スーパーマリオサンシャイン(Super Mario Sunshine)のネタバレ解説まとめ

スーパーマリオサンシャインとは2002年7月19日に任天堂より発売されたニンテンドーゲームキューブ専用ソフトである。南国のリゾート地である「ドルピック島」を舞台に落書き事件の濡れ衣を着せられたマリオが落書きを掃除し、島中に散らばったシャインを集めつつ、濡れ衣を着せた真犯人を探していく。新システム「ポンプ」を使い水を使ったアクションが使用できるなど自由度が大幅に上がった作品である。

『スーパーマリオサンシャイン』の概要

出典: livedoor.blogimg.jp

『スーパーマリオサンシャイン』とは、2002年7月19日に任天堂から発売されたニンテンドーゲームキューブ専用ソフトである。前作のNINTENDO64専用ソフト「スーパーマリオ64」の続編であり、前作同様、箱庭のステージを自由に探索し隠された「シャイン」を探し出して手に入れることがゲームの目的となる。
従来のマリオシリーズのキノコ王国とは違い、南国のリゾート地「ドルピック島」が舞台に謎の落書き事件をマリオが追っていく。

ゲームキューブの性能を生かした緻密な水の描写が特徴で、リゾート地が舞台ということもあり水の都のような街や港町、砂浜と海など非常に美しい景色で冒険ができる。
前作のスーパーマリオ64と同様にジャンプやヒップドロップのアクションもある。そして新たに「ポンプ」がアイテムとして登場する。ポンプを活用した水アクションが非常に重要となる。
普通にエンディングを見るだけならば難易度はあまり高くないが、シャインを120枚集めてパーフェクトクリアを目指すとなると非常に難易度は高くなる。
「スーパーマリオシリーズ」で長年音楽を担当してきた「近藤浩治(こんどうこうじ)」氏がメインコンポーザーとして携わった最後の作品である。

『スーパーマリオサンシャイン』のあらすじ・ストーリー

南国の島ドルピック島

前作のスーパーマリオ64後の話で「マリオ」が「ピーチ姫」と執事の「キノじい」達と共に南国の島ドルピック島にバカンスで訪れるところから始まる。

ドルピック島は「モンテ族」や「マーレ族」が住む南国のリゾート地であり「ドルピックタウン」という町を中心に別荘地、港町、遊園地、海水浴場、入り江、ホテルなどがある。島ではドリアンやバナナなどのフルーツも採れる。また、ドルピックタウンのそばには火山もあり、島全体は太陽の光が差し込む温暖な気候であった。

謎の落書き事件と光の象徴「シャイン」

ドルピック島に王族専用の飛行機でやってきたマリオ達。ドルピック島の空港に着陸しようとしたが、滑走路に謎の落書きがされ、滑走路の中心が陥没してしまっていたため、着陸時に事故をおこしかける。なんとか着陸し無事島に上陸できたマリオ達は落書きについて調べ、その周りにいたドルピックタウン島の住人「モンテ族」やピーチ姫のお供として来ている「キノピオ」から話を聞いたりした。モンテ族の話によると「最近ドルピック島のあちこちで同じような落書きがされている」と聞き、落書きについて調べていたキノピオからは「落書きが動いているように見える」と聞いた。
落書きを何とかする方法はないかとあたりを調べていると謎の機械を見つける。マリオが機械に近づくと自動的に動き出し、マリオを所有者として勝手に認識したのである。その機械は「ポンプ」と名乗り、オ・ヤマー社が開発したものであるとポンプは言った。強制的に所持者として登録され、マリオはポンプを入手した。
そして、ポンプの力で滑走路の落書きに放水すると落書きが巨大化し化物へと変化した。落書きには不思議な絵の具の力があったのだ。何とかポンプを駆使し落書きの化物を倒すと、滑走路はもとに戻り「シャイン」が出現した。
「シャイン」は島の光の象徴であり沢山集まっていたが、島中で落書き事件が発生し、島が汚れたことによりシャインが逃げてしまったのである。その結果、島全体が薄暗くなってしまったのだった。

濡れ衣を着せられたマリオ

空港での事件解決後、マリオはドルピック警察によって逮捕されてしまう。なぜなら、マリオにそっくりな人が落書きをしていたとの目撃情報が多数あり、島で指名手配されていたのである。マリオ自身は何もしていないのだが、目撃情報により誤認逮捕され、裁判にかけられることになった。裁判ではピーチ姫による異議もあったが却下され有罪となり「島中の掃除をして島が元のきれいな状態に戻らない限り島からは出てはいけない」と言い渡されてしまった。
マリオは島中をきれいにしてシャインを探し出し島を元の明るいきれいな島に戻すことを約束し、濡れ衣を晴らすことになった。

ニセマリオ登場

まず、最初の仕事としてドルピックタウン内にある大王像の広場をきれいにすることになった。ポンプを使い広場をきれいにすると落書きによって消されていた大王像が復活する。すると、その大王像の頭の上にもう1人のマリオ「ニセマリオ」が立っていた。
ニセマリオはマリオのような軽快な動きで大王像から飛び降りそのままピーチ姫をさらおうとする。マリオのポンプによる水放射攻撃で阻止したが、ニセマリオは大王像の台座に「M」のマークを描き、その中へ消えてしまったのである。
マリオもその後を追い「M」のマークへ触れる。すると、その先はドルピック島の山の中にある別荘地「ビアンコヒルズ」に通じていたのだった。

新たな「M」のマーク

出典: www.nintendo.co.jp

ビアンコヒルズでは少しづつ事件を解決しシャインを集めていたが、ニセマリオを捕まえることはできなかった。
そんな時、ドルピックタウンに新たなドロドロの汚れが発生する。そのドロドロはドルピックタウンの「ボートハウス」と「灯台」があった場所に発生し、2つの建物を消してしまっていた。
マリオはドロドロを放水で落としながら、元凶となっていた敵を倒すと2つの建物は復活した。そして、それぞれの建物にはまた、「M」のマークが描かれていた。「M」のマークは、港町「リコハーバー」、美しい砂浜が広がる「マンマビーチ」へとそれぞれ繋がっていたのである。

ピーチ姫がさらわれる

ゲーム中盤(大体「マンマビーチ」までのシャインを一通り集めたぐらい)でニセマリオが再びドルピックタウンに登場し、ピーチ姫を見つけ、そのままさらっていってしまう。
後を追いかけるマリオだったが、ドルピックタウンの海に浮かんでいたクッパの形をした船に入りそのまま「ピンナー島」の方に逃げられてしまう。
マリオは近くにあった大砲を使いそのままピンナー島へ飛んでいくという荒業で後を追いかけたのだった。

ニセマリオの正体

出典: blogs.c.yimg.jp

ピンナ島にある遊園地「ピンナーパーク」内にある噴水広場にニセマリオを追い詰めたマリオであったが、突如、噴水広場の下から巨大ロボが姿を現した。そのロボットはクッパの姿をしていた。

クッパの姿をしたロボットを倒したマリオ。すると、中からニセマリオとピーチ姫が姿を現す。ニセマリオと対峙するマリオであったが、遂にニセマリオは正体を現す。
その正体はクッパの息子である「クッパJr.」であった。
「クッパおとうさんがいっていた。マリオピーチママをさらったわるいやつだって」というクッパJr.。マリオに化けた理由も「おとうさんがいっていた。よわいものいじめするからたたかっちゃだめだ。 あたまをつかいなさいって。 マリオろうやにとじこめるつもりだった」とピーチ姫をマリオから助け出そうとしていたのである。
そして、ピーチ姫とともにロボットの頭の部分に乗り込みそのまま「コロナマウンテン」の方へと逃げていくのだった。

コロナマウンテンでの最終決戦

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スーパーマリオギャラクシー2(Super Mario Galaxy 2)のネタバレ解説まとめ

『スーパーマリオギャラクシー2』とは、前作『スーパーマリオギャラクシー』の続編となる3Dマリオである。新たにヨッシーが登場し、敵を食べて倒し、敵の攻撃をそのまま吐き出したりするなど多彩なアクションができるようになった。前作と比べると非常に難易度が上がっているが、新たに、中間ポイントを設け復帰しやすくなり、ヒントテレビという冒険中のアクションに行き詰ったらヒントを与えてもらう機能などサポートが充実している。2010年5月27日に発売された。

Read Article

スーパーマリオブラザーズ(Super Mario Bros.)のネタバレ解説まとめ

任天堂が1985年9月13日に発売したファミリーコンピュータ用のゲームソフト。任天堂を象徴するゲームで、当時は日本で社会現象とも言われる大ブームを巻き起こした。そのブームは日本に留まらず世界中で大ヒットした。家庭用ゲーム機の認知度を上げるのにもっとも大きな成果を残した作品の一つであると言われている。略称は「スーパーマリオ」「スーマリ」「マリオ」など。

Read Article

スーパーマリオ64(Super Mario 64)のネタバレ解説まとめ

スーパーマリオ64とは1996年6月23日に発売されたNINTENDO64専用ソフトである。ピーチ姫からお城への招待状をもらいキノコ城に向かったマリオだが、城はクッパの手に落ちピーチ姫たちが絵の世界へと連れ去られた後であった。ピーチ姫を助けるためマリオは絵の世界へ入りパワースターを取り戻す冒険が始まる。後の3Dアクションゲームに大きな影響を与えた作品である。

Read Article

スーパーマリオUSA(Super Mario USA)のネタバレ解説まとめ

スーパーマリオUSAは、1992年9月14日に任天堂から発売されたファミリーコンピュータ用のゲームソフトである。日本国内ではスーパーマリオブラザーズシリーズで5番目に発売された。本作は元々、1987年に日本でディスクシステム用で発売されたゲーム「夢工場ドキドキパニック」をベースに、キャラクターをマリオ達に差し替えられて海外で制作されたものである。

Read Article

スーパーマリオギャラクシー(Super Mario Galaxy)のネタバレ解説まとめ

『スーパーマリオギャラクシー』とは、2007年11月1日に発売されたWii専用ソフトである。 さらわれたピーチ姫を救出するため、マリオは宇宙へ旅立ち、ロゼッタやチコといった新キャラと共にパワースターを集める。 宇宙が舞台だがステージ中の景色やBGMの完成度が非常に高く、多彩な仕掛けが施された惑星が数多く存在する。ゲームとしての評価が高く、多くの賞を受賞した作品である。

Read Article

ファミコンの説明書がカオス状態な件

今の若い方は知らないかもしれませんが、ゲームが開発された初期の頃にはファミリーコンピューター(通称ファミコン)主流でした。ソフトの他に箱、そして今ではゲーム内で操作説明をするために極小あるいは完全になくなってしまったものもありますが、長ったらしい説明書が付属してきました。そんなファミコンの説明書が、もちろん昔はそうではありませんでしたが、今ではカオス状態になっているのでまとめてみました。

Read Article

2015年現在のメダルゲームも意外と面白いまとめ

日本は趣味・娯楽の多様化もあって、最近じゃなかなかゲームセンターに行かない人も多いと思います。しかしながら、時代とともに進化・パワーアップしているのは、なにも周辺の技術だけではないのです。昔楽しかったアーケード、メダルゲームも日に日にグレードアップして面白くなっているのです。今回はそんな見直されるべきメダルゲームを、面白ポイントとともにまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents