アルスラーン戦記(アル戦、The Heroic Legend of Arslan)の名言・名セリフまとめ

『アルスラーン戦記』は別冊少年マガジンで連載中の原作・田中芳樹、作画・荒川弘で描かれる大河ファンタジー漫画。王子アルスラーンが仲間たちともにルシタニアに征服されたパルスの奪還を目指す物語である。王子アルスラーンの成長とともに、その周りを彩るキャラクターたちの個性あるセリフを紹介する。

『アルスラーン戦記』概要

アルスラーン王子の成長を描く大河ファンタジー漫画である。
ルシタニアに征服されたパルスを奪還するため、多くの仲間とともにアルスラーンが戦い続ける。

原作・田中芳樹、作画・荒川弘で描くファンタジー漫画で2013年8月より連載を開始する。
原作の田中芳樹は『銀河英雄伝説』『タイタニア』など数多くの小説を発表している人気作家である。
作画の荒川弘は自身の初連載漫画『鋼の錬金術師』を「月間少年ガンガン」で執筆し、大ヒットを飛ばしている。

1991年から1996年まで作画・中村地理で雑誌ASUKAファンタジーDXで連載された。単行本は全13巻が発行されている。
中村地理の作画漫画を「中村版」、荒川弘作画の漫画を「荒川版」と言うファンもいる。
2015年にはゲーム「アルスラーン戦記×無双」が発売される。
2015年にアニメ第一期、2016年にはアニメ第二期が放送される。
原作者の田中芳樹は、漫画の内容には一切口出しをしておらず、作画の荒川弘に任せており、本人も漫画の出来上がりを楽しみにしている。

原作のシリアスで重めな内容が、作画の荒川弘の手により少年漫画らしい内容となっており、魂が込められたかのような登場人物たちも魅力ある名言やセリフを残している。

アンドラゴラス三世の名言・名セリフ

突撃(ヤシャスィーン)!!!

出典: pics.prcm.jp

パルス王国に侵入してきたルシタニア軍をアトロパテネ平野にて迎撃に出たパルス軍。
無敗を誇るアンドラゴラス三世自ら率いる大戦で王太子アルスラーンも初陣を向かえていた。

「突撃(ヤシャスィーン)!!!」
アンドラゴラスの号令の元、パルスの騎兵隊が一斉に突撃を開始するのだった。

パルスの騎兵隊が一斉突撃する際に使用される掛け声で、作中ではキシュワードなどのアンドラゴラス三世以外にも使用している。

アルスラーンの名言・名セリフ

出典: cdn.animeherald.com

ナルサス卿 おぬしを宮廷画家として迎えよう

王宮より追放され現在は隠居生活をしているナルサスの元を頼ったアルスラーンは、ナルサスに助けを求める。
「私が ルシタニアを追い払い パルスの国王となったあかつきには――」その後にアルスラーンが続けて言い放ったセリフである。
地位や名誉には興味が無かったナルサスは、この言葉によりアルスラーンに仕えることを決める。

我らの中でこんなに美味な食事を作れる者が他にいるか?

出典: art17.photozou.jp

アルスラーンに仕えることを決めたナルサスは、侍童のエラムを友人に預けるつもりだったが、エラムは共について行くと言う。
連れて行くことを渋っていたナルサスに対しアルスラーンが言ったセリフである。

「私からも頼む エラムを置いていったとして―― 我らの中でこんなに美味な食事を作れる者が他にいるか?」
この言葉にナルサスはエラムを連れて行くことに納得する。

すごい… 千人からの隊をたった数人で…!

アルスラーンを捕らえるため千人の部隊で出陣したカーラーンの部隊を、ナルサスの策により狭い山間部へと誘い込んだ。
わずか6人の手勢で千人を翻弄している様を見たアルスラーンが言ったセリフである。

この後、カーラーンはダリューンとの戦闘中、折れた槍が胸に刺さり死亡してしまう。

ダリューンやナルサスを私が捨てておぬしを選んだとして 今度は おぬしを捨てぬ日が来ないとなぜ言える!?

ルシタニア軍の追っ手から逃げるアルスラーン一行はカシャーン城塞のホディールを頼る。
自分自身の欲のためアルスラーンを利用しようとする目的のホディールは、その日の夜アルスラーンの寝所を訪れ、ナルサスとダリューンを殺害する許可をとりに来る。

それを聞いたアルスラーンは「私には おぬしの考えていることがわからない」と言った後に続けたセリフである。

エラムは私が嫌いか? 私は お前と友達になりたい もし嫌いでないなら友達になってくれないか

ルシタニア兵だけではなくホディール兵にまで追われる身となったアルスラーン。
逃亡中、馬に矢を受けて落馬するエラムを助けるため肩を貸すアルスラーンに対し、エラムは距離をとるような態度をとる。
その様子見たアルスラーンが寂しげな表情でエラムに言ったセリフである。

エラムは身分が違いすぎると言いつつも、他の王族とは違う所をアルスラーンに感じ、徐々に心を開いていくのだった。
王宮では同年代の友達がいなかったアルスラーンがエラムに伝えた本心からの気持ちの言葉といえる。

ダリューンの名言・名セリフ

出典: pics.prcm.jp

どのような事情どのような秘密があろうともアルスラーン殿下は俺の ご主君だ

再び侵入してきたシンドゥラ軍を迎撃するため出陣準備をしていたダリューンにナルサスは「もしアルスラーン殿下が王家の正統の血を引いていないとしたらどうする?」そう尋ねられたダリューンが迷い無く答えたセリフである。
ダリューンの実直な性格がわかるセリフといえる。

殿下は このダリューンにとって大事な ご主君でいらっしゃいます それではいけませんか?

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

アルスラーン戦記 第2巻 あらすじ/コミックおまけ収録 ネタバレ

第2巻の内容などについてのまとめ。荒川弘版のアルスラーン戦記の魅力は、アニメ視聴済みの方でも原作読破組でも楽しめるところだと思います。天才軍師ナルサスや、その従者エラム、さらに流浪の楽士ギーヴと絶世の美女ファランギースが登場し、アルスラーン戦記は新たな顔を見せ始めますよ。(※画バレ無し)

Read Article

アルスラーン戦記 第1巻 あらすじ/コミックおまけ収録 ネタバレ

田中芳樹原作、ハガレンでもお馴染みの荒川弘版「アルスラーン戦記」の内容まとめです。アニメを観た人も、原作小説を読み終えた人も楽しめる!それが漫画版「アルスラーン戦記」ではないでしょうか。今回は、単行本でしか見られないイラストや対談インタビューについてザッとまとめています。(※画バレ無し)

Read Article

鋼の錬金術師(ハガレン、Fullmetal Alchemist)のネタバレ解説まとめ

鋼の錬金術師とは、2001年から2010年まで荒川弘により月刊少年ガンガンで連載された漫画およびそれを原作とするアニメ、ノベライズ、映画、ゲーム作品。舞台は19世紀産業革命期のヨーロッパをモチーフとした錬金術が存在する架空の世界。主人公エドワード・エルリック(エド)は弟アルフォンス(アル)と共に、自身らが犯した禁忌の錬成によって失ったエドの右腕と左足、アルの全身を取り戻すための方法を求め旅に出る。

Read Article

銀河英雄伝説(銀英伝、Legend of the Galactic Heroes)のネタバレ解説まとめ

銀河英雄伝説とは、田中芳樹によるSF小説を原作としたアニメ、マンガ、PCゲーム等の関連作品を指す。銀河系を舞台にした帝国軍(専制主義)と自由惑星同盟(民主主義)の戦いを描いたスペースオペラである。アニメ版本伝では帝国軍主人公ラインハルトが皇帝になり、同盟側の智将ヤンとの戦いを経て人生を終えるまでを描いている。

Read Article

銀の匙(Silver Spoon)のネタバレ解説まとめ

『銀の匙』とは、荒川弘によって2011年より週刊少年サンデーで連載されている漫画及びそれを原作とするアニメ、実写映画。舞台は北海道の「大蝦夷農業高等学校(エゾノー)」。主人公の八軒勇吾は札幌の私立中学に通っていたが受験に失敗し、学力競争と父から逃れるため恩師の勧めもあり大蝦夷農業高等学校に進学する。農業未経験者の八軒は仲間たちと汗と涙と泥にまみれ、農業の厳しい現実にぶつかりながらも成長していく。

Read Article

鋼の錬金術師(ハガレン)のホムンクルス・人造人間まとめ

『鋼の錬金術師』とは、荒川弘による漫画、およびそれを原作としたアニメや映画などのメディアミックス作品である。 母親を亡くしたエルリック兄弟は、錬金術において最大の禁忌とされている『人体錬成』を行ってしまう。それにより、エドワードは右手と左足をなくし、アルフォンスは体をなくし魂だけの存在となってしまう。エルリック兄弟は、体を取り戻すために頂上の力を得られる『賢者の石』を求める。 賢者の石により作られた人造人間がホムンクルスである。彼らはある目的を達成するために、歴史の裏で暗躍している。

Read Article

鋼の錬金術師(ハガレン)の国家錬金術師まとめ

『鋼の錬金術師』とは、荒川弘による漫画作品である。アニメや映画、ゲームなど様々な展開が行われている。 エドワード・エルリックと、その弟であるアルフォンス・エルリックは母親を蘇らせるために禁忌とされている『人体錬成』を行うが、その結果兄弟は身体を失ってしまう。エルリック兄弟は自分たちの体を取り戻すために、超常の力を持つ『賢者の石』を求めて旅に出る。 国に認められた極めて優秀な錬金術師が『国家錬金術師』であり、作中でも重要人物となるものが多い。

Read Article

銀河英雄伝説(銀英伝、Legend of the Galactic Heroes)の名言・名セリフまとめ

銀河英雄伝説、通称・銀英伝は、田中芳樹原作の銀河系を舞台としたスペースオペラ小説及びアニメである。 銀河を二分する銀河帝国と自由惑星同盟の闘争を、両勢力の主人公、ラインハルト・フォン・ローエングラムとヤン・ウェンリーの二人を軸に、史劇体裁で描かれている。 両主人公だけでなく、総勢で600名以上のキャラクターは珠玉ともいえる名言を数多く残している。

Read Article

衝撃の死を遂げ、読者や視聴者を驚かせたキャラクターまとめ

アニメ、漫画の中でも安易な展開を避けたいがために死んでしまうキャラクターは星の数ほどいます。しかしそういう作品はキャラクターを殺すことで逆に安易な展開になってしまうものもあります。 そんな中でも、悲惨だったり、予想だにできない衝撃の死を遂げたキャラクターをまとめました。

Read Article

「アルスラーン戦記」を見た海外の反応 動画(全25話)

アニメの面白さは万国共通なのか!?「アルスラーン戦記」を楽しむ世界中のアニメファンのリアクション動画を全25話分まとめています。本編を見た事がある人もそうでない人も、同じ作品を愛する者同士のリアクションには共感してしまう所があるかもしれません。(※最終話のみリアクション動画が無かったため、コメントを載せています。全動画の表示に時間がかかります。ご了承ください。)

Read Article

アニメの裏話も!「アルスラーン戦記 風塵乱舞」ミニ朗読劇まとめ

「アルスラーン戦記2期 風塵乱舞」の放送を記念して配信されているミニ朗読劇のまとめです。第1章はアルスラーンとダリューン、第2章はアルスラーン・ナルサス・エラム。第3章はヒルメス・サーム・ザンデで、新たに公開された第4章がギーヴ・ファランギース編となっています。アニメとは少し違った視点で語られるエピソードから覗く、キャラの意外な能力にも注目です!

Read Article

アルスラーン戦記「黒衣の騎士・ダリューン」の過保護な名言/迷言まとめ‐その概要に迫る

物語当初からアルスラーンに忠誠を誓い、右腕として活躍している天下無双の騎士・ダリューン。彼の言動にはアルスラーンに対する並々ならぬ忠誠心が見え隠れしますが、それは時として”過保護”なレベルにまで達する事があります。一体、それはどれ程の物なのか…?ここでは過保護なダリューンの忠臣セリフをまとめて振り返っています。

Read Article

【アルスラーン戦記】ダリューンがアルスラーン(殿下)を呼んだ回数を徹底調査!

若干14歳の王太子・アルスラーンに揺るぎない忠誠を誓うダリューン。アルスラーンを「殿下!」と呼び仰ぐ姿が本編でも印象的ですが、あまりの殿下コールの多さから、ダリューンが海外で「殿下マン」と呼ばれてるのをご存知でしょうか?一体、作中随一の忠臣は、何度「殿下」と口にしたのか…。全25話分に渡って調査し、まとめてみました。長いです。

Read Article

【アルスラーン戦記 1期】流浪の楽士・ギーヴのキラキラシーンまとめ

アルスラーン戦記21話目にして唐突に軍から追放され旅立ってしまったギーヴ。だがその真相は、軍内の対立を鎮めるための一時的な離脱だった。しかし、やはり彼が去ってしまうとどこか物足りなさを感じてしまう…。その原因はギーヴ特有の発光現象・キラキラ効果にあるのではないか?という考えに至ったので、この記事を作成してみた。

Read Article

目次 - Contents