ロマンシング サ・ガ3(ロマサガ3)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロマンシング サ・ガ3』とは、1995年に現スクウェア・エニックスより発売されたスーパーファミコン用ロールプレイングゲームソフト。サガシリーズの6作目にあたり、ロマサガシリーズの3作目にしてシリーズの集大成との呼び声も高い。シリーズの特徴であるフリーシナリオの他、ミニゲームも充実。グラフィックや演出、音楽などの点で特に評価が高い。8人の主人公から1人を選び、「死食」がもたらす数々の謎を解き明かす冒険の旅に出る。

黄京

屋根の上でゲートを守るアビスナーガと戦う。

魔王に最後まで抵抗した地域で、聖王が復興を諦めたが、住民たちの力で復興した地域。
そのため独自の文化が発達している東方の首都。
現在は幼いミカドの政治をツァオガオが代わりに行っている。
ミカドの住む城の中央部に5番目のアビスゲートがある。

その他

見せ物小屋

「グレイト・フェイク・ショー」と呼ばれる、妖精を助けるイベントで登場する見世物小屋で、様々な町にランダムに現れる。

『ロマンシング サ・ガ3』のあらすじ・ストーリー

プロローグ

「死食」、それは300年に一度 死の星が太陽をおおい隠す事象。
「死食」は、その年に生まれたすべての新しい生命を死滅させる。
人も獣も草花もモンスターでさえも例外なく、その滅びの運命を逃れることは出来ない。

だがある時、1人の赤ん坊が生き残った。
成長した赤子は、死の定めに魅入られ、「魔王」となった。
魔王は邪悪な者どもを使役して世界を混沌に陥れた。

魔王はこの世界だけでは飽き足らず、異世界であるアビスへのゲートを開き、アビスの有力な魔物たちである「四魔貴族」たちをも支配した。
ところがある日、魔王は突然いずこかへ消えた。
魔王が消えた後、世界はアビスからきた四魔貴族に支配された。

それからまた300年後。
またも死食は世界を襲い、1人の赤ん坊を残した。
その子は死の魅惑に耐えながら成長し、死の定めを退けて「聖王」となった。
聖王は、多くの仲間に支えられ、300年間世界を支配していた四魔貴族をアビスへと追い返し、アビスゲートを閉ざした。
世界は聖王の元、平和を取り戻した。

それから再び300年後。
やはり死食は世界を襲った。
世界中の人々は、生き残った赤子の出現を待った。
その赤子が魔王になるか聖王になるか、アビスの魔物たちも、世界の人々も、不安と期待を持って見守っていた。

物語はその死食から15年後が舞台となる。

オープニング

物語の出発点となる「ロアーヌ侯国」。
ミカエルは亡き父の後を継ぎ、ロアーヌ侯爵となってこの地を治めることとなった。
ミカエルが地方の宿営地へ出かけている時、ミカエルの妹・モニカと、その侍女カタリナは、ミカエルの部下・ゴドウィンによるロアーヌ内乱計画を知る。
モニカはカタリナに城を任せ、自分はゴドウィン反乱の報せをミカエルに知らせるべく馬を走らせる。
しかし、強行軍がたたり、馬が途中で走らなくなってしまい、仕方がなくモニカは近くの開拓村シノンへ助けを求める。

シノンの若者、ユリアン・エレン・サラ・トーマスは村周辺の夜の見回りから戻り、酒場で休んでいた。
そこへ、モニカが馬を貸してほしい、とやってきた。

酒場に偶然居合わせた男・ハリードはモニカの素性を見抜き、ユリアンたちに関わり合いにならない方がいい、と助言する。
だが、正義感の強いユリアンは、シノン村の地域を統治し、モンスターを討伐してくれるロアーヌ侯への恩義のためにも、モニカを助けると言う。

とにかく急いでいるというモニカの慌てた様子からロアーヌで政変が起きていると推測したハリードは、政変が起きればミカエルが失脚し、モニカを助けたところで一文の得にもならない、と言う。
ハリードは、ミカエルが失脚すれば今の身分を失い、妹を助けたところでろくに報奨金も出せないだろうと考えたのだろう。
その一連のやり取りを見ていた酒場のマスターが、金はないが馬ならあるから、それでモニカを助けてほしい、と願い出る。
ハリードは、それならとモニカを助けることに賛同する。
ユリアンの他、エレン・サラ・トーマスもモニカを助けることに賛同する。

酒場のマスターは、ハリードの腰に下げている曲刀を見て、「あんたあの有名なトルネードか」と驚く。
ハリードは有名な凄腕の剣士で、流浪の傭兵であり、たまたまシノンに立ち寄っていたのだ。
ともかく、ユリアン・エレン・サラ・トーマス、それにハリードはモニカを護衛することになった。

ユリアンたちは、道中、魔物ガルダウイングに襲われるも退け、なんとかモニカをミカエルの元に送り届けた。
モニカから事情を聞いたミカエルは、ゴドウィン討伐の軍を動かすことにした。
ミカエルは傭兵のハリードを雇って討伐軍に加え、ユリアンたちシノンの4人組には引き続きモニカの護衛を頼んだ。
ユリアンたちはミカエルの命でゴドウィンとの戦いが終わるまでモニカをポドールイのレオニード伯爵に保護してもらうため、彼女を護衛して送り届けることになった。

ユリアンたち4人は無事にモニカをポドールイまで送り届けた。ミカエルも、ハリードと、モニカの侍女・カタリナの助力を得てゴドウィンの反乱を鎮圧した。
ゴドウィンの背後には彼を操る魔物がいた。
ミカエルたちはその魔物を倒し、ロアーヌは平和を取り戻した。

これ以降は、ユリアン・エレン・サラ・トーマス・ハリード・モニカ・ミカエル・カタリナ(後述)の8人の主人公たちが、それぞれの道をたどることとなる。

ユリアン編

最初はエレンを口説くユリアンだが、モニカが現れるとモニカに惚れてしまう。

ユリアンは、モニカを無事に護衛した腕を買われ、ミカエルから新しく結成される、モニカ護衛のための親衛隊「プリンセスガード」への入隊の誘いを受ける。
これを受けるも断るもプレイヤーの自由であるが、エンディングに影響する。
プリンセスガードを引き受けると、この後、モニカが何者かにさらわれる事件が発生する。
モニカを探して聞き込みをするうち、ユリアンはあやしい洞窟をつきとめる。
ユリアンはその洞窟へ行き、モニカを発見する。犯人は反乱を起こしたゴドウィンだった。
ゴドウィンはミカエルに復讐しようと企んでいたのだ。
ユリアンに敗れモニカを奪い返されたゴドウィンは、苦し紛れに洞窟を落盤させ、ユリアンとモニカを亡き者にしようとした。
ユリアンたちは無事に脱出したが、ゴドウィンは落盤に巻き込まれそのまま生死不明となった。

モニカを連れてロアーヌ城へ戻ると、モニカに嫁入りの話が来ているとミカエルから聞かされるユリアン。
ここでミカエルと話すか、モニカと話すかでストーリーが分岐する。

ミカエルに話すと、モニカはツヴァイク公の子息に嫁ぐことになり、ユリアンはその道中の護衛を命じられる。
ツヴァイクまでは船で行くユリアンとモニカ。
だが途中モンスターに襲われ、船は難破し、海へ飛び降りた2人だったが、ユリアンだけがツヴァイクへたどり着き、モニカは消息不明になってしまう。ユリアンはモニカを探して各国を旅することになる。

モニカに話すと、ユリアンは、一緒に駆け落ちしようとモニカに誘われる。
モニカと駆け落ちすると、2人は自動的にミュルスに移動する。
駆け落ちしない場合は、ツヴァイクへ向かうこととなる。

エンディング

モニカがパーティにいる、またはプリンセスガードに入隊し駆け落ちしていない場合
ミカエルから爵位をもらい、モニカと一緒になる。

エレンがパーティにいる場合
ユリアンは王宮生活が自分に「やっぱり向いてない」と言ってロアーヌ王宮を去り、シノンに戻ってエレンやサラと会う。

モニカ、エレンがパーティにいない場合
上記と同様にユリアンが「やっぱり向いてない」と言ってロアーヌ王宮を去る。

ミカエル編

ミカエルはロアーヌの地方でモンスター討伐の遠征中であった。
その宿営地にモニカがゴドウィンによる反乱を伝えるため、仲間とともにやってきた。
モニカから事情を聞いたミカエルは軍を整え、ロアーヌ平原でゴドウィン軍と戦い、これを打ち破る。
ゴドウィンはモンスターと手を結び、ミカエルに対し反乱を起こしてロアーヌ城を奪ったのだったが、ミカエル軍と戦っている間に、モンスターにロアーヌ城を奪われてしまう。
ゴドウィン軍を打ち破った後、ミカエルは傭兵として雇っていたハリードを伴い、ロアーヌ城を目指す。
ミカエルたちはモンスターに乗っ取られたロアーヌ城に乗り込み、城内の玉座の間近くまでモンスターを蹴散らしながら進み、城内にいたモニカの侍女・カタリナと合流する。
ミカエルたちは、玉座の間に現れたモンスターのボスを倒し、城を取り戻す。
これ以降、ミカエルはモンスター討伐や国政に力を入れていくことになる。
だが、アビスゲートが開きかけていることを知ると、王宮を影武者に任せ、アビスゲートを閉じるため、各地へ赴く。

エンディング

kiyokiyo23
kiyokiyo23
@kiyokiyo23

Related Articles関連記事

ロマンシング サ・ガ(ロマサガ1)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロマンシング サ・ガ』とは、1992年1月28日に現スクウェア・エニックスから発売されたスーパーファミコン(SFC)用ロールプレイングゲーム(RPG)。 ゲームボーイ用ソフト『Sa・Ga』シリーズのスタッフが新たに手掛けた意欲作。最大の売りは、当時まだ珍しかった自由度の高い「フリーシナリオシステム」を採用したこと。それぞれ異なる事情を抱えた8人の主人公から1人を選んで自由に世界を冒険するうち、伝説の邪神と戦うこととなる。

Read Article

ロマンシング サ・ガ2(ロマサガ2)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロマンシング サ・ガ2』とは、スクエア(当時)が開発したSFC用のRPGである。特徴は、決まった流れを追うのではなく、フリーシナリオを採用している点と、レベルに関係なく技を習得する閃きシステムが挙げられる。プレイヤーはバレンヌ帝国の皇帝となり、かつて世界を救った「七英雄」と対峙していくこととなる。その戦いは世代を超えて続き紡がれる。

Read Article

サガ フロンティア(SaGa Frontier)のネタバレ解説・考察まとめ

『サガ フロンティア』とは、現:スクウェア・エニックスが1997年7月11日に発売したプレイステーション用ソフトで、ジャンルはRPG。サガシリーズの7作目にあたる。主人公は7人の中から1人を選び、それぞれ違ったストーリーが展開する。今作ではこれまでのファンタジー路線に加えSF要素も盛り込まれている。また今作より「連携」システムが搭載された。多数の小世界「リージョン」を舞台に、7人の主人公たちがそれぞれの物語を紡いでいく。

Read Article

サガ フロンティア2(SaGa Frontier 2)のネタバレ解説・考察まとめ

『サガフロンティア2』とは、現スクウェア・エニックスが1999年に発売したプレイステーション用ソフト。ジャンルはRPG。サガシリーズとしては8作目、『サガフロンティア』シリーズでは2作目に当たる。 シリーズの特徴であるフリーシナリオは、今作では年代順にシナリオを追っていく「ヒストリーチョイス」システムとして採用されている。術が一般化している世界を舞台に、術が使えないギュスターヴ13世と時代の影で起こる災いに立ち向かうウィリアム・ナイツとその一族を主人公に、約100年に及ぶ物語が描かれる。

Read Article

Sa・Ga2 秘宝伝説(Final Fantasy Legend II)のネタバレ解説・考察まとめ

『Sa・Ga2 秘宝伝説』とは、1990年12月14日に現:スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ(GB)用ソフト。サガシリーズの第2作目。 基本的なシステムは前作『魔界塔士Sa・Ga』を踏襲しているが、さらに遊びやすくなるようシステムに変更や追加がなされている。 古の神々の遺産「秘宝」は手に入れるとすばらしい力が得られるという。主人公は、その「秘宝」を追って行方不明になった父親を探して、仲間たちと共に旅に出る。

Read Article

時空の覇者 Sa・Ga3(Final Fantasy Legend III)のネタバレ解説・考察まとめ

『時空の覇者 Sa・Ga3』とは、1991年12月13日に現:スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ専用ソフト。サガシリーズの完結編。今作がGB最後の作品となった。システムは前2作とは異なり、経験値でレベルアップするというオーソドックスなものに変更され、武器や魔法の使用回数制限も撤廃された。滅びの未来を変えるため過去へ送られた3人の若者たちが、仲間と共に時空を超えて異次元の神と戦う物語。

Read Article

魔界塔士 Sa・Ga(The Final Fantasy Legend)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔界塔士Sa・Ga』とは、1989年12月15日に現・スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ(GB)専用ソフト。ジャンルは当時、携帯機のGBでは不可能といわれた初のRPGで、当社初のミリオンソフトとなった。 サガシリーズの記念すべき第1作目。経験値やレベルの概念がなく、キャラクターの種別によって成長方法が異なるという斬新なシステムで注目された。舞台は1本の塔によって結ばれた4つの世界。その塔の頂上には楽園があるという。その楽園を求めて主人公は塔への冒険に旅立つ。

Read Article

ロマンシング サガ リ・ユニバース(ロマサガRS)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロマンシング サガ リ・ユニバース』とは、スクエアエニックスとAkatsukiが共同開発しリリースされた、iOS・android用スマホオンラインRPGである。 新しい命の全てを奪う『死食』復活に画策する魔王を阻み世界に平和をもたらすため、新8英雄(ポルカ、リズ、ゼノン、ヴァルドー、妖精ブラウニー、シン・ドゥ、マドレーン、イーヴリン)が集結。 閃きシステムによる育成の大変さはあるが、愛着を持って一つのスタイルを育てたり、戦術を練って戦いに挑めるところが最大の魅力だ。

Read Article

目次 - Contents