スーパーマリオギャラクシー2(Super Mario Galaxy 2)のネタバレ解説まとめ

『スーパーマリオギャラクシー2』とは、前作『スーパーマリオギャラクシー』の続編となる3Dマリオである。新たにヨッシーが登場し、敵を食べて倒し、敵の攻撃をそのまま吐き出したりするなど多彩なアクションができるようになった。前作と比べると非常に難易度が上がっているが、新たに、中間ポイントを設け復帰しやすくなり、ヒントテレビという冒険中のアクションに行き詰ったらヒントを与えてもらう機能などサポートが充実している。2010年5月27日に発売された。

『スーパーマリオギャラクシー2』の概要

出典: www.mariowiki.com

NINTENDO64の『スーパーマリオ64』、ニンテンドーゲームキューブの『スーパーマリオサンシャイン』、そして前作のWiiの『スーパーマリオギャラクシー』に続く、Wiiの3Dマリオシリーズ第2弾である。発売日は、Wii版が2010年5月27日、WiiUのダウンロード版は2015年1月14日に発売された。

タイトル自体は「スーパーマリオギャラクシー2」ということで、前作の「スーパーマリオギャラクシー」の続編である。
前作「スーパーマリオギャラクシー」と比較すると、「コースの難易度が全体的に高めになっている」「ストーリーが少し違う」「ギャラクシーへの侵入方法が、マップを移動し、1つのギャラクシーをクリアすることで、次に進める方式になった」など違いが多い。だが、操作方法や、ゲームの目的となるパワースター集めなど、基本的な部分は前作と共通する部分が多い。
今作では新たに、「ヨッシー」に乗ることができるようになるなど、様々な新要素も追加されている。なお、前作にて評価の高かったBGMのオーケストラ演奏も健在である。BGMには『スーパーマリオワールド』など過去のマリオシリーズのアレンジ曲も含まれている。またステージには『スーパーマリオ64』のバッタンキングの砦などの過去の3Dのマリオシリーズで登場した一部のステージが再現して含まれている。

前作にもあったアシストプレイが引き継がれており、2人で協力プレイをすることも可能。また、操作方法やゲームの目的などの説明と開発スタッフによるお手本プレイやスーパープレイなどのプレイ映像を収録されている「はじめてのスーパーマリオギャラクシー2」というDVDが付属している。DVDの付属はWiiのゲームソフトでは初めてのことである。なお、ゲーム中でも「ヒントテレビ」という看板が、ギャラクシーに存在する。これは、看板に話しかけることで、再生でき、マリオの操作方法やその場面でのヒントをムービーで流してくれる機能である。

Wiiチャンネル「みんなのニンテンドーチャンネル」内での「みんなのおすすめ」では、全年齢対象の平均評価で評価中最高の「プラチナランク」を獲得した数少ないソフトである。

『スーパーマリオギャラクシー2』のあらすじ・ストーリー

もう一つの星くずの物語

出典: www.mariowiki.com

光り輝く星くずが、キノコ王国の大地に振りそそぐ、百年に一度の季節。ピーチ姫から「お城でケーキを焼いて待ってます」というお誘いをもらったマリオ。お城へ向かう道中で、迷子になった星の子と出会い一緒にお城へと向かう。
お城に着いたマリオ達が目にしたのは、超巨大化した「クッパ」によって襲われているお城であった。クッパは「パワースター」の力で巨大化したと言い、ピーチ姫をさらってしまう。そしてそのまま宇宙へ飛んでいった。
お城の入口に居た星の子に話しかけると「スーパースターリング」に変身し、マリオは、それを使ってクッパを追いかける。

星船の船長「マリオ」

出典: www.mariowiki.com

クッパを追いかけた先は『空島ギャラクシー』であった。星の子たちの協力で、『空島ギャラクシー』を進み、パワースターを見つけた。
パワースターを拾い、そのまま進むと、小さな惑星にたどり着く。その惑星には星の子たちの親分「ルーバ」と名乗る星の子が待っていた。
この小さな惑星は、宇宙を旅する「星船」といい、その力はパワースターであった。しかし、その力となるパワースターを、クッパに残らず持っていかれてしまっていた。ルーバは「私が、この星船をアンタの宇宙船にして、さらわれた人の救出に力を貸そう」「マリオさんは船とわたしらのために、もっとパワースターを取り返してもらいたい」とマリオに取引を持ち掛ける。
その条件を飲んだマリオは、星船の船長となり、宇宙の冒険へと旅立つ。

「ガブリュウ」との死闘

出典: www.mariowiki.com

パワースターを集め、星船の行動範囲を広げていると、『クッパJr.の空飛ぶ砦ギャラクシー』を発見したマリオ。早速ギャラクシーに乗り込み、最深部を目指す。最深部にたどり着くと、待っていたのは「クッパ」の息子「クッパJr.」だった。
クッパJr.は「お父さんの力を借りるまでもねえぞ」と言い、巨大なドラゴンの敵「ガブリュウ」を呼びだした。
なんとか「ガブリュウ」を倒すと、巨大なパワースター「グランドスター」が現れる。「グランドスター」を回収し、星船に帰還すると、「グランドスター」が星船の前方に、巨大な光の穴を作り出した。
ルーバによると、「グランドスターの力で時空を超えられるよ、これで遠くの大銀河へ行けるようになる」らしい。
マリオは星船を動かし、巨大な光の穴へと突入した。

溶岩帝国での戦い

出典: www.mariowiki.com

新たな大銀河にたどり着いたマリオは、木材のギャラクシーや美しい入り江があるギャラクシーなどで、パワースターを集める。
パワースターを集めていると、クッパが持つギャラクシー『クッパの溶岩帝国』が現れる。
『クッパの溶岩帝国』に突入し、不思議な罠だらけの惑星を突破していく。最深部にある、惑星並にでかい扉に突入するマリオ。その先には、クッパが椅子に座っていた。お城を襲った時と同じサイズである、巨大クッパとの戦いが始まった。隕石を降らせてきたり、巨大な体を使ってパンチをしてきたりなど、様々な技を使う。
そんなクッパを倒すと、口からグランドスターを吐き出し、元のサイズに戻った。
クッパは「こうしている間にもワガハイの”スーパーな計画”は進んでいるのだ!」といい、逃げてしまう。
ともあれ、クッパから無事に「グランドスター」を取り戻したマリオは、星船に乗り、新たな大銀河へと旅立った。

流れ星の大銀河

出典: www.mariowiki.com

新たな大銀河にたどり着いたマリオ。そこは、美しい流れ星が大量に流れる大銀河であった。そんな大銀河には、炎を氷でできた不思議なギャラクシーや美しい空中庭園が広がるギャラクシーがあった。そんなギャラクシーでパワースターを集めていると、星船に珍しい人物が現れる。
その人物は「ルイージ」であった。「僕もパワースターを探すことにしたんだ」「僕をギャラクシーで見つけたら声をかけてね!」と言う。
そんなルイージの力もあり、3つ目の大銀河で、新たなギャラクシー『クッパJr.の戦艦の港』を発見する。ミサイルの敵「キラー」が大量に飛び交う惑星を、ヨッシーのと共に突き進むマリオ。ギャラクシーを進んでいくと、クッパJr.が姿を現す。「こうなったら僕がロボットを操縦して倒してやる!」というと、巨大なロボットが現れ、そのロボットに乗り込み戦いを挑んできた。
激戦の末、巨大ロボットを、見事に撃破したマリオ。爆発するロボットから、クッパJr.は逃げてしまうが、ロボットの中から「グランドスター」が現れる。

見事にクッパJr.の手から「グランドスター」を取り戻したマリオは、また、新たな大銀河を目指し、星船を操縦する。

ふしぎなせかい

出典: www.mariowiki.com

新たな大銀河にたどり着いたマリオは、足場のブロックや敵が巨大化したギャラクシー、敵キャラである「ワンワン」の製造工場みたいなギャラクシーなど、不思議なギャラクシーを冒険する。そして、パワースターを探して、クッパからパワースターを少しづつ取り返していく。
大銀河を進んでいくと、再びクッパの持つギャラクシー『クッパの重力帝国』を発見する。惑星にはクッパ城が建っており、城の内部は上下左右あらゆる方向に、重力が効いている。そのため、地面に立ったと思えば、壁を駆けあがり、天井に張り付いたりする。そんな異常な重力が効いたクッパ城を突き進むと、惑星並みに大きい扉が現れる。
その中へ入ると、1度クッパと戦った時に、座っていた椅子があるが、クッパの姿が見えない。チコが椅子に近づくと、再び、超巨大化したクッパが上から、降りてきた。「そろそろワガハイも本気を出さなければ!」と言うと、マリオと共に、小さな惑星へと降り立った。クッパとの再戦が始まる。
パンチで惑星全体を覆うようなビームを出すなど、新たな技を身に着けたクッパ。そんなクッパを倒すと、再び口から「グランドスター」を吐き出し、元の大きさに戻る。しかし、クッパは「ワガハイの計画は完成に近づいている!」「マリオ!!果たしてオマエに止められるか?」といい、笑いながら逃げてしまう。

不穏な空気を残しながらも、クッパの手から「グランドスター」を取り返したマリオ。星船に戻り、ルーバにクッパと戦ったことを言うと、クッパはますます力をつけているとのこと。クッパがさらに力をつける前に、追いつかないといけないことを知ると、マリオは、星船に乗り込んで、5つ目の大銀河へと旅立った。

しれんの銀河

出典: www.mariowiki.com

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スーパーマリオUSA(Super Mario USA)のネタバレ解説まとめ

スーパーマリオUSAは、1992年9月14日に任天堂から発売されたファミリーコンピュータ用のゲームソフトである。日本国内ではスーパーマリオブラザーズシリーズで5番目に発売された。本作は元々、1987年に日本でディスクシステム用で発売されたゲーム「夢工場ドキドキパニック」をベースに、キャラクターをマリオ達に差し替えられて海外で制作されたものである。

Read Article

スーパーマリオ64(Super Mario 64)のネタバレ解説まとめ

スーパーマリオ64とは1996年6月23日に発売されたNINTENDO64専用ソフトである。ピーチ姫からお城への招待状をもらいキノコ城に向かったマリオだが、城はクッパの手に落ちピーチ姫たちが絵の世界へと連れ去られた後であった。ピーチ姫を助けるためマリオは絵の世界へ入りパワースターを取り戻す冒険が始まる。後の3Dアクションゲームに大きな影響を与えた作品である。

Read Article

スーパーマリオギャラクシー(Super Mario Galaxy)のネタバレ解説まとめ

『スーパーマリオギャラクシー』とは、2007年11月1日に発売されたWii専用ソフトである。 さらわれたピーチ姫を救出するため、マリオは宇宙へ旅立ち、ロゼッタやチコといった新キャラと共にパワースターを集める。 宇宙が舞台だがステージ中の景色やBGMの完成度が非常に高く、多彩な仕掛けが施された惑星が数多く存在する。ゲームとしての評価が高く、多くの賞を受賞した作品である。

Read Article

スーパーマリオブラザーズ(Super Mario Bros.)のネタバレ解説まとめ

任天堂が1985年9月13日に発売したファミリーコンピュータ用のゲームソフト。任天堂を象徴するゲームで、当時は日本で社会現象とも言われる大ブームを巻き起こした。そのブームは日本に留まらず世界中で大ヒットした。家庭用ゲーム機の認知度を上げるのにもっとも大きな成果を残した作品の一つであると言われている。略称は「スーパーマリオ」「スーマリ」「マリオ」など。

Read Article

スーパーマリオサンシャイン(Super Mario Sunshine)のネタバレ解説まとめ

スーパーマリオサンシャインとは2002年7月19日に任天堂より発売されたニンテンドーゲームキューブ専用ソフトである。南国のリゾート地である「ドルピック島」を舞台に落書き事件の濡れ衣を着せられたマリオが落書きを掃除し、島中に散らばったシャインを集めつつ、濡れ衣を着せた真犯人を探していく。新システム「ポンプ」を使い水を使ったアクションが使用できるなど自由度が大幅に上がった作品である。

Read Article

2015年現在のメダルゲームも意外と面白いまとめ

日本は趣味・娯楽の多様化もあって、最近じゃなかなかゲームセンターに行かない人も多いと思います。しかしながら、時代とともに進化・パワーアップしているのは、なにも周辺の技術だけではないのです。昔楽しかったアーケード、メダルゲームも日に日にグレードアップして面白くなっているのです。今回はそんな見直されるべきメダルゲームを、面白ポイントとともにまとめてみました。

Read Article

ファミコンの説明書がカオス状態な件

今の若い方は知らないかもしれませんが、ゲームが開発された初期の頃にはファミリーコンピューター(通称ファミコン)主流でした。ソフトの他に箱、そして今ではゲーム内で操作説明をするために極小あるいは完全になくなってしまったものもありますが、長ったらしい説明書が付属してきました。そんなファミコンの説明書が、もちろん昔はそうではありませんでしたが、今ではカオス状態になっているのでまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents