銀河英雄伝説(銀英伝)のネタバレ解説まとめ

銀河英雄伝説とは、田中芳樹によるSF小説を原作としたアニメ、マンガ、PCゲーム等の関連作品を指す。銀河系を舞台にした帝国軍(専制主義)と自由惑星同盟(民主主義)の戦いを描いたスペースオペラである。アニメ版本伝では帝国軍主人公ラインハルトが皇帝になり、同盟側の智将ヤンとの戦いを経て人生を終えるまでを描いている。

あらすじ・ストーリー(第1期)ラインハルトとヤンの出会い

アスターテ会戦…智将ヤン・ウェンリーの登場

長きにわたって続く銀河帝国(専制主義)と自由惑星同盟(民主主義)の戦争。その戦いの一つである「アスターテ会戦」で本伝は幕を開ける。
帝国軍2万に対し同盟軍4万という圧倒的不利な状況の中、帝国軍上級大将ラインハルトは「各個撃破戦法」によって戦況を有利に進めていく。
同盟側は第4艦隊、第6艦隊、と次々に撃破され、遂に第2艦隊を残すところとなった。
ラインハルトの先制を許した第2艦隊は被弾し、艦隊を指揮していたパエッタ中将が被弾。その場に居合わせたパエッタの部下だったヤン・ウェンリーに指揮権が渡され戦況が激変した。
ラインハルトによる中央突破作戦を逆手に取ったヤンは、分断したと見せかけて背後を取ることで全滅を免れたのだった。

完全勝利をおさめることができず悔しい思いを抱くラインハルト。これが永遠のライバルになるヤン・ウェンリーとの最初の出会いとなる。

ヤンの旧友ジェシカはこの戦で婚約者を亡くした

アスターテ会戦による戦没者式典が、同盟国首都ハイネセンで行われた。
アスターテ会戦への進撃を指示した張本人、トリューニヒト国防総長は「ヤンの反撃により大勝利をおさめた」と式全体を政治的利用し自分の立場を有利にしようと進める。
そのような政治的な思惑や利権争いに興味のないヤンは式典を欠席するが、旧友であるジェシカがトリューニヒトに異を唱えたため、反政治的テロ組織に命を狙われてしまう。そんなジェシカを後輩のアッテンボローと共にヤンは救出するのだった。

アスターテ会戦勝利に貢献したラインハルトは帝国元帥の称号を得ることになる。
それにより、皇帝の寵姫として仕えていた姉のアンネローゼとの面会が許された。
アンネローゼは皇帝に見染められてから連れ去られるように後宮入りし、その後会えない身分となってしまったため、ラインハルトは皇帝や、帝国上層部、そしてゴールデンバウム王朝を憎んでいた。
そして現体制の帝国を打倒することを親友キルヒアイスと共に誓い合うのだった。

第7次イゼルローン攻防戦…「魔術師ヤン」の誕生

第13艦隊司令官に昇進したヤンは、銀河帝国イゼルローン要塞の陥落を命じられた。
主砲「トールハンマー」を備えるイゼルローン要塞は「難攻不落」と言われていたが、ヤンはこれを無血で陥落させる。

同盟国側に亡命した帝国軍兵士たちで構成される「ローゼンリッター連隊」。彼らは個々の戦闘力が通常兵士の10倍に相当すると言われている精鋭の戦闘集団である。彼らをイゼルローン要塞へ送り込み、人質をとることで無血陥落に導いたのだった。

イゼルローンを出立した後、同盟軍に奪われたことを知った帝国軍が引き返したところをヤンは「トールハンマー」で応戦し、降伏勧告を出すが、それに応じず帝国軍は特攻を決行し、ヤンはやむなく彼らを殲滅させたのだった。

この時一人で帝都に戻ったオーベルシュタインは皇帝に自害を命じられたが、ゴールデンバウム王朝を憎むという「同じ志を持った」ラインハルトに取り込み、一命を取り留める結果となった。

この功績により、ヤンは「魔術師ヤン」と呼ばれるようになる。

アムリッツァ星域会戦…帝国への侵攻

ビッテンフェルトはヤンの策により回避を許してしまう

イゼルローン要塞陥落により勢いづいた同盟国側は、これをきっかけに帝国領への侵攻を目論む。
それを知ったラインハルトはあえて帝国領深くへ同盟軍を招き入れ、補給線が薄くなったところを一気に攻撃する作戦を発案する。

同盟軍は、近境の帝国領惑星を解放していった。解放した惑星へ同盟国が物資を補給しようとするところをキルヒアイスが阻止した。
これは、物資不足になり不満が募った人民の心を同盟国側から離すことと、進軍する同盟軍への補給線を断つこと…この2つの意味を持つのだった。

この補給線を断つ作戦は功を奏し、同盟軍は物資不足になった人民から「徴発」をせざるを得ず反発を買うことになった。
補給線の断たれた同盟軍は大打撃を受け、優秀な指揮官たちを多数失うことになる。

同盟軍総司令部は敗走する艦隊をアムリッツァ星域に集め再編成を行おうと試み、そこで帝国軍と交戦に入る。
帝国軍の圧倒的な兵力におされる同盟軍であったが、ここでもヤンの作戦が勝ち全滅を回避するに至る。

ヤンの回避を許すことになる原因となったビッテンフェルトの失態はラインハルトの怒りを買い、罰を与えようとするがキルヒアイスがそれを諌めた。

こうしてアムリッツァ星域における会戦は帝国側が勝利し、同盟軍による帝国侵攻は失敗に終わったのであった。

リップシュタット戦役…覇権争い、失われた親友の命

リップシュタット連合側についたメルカッツ

アムリッツァ星域会戦の後、帝国では皇帝フリードリヒ4世崩御の知らせが舞い込む。

これにより、帝国の門閥貴族たちによるリップシュタット連合と、宇宙艦隊司令長官となったラインハルトと帝国宰相リヒテンラーデ候の帝国政府、この両者の覇権争いが幕を開けた。

リップシュタット連合はブラウンシュバイク公を筆頭に、総司令官にメルカッツ上級大将が就いていた。
そんな彼らを「賊軍」と呼んだラインハルトは、アルテナ星域での会戦を皮切りに次々に攻め落としていく。
こうしてリップシュタット連合は次々に支配惑星を失い、最後の拠点ガイエスブルグ要塞も失うことになる。

ガイエスブルグ要塞陥落の際、メルカッツ上級大将は副官シュナイダーと一部の忠臣のみを連れて自由惑星同盟のヤン・ウェンリーを頼り亡命した。
後にメルカッツは同盟軍にとってなくてはならない存在となる。

ラインハルトをかばい、命を落とすキルヒアイス

こうして覇権争いは帝国政府側が勝利する形となり、ガイエスブルグ要塞にて「リップシュタット戦勝記念式典」が行われた。

ブラウンシュバイク公の部下だったアンスバッハは、敗北を悟った時ブラウンシュバイク公に服毒自殺を強いた。
そして、ブラウンシュバイク公の亡骸をささげ投降するとしてラインハルトに近づき、暗殺することを企てたのだった。

この式典に際し、「キルヒアイスだけを特別扱いすることはできない」としてオーベルシュタインはキルヒアイスの拳銃携帯を許可しなかった。
それが結果として仇となり、式典の舞台上でアンスバッハの銃撃からラインハルトを守るためにキルヒアイスは盾となってその命を落とした。
キルヒアイスはラインハルトに「宇宙を手にお入れください」という言葉を残してその生涯を閉じた。

救国軍事会議によるクーデター…失われた平和への道標

帝国側からスパイとして入ったバグダッシュ

帝国側が覇権争いに陥っている間、同盟側から攻められることを避けるために、ラインハルトは同盟側にもほぼ同時に内乱が起きるよう仕組んだ。
それが「救国軍事会議」という過激軍事主義集団を作らせヤンと対立させることだった。

ラインハルトの密命を受けた帝国軍捕虜アーサー・リンチは救国軍事会議のメンバーを募りクーデターを実行するよう促した。
フレデリカの父グリーンヒル大将らがそのメンバーとなりハイネセンを拠点に活動しはじめた。
反旗を翻したヤンの元に救国軍事会議側から送られた刺客「バグダッシュ」はその正体をあっさりヤンたちに見抜かれてしまうと、ヤン側に寝返ってしまう。
その身軽さにユリアンは嫌悪と警戒をしていたが、ヤンは逆にその「強者についていく」というある意味分かりやすい性質を高く評価し彼を利用することを思いつくのだった。

それはバグダッシュに「救国軍事会議によるクーデターは帝国軍側による策略によるものだ」ということを惑星全土に公開放送させることだった。
リンチがその事実を認めたため、救国軍事会議は存在する大義名分を失ってしまう。

その後ヤンはハイネセンの防宙システム「アルテミスの首飾り」を破壊し、救国軍事会議を無力化、降伏を勧告する。
グリーンヒル大将やリンチらは互いを射殺、もしくは自決の手段を取り、クーデターは終息を迎えることとなった。

この時帝国側のメルカッツ上級大将がヤンの元へ亡命してくる。ヤンはそれを受け入れ、同盟側の新しい仲間となるのだった。

あらすじ・ストーリー(第2期)ラインハルト、皇帝に即位

第8次イゼルローン攻防戦…智将たちの英知がぶつかる最も熱き戦い

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

銀河英雄伝説(銀英伝)の名言・名セリフまとめ

銀河英雄伝説、通称・銀英伝は、田中芳樹原作の銀河系を舞台としたスペースオペラ小説及びアニメである。 銀河を二分する銀河帝国と自由惑星同盟の闘争を、両勢力の主人公、ラインハルト・フォン・ローエングラムとヤン・ウェンリーの二人を軸に、史劇体裁で描かれている。 両主人公だけでなく、総勢で600名以上のキャラクターは珠玉ともいえる名言を数多く残している。

Read Article

アルスラーン戦記(アル戦)のネタバレ解説まとめ

『アルスラーン戦記』とは、田中芳樹による大河ファンタジー小説。荒川弘によってコミカライズされ、それを原作に映画やアニメ、ゲームなどにもなった。テレビアニメは2015年4月から同年9月までの第1期(全25話)と2016年7月から同年8月までの第2期(全8話)までが放送された。荒川版のコミカライズは2013年9月より別冊少年マガジンにて連載中。架空の王国を舞台に戦乱の世界で1人の王太子・アルスラーンの成長と仲間たちとの絆を描いた英雄譚である。

Read Article

アルスラーン戦記(アル戦)の名言・名セリフまとめ

『アルスラーン戦記』は別冊少年マガジンで連載中の原作・田中芳樹、作画・荒川弘で描かれる大河ファンタジー漫画。王子アルスラーンが仲間たちともにルシタニアに征服されたパルスの奪還を目指す物語である。王子アルスラーンの成長とともに、その周りを彩るキャラクターたちの個性あるセリフを紹介する。

Read Article

目次 - Contents