれた要塞のような都市だった。

合言葉を言い、革命軍の基地へと入ることが出来たデューンたちは、そこでディオールに再会する。
ダームの町で別れたときは幼子だったディオールは、立派な大人に成長し、革命軍の指揮官となっていた。

ディオールたち革命軍は、これからミロク討伐のために浮遊大陸へ向かう所だった。
浮遊大陸は空を高速で移動している大陸であり、浮遊魔法「ムオン」ではたどり着くことができない場所である。
デューンたちはディオールから協力を要請され、これを承諾する。

デューンはここで自分たちを過去へ送りこんだボラージュという人物を探した。
ボラージュは先発隊としてすでに異次元へ向かっていて留守だという。
先発隊はクエーサー博士が新たに作った「ステスロス2号機」で異次元へ向かっているとのこと。
先発隊の後を追うためには神殿に封印されているステスロス1号機を使用することになるらしいのだが、1号機は「じげんワープ」というユニットをミロクに奪われているため、異次元へ行くことができないという。
革命軍は、さらわれたネメシスとソール神を救うと共に、じげんワープを奪い返すためにもミロクを倒さねばならないのだった。

ディオールは、ミロク討伐作戦の指示は海底にあるシェルター内のパルサー博士の研究所で行うという。
デューンたちはディオールから渡された「ロケットベルト」を持って、研究所に向かう。

研究所でパルサー博士から作戦内容をきくデューンたち。
パルサー博士は彼らに「つうしんき」を渡して、作戦内容を説明した。
作戦の内容は、デューンたちが北の桟橋から「ロケットベルト」を使って浮遊大陸に上陸し、浮遊大陸内で「じくうワープ」と「リモコン」を手に入れたら、「つうしんき」で博士に報告する。
報告を受けた博士は、神殿を爆破してステスロスの封印を解き、遠隔操作でステスロスを浮遊大陸に呼び寄せる。あとはデューンたちがステスロスに乗って脱出するというものだった。

ディオールを仲間にして、デューンたちは指示通り、作戦を実行する。

未来のサガ世界・浮遊大陸

44086 201009100302053870 2

浮遊大陸へ乗り込むデューンたち。

ロケットベルトで浮遊大陸に上陸したデューンたち。
デューンたちは、上陸した場所の近くにあるヤディスの村で話を聞く。
浮遊大陸はでは、地上の世界とは違い、時の流れがない。異次元も同様だという。
また、北の遺跡にステスロスのユニットがあるという情報も得られた。
デューンたちは北の遺跡に向かい、「リモコン」を回収する。

次に、デューンたちは浮遊大陸の奥地にある神々の山と呼ばれる場所へ向かう。
神々の山にある塔へと乗り込む彼らの前に、魔物が立ちはだかる。
魔物との戦いの後、ディオール以外の4人はあやまって塔の階下へと落下してしまう。
残されたディオールは、4人を探しているうちに隠し扉を発見し、扉を開けて中に入る。
扉の奥にはなんとミロクがいた。
ディオールはミロクに戦いを挑むが、ミロクは人質のネメシスを殺すと彼を脅し、ディオールを抵抗できないようにした。

一方、塔から落ちたデューンたち4人も、ディオールを探して再び塔を上り、落ちる前の場所まで戻ったが、彼の姿はなかった。
デューンたちは、ようやくディオールが入った隠し扉に気付き、扉の中へと入る。
扉の奥へ進むとそこには、ボロボロに傷ついたディオールが横たわっていた。そして彼の前にはミロクの姿があった。
デューンたちはディオールを助け起こす。彼は瀕死の状態で、それでもネメシスの安否を気にかけていた。
しかし、ミロクによればネメシスはソール神ともども、すでに異次元に送られてしまったという。
ミロクはデューンたちにも襲い掛かってきた。
ネメシスの命を盾にディオールを痛めつけるという卑怯なミロクに怒ったデューンたちは、ミロクを返り討ちにする。
ミロクを倒し、「じくうワープ」を手に入れたデューンたちは、「つうしんき」でパルサー博士に報告する。
パルサー博士は作戦通りデューンたちの元へステスロスを迎えに寄越した。デューンたちは、傷ついたディオールをかついでステスロスに乗り込み、バイパーへと帰還する。

瀕死のディオールを治療してもらうために、バイオ科学の研究者で医師でもあるボルフェスの元に彼を預ける。
ボルフェスはあっという間にディオールを健康体に回復させた。

ディオールは「じくうワープ」の使用回数は1回だけだと教えてくれた。
異次元へ行っても、向こうでクエーサー博士に会えなければ、こちらの世界へ戻ってくることができないかもしれないという。
それでも共に行ってくれるかと訊ねるディオールに、デューンたち4人は力強くうなづいた。

ディオールとデューンたちは、ステスロスに「じくうワープ」を取り付け、異次元へと向かった。
次元の壁を越え、異次元に入ったところで、突如ステスロスから異常を知らせる警報が鳴った。
どうやら次元ワープのショックでステスロスのホバーエンジンが破損してしまったらしい。
ホバーエンジンが故障したせいで、ステスロスは飛べなくなってしまった。
飛べなくなったステスロスだがかろうじて陸地を移動することはできるのだった。

ディオールはステスロスを降りて2手に分かれよう、とデューンたちに提案する。
ディオールは先遣隊と合流し、ステスロスをステスロス2で回収するという。もう一方のデューンたちには、異次元を探索して、ステスロスの修復の手段を探してきてもらいたい、ということだった。
ステスロスは万一のときは「リモコン」で呼び寄せることができる。
デューンたちはディオールと別れ、徒歩で異次元の世界を探索することになった。

異次元世界

B0124742 2323722

砂漠でデューンたちはヨルムンガンドという大ミミズの魔物に襲われる。

kiyokiyo23
kiyokiyo23
@kiyokiyo23

Related Articles関連記事

Sa・Ga2 秘宝伝説(Final Fantasy Legend II)のネタバレ解説まとめ

『Sa・Ga2 秘宝伝説』とは、1990年12月14日に現:スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ(GB)用ソフト。サガシリーズの第2作目。 基本的なシステムは前作『魔界塔士Sa・Ga』を踏襲しているが、さらに遊びやすくなるようシステムに変更や追加がなされている。 古の神々の遺産「秘宝」は手に入れるとすばらしい力が得られるという。主人公は、その「秘宝」を追って行方不明になった父親を探して、仲間たちと共に旅に出る。

Read Article

サガ フロンティア(サガフロ、SaGa Frontier)のネタバレ解説まとめ

『サガ フロンティア』とは、現:スクウェア・エニックスが1997年7月11日に発売したプレイステーション用ソフトで、ジャンルはRPG。サガシリーズの7作目にあたる。主人公は7人の中から1人を選び、それぞれ違ったストーリーが展開する。今作ではこれまでのファンタジー路線に加えSF要素も盛り込まれている。また今作より「連携」システムが搭載された。多数の小世界「リージョン」を舞台に、7人の主人公たちがそれぞれの物語を紡いでいく。

Read Article

ロマンシング サ・ガ2(ロマサガ2、Romancing SaGa 2)のネタバレ解説まとめ

『ロマンシング サ・ガ2』とは、スクエア(当時)が開発したSFC用のRPGである。特徴は、決まった流れを追うのではなく、フリーシナリオを採用している点と、レベルに関係なく技を習得する閃きシステムが挙げられる。プレイヤーはバレンヌ帝国の皇帝となり、かつて世界を救った「七英雄」と対峙していくこととなる。その戦いは世代を超えて続き紡がれる。

Read Article

サガ フロンティア2(サガフロ2、SaGa Frontier 2)のネタバレ解説まとめ

『サガフロンティア2』とは、現スクウェア・エニックスが1999年に発売したプレイステーション用ソフト。ジャンルはRPG。サガシリーズとしては8作目、『サガフロンティア』シリーズでは2作目に当たる。 シリーズの特徴であるフリーシナリオは、今作では年代順にシナリオを追っていく「ヒストリーチョイス」システムとして採用されている。術が一般化している世界を舞台に、術が使えないギュスターヴ13世と時代の影で起こる災いに立ち向かうウィリアム・ナイツとその一族を主人公に、約100年に及ぶ物語が描かれる。

Read Article

ロマンシング サ・ガ(ロマサガ1、Romancing SaGa)のネタバレ解説まとめ

『ロマンシング サ・ガ』とは、1992年1月28日に現スクウェア・エニックスから発売されたスーパーファミコン(SFC)用ロールプレイングゲーム(RPG)。 ゲームボーイ用ソフト『Sa・Ga』シリーズのスタッフが新たに手掛けた意欲作。最大の売りは、当時まだ珍しかった自由度の高い「フリーシナリオシステム」を採用したこと。それぞれ異なる事情を抱えた8人の主人公から1人を選んで自由に世界を冒険するうち、伝説の邪神と戦うこととなる。

Read Article

魔界塔士 Sa・Ga(The Final Fantasy Legend)のネタバレ解説まとめ

『魔界塔士Sa・Ga』とは、1989年12月15日に現・スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ(GB)専用ソフト。ジャンルは当時、携帯機のGBでは不可能といわれた初のRPGで、当社初のミリオンソフトとなった。 サガシリーズの記念すべき第1作目。経験値やレベルの概念がなく、キャラクターの種別によって成長方法が異なるという斬新なシステムで注目された。舞台は1本の塔によって結ばれた4つの世界。その塔の頂上には楽園があるという。その楽園を求めて主人公は塔への冒険に旅立つ。

Read Article

ロマンシング サ・ガ3(ロマサガ3、Romancing SaGa 3)のネタバレ解説まとめ

『ロマンシング サ・ガ3』とは、1995年に現スクウェア・エニックスより発売されたスーパーファミコン用ロールプレイングゲームソフト。サガシリーズの6作目にあたり、ロマサガシリーズの3作目にしてシリーズの集大成との呼び声も高い。シリーズの特徴であるフリーシナリオの他、ミニゲームも充実。グラフィックや演出、音楽などの点で特に評価が高い。8人の主人公から1人を選び、「死食」がもたらす数々の謎を解き明かす冒険の旅に出る。

Read Article

目次 - Contents