【デッドマンズQ】ジョジョ第4部から続く吉良吉影の奇妙な人生【ジョジョリオン】

『ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない』に登場するスタンド使い・吉良吉影。杜王町に潜み、長年にわたって人の「手」を求めて殺人を繰り返していた。シリアルキラーでありながらも、人として「平穏」な人生を好む。『デッドマンズQ』や『ジョジョリオン』でも引き続き描かれ続ける吉良吉影の奇妙な人生について解説する。

『ジョジョの奇妙な冒険』とは

出典: www.google.com

4番目の「ジョジョ」を受け継ぐ少年、東方仗助(画像中央)

「ジョジョの奇妙な冒険」とは、1986年から週刊少年ジャンプにて連載されている荒木飛呂彦氏による漫画作品。
ジョースター家と、宿敵であるディオ・ブランドーの因縁、戦いを描く大長編物語である。
独特の絵柄や擬音、ホラーテイストな世界観の中に、敵との思考の読みあいや機転を利かせた逆転劇が特徴。
精神を具現化したヴィジョン「スタンド」による駆け引きも見どころで、能力バトル漫画として独自の手法を確立した。
時代ごとに主人公が変わっていくのも大きな特徴(各ストーリーのまとまりを「部」と呼ぶ)である。
吉良吉影が登場したのは「ダイヤモンドは砕けない」でシリーズの第4部にあたる。

1999年、日本のM県S市、杜王町に集う特殊な力を持つ「スタンド使い」達。主人公である高校生・東方仗助は仲間達と協力しあい、日常の中で出会う敵に立ち向かっていく。次々と巻き起こる「奇妙」な出来事は、やがて吉良吉影が起こした事件へと繋がり、仗助達はその正体を探るべく、奮闘していくこととなる。
2015年にはアニメ化。2017年は実写映画化される等、いまだなお根強い人気を誇っている。

『ジョジョの奇妙な冒険 第4部』での殺人鬼・吉良吉影とは

表の顔は、杜王町で働く平凡な男。しかし…

主人公である東方仗助と同様、吉良吉影は「第4部」の舞台となる杜王町の住人の一人である。
1966年1月30日生まれ。A型。身長175cm。体重65kg。一般的な二流大学を卒業し、デパート「カメユーチェーン」に勤務しているサラリーマン。
33歳にして独身。一言でいえば「平凡」な男であり、同僚からも「まじめで仕事はそつなくこなすが、今一つ情熱のない男」と、いわゆる「つまらない男」という印象を抱かれている。
会社でもけっして重要なポジションにはつかず、あくまで配達や使い走りをやらされたりと、パッとしない会社員という地位に甘んじている。
その姿だけを見れば、どこにでもいる一般男性である。
だが、これはあくまで、彼が持つ「表の顔」にすぎない。

正体は、町に潜む「殺人鬼」

出典: www.google.com

平凡な「表の顔」に隠された、凶悪な本性

吉良吉影が人に隠し続けている、ある秘密。
それは、彼は生まれながらにして「シリアルキラー(殺人を目的にしている犯罪者を指す)」であるということだ。
1983年、年齢にして17歳の時から実に48人もの人間を殺し続けてきた連続殺人鬼である。
女性の綺麗な「手」に異常な執着心を示し、美しい手を持つ女性を狙い、殺人を繰り返してきた。
幼少期、絵画「モナリザ」の手を見たときに勃起したことがこの嗜好の発端である。彼はその性癖から殺人に手を染め、己の欲求を満たし続けてきた。
だが、殺人を犯す中でも、本人は「平穏な暮らし」を望んでおり、人と争うということを極力嫌っている。そのため、日常生活ではけっして目立たず、世間の荒波に身をさらさないよう、静かに暮らしていたのである。
ただし、「もし戦ったとしても誰にも負けはしない」という自負も兼ね備えており、「人に舐められない生き方」も理解し、したたかに遂行するなど狡猾な一面も持ち合わせている。

殺人鬼の精神が作り出すスタンド『キラー・クイーン』

出典: www.google.com

吉良吉影が操るスタンド「キラー・クイーン」。この力を使い、彼は殺人を隠蔽し続けてきた

「ジョジョの奇妙な冒険」では、登場人物ごとに異なった能力を持つ精神のヴィジョン「スタンド」が存在するが、吉良吉影もスタンドを持つ。
スタンドの名前は「キラー・クイーン」。触れたものを「爆弾」に変える能力を持ち、どんな物体でも触りさえすれば、自由に爆破することが可能。
最初の殺人以降、吉良はこの「キラー・クイーン」を使うことで死体を消し去ってきたため、殺人事件として発覚しなかったのである。
杜王町は行方不明者が通常に比べ何倍も多く、そのほとんどが吉良の手によって抹消されてしまった人々だった。

幼少期からひそかに育ち続けてきた「性癖」

幼いころから地味なポジションを保ち続けてきた吉良。それも、全ては「平穏」に生きるために他ならない

幼少期から吉良は「目立たないように生きる術」をしっかりと理解したうえで、日々を過ごしていた。
アルバムに残る写真はどれも目立たないポジションにはいるが、それでいてさりげなく被写体にはなっている。
影は薄くても、己の存在を周囲に認知はされるよう、言わば「つかず離れず」という絶妙の距離感で、周囲と接してきた。
また、家に飾られているトロフィーや賞状はどれも3位のものばかり。これは「1位や2位になるとかえって周囲から目立ってしまい敵を作る」ということ、そして「しかし賞をとれるという確固たる実力を、程よくアピールする」という二つの点から、日々の生活の中で計算し、立ち振る舞った結果である。
それでいて、彼は常に1位を取ることができるだけの能力と自信をあえて隠し続けてきた。
余計な敵を作らず、それでいて人に舐められることはあってはならない「平穏な人生」を、彼は幼少期から今に至るまで、過ごしてきたのである。

平穏な中に、時折、垣間見える「異常」な性癖

それでも所々に異常な「性癖」が見て取れる。
彼は自身の「爪」を切っては小瓶に保存する、という癖があり、しかもその爪の伸び率を事細かにノートに記していたのだ。
これだけだと変わった収集癖で済むのだが、彼はこの爪の伸びる速さで「殺し」の運勢を占ってもいた。
時期によっては殺人衝動がいつも以上に湧き上がり、目に見えるほどの速さで、音を立てて爪が伸びる。
一か月に30cm以上爪が伸びる時期は「絶好調」とノートに記されていた程。
また、絶望すると血が出るほどに爪を噛むという癖もあり、とにかく異常に「爪」に執着する人物であった。

殺人鬼を追う「ジョジョ」達と、平穏のため迎え撃つ吉良

「幽霊」となった被害者・杉本鈴美によって、明らかになる事件

出典: www.google.com

町で出会った「幽霊」、杉本鈴美と愛犬・アーノルド。彼女達は吉良の最初の被害者であった

様々な「奇妙なスポット」をもつ杜王町だが、その一画には「あの世とこの世のはざま」なる場所が存在する。
そこで主人公達が出会った少女の幽霊・杉本鈴美と、彼女の愛犬・アーノルド。
彼女達は「ある事件」で命を落として以降、その事実を伝えるため、誰かが訪れてくれることを待ち続けていた。
鈴美たちが殺されるきっかけとなった事件こそ、吉良吉影がかつて犯した「最初の殺人」だったのである。
杉本鈴美は今もなお、この杜王町に殺人鬼が潜み、人の命を奪い続けている、という事実を告げる。
日常の中に隠れた「悪」の存在によって罪のない命が危険にさらされ、町の誇りが失われるということを嘆く杉本鈴美。
この出来事をきっかけに、主人公・東方仗助をはじめ、その仲間達は「町に潜む殺人鬼」を探していくこととなる。

正体を隠すために、「ジョジョ」達と戦う吉良吉影

出典: mangamatome.com

まったくの偶然から、正体に気付き、戦いを挑む矢安宮重清(重ちー)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

吉良吉影(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

吉良吉影(きら よしかげ)とは、荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』Part4『ダイヤモンドは砕けない』の敵キャラクターで、スタンド使いである。高い知能を持つが、目立つことを嫌いひっそりと生きてきた。その一方で強い殺人衝動を持ち、特に美しい手を持つ女性を殺すことに異常な執着を見せる。触れたものを爆弾に変えるスタンド「キラークイーン」を持ち、15年前から誰にもバレずに殺人を続けてきた。異常殺人鬼ではあるが、性癖を抜きにすれば「平穏に生きたい」という吉良の人生観に共感する読者も少なくない。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険(第4部)のスタンドとスタンド使いまとめ

『ジョジョの奇妙な冒険(第4部)』とは、荒木飛呂彦の漫画作品である。副題は『ダイヤモンドは砕けない』。空条承太郎は、祖父ジョセフの財産整理の調査でジョセフの隠し子・東方仗助の存在を知る。仗助はスタンド能力を持っており、杜王町を舞台に承太郎や仲間と共にスタンド使い達、果ては殺人鬼の吉良吉影と戦うことになる。日常に潜む恐怖、奇妙さが描かれているこの部は第3部までとは違った雰囲気を持ち、人気も高い。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険 第4部(ダイヤモンドは砕けない)のネタバレ解説・考察まとめ

「ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない」は、「ジョジョの奇妙な冒険」シリーズの第4部の作品(単行本29〜47巻に収録)、およびそれを元にしたメディア展開作品のことです。1999年の日本M県S市の杜王町(もりおうちょう)にて、主人公の東方仗助(ひがしかたじょうすけ)が、町に潜む連続凶悪殺人鬼と、次々と登場するスタンド使いに挑む、サスペンスホラー風の漫画です。

Read Article

【ジョジョの奇妙な冒険】ディオ・ブランドーのカリスマ的魅力と彼の人生を徹底解説【DIO】

「ジョジョの奇妙な冒険」に登場し、初代・ジョジョとの死闘を繰り広げ、血の因縁を作り上げた巨悪、ディオ・ブランドー。底なしの野心のため、人間を辞めて怪物へと変貌した彼の奇妙な人生と「悪のカリスマ」として多くの人々を突き動かした、彼が持つ独特の魅力について、解説する。

Read Article

【ジョジョの奇妙な冒険】漫画家・岸辺露伴の魅力と奇妙な人生を徹底解説

『ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない』に登場する漫画家・岸辺露伴。舞台となる杜王町に集う「スタンド使い」の一人として一度は主人公達に立ちはだかるも、やがて仲間の一人として町で起こる事件へと挑んでいく。数々のスピンオフ作品でも描かれる、彼の「奇妙な冒険」について、解説する。

Read Article

ディオ・ブランドー/DIO(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

ディオ・ブランドー/DIOとは、漫画『ジョジョの奇妙な冒険』の登場人物であり、吸血鬼にして時間を数秒間止めるスタンド「ザ・ワールド」の使い手。 歴代主人公であるジョースター一族の血統と、一世紀以上にも渡り因縁の宿敵となる、シリーズ最大の敵役にして悪のカリスマ。 第1部で吸血鬼となり、主人公ジョナサンと敵対する。第3部ではスタンド能力を身につけるが、主人公である空条承太郎に敗死する。死亡後も何らかの形で間接的にストーリーに関わってくる、最重要キャラクターである。

Read Article

岸辺露伴(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

岸辺露伴(きしべ ろはん)とは、『ジョジョの奇妙な冒険』Part4『ダイヤモンドは砕けない』及びスピンオフ作品『岸辺露伴は動かない』に登場するスタンド使いにして人気漫画家である。自己中心的かつ尊大な一面が目立つが、プライドが高い分決して他者に媚びない強さもある。漫画に対する真摯な姿勢や、自分が認めた人物への敬意など、傲慢なだけの人物ではない描写も多い。高いプライドに見合う実力やクセの強さが独特の魅力となり、読者からも「露伴先生」と呼ばれ親しまれている。作者も気に入っているキャラクターである。

Read Article

東方仗助(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

東方仗助(ひがしかた じょうすけ)とは、荒木飛呂彦の漫画『ジョジョの奇妙な冒険』Part4『ダイヤモンドは砕けない』の主人公で、スタンド使いである。怪我を治し、壊れた物を直す「クレイジー・ダイヤモンド」という能力を持つ。基本的にはお調子者かつ温厚で優しい性格だが、憧れの人を真似た自身の髪形を貶されると激怒する直情型でもある。ズルをすることもあるが根は強い正義感を持っており、自分の怪我を治せないのを承知で友のために体を張る。仗助は、スタンド使いの仲間と共に街に潜む殺人鬼と戦うこととなる。

Read Article

虹村億泰(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

虹村億泰(にじむら おくやす)とは、『ジョジョの奇妙な冒険』Part4『ダイヤモンドは砕けない』に登場するスタンド使いである。主人公の東方仗助の友人で相棒。右手で触れた物を削り取るスタンド「ザ・ハンド」を持ち、杜王町に次々現れるスタンド使いや、殺人鬼の吉良吉影と戦う。硬派を気取ることはあるが基本的には単純かつノリのいい性格で、甘いもの好きという一面を持つ。幼い頃から兄に従ってきたため、彼の死後は決断力のなさを度々見せるが、父の異形化や兄の死といった不幸な境遇故に義理人情に厚い。

Read Article

広瀬康一(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

広瀬康一(ひろせこういち)とは、『ジョジョの奇妙な冒険』Part4『ダイヤモンドは砕けない』及びPart5『黄金の風』冒頭に登場するスタンド使いにして主人公の東方仗助の友人であり、語り部でもある。気弱な面もあるが、成長するスタンド「エコーズ」が目覚めてからは勇気を振り絞って敵に立ち向かうようになる。その姿勢は、戦い慣れしている空条承太郎にも一目置かれるものであった。普段は優しい性格で、読者を含めて共感を得やすいキャラクター。そのためか作中では癖の強い人物にも好かれる傾向にある。

Read Article

噴上裕也(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

噴上裕也(ふんがみ ゆうや)とは、荒木飛呂彦の漫画作品『ジョジョの奇妙な冒険』Part4『ダイヤモンドは砕けない』に登場するスタンド使いである。臭いで相手を追跡するスタンド「ハイウェイ・スター」を持つ。暴走族に所属する不良だが受けた借りは返し、3人のレディースに平等に愛情を注ぐ律儀な一面もある。ナルシストで自身のカッコよさを追求する傾向にあり、時にそれは「カッコ悪いこと」を許さない誇りとして現れる。戦わないと決めた相手に立ち向かうなど随所でその誇りを見せ、仗助にも「カッコよさ」を認められた。

Read Article

トニオ・トラサルディー(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

トニオ・トラサルディーとは、『ジョジョの奇妙な冒険』Part4『ダイヤモンドは砕けない』に登場する料理人で、スタンド使いである。イタリア出身のトニオはあらゆる国の料理を学び、修行の果てに食べられることで体の悪い所を内側から治すスタンド「パール・ジャム」を開花させた。料理人としての高い能力と強い信念を持ち、治療効果も相まって彼の料理を食べたがるファンは多い。本編での登場回数は数える程度だが、温厚で紳士的な態度から人気は高く、『岸辺露伴は動かない』を始めとするスピンオフ作品に多数登場している。

Read Article

キラークイーン(ジョジョの奇妙な冒険)の徹底解説・考察まとめ

「キラークイーン」とは、荒木飛呂彦の漫画作品『ジョジョの奇妙な冒険』Part4に登場する殺人鬼吉良吉影(きら よしかげ)のスタンドである。何でも爆弾に変え、好きな時に起爆する能力を持つキラークイーンは、平穏に生きたいという願望と強い殺人衝動を併せ持つ吉良の精神の具現化といえる。指定したものを無に帰す恐ろしい能力だが、無機質ながらもスタイリッシュなキャラデザインと後に得る無敵の能力「バイツァ・ダスト」も相まって、Part4のスタンドの中でも人気が高い。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険(第8部)のスタンドとスタンド使いまとめ

『ジョジョの奇妙な冒険 第8部 ジョジョリオン』は荒木飛呂彦の漫画作品である。杜王町が舞台で、巨大地震が原因で出現した「壁の目」に突如として現れた青年が主人公である。記憶がなく、衣服も身につけていない状態で見つかった彼は、自らのことが何も分からなかったが、スタンドと言う超能力を持っていることだけは分かっていた。彼はスタンドを用いつつ自分のことを調べ始めるも、スタンド使いたちが彼を妨害し始めた。普通の住人さえ犠牲にするような手段を用いる、そんなスタンド使いたちの性格やスタンドの特徴を紹介する。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険(第7部)のスタンドとスタンド使いまとめ

荒木飛呂彦の作品である「ジョジョの奇妙な冒険」の7部は「スティール・ボール・ラン」という、乗馬でのレースの名称を冠した作品である。アメリカ大陸を馬だけで横断すると言う過酷なレースに、主人公「ジャイロ」と「ジョニィ・ジョースター」が挑む。そのレースの最中、彼ら二人を妨害する大量のスタンド使いが現れる。二人は力を合わせて妨害者のスタンド使いを倒し、ゴールへと向かう。そんな大量のスタンド使いとスタンドを紹介する。

Read Article

『ジョジョの奇妙な冒険』に受け継がれる「人間讃歌」というテーマ

連載を開始から30年という年月を経ても根強いファンをもち、ゲーム、アニメなど様々なメディア展開を行い続けている、名作漫画。絵柄、言い回し、擬音など、強烈な作風の中でも、時代を経て人々に愛される、シンプルな「人間讃歌」というテーマ、そこに描かれる唯一無二の世界観と、世代を超えて受け継がれていくキャラクター達の生きざまについて解説する。

Read Article

炎炎ノ消防隊(漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『炎炎ノ消防隊』とは、2015年9月より『週刊少年マガジン』にて連載しているダーク・ファンタジー漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。突如発生した人体発火現象によって体を炎に包まれた「焔ビト」と呼ばれる存在が人々の脅威となっている世界を舞台に、第8特殊消防隊の消防官・森羅日下部が焔ビトの発生原因とその裏側にある真実を追求していく物語を描く。単行本は世界累計発行部数1300万部を記録しており、漫画を原作としたアニメ作品・舞台作品など様々なメディア上で人気を集めている。

Read Article

炎炎ノ消防隊の特殊消防隊まとめ

『炎炎ノ消防隊』とは、『少年週刊マガジン』にて連載されている大久保篤による漫画作品である。 世界中で人体が発火し、「焔ビト」と呼ばれる怪物と化す事件が相次ぐようになって数十年。東京皇国は、専門の対策班である「特殊消防隊」を結成して焔ビトによる大規模火災に対応していた。かつて火災によって母と弟を失った少年「森羅 日下部」は、自身がヒーローとなって焔ビトから人々を守ることを志して消防士になる。幾多の現場で焔ビトと相対する中、森羅は弟が生きていることを知り、それを追う過程で世界の謎にも迫っていく。

Read Article

ジョジョの奇妙な冒険の歴代OP・ED主題歌・挿入歌まとめ

『ジョジョの奇妙な冒険』とは荒木飛呂彦によるアクション・アドベンチャー漫画及びそれを原作としたアニメ・小説・ドラマ・映画などのメディアミックス作品。この記事では『ジョジョの奇妙な冒険』のアニメに使われた歴代のオープニング・エンディング主題歌・挿入歌と、その他の劇場アニメ、OVAなどの主題歌を紹介していく。

Read Article

名言、迷言多し!第六部までの『ジョジョの奇妙な冒険』歴代ジョジョとラスボスを網羅

第一部冒頭より名言と迷言、そして名シーンの宝庫である『ジョジョ』。まさにタイトル通り、「ジョジョ」の異名を持つ者が過酷な運命に身を投じるというサーガ。「宇宙が一巡りする」前の第六部までの「ジョジョ」と、各部を盛り上げてくれたラスボス、並びに名言と迷言をまとめました。ジョジョ立ち、スタンド戦、頭脳戦ばかりがジョジョの魅力ではない!?

Read Article

『ジョジョの奇妙な冒険』×「資生堂」になんだかワクワクさせられた!

資生堂といえば日本が誇る化粧品メーカー。ところが資生堂が“本気”を出した「ジョジョ」のコスプレ(?)を、それも18人にも及ぶキャラクターを披露していた事実をご存知でしょうか? その本気クオリティたるや「あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!」レベルなうえに、実はコスプレをしたモデルやスタッフなどにも大きな秘密があったのです。

Read Article

子供、動物、ゾンビまで?『ジョジョの奇妙な冒険』異質のスタンド使いまとめ(第六部まで)

『ジョジョ』のスタンドバトルは知略戦、意外な能力などで見ていて白熱します。基本的にスタンド使いといったら10代半ば以降の人物、人間が多いのですが、中には「こいつがそうだったのか!」となるような「スタンド使い(本体)」も。動物だったり子供だったりと、そんな異色のスタンド使いをまとめました。能力を操れていなかったり、修行の果てに能力が目覚めた人までいて、奥の深いスタンド道です。

Read Article

目次 - Contents