世界一有名なゲームキャラクター「マリオ」はこうして生まれた

「スーパーマリオブラザーズ」は、1985年9月13日に任天堂より発売されたファミリーコンピュータ用ゲームソフト。横スクロール型のアクションゲーム。

「世界一売れたソフト」と「世界一有名なゲームキャラクター」

「スーパーマリオブラザーズ」は、日本国内で681万本以上、全世界で4024万本以上を売り上げ「世界一売れたアクションゲーム及びファミリーコンピュータ用ソフト」としてギネスブックにも登録されています。
また主人公のマリオも、「世界で最も知られているゲームキャラクター」として、その名が記録されています。

マリオ誕生

「ドンキーコング」アーケード版

マリオのデビュー作品は「ドンキーコング」のアーケードゲームですが、本来は「ポパイ」が主人公で、ブルートにさらわれたオリーブを助けに行くという、原作に忠実な内容のゲームとして、アメリカで展開する予定でした。
しかし版権の問題で使えなくなったので、宮本茂氏がオリジナルのキャラクターの描き起こしたことが、「ドンキー」「レディ」「マリオ」の誕生のきっかけとなりました。

Nintendo of America

「マリオ」と命名したのはNOA(Nintendo of America)の社員でした。この名前の由来は、当時NOAが借りていた倉庫の大家であるイタリア系アメリカ人、マリオ・セガール(Mario Seagale)が、偶然にもこのドンキーコングの主人公に似ていたことからなのだそうです。

「髭」「帽子」「オーバーオール」は必然から生まれた

マリオのトレードマークといえば「髭」「帽子」「オーバーオール」などですが、これらの特徴は「16x16ドット」という1980年代当時のコンピューターゲームの限られた情報量の中で生まれました。
宮本茂氏は、動きが多いアクションゲームの主人公キャラクターを表現するために、いかにドット数を抑えて的確に表現できるか、最大限の工夫をしました。

まずプレイヤーが愛着をもってくれるようなキャラクターにするには「顔」を描かなくてはなりません。そこでマリオに「髭」を描くことで、鼻と同時に隠れている口も表現しました。
そして「帽子」をかぶせることで、髪の毛の描写を省きました。「つば」の向きで、どちらを向いているのかもわかります。

ジャンプ中の動きがよく分かるように「白い手袋」をはめました。さらに動きをわかりやすくするために、腕と体の色も違った服を着せました。それは「オーバーオール」意外にありませんでした。ドンキーコングの舞台は建築現場だったので、彼は大工さんと呼ばれるようになりました。必然の成り行きとして、彼の職業まで決まってしまったのです。

このようにして「多くの人に愛される特徴」と、「ゲーム画面上の視認性の良さ」が両立したキャラクターが誕生しました。

マリオアニメ

マリオ→アムロ クッパ→和田アキ子 棒読み姫→山瀬まみ OPは飛ばしていいかも…20分以降特に面白いと思います。23:40→ルイージの口に注目 28:10~→スーパー独り言タイム この動画は他の方がうpした動画のロングverです。「マリオアニメ」で検索すれば元動画さんにいけます。 part2→sm1424460

EDの後にもすごいオチがあるので暇な方は最後までどうぞ。かなり昔の作品なのでそこは考慮してあげましょう。0:46のマリオの下半身に注目。この動画は他の方がうpした動画のロングverです。「マリオアニメ」で検索すれば元動画さんにいけます。マリオふりかけCM→sm60271。同じく突っ込みどころ満載アニメ「どっちもメイド」→sm1156962 「らめんちゃいにゃん」→sm227249 part1→sm1435866

syuuryou
syuuryou
@syuuryou

Related Articles関連記事

スーパーマリオブラザーズ(Super Mario Bros.)のネタバレ解説まとめ

任天堂が1985年9月13日に発売したファミリーコンピュータ用のゲームソフト。任天堂を象徴するゲームで、当時は日本で社会現象とも言われる大ブームを巻き起こした。そのブームは日本に留まらず世界中で大ヒットした。家庭用ゲーム機の認知度を上げるのにもっとも大きな成果を残した作品の一つであると言われている。略称は「スーパーマリオ」「スーマリ」「マリオ」など。

Read Article

スーパーマリオUSA(Super Mario USA)のネタバレ解説まとめ

スーパーマリオUSAは、1992年9月14日に任天堂から発売されたファミリーコンピュータ用のゲームソフトである。日本国内ではスーパーマリオブラザーズシリーズで5番目に発売された。本作は元々、1987年に日本でディスクシステム用で発売されたゲーム「夢工場ドキドキパニック」をベースに、キャラクターをマリオ達に差し替えられて海外で制作されたものである。

Read Article

スーパーマリオギャラクシー2(Super Mario Galaxy 2)のネタバレ解説まとめ

『スーパーマリオギャラクシー2』とは、前作『スーパーマリオギャラクシー』の続編となる3Dマリオである。新たにヨッシーが登場し、敵を食べて倒し、敵の攻撃をそのまま吐き出したりするなど多彩なアクションができるようになった。前作と比べると非常に難易度が上がっているが、新たに、中間ポイントを設け復帰しやすくなり、ヒントテレビという冒険中のアクションに行き詰ったらヒントを与えてもらう機能などサポートが充実している。2010年5月27日に発売された。

Read Article

スーパーマリオサンシャイン(Super Mario Sunshine)のネタバレ解説まとめ

スーパーマリオサンシャインとは2002年7月19日に任天堂より発売されたニンテンドーゲームキューブ専用ソフトである。南国のリゾート地である「ドルピック島」を舞台に落書き事件の濡れ衣を着せられたマリオが落書きを掃除し、島中に散らばったシャインを集めつつ、濡れ衣を着せた真犯人を探していく。新システム「ポンプ」を使い水を使ったアクションが使用できるなど自由度が大幅に上がった作品である。

Read Article

スーパーマリオ64(Super Mario 64)のネタバレ解説まとめ

スーパーマリオ64とは1996年6月23日に発売されたNINTENDO64専用ソフトである。ピーチ姫からお城への招待状をもらいキノコ城に向かったマリオだが、城はクッパの手に落ちピーチ姫たちが絵の世界へと連れ去られた後であった。ピーチ姫を助けるためマリオは絵の世界へ入りパワースターを取り戻す冒険が始まる。後の3Dアクションゲームに大きな影響を与えた作品である。

Read Article

スーパーマリオギャラクシー(Super Mario Galaxy)のネタバレ解説まとめ

『スーパーマリオギャラクシー』とは、2007年11月1日に発売されたWii専用ソフトである。 さらわれたピーチ姫を救出するため、マリオは宇宙へ旅立ち、ロゼッタやチコといった新キャラと共にパワースターを集める。 宇宙が舞台だがステージ中の景色やBGMの完成度が非常に高く、多彩な仕掛けが施された惑星が数多く存在する。ゲームとしての評価が高く、多くの賞を受賞した作品である。

Read Article

ファミコンの説明書がカオス状態な件

今の若い方は知らないかもしれませんが、ゲームが開発された初期の頃にはファミリーコンピューター(通称ファミコン)主流でした。ソフトの他に箱、そして今ではゲーム内で操作説明をするために極小あるいは完全になくなってしまったものもありますが、長ったらしい説明書が付属してきました。そんなファミコンの説明書が、もちろん昔はそうではありませんでしたが、今ではカオス状態になっているのでまとめてみました。

Read Article

2015年現在のメダルゲームも意外と面白いまとめ

日本は趣味・娯楽の多様化もあって、最近じゃなかなかゲームセンターに行かない人も多いと思います。しかしながら、時代とともに進化・パワーアップしているのは、なにも周辺の技術だけではないのです。昔楽しかったアーケード、メダルゲームも日に日にグレードアップして面白くなっているのです。今回はそんな見直されるべきメダルゲームを、面白ポイントとともにまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents