ロマンシング サ・ガ3(ロマサガ3)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロマンシング サ・ガ3』とは、1995年に現スクウェア・エニックスより発売されたスーパーファミコン用ロールプレイングゲームソフト。サガシリーズの6作目にあたり、ロマサガシリーズの3作目にしてシリーズの集大成との呼び声も高い。シリーズの特徴であるフリーシナリオの他、ミニゲームも充実。グラフィックや演出、音楽などの点で特に評価が高い。8人の主人公から1人を選び、「死食」がもたらす数々の謎を解き明かす冒険の旅に出る。

国威191以下で、国威状態が普通・充実 の場合
政治がおろそかになったと発言し、さらに頑張る。

国威192~239で、国威状態が充実・強大の場合
ロアーヌ公爵になる。

国威240以上で、国威状態が強大・最高の場合
ロアーヌ王になる。

エレン編

エレンはシノンにいた時、ユリアンに口説かれていて、ユリアンには友情以上のものを感じないと断ったものの、やはり気になる様子。
エレンはユリアンがモニカのプリンセスガードになると、不機嫌になる。

シノンに戻ったエレンは、ユリアンや、過保護すぎるほどに世話を焼いていた妹・サラがトーマスと共に自分の元を去っていったため、1人ぼっちになってしまう。
そんな寂しさをまぎらすため、エレンは旅に出る。
シノンの酒場ではハリードが仲間になる。
ユリアンがプリンセスガードの入隊を断った場合は、ロアーヌ城へ行くと「一緒に連れて行ってくれ」とエレンに頼んできて仲間になる。

エンディング

ユリアンがパーティにいない場合
サラと2人でこれまでの仲間に会いに行く。

ユリアンがパーティにいる場合
シノンにユリアンが帰ってくる。

サラ編

サラは少年と運命の出会いをする。彼とサラは宿命の子だった。

姉エレンの後をついて回るような、消極的な性格のサラ。
しかし姉から自立しようと決心したサラは、シノンに戻ってからトーマスと一緒にピドナに行く。
選択肢によってはハリードも同行する。

トーマスが仲間の場合はピドナ、ハリードが仲間の場合はツヴァイクへ向かう。
サラは各地の酒場で1人の少年と出会う。
彼は東方からやってきたという。
本名も不明で、身よりもなく各地を放浪しており、心を閉ざし他人を遠ざけていた。
だが、サラと出会ったことで、彼は少しずつ心を開いていき、仲間になる。
しかし、旅を続けていくうち、アビスゲートが開き、「四魔貴族」の幻影と戦うことになり、アビスの深淵をのぞいた時、自分と少年が「宿命の子」であることを悟る。

エンディング

エレン、ユリアンがパーティにいない場合
エレンと別れて1人で仲間たちに会いに行く。

エレンがパーティにいる場合
エレンと2人で仲間たちに会いに行く。

エレン、ユリアンがパーティにいる場合
シノンにユリアンが帰ってくる。

トーマス編

トーマスは、ユリアンたちと共に、モニカを助けたことで、ミカエルから恩賞として2000オーラムをもらう。

トーマスはシノン一の豪農・ベント家の生まれで、本家はメッサーナ王国の首都ピドナにある。
ベント家は元はメッサーナ王国の名族であり、クラウディウス家に縁のある家柄だという。
トーマスは祖父から本家のあるピドナへ行くように言われたため、ハリードやユリアンと別れの挨拶を交わす。
この時、先にサラと話すとサラが仲間になり、エレンとは喧嘩別れしてしまう。
先にエレンと話せば、サラとエレン2人とも仲間になる。

ピドナについたトーマスは、はとこの家に行く。
ピドナの名家クラウディウス家の元令嬢のミューズがスラム街に隠れ住んでいるというので、ミューズの家を訪ねる。
トーマスが主人公もしくは仲間にいれば、会社経営のミニゲームを行える。

エンディング

トレードイベントを全てクリアした場合
会社を人に任せて旅に出る。

トレードイベントを終わらせていない場合
シノンに戻り、祖父の後を継ぐ。

モニカ編

ロアーヌ城にもどったモニカは、ミカエルに外出許可をもらって気晴らしに出かけた。
そこへモンスターが来襲し、モニカは攫われてしまう。
気付くと洞窟の中にいたモニカ。
出口をさがして歩いていると、洞窟内を放浪している吟遊詩人に出会い、話しかけると仲間になってくれて、一緒に出口を探すこととなる。
洞窟の南にいくと、ゴドウィンがいた。
ゴドウィンは、反乱計画を邪魔したミカエルへの復讐のために、彼の妹のモニカを攫ったのだった。
ゴドウィンは悪鬼を呼び出してモニカたちを襲わせる。
そこへ、モニカを探してやってきたユリアンが現れ、モニカに加勢する。
悪鬼を倒したモニカたちは、ゴドウィンを追い詰める。だが、ゴドウィンは洞窟に落盤の罠を仕掛けており、洞窟が崩れ落ちてきた。
モニカたちは、なんとか洞窟から脱出できたが、ゴドウィンは落盤に巻き込まれ生死不明となった。
洞窟の外で詩人と別れ、ロアーヌ城へ戻ったモニカは、ミカエルから、ツヴァイク公が来ていると聞く。
ツヴァイク公は、自分の息子とモニカを結婚させたいという申し入れをしてきた。

ここでユリアンと話すか、ミカエルと話すかの選択になる。
ユリアンと話すと、モニカはユリアンと駆け落ちしてミュルスへ向かうことになる。

ミカエルと話すと、モニカはツヴァイクへ輿入れすることになる。
ユリアンを護衛に、船でツヴァイクを目指すモニカだったが、途中でモンスターに襲われ、船が難破し、モニカとユリアンは海へ飛び込む。
モニカはファルスへ流れ着き、ユリアンは消息不明となってしまう。
そこからモニカの1人旅が始まり、ユリアンを探しながら各地で仲間を集めて冒険に出る。

エンディング

kiyokiyo23
kiyokiyo23
@kiyokiyo23

Related Articles関連記事

ロマンシング サ・ガ(ロマサガ1)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロマンシング サ・ガ』とは、1992年1月28日に現スクウェア・エニックスから発売されたスーパーファミコン(SFC)用ロールプレイングゲーム(RPG)。 ゲームボーイ用ソフト『Sa・Ga』シリーズのスタッフが新たに手掛けた意欲作。最大の売りは、当時まだ珍しかった自由度の高い「フリーシナリオシステム」を採用したこと。それぞれ異なる事情を抱えた8人の主人公から1人を選んで自由に世界を冒険するうち、伝説の邪神と戦うこととなる。

Read Article

ロマンシング サ・ガ2(ロマサガ2)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロマンシング サ・ガ2』とは、スクエア(当時)が開発したSFC用のRPGである。特徴は、決まった流れを追うのではなく、フリーシナリオを採用している点と、レベルに関係なく技を習得する閃きシステムが挙げられる。プレイヤーはバレンヌ帝国の皇帝となり、かつて世界を救った「七英雄」と対峙していくこととなる。その戦いは世代を超えて続き紡がれる。

Read Article

サガ フロンティア(SaGa Frontier)のネタバレ解説・考察まとめ

『サガ フロンティア』とは、現:スクウェア・エニックスが1997年7月11日に発売したプレイステーション用ソフトで、ジャンルはRPG。サガシリーズの7作目にあたる。主人公は7人の中から1人を選び、それぞれ違ったストーリーが展開する。今作ではこれまでのファンタジー路線に加えSF要素も盛り込まれている。また今作より「連携」システムが搭載された。多数の小世界「リージョン」を舞台に、7人の主人公たちがそれぞれの物語を紡いでいく。

Read Article

サガ フロンティア2(SaGa Frontier 2)のネタバレ解説・考察まとめ

『サガフロンティア2』とは、現スクウェア・エニックスが1999年に発売したプレイステーション用ソフト。ジャンルはRPG。サガシリーズとしては8作目、『サガフロンティア』シリーズでは2作目に当たる。 シリーズの特徴であるフリーシナリオは、今作では年代順にシナリオを追っていく「ヒストリーチョイス」システムとして採用されている。術が一般化している世界を舞台に、術が使えないギュスターヴ13世と時代の影で起こる災いに立ち向かうウィリアム・ナイツとその一族を主人公に、約100年に及ぶ物語が描かれる。

Read Article

Sa・Ga2 秘宝伝説(Final Fantasy Legend II)のネタバレ解説・考察まとめ

『Sa・Ga2 秘宝伝説』とは、1990年12月14日に現:スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ(GB)用ソフト。サガシリーズの第2作目。 基本的なシステムは前作『魔界塔士Sa・Ga』を踏襲しているが、さらに遊びやすくなるようシステムに変更や追加がなされている。 古の神々の遺産「秘宝」は手に入れるとすばらしい力が得られるという。主人公は、その「秘宝」を追って行方不明になった父親を探して、仲間たちと共に旅に出る。

Read Article

時空の覇者 Sa・Ga3(Final Fantasy Legend III)のネタバレ解説・考察まとめ

『時空の覇者 Sa・Ga3』とは、1991年12月13日に現:スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ専用ソフト。サガシリーズの完結編。今作がGB最後の作品となった。システムは前2作とは異なり、経験値でレベルアップするというオーソドックスなものに変更され、武器や魔法の使用回数制限も撤廃された。滅びの未来を変えるため過去へ送られた3人の若者たちが、仲間と共に時空を超えて異次元の神と戦う物語。

Read Article

魔界塔士 Sa・Ga(The Final Fantasy Legend)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔界塔士Sa・Ga』とは、1989年12月15日に現・スクウェア・エニックスから発売されたゲームボーイ(GB)専用ソフト。ジャンルは当時、携帯機のGBでは不可能といわれた初のRPGで、当社初のミリオンソフトとなった。 サガシリーズの記念すべき第1作目。経験値やレベルの概念がなく、キャラクターの種別によって成長方法が異なるという斬新なシステムで注目された。舞台は1本の塔によって結ばれた4つの世界。その塔の頂上には楽園があるという。その楽園を求めて主人公は塔への冒険に旅立つ。

Read Article

ロマンシング サガ リ・ユニバース(ロマサガRS)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロマンシング サガ リ・ユニバース』とは、スクエアエニックスとAkatsukiが共同開発しリリースされた、iOS・android用スマホオンラインRPGである。 新しい命の全てを奪う『死食』復活に画策する魔王を阻み世界に平和をもたらすため、新8英雄(ポルカ、リズ、ゼノン、ヴァルドー、妖精ブラウニー、シン・ドゥ、マドレーン、イーヴリン)が集結。 閃きシステムによる育成の大変さはあるが、愛着を持って一つのスタイルを育てたり、戦術を練って戦いに挑めるところが最大の魅力だ。

Read Article

目次 - Contents