UVERworld(ウーバーワールド、SOUND極ROAD)の徹底解説まとめ

UVERworldとは、日本の6人組ロックバンドである。
所属事務所はソニー・ミュージックレコーズ(gr8!recordsレーベル)及びPOWERPLAY。ボーカルTAKUYA∞のハイトーンボイスと対比した重厚なサウンドが特徴。メッセージ性のある歌詞と、心に訴えかけるようなサウンドがファンを虜にしている。

UVERworldの概要

2005年7月にシングル「D-tecnoLife」でメジャーデビューを果たし、リリースしたシングル、アルバムのほとんどがチャート上位にランクイン。その後、アニメ、テレビドラマ、映画など数多くタイアップされている。2010年11月27日には、初の東京ドームでのライブを果たし、その後もアリーナツアーを行うなど若年層を中心に人気を集めている。
インディーズ時代はSOUND極ROAD(サウンドごくロード)と名乗って活動していたが、その後UVERworldに改名。当時は現在の6人に加え、もう一人のボーカル担当RYOHEIを合わせた7人構成のロックバンドだったが、メンバーの一人であるRYOHEが結婚を機に脱退、現在は長らくサポートメンバーとしてライブの際にマニピュレーターを担当し、「CORE PRIDE」、「KINJITO」等の一部楽曲でサックス担当としても参加していた誠果を新メンバーに加えて活動している。

バンド名「UVERworld」は「自分達の世界をも越える」という意味が込められている。
「SOUND極ROAD」からの改名する際に、500以上の候補の中から彰が提案した「〜world」と「超える」の意味を持つドイツ語「über」と英語「over」とを混ぜ合わせて「UVERworld」になった。
公式ファンクラブ名は「Neo SOUND WAVE」。

ロックテイストな曲からバラード曲まで幅広く手掛けているのが特徴。
全体として重厚なサウンドの上に様々なジャンルの音楽を混ぜ合わせているものが多く、ラップやコーラスの要素が入ってる曲が多い。
また歌詞はTAKUYA∞のメジャーデビューまでの苦労やこれまでの経験が元になっていることが多く、「俺がお前に勝つとか負けるとか これが叶うのか叶わねぇのか、それができるのか できねぇのかは 全部やって確かめりゃいいだろう」や「そうやって意地張って 踏ん張って生きてなくちゃ 時間の流れさえも怖くなる、本当に殴るべき相手は そんな自分だろ ただ今は負けたくない 自分にまけないプライド」などTAKUYA∞の思いを直接的に表現したメッセージ性の強いものが多い。

UVERworldのメンバー

TAKUYA∞(たくや)

TAKUYA∞(たくや)

担当はボーカル、プログラミング、コーラス、またほぼ全ての楽曲の作詞、作曲を手掛けている。本名は、清水琢也。星座は射手座、血液型はB型、身長は168cm、体重は、56kg。ラップやヒューマンビートボックス、ダミ声、ファルセットなどを使い分けることができ、ボーカル以外にもギター、ベース、ピアノ、ドラムなどの楽器を弾くことができたりと何か多彩な人物。ちなみにTAKUYA∞の∞は「可能性は無限大」という意味が込められている。

克哉(かつや)

克哉(かつや)

担当はギター、コーラス、プログラミング。バンドでリーダーを務める。星座は魚座、血液型はO型。
TAKUYA∞とは幼少期からの付き合いがあり、克哉の通っていた保育園にTAKUYA∞が移ってきて、そこで出会った。ただ、その頃は特別仲が良いわけでもなかった。
また、克哉が通ってた中学では、他校に「ギターがメッチャ上手い奴がいる」とTAKUYA∞の事が噂になっていたこともあり、何かとTAKUYA∞とは縁がある。

信人(のぶと)

信人(のぶと)

担当はベース、コーラス。星座は水瓶座、血液型はA型。
TAKUYA∞とは幼稚園からの幼馴染みで、メンバーの中でも特に親密度が高い関係にある。
鼻が特徴的でネタにされることが多い。またメンバーの中で一番物をよく壊したり、小豆島という字が読めなかったり、典型的なお馬鹿キャラとしてよくいじられる。

誠果(せいか)

誠果(せいか)

担当はマニピュレーション、サクソフォーン、コーラス。
ライブなどではサポートメンバーとしてパソコンを使い電子音や打ち込み音楽を担当していた。2014年3月26日に正式にメンバーとして加入し6人体制へと変わり、それ以降の楽曲、PVには必ず出演するようになる。

彰(あきら)

彰(あきら)

担当はギター、コーラス、プログラミング。星座は魚座、血液型はA型。
真太郎とは同級生で、TAKUYA∞とは家が真向かいだった。
結成前は別のバンドに所属しており、そのバンドのライブを偶然目撃したTAKUYA∞から直々にスカウトされた。ギターの技術はTAKUYA∞が惚れ込むほど巧い。単独や共作も含めて作曲を担当する機会が多く、TAKUYA∞と一緒に作曲をする事もある。
物静かな性格のためバンドに加入した当初は、騒がしいのが苦手でなかなか溶け込めなかったと語っている。

真太郎(しんたろう)

真太郎(しんたろう)

担当はドラム。既婚。星座はさそり座、血液型はO型。
ドラマーとしての腕前をTAKUYA∞気に入られ、彰と同様にスカウトされる。その後、克哉を加えて4人でバンドを組む(後に信人も加わる)。
また下ネタが好きで、ライブでの真太郎の下ネタトークはファンの間は定番になりつつあり、自他ともに認める変態キャラである。

UVERworldのディスコグラフィー

Timeless

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

アルスラーン戦記(アル戦)のネタバレ解説まとめ

『アルスラーン戦記』とは、田中芳樹による大河ファンタジー小説。荒川弘によってコミカライズされ、それを原作に映画やアニメ、ゲームなどにもなった。テレビアニメは2015年4月から同年9月までの第1期(全25話)と2016年7月から同年8月までの第2期(全8話)までが放送された。荒川版のコミカライズは2013年9月より別冊少年マガジンにて連載中。架空の王国を舞台に戦乱の世界で1人の王太子・アルスラーンの成長と仲間たちとの絆を描いた英雄譚である。

Read Article

BLOOD+(ブラッドプラス、ブラプラ)のネタバレ解説まとめ

BLOOD+とは、Production I.G制作のアニメ作品である。それ以外にも漫画、小説、パチンコに移植されている。主人公の音無小夜は沖縄に住む普通の女子高生。学校を襲った怪物「翼手」との遭遇をきっかけに自分が150年以上前から生きる不老不死の存在「翼手の女王」であることを思い出し、全ての翼手を殲滅させるために戦う物語である。

Read Article

銀魂(実写映画)のネタバレ解説まとめ

「銀魂」(実写版)は、2017年7月に公開された福田雄一監督による日本映画。空知英秋作画の漫画「銀魂」の実写化作品で、原作の長編「紅桜編」がベースです。「紅桜編」は、妖刀紅桜を利用して国の転覆を目論む鬼兵隊と、それを阻止しようとする主人公坂田銀時と仲間たちの戦いを描いたもの。原作はSF時代劇コメディです。実写版はそれを忠実に再現し、ギャグ満載、時にほろりとさせる内容になっています。

Read Article

ヴェノム(Venom)のネタバレ解説まとめ

『ヴェノム(Venom)』とは、2018年に公開されたアメリカ合衆国のスーパーヒーロー映画である。日本での公開は2018年11月2日。ソニー・ピクチャーズの保有するマーベル・コミックのキャラクターを実写映画化した『ソニー・ユニバース』シリーズの第1作品目。 地球外生命体シンビオートに寄生され、ヴェノムに変身する特殊能力を手に入れたジャーナリストエディ・ブロックの闘いを描く。

Read Article

目次 - Contents