スーパーマリオギャラクシー(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーパーマリオギャラクシー』とは、2007年11月1日に発売されたWii専用ソフトである。
さらわれたピーチ姫を救出するため、マリオは宇宙へ旅立ち、ロゼッタやチコといった新キャラと共にパワースターを集める。
宇宙が舞台だがステージ中の景色やBGMの完成度が非常に高く、多彩な仕掛けが施された惑星が数多く存在する。ゲームとしての評価が高く、多くの賞を受賞した作品である。

ベーゴマンキング

出典: www.mariowiki.com

ベーゴマン達のボスである巨大なベーゴマン。『バトルロックギャラクシー』にある、ベーゴマ型の惑星にて登場する。
ベーゴマンキングの周りにトゲが生えており、ノコギリのように回転させながら移動して、攻撃してくる。トゲベーゴマンと同様にスピンを当てて、弾き飛ばし、ベーゴマンキングと戦うステージの周りにある、電気のレールに当てるとダメージを与えられる。しかし、そのままではスピンを当てられない。ベーゴマンキングの頭部がスイッチになっており、踏むとトゲが引っ込み、逃げ回るようになる。その状態でスピンを当てると弾き飛ばせる。
ダメージを与えるたびにベーゴマンキングが取り巻きを召喚する。1回目はミニベーゴマン3体、2回目はトゲベーゴマン2体と強化されていく。
3回ダメージを与えると倒すことができる。

ポルタ

出典: www.mariowiki.com

『ファントムギャラクシー』にて登場する沢山のガレキが集まってできたお化け。正体は黒いオバケで、ガレキを集めて姿を変えただけである。
地面から石を出してマリオに投げつけたり、地面からトゲ状の岩をマリオの足元に生やしてきたりする。石を投げつけてきたとき、黒い石だった場合は、その石から「ボムテレサ」が登場する。ボムテレサを利用して、ポルタにぶつけると、ガレキがはがれていく。3回ぶつけると、正体である黒いお化けになり、ボムテレサを召喚しながら逃げ回る。ポルタの弱点である、黒いお化けの赤く光る口の部分に、ボムテレサをぶつけるとダメージが与えられる。
1回ダメージを与えると、再びガレキが集まり、元の姿に戻るが、もう一度同じ方法でダメージを与えると倒すことができる。
しかし、ガレキが集まったときに、岩の両手を作り出し、パンチ攻撃をするなど、パターンが強化されている。

モグキング

出典: www.mariowiki.com

『ウィンドーガーデンギャラクシー』にて登場するモグの大将。モグキングの近くでヒップドロップをすると、地面から飛び出すため、飛び出したときにスピンを当てると、ダメージが与えられる。最初は、マリオに気づくことなく星ウサギを追いかけているが、一度ダメージを与えるとマリオに気が付いて戦闘となる。
マリオを追いかけてきて、地面の中から頭に着いたトゲメットで体当たりしてくる。モグキングが近づいてきたら、ヒップドロップをすると再び飛び出し、マリオから逃げようとする。そのときに、スピンを当てるとさらにダメージが与えられる。
ダメージを3回与えると倒すことができる。

カチコチキング

出典: www.mariowiki.com

『アイスボルケーノギャラクシー』にある氷山に住むカチコチの王様。カチコチが巨大化し、頭に王冠をかぶっている。カチコチキングのいる足場は、少し高いところであり、さらに周りが水に囲まれている。その足場から動かずに、氷弾を発射したり、ヒップドロップで振動をおこすなどの攻撃をしてくる。カチコチキングのもとにたどり着き、スピンを当てると氷が消えて、黒い石になる。すると、逃げ回るため、そのまま体当たりするとダメージを与えられる。
3回ダメージを与えると倒すことができるが、2回ダメージを与えると、カチコチを2体召喚し、カチコチキングにダメージを与えるのを妨害する。

ウォーターバズーカ

出典: www.mariowiki.com

青い砲台にのっているモグ。『オータムウッズギャラクシー』や『ダンジョンケイブギャラクシー』などに登場する。砲台から水玉を撃ってくる。水玉自体は当たってもダメージは無いが、壁際まで吹っ飛ばされてしまう。モグのいるところまで登って、モグの真上でヒップドロップをするとダメージを与えられる。
もう一度同じ方法でダメージを与えると倒せるが、モグが怒りだし、水玉を5連射してくるようになる。

エレキバズーカ

出典: www.mariowiki.com

黄色い砲台にのっているモグ。『トイボックスギャラクシー』にて登場する。ウォーターバズーカとは違い、こちらは電撃玉を撃ち、触れるとダメージをうけてしまう。さらに、耐久値が上がっており、3回ヒップドロップをしなければ倒せない。
エレキバズーカは大きな瓶の上に砲台を構えているため、バネマリオで跳ねないと届かない高さになっている。また、2回ダメージを与えると、モグが怒りだし、一定の間隔で砲台に電気を流し、マリオが攻撃できないようにしてくる。電気が流れていないときに、ヒップドロップでダメージを与えることができる。

キングボーネ

出典: www.mariowiki.com

『スカルシャークギャラクシー』に登場する巨大な骸骨鮫。ボスと戦う惑星は、全て水没しているため、今作唯一の水中戦でのボスである。海底に沈んだ甲羅を探し出し、スピンで掴んで、キングボーネに投げることでダメージが与えられる。5回ダメージを与えると、倒すことができる。
しかし、1回ダメージを与えると、コボーネの姿をした魚雷を放つようになり、3回ダメージを与えると、一度に大量の魚雷を放つ。魚雷はキラーと同じく、マリオを見つけると追尾してくる。さらに、速度がキラーよりも早い。

耐久値が高く、水中戦なため酸素ゲージに気を配らなければならず、かわしにくい魚雷を大量に放つため、今作ではかなりの強敵である。

クッパJr.

出典: www.mariowiki.com

今作のラスボスであるクッパの息子。『テラス』『キッチン』『マシンルーム』のドーム内から観測できるギャラクシーの一番遠いギャラクシーで登場する。「メガレッグ」やペットの「オタキング」を使ってマリオを倒そうとする。また、クッパJr.自身が戦艦に乗り込んで、戦ったりもする。最初は「お父さんの力を借りるまでもない」と自信強くマリオを倒そうとするが、3回目に戦うときには「これ以上グランドスターを奪われるとお父さんにおおめだまくらっちまう」と少し弱気になったりする。
最終決戦である『クッパギャラクシープラント』では、クッパの所にたどり着くまでに戦艦の砲台から砲弾を出して攻撃してくる。

なお「スーパーマリオサンシャイン」ではピーチ姫のことを「ピーチママ」と呼んでいたが、今作からピーチ姫を呼び捨てするようになった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スーパーマリオギャラクシー2(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーパーマリオギャラクシー2』とは、前作『スーパーマリオギャラクシー』の続編となる3Dマリオである。新たにヨッシーが登場し、敵を食べて倒し、敵の攻撃をそのまま吐き出したりするなど多彩なアクションができるようになった。前作と比べると非常に難易度が上がっているが、新たに、中間ポイントを設け復帰しやすくなり、ヒントテレビという冒険中のアクションに行き詰ったらヒントを与えてもらう機能などサポートが充実している。2010年5月27日に発売された。

Read Article

スーパーマリオブラザーズ(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

任天堂が1985年9月13日に発売したファミリーコンピュータ用のゲームソフト。任天堂を象徴するゲームで、当時は日本で社会現象とも言われる大ブームを巻き起こした。そのブームは日本に留まらず世界中で大ヒットした。家庭用ゲーム機の認知度を上げるのにもっとも大きな成果を残した作品の一つであると言われている。略称は「スーパーマリオ」「スーマリ」「マリオ」など。

Read Article

スーパーマリオサンシャイン(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

スーパーマリオサンシャインとは2002年7月19日に任天堂より発売されたニンテンドーゲームキューブ専用ソフトである。南国のリゾート地である「ドルピック島」を舞台に落書き事件の濡れ衣を着せられたマリオが落書きを掃除し、島中に散らばったシャインを集めつつ、濡れ衣を着せた真犯人を探していく。新システム「ポンプ」を使い水を使ったアクションが使用できるなど自由度が大幅に上がった作品である。

Read Article

スーパーマリオUSA(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

スーパーマリオUSAは、1992年9月14日に任天堂から発売されたファミリーコンピュータ用のゲームソフトである。日本国内ではスーパーマリオブラザーズシリーズで5番目に発売された。本作は元々、1987年に日本でディスクシステム用で発売されたゲーム「夢工場ドキドキパニック」をベースに、キャラクターをマリオ達に差し替えられて海外で制作されたものである。

Read Article

スーパーマリオ64(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

スーパーマリオ64とは1996年6月23日に発売されたNINTENDO64専用ソフトである。ピーチ姫からお城への招待状をもらいキノコ城に向かったマリオだが、城はクッパの手に落ちピーチ姫たちが絵の世界へと連れ去られた後であった。ピーチ姫を助けるためマリオは絵の世界へ入りパワースターを取り戻す冒険が始まる。後の3Dアクションゲームに大きな影響を与えた作品である。

Read Article

New スーパーマリオブラザーズ Wii(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『New スーパーマリオブラザーズ Wii』とは、任天堂から発売されたWii専用テレビゲームである。2Dアクションゲームのマリオシリーズで、2006年発売の『New スーパーマリオブラザーズ』(DS用ゲームソフト)の続編だ。2Dゲームソフトとしてはスーパーマリオシリーズ『スーパーマリオワールド』発売から約19年後に新作として発売された。 このゲームのストーリーはピーチ姫の誕生日会にクッパJr.やクッパ7人衆たちにピーチ姫が連れ去られ、マリオたちが力を合わせて助け出すアドベンチャーである。

Read Article

NEW

スーパーマリオメーカー2(ゲーム)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーパーマリオメーカー2』とは、任天堂より2019年6月28日に発売されたNintendo Switch用ゲームソフト。『スーパーマリオブラザーズシリーズ』に分類される。公式名称でのゲームジャンルは「作って、遊ぶ」。CERO判定はAの全年齢対象となっている。これまでの『2Dマリオシリーズ』に登場した敵キャラやパーツを自由に配置して、様々なコースを自作することができるのが特徴。作ったコースはオンライン上にあげて、世界中のプレイヤーが遊ぶことが出来る。

Read Article

MARIO SPORTS MIX(マリオスポーツミックス)のネタバレ解説・考察まとめ

『MARIO SPORTS MIX』は2010年11月25日に任天堂が発売したWii用の全年齢対象スポーツアクションゲームソフトである。マリオシリーズに登場するキャラクターに加え、共同開発したスクウェア・エニックスの『ファイナルファンタジーシリーズ』や『ドラゴンクエストシリーズ』のキャラクターも登場する。本格スポーツゲームというよりも誰でも気軽に楽しむことができるパーティーゲームである。

Read Article

スーパーマリオカート(マリカー)のネタバレ解説・考察まとめ

『スーパーマリオカート』とは、1992年に任天堂から発売されたスーパーファミコン用のアクションレースゲーム。マリオカートシリーズの記念すべき1作目で、シリーズ内で唯一「スーパー」と付く作品。 本作は、おなじみのマリオキャラクター達がカートに乗ってレースやバトルで競い合うというシンプルなものだが、「アイテムを使って競争相手を妨害できる」という要素が斬新で、後のレースゲームに大きな影響を与えた作品とされている。

Read Article

ファミコンの説明書がカオス状態な件

今の若い方は知らないかもしれませんが、ゲームが開発された初期の頃にはファミリーコンピューター(通称ファミコン)主流でした。ソフトの他に箱、そして今ではゲーム内で操作説明をするために極小あるいは完全になくなってしまったものもありますが、長ったらしい説明書が付属してきました。そんなファミコンの説明書が、もちろん昔はそうではありませんでしたが、今ではカオス状態になっているのでまとめてみました。

Read Article

2015年現在のメダルゲームも意外と面白いまとめ

日本は趣味・娯楽の多様化もあって、最近じゃなかなかゲームセンターに行かない人も多いと思います。しかしながら、時代とともに進化・パワーアップしているのは、なにも周辺の技術だけではないのです。昔楽しかったアーケード、メダルゲームも日に日にグレードアップして面白くなっているのです。今回はそんな見直されるべきメダルゲームを、面白ポイントとともにまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents