犬童四郎助(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

犬童四郎助(いぬどう しろすけ)とは野田サトルの漫画作品『ゴールデンカムイ』に登場するキャラクターで、網走監獄の典獄である。土方歳三が関わっている箱館戦争にて兄を亡くしているため恨みを持っており、職権を乱用し、私情で彼を幽閉していた。幽閉の日々を送る土方の目から“生きる希望”が消え去るのを待っていたが、アイヌの隠し金塊を巡る陰謀の中で土方は脱獄。「金塊の情報を求めて土方は再び網走監獄に戻ってくる」と予想し、その読み通りに現れた土方と死闘を繰り広げた末に、彼に斬られて息を引き取った。

犬童は網走監獄の典獄になる前は樺戸集治監の典獄を務めていた。犬童には1人の兄がいたが、兄は箱館戦争で死去してしまう。犬童の兄は明治新政府軍として箱館戦争で戦ったのだが、その時旧幕府軍として戦っていたのが土方歳三である。土方は犬童の兄を殺し箱館戦争で生き残った。犬童はその事で土方に憎しみを抱き、同時に自分たち幕臣にはできなかった“侍”という生き方を貫いていることへの強烈な嫉妬と羨望を覚え、これらが歪んだ復讐心へと変わっていく。犬童は典獄という立場を利用して、樺戸で捕らえられた土方を自分のいる樺戸集治監に幽閉した。土方の目から光が消えた時、明治新政府に降らせようと思った犬童だったが、その日が訪れることはなく犬童は網走監獄の典獄になった。犬童は網走に異動する際、土方も一緒に網走へ移させ、そこで再び幽閉した。

網走監獄への襲撃

土方と手錠で結ばれた状態で戦う犬童

金塊を狙う者たちがのっぺら坊を奪いに網走監獄にやってきた。土方や、元兵士の杉本佐一(すぎもと さいち)、アイヌの少女・アシリパ、アイヌ民族のキロランケなど土方や杉元に協力している者たちは、網走監獄の看守である門倉(かどくら)の協力もあり計画を練って網走監獄に侵入した。杉元はのっぺら坊が自分の父かもしれないというアシリパを連れて、監獄内にいるというのっぺら坊に接触したが、そののっぺら坊は事前に準備された偽者であった。偽物ののっぺら坊が奇声を上げたと同時に、計画を裏切った門倉が銃声と共に「侵入者だ」と周囲に知らせた。看守たちは動き出し、犬童に侵入者の存在を伝えた。犬童は、土方や陸軍最強の第七師団が、必ずのっぺら坊を奪いに来ると信じていたため、「ついにのっぺら坊を奪いにきたか」と言った。第七師団が船で網走監獄に向けて攻めてきたのを見た看守は、怯えた様子だったが、犬童は「落ち着け、訓練通りにやるのだ」と笑みを浮かべて言った。
船で網走監獄に向けて迫ってくる第七師団。犬童は第七師団が襲撃しに来ることを見越して訓練していたため、看守たちに訓練通りに動けと指示した。そして「門の両翼にマキシム機関銃を配備しろ。門を破って突入してきた兵士どもに銃器放火を見せてやれ。全員挽肉にしてやる。しばらくは豚の餌に困らん」と不敵な笑みを浮かべた。しかし第七師団も負けずに大砲を撃って網走側の門の塀を次々に破壊し侵入した。土方と同じく刺青の囚人で盲目の都丹庵士(とに あんじ)はアシリパを連れて本物ののっぺら坊がいるであろう訓練場へ行こうとしていた。

土方との再会

訓練場にて戦いを繰り広げる土方(左)と犬童

アシリパを連れた都丹が土方と合流し、のっぺら坊と犬童がいると思われる訓練場に向かおうとしていたが、都丹が大砲の爆音で耳を痛め、力が緩んだ隙にアシリパが逃げ出した。アシリパを連れて訓練場へ向かうはずだったが、土方は構わず都丹と2人で訓練場へ向かう事にした。その頃犬童は訓練場の地下室にて、幽閉しているのっぺら坊の様子を確認していた。網走監獄の看守である門倉が、事前に何度も訓練場に足を運びのっぺら坊が幽閉されていないか探していたが、犬童は自分だけしか知らない訓練場の地下室にのっぺら坊を幽閉していた。土方と都丹が訓練場に着いた時、犬童はのっぺら坊に外に出ろと命じた。一見何もない訓練場だが、耳の良い都丹は下の方から聞こえる音を察知し地下室があると気がついた。二つある扉から、土方と都丹がそれぞれの扉を開けようとした時、都丹が立っていた扉から犬童が出てきて鉄球を都丹の頭部に命中させた。都丹は咄嗟に犬童に向けて銃を放ったため、その音で土方は2人の元へ駆け寄った。都丹が気絶し、土方が都丹の脈を測るために近づいた時、都丹に撃たれたふりをして壁にもたれ座っていた犬童は突然、土方の左手に自分と繋がっている手錠をはめた。犬童は「死がふたりを分かつまで」と言い、ついに長年待ち望んだ土方への復讐の時が来たと気を吐いた。犬童は勢いのままに刀を振りかざし、「榎本武揚は今や子爵だ、かたや土方歳三は年老いた脱獄囚。ともに明治新政府に下っていれば、30年以上も鎖に繋がれずに済んだものを」と言って、土方の左腕を切りつけた。犬童の次の攻撃をうまく交わし膝をついた土方に、犬童は「命乞いをしろ、私に服従し、私の部下になれ。毎朝私の靴を磨き、ご機嫌を取れ」と声を荒げて言った。しかし土方はそれに動じる事なく、まだ自分に明治新政府に下ることを命ずるのかと言った。
そして土方は言った。
「徳川将軍家への忠を仇で返した貴様ら新政府は、銃を国民に教えるという自己矛盾を抱えている。貴様らは怖いのだ。殉教者となった旧幕府軍人が怖くてたまらんのだ。箱館戦争で死んだ兄や、自分たちの生き様を肯定するにはこの土方歳三を生きたまま任官させ自分の配下に置くこと。その時こそが、犬童四郎助の歪んだ復讐が成就する瞬間。今日この瞬間まで、私のような田舎育ちの農民が貴様ら武士を凌ぐ忠義を貫いているという真実に耐えられんのだ」
それに対し犬童はムキになり、「手足を切り落としてでも服従させる」といい手錠を引っ張り斬りかかろうとした。
しかし、土方は犬童に語りかけているすきに、斬られた左腕から流れる血をバレないように手のひらに溜め、その血を思い切り犬童の顔にかけた。血が目に入り視界が失われた犬童は、土方の刀で斬られ倒れた。犬童は土方の服にしがみ付くも力が抜け、正座をして俯いた。犬童は土方に自分の復讐心の根底にある気持ちを明かされ、それに納得したかのように「やれ、最後の侍」と言った。長年復讐心を抱き、ずっと否定し続けていた土方の生き方を肯定するような言葉を放ち、彼に殺される事に満足しているような表情をしていた。土方が刀を振りかざし犬童の首をスパッと切り落とし、犬童は息絶えた。

犬童四郎助の関連人物・キャラクター

土方歳三(ひじかた としぞう)

土方歳三は元新撰組・鬼の副長といわれた男である。箱館戦争の際に旧幕府軍として戦った土方は、新政府軍に所属していた犬童の兄を殺した。その事で土方は犬童に非常に恨まれており、樺戸で捕らえられた土方は樺戸集治監で典獄を務めていた犬童に幽閉されることになった。その後、犬童が網走監獄の典獄になった際も犬童に連れられ幽閉され続けられた。犬童は土方の目の光が消えるのを待ち、明治新政府に屈服させる気でいたが土方の目の光が消えることはなかった。目の光が消えるとは、土方の生きる希望が消え去ることを意味しており、犬童は希望を失った土方を兄の属していた明治新政府に下らせたいと考えていた。土方は、のっぺら坊の指示によりアイヌの埋蔵金の手がかりになっている暗号を体に彫られ、他の刺青の囚人を率いて網走監獄を脱獄した。脱獄した土方は同じく刺青の囚人である牛山辰馬(うしやま たつま)や、新撰組の生き残りである永倉新八等と協力して北海道独立を目指してアイヌの隠し金塊を狙っていた。犬童はのっぺら坊のことを狙って土方が必ず網走監獄に戻ってくると信じていたため、偽ののっぺら坊を準備したり日々訓練をして来たる日に備えていた。そしてついに土方が網走監獄に戻って来た時、訓練場にて犬童と再会した。犬童は隙をついて土方と自らの手首を同じ手錠でつなぎ、逃げられないようにした上で刀を構える。土方は腕を切られるなど犬童に押されているかに思えたが、犬童に語りかけている際に切られた傷から出た血を密かに手のひらに溜めていた。再び斬りかかられた際、土方は溜めていた血を勢いよく犬童の顔面にかけた。視界を奪われた犬童は土方に斬られ跪いた。犬童の力は抜け「やれ、最後の侍」と土方に言った。土方は犬童の首をスパッと切り落とし、犬童の長年の復讐は幕を閉じた。
土方は白髪頭になり見た目はかなり老いているが、刀捌きや俊敏さ、判断力など若い時から衰えることなく全く老いを感じさせない動きである。犬童に対しても「生捕にできるほど、まだ老いちゃいない」と言っていた。

のっぺら坊

のっぺら坊はアイヌ民族を殺害し金塊を奪ったといわれる人物である。しかし、実際にアイヌを殺害したのはのっぺら坊ではなく、アイヌ自身がお互いに疑心暗鬼になった末に殺し合いに発展してしまった。のっぺら坊は網走監獄に収容された後、金塊の隠し場所を外にいる自分の仲間に伝えるために、金塊の在処を示した暗号を24人の囚人の体に刺青として彫った。そして土方歳三に指揮させ、24人の刺青の囚人を脱獄させた。のっぺら坊の正体はウイルクという男性で、アイヌの少女・アシリパは彼の娘である。
犬童は、土方がのっぺら坊に接触し金塊の在処を聞くために必ず戻ってくると信じていたため、偽物ののっぺら坊を準備していた。犬童によって監獄とは別の訓練場の地下に幽閉され、土方たちが来るのを待った。
土方一行や、杉元たちが網走に侵入した、杉元と接触し娘・アシリパの存在も確認できた。杉元にアイヌを殺害したのは自分ではないと言い、その後も全ての真実を話そうとしたところ、口封じのためにかつての仲間に狙撃されて命を落とした。

門倉部長

門倉(左)と犬童(右)

門倉利運は網走監獄の看守部長である。常任7年と長く、刺青の囚人脱獄の以前から網走監獄にいる。本作では門倉部長と呼ばれている事が多い。やる気がなくだるそうな感じに見え、犬童典獄からは「役立たず」「腑抜けたタヌキ」と呼ばれる。説教されないために、体のいい嘘をつく事もあり、やる気はないがうまく仕事をこなしている。
土方と繋がっており、内通者として網走監獄の構図やのっぺら坊が収監されている位置、侵入するための経路を確保するなど活躍している。

犬童四郎助の名言・名セリフ/名シーン・名場面

「ここは私の監獄だ。勝手な真似をする奴は農園の肥料にしてやる」

網走監獄にて、新人看守の宇佐美が第七師団の内通者であることを門倉看守部長が犬童に報告した。それを聞いた犬童は「養豚場のブタに食わせろ」と宇佐美を殺してブタの餌にしろと命じた。「私がやるんですか?」と動揺する門倉に、囚人を使って殺しても良いと言う犬童。そこで「ここは私の監獄だ。勝手な真似をする奴は農園の肥料にしてやる」と言った。犬童はたびたび自分の職権を乱用し、自分の意に背く者を自分の好き放題にしている節があった。

「死が…ふたりを分かつまで…」

土方への復讐を長年待ち望んだ犬童は、幽閉していた網走監獄から脱獄した土方が、のっぺら坊を奪いに必ず網走監獄に戻ってくることを信じて待っていた。そしてついに網走監獄にやってきた土方と、訓練場にて再開する。犬童は、土方と一緒に訓練場へやってきた都丹の顔に鉄球を投げ負傷させた。その時犬童は都丹が咄嗟に打った銃が当たったフリをして倒れ込んだ。犬童は、土方が倒れた都丹の脈確認した隙に、自分の手首に繋がるもう片方の手錠を土方の左手組にはめ、「死が…ふたりを分かつまで…」と笑みを浮かべて言った。犬童は土方を長年幽閉していたが、脱獄されてしまってからこの日に至るまでも長い年月が流れていた。そのため、犬童は自分が生きている限り土方のことを絶対に逃さないという歪んだ強い復讐心からこのような行動に至ったのだろう。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ゴールデンカムイの名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

ゴールデンカムイは週刊ヤングジャンプに連載中の野田サトルによる漫画作品。明治時代の北海道を舞台に日露戦争で「不死身の杉元」と呼ばれた帰還兵杉元佐一とアイヌの少女アシリパを中心に隠された金塊をめぐる冒険漫画。過激な描写が特徴で作中では次々と個性的なキャラクターが登場するためインパクトのある名言・セリフが多い。

Read Article

ゴールデンカムイ(金カム)のネタバレ解説・考察まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、『週刊ヤングジャンプ』で連載されている漫画。作者は野田サトル。2016年には「マンガ大賞」を受賞している。舞台は明治末期の北海道。主人公・杉元佐一は幼馴染・梅子の治療費を得るため大金を求め、一攫千金を目指してゴールドラッシュに湧いた北海道で砂金を集める生活を送っていたが、そんな杉元にあるアイヌ人が隠した埋蔵金の話が舞い込む。手がかりは、脱獄した囚人の体に掘られた入れ墨。一攫千金を巡るサバイバルバトルが開幕する。

Read Article

ゴールデンカムイの入れ墨の脱獄囚まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 日露戦争から生きて戻った杉元佐一は、幼馴染である梅子の病を治すために金が必要だった。そんな時、杉元はある男が隠したアイヌの金塊の存在を知る。その金塊の在処は、網走監獄の脱獄囚の身体に入れ墨として彫られていた。杉元は、アイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を探し求める。

Read Article

ゴールデンカムイの料理まとめ

『ゴールデンカムイ』とは、野田サトルによるサバイバルバトル漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品である。 陸軍に所属していた杉元佐一は、日露戦争が終結した後、幼馴染の病を治す為、北海道で砂金採りをしていた。その時、杉元はアイヌが秘蔵していた金塊の存在を知る。杉元はアイヌの少女・アシㇼパと共に金塊を追い求める。 作中にはマタギやアイヌのユニークな料理が多数登場する。

Read Article

谷垣源次郎(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

谷垣源次郎は、『週刊ヤングジャンプ』に2014年から連載が開始された、野田サトル原作の漫画・アニメ『ゴールデンカムイ』の登場人物。時代は明治時代の北海道。日露戦争(1904年~05年)終結から間もないころ、アイヌ民族が隠したとされる莫大な金塊のうわさを聞き、様々な理由と野望を胸に秘めた男たちが、誇り高き北の大地に集結する。その中で谷垣は金塊を追っている屯田兵の部隊、大日本帝国陸軍最強と謳われた北海道の第七師団(道民は畏敬の念を含めて「北鎮部隊」と呼ぶ)27聯隊に一等卒として所属している。

Read Article

尾形百之助(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

尾形百之助(おがた ひゃくのすけ)とは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する銃さばきの上手い軍人。大日本帝国陸軍の第七師団に所属していたが、途中軍隊の上司である鶴見中尉を裏切った。その後は脱走兵として土方歳三とアイヌの金塊を探すため一緒に行動し、金塊の鍵を握るのっぺらぼうに会うため網走監獄に潜入した。そこでのっぺらぼうと一緒にいた杉元の頭を撃ち抜いて逃げた。それから新たな金塊の情報を探るべく誰にもすがらずに自分で旅を続けている。

Read Article

杉元佐一(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

杉元佐一(すぎもとさいち)とは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する主人公。日露戦争を戦い抜いてきた元・陸軍兵士で、体に無数の傷を追ってきたが全く命を落とすことが無かった。その活躍ぶりから、軍人の間では『不死身の杉元』と言われている。杉元が金塊を探しに北海道の山に入ると、アイヌの少女アシリパと出会う。後に少女の父は金塊を隠した人物であることを知り、お互いの目的を果たすために一緒に旅を始める。

Read Article

アシリパ(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

アシリパとは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する主人公の1人である。北海道の小樽近辺の集落に住むアイヌの少女で、大人顔負けの精神力と狩猟技術と調理技術の持ち主。伝統を尊重しながら時代の変化を柔軟に受け入れ、「新しいアイヌ」たることを信念としている。アイヌが隠した金塊とそれを巡る殺人事件に父が関与していた事を知り、その真実と真意を知るため、元日本兵でもう1人の主人公である杉元と共に、隠し金塊の謎へと挑んでいる。

Read Article

白石由竹(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

白石吉竹(しらいしよしたけ)とは『週刊ヤングジャンプ』で連載されている野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する人物。通称「脱獄王」の異名を持つ天才的な牢破りである。脱獄する際は看守を騙す詐術や狭い隙間を通るための関節外しなど、脱獄のための多彩な技術を持つ。体には金塊の隠し場所を描いた刺青が彫られており、同じ刺青が描かれている囚人の皮を集めるとありかが分かるようになっている。金塊の手掛かりとなる刺青を持つ囚人たちを探して、北海道で出会った仲間達と共に旅を続けている。

Read Article

辺見和雄(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

辺見和雄(へんみ かずお)とは野田サトルの漫画作品『ゴールデンカムイ』の登場人物で、体に刺青を掘られた24人の囚人のうちの1人。この刺青は埋蔵金の手掛かりとなっていて、多くの人や組織に狙われている。表向きでは人当たりがいいが、その正体は日本各地で100人以上を殺してきた殺人鬼。幼少期にイノシシに無残に食い殺された弟の死に方に憧れ、自分を残酷に殺してくれる人を求めている。辺見の刺青を狙う主人公・杉元佐一と死闘を繰り広げた後、シャチに海に引き摺り込まれた。想像を超える死に方ができて満足気だった。

Read Article

月島基(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

月島基(つきしま はじめ)とは『ゴールデンカムイ』の登場人物で大日本帝国陸軍第七師団、歩兵27部隊に所属している軍人。階級は「軍曹」。同部隊上司である鶴見中尉の側近として主人公である「杉本佐一」と対立する。一時は仲間として行動していたが、自身の任務を遂行するために再度敵として相まみえる。淡々と自身の任務を遂行していく傍らで、「江渡貝弥作」や「鯉登音之進」と接触していくことにより着実に感情が隠し切れない場面が出始めている。

Read Article

姉畑支遁(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

姉畑支遁(あねはたしとん)とは、『週刊ヤングジャンプ』で連載の野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する人物。刺青の囚人のうちの一人であり、動物学者。動物、植物をこよなく愛し、研究している。だが嫌がる動物を無理矢理犯したり植物を傷つけて射精するなど異常な性格の持ち主。自分の欲望のままに行為をしたにも関わらず、行為後は大変後悔をする。そして自分が犯した動物や植物に責任を一方的に擦り付け動物は殺害、植物はナイフで傷をつける、とかなり独善的で身勝手な行動をする。

Read Article

江渡貝弥作(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

江渡貝弥作(えどがいやさく)とは、野田サトルによる漫画作品『ゴールデンカムイ』の登場人物で、北海道・夕張で剥製工房を営んでいる青年である。剥製職人としての腕は良いが、人間の死体の皮で革細工を作るという歪んだ趣味を持っている。自分の実の母親を剥製にして所有。母親の偏った教育の下で成長したが、母を慕うなどマザコン気質の持ち主である。鶴見の依頼により贋物の刺青人皮を作成したが、刺青を狙う尾形や杉本に狙われる。初めて自分を受け入れてくれた鶴見を慕っており、最期は鶴見の為に自らの命を犠牲にした。

Read Article

二瓶鉄造(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

二瓶鉄造(にへいてつぞう)とは、『ゴールデンカムイ』の登場人物で、かつて網走監獄にてのっぺらぼうに暗号の入れ墨を入れられた脱獄囚のひとりである。猟師であり一度狙った獲物への執着心が強い。「冬眠中のヒグマもうなされる悪夢の熊撃ち」と評され、その名はアイヌや他のマタギに広まるほど。エゾオオカミ・レタラとの戦いで、レタラのつがいであるメスオオカミに首元を噛まれ、命を落とした。「山で死にたい」という思いがあった二瓶は、山で命を落とすことに満足気であった。その後杉元が入れ墨を剥がし、入れ墨人皮となる。

Read Article

関谷輪一郎(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

関谷輪一郎(せきや わいちろう)とは、『週刊ヤングジャンプ』で連載の野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する人物。24人の刺青囚人のうちの1人である。際立った戦闘力は無いが狡猾さと独自の信仰心を持ち、他人の命を「試練」と称し運任せで毒殺する異様な殺人を繰り返し投獄される。脱獄後は北海道の阿寒湖のほとりで刺青人皮を巡り土方一派を狙う。一時は土方と牛山を持ち前の狡猾さで戦うことなく倒して生き埋めにした。しかし仲間の門倉とキラウシの活躍で復活した土方に逆襲され力尽きる。

Read Article

松田平太(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

松田平太(まつだ へいた)とは、『週刊ヤングジャンプ』で連載の野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する人物。刺青の囚人のうちの一人である。砂金の専門知識を持ち、北海道での砂金の採取に情熱を燃やしている。だが、その本性は多重人格の殺人鬼である。自分がかつて同居していた長兄夫婦、次兄、父親、ヒグマの人格を持つ。自分の家族がヒグマに襲われて殺され、自分もヒグマに襲われて殺される幻覚を見る。その後、自分の体をヒグマに乗っ取られて人を襲って食べるという異常な殺人を行う。

Read Article

土井新蔵(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

土井新蔵(どい しんぞう)とは野田サトルの漫画作品『ゴールデンカムイ』の登場人物である。埋蔵されたアイヌの金塊の暗号となっている刺青が体に彫られた24人の囚人の1人である。幕末に土佐藩の勤皇派におり、幕府の要人など何人も殺害した殺し屋であった。その後北海道・根室に流れ着きアイヌの女性と結婚するも、土井に恨みを持つ者が妻を拐った。妻を取り戻すために、妻を拐った人物を殺め、釧路の海岸で捉えられ囚人となった。妻が病で先が短いことを知り網走監獄を脱獄した。最期を看取った後は根室の漁場で働いている。

Read Article

NEW

ヴァシリ(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

ヴァシリとは『ゴールデンカムイ』に登場するロシア人狙撃手である。樺太の国境警備隊所属。日本軍の狙撃手・尾形百之助(おがたひゃくのすけ)との狙撃対決に敗れるが、再戦を熱望して脱走兵となり、尾形を追い続ける。二人の対決は作中屈指の名勝負の一つであり、ファンの間で人気が高い。狙撃の他には絵を描くことが得意。ヴァシリが描いた似顔絵がきっかけで、主人公・杉元佐一(すぎもとさいち)と打ち解け、共に北海道へ渡る。言葉が通じないこともあり、杉元たちとの旅では絵やジェスチャーでやり取りをしている。

Read Article

NEW

海賊房太郎(ゴールデンカムイ)の徹底解説・考察まとめ

海賊房太郎(かいぞく ぼうたろう)とは、『週刊ヤングジャンプ』で連載の野田サトル原作の漫画・アニメ作品『ゴールデンカムイ』の作品に登場する人物。刺青の囚人のうちの一人である。自分の王国を作りたいという野望を持ち、金塊を狙う。高い潜水能力とカリスマ性を持ち、金塊の在り処を刺青の暗号無しである程度特定している。初登場時は杉元一行と死闘を演じたが、杉元一行と手を組み、行動を共にした。その後紆余曲折を経て、札幌麦酒工場で第七師団から逃げる途中、撃たれそうになった白石を庇って死亡した。

Read Article

ゴールデンカムイの登場人物モデル&元ネタまとめ

北海道を主な舞台に、アイヌの隠し金塊を巡る苛烈な争奪戦を描いたサバイバル・バトル・グルメ・アドベンチャー漫画『ゴールデンカムイ』。アイヌ民族の姿をダイナミックに描いた人気漫画で、『北海道アイヌ協会』などからも評価される作品である。 そんな『ゴールデンカムイ』の登場人物の多くにはモデルが存在し、それを考察するのもファンの楽しみのひとつとなっている。公式の発言やファンの考察で明らかとなった「キャラクターのモデル」を紹介していく。

Read Article

【パロディ】ゴールデンカムイの煽り文と扉絵まとめ【動物シリーズ】

北海道を主な舞台に、アイヌの隠し金塊を巡って繰り広げられる熾烈な争奪戦を描いた人気漫画『ゴールデンカムイ』。 そのファンたちが密かに楽しみにしているのが、凝りに凝った煽り文と扉絵である。時に名作映画のパロディ、時に感動を誘うようでトンチンカンな表現、動物とヒロイン・アシリパの仲睦まじい姿を描いた次のページで彼女がそれを狩る「動物シリーズ」など、抱腹絶倒の煽り文・扉絵の数々を紹介する。

Read Article

【チタタプ】『ゴールデンカムイ』のアイヌグルメまとめ【脳みそ】

隠し金塊を巡る、アイヌ、軍部、幕末の生き残りたちの熾烈な争奪戦を描いた『ゴールデンカムイ』。バトル、アドベンチャー、サバイバル、歴史ロマンと数多くの要素を詰め込んだ人気漫画である。 作中に登場するアイヌの少女アシリパは、仲間たちに様々なアイヌ料理を振る舞っている。北海道のご当地料理などもたびたび登場し、激しい戦いが描かれる一方でグルメ漫画としての一面も持つ。そんな『ゴールデンカムイ』に登場する料理を紹介する。

Read Article

【スピナマラダ!】野田サトルのTwitterイラストまとめ【ゴールデンカムイ】

明治末期の北海道を舞台に、バトル、サバイバル、アドベンチャー、歴史ロマン、そしてグルメと様々なエッセンスを詰め込んだ人気漫画『ゴールデンカムイ』。作者の野田サトルにとっては2作目の連載作品である。 簡単なラフスケッチやネタに溢れたイラストなどを公開するなど、野田サトルはTwitter上でも活発に活動している。同氏の第1作である『スピナマラダ!』のものも含めて、野田サトルのTwitterイラストを紹介する。

Read Article

【イタコマンガ家】『ゴールデンカムイ』作者以外の漫画家風二次創作まとめ【金カムまつり】

『ゴールデンカムイ』とは、明治末期の北海道を舞台に繰り広げられる、アイヌの隠し金塊を巡る熾烈な争奪戦を描いた、野田サトルによる人気漫画である。 バトル、サバイバル、アドベンチャー、歴史ロマンなど様々なエッセンスを含み、アニメも4期シリーズまで続いている。ファンによる“作者以外の画風で描いた二次創作”、いわゆる「イタコマンガ家」イラストを紹介する。

Read Article

【ゴールデンカムイ】アシㇼパの顔芸まとめ【野田サトル】

『ゴールデンカムイ』とは、明治末期の北海道を舞台に、バトル、サバイバル、アドベンチャー、歴史ロマン、そしてグルメなど様々なエッセンスを詰め込んだ野田サトルによる人気漫画である。 ヒロインのアシリパは、「新時代の女」を自認するアイヌの少女である。大人顔負けの狩りの技術を持ち、主人公・杉元佐一と共に隠し金塊の謎を追う。感情豊かな少女で、時にヒロインらしからぬ珍妙な表情を披露する。そんなアシリパの“変顔”を紹介する。

Read Article

【北海道】『ゴールデンカムイ』スタンプラリーへの反応まとめ【試される大地】

日露戦争の英雄、大人顔負けの狩人でもあるアイヌの少女、独立を目論む軍部、脱走した死刑囚たちが繰り広げる熾烈な隠し金塊争奪戦『ゴールデンカムイ』。 物語の舞台である北海道でも評判となり、本作のキャラクターを使用したスタンプラリーが開催されることとなる。しかし、日本でもっとも広大な都道府県である「試される大地」こと北海道でのスタンプラリーは、移動するのも一苦労。ファンは「試される大地過ぎる」と語り合った。当時の反応を紹介する。

Read Article

『ゴールデンカムイ』樺太編までの登場人物・キャラクターまとめ

『ゴールデンカムイ』とは、北海道を主な舞台として繰り広げられる金塊争奪戦に、バトル、グルメ、サバイバルの要素をてんこ盛りにした人気漫画である。 作中には日露戦争の英雄やアイヌ民族の少女、脱獄王や幕末の生き残りなど様々なキャラクターが登場。そのいずれもが一癖も二癖もある者ばかりで、それぞれの思惑で物語を引っ掻き回して作品を盛り上げている。そんな『ゴールデンカムイ』を彩るキャラクターたちを紹介する。

Read Article

『ゴールデンカムイ』の刺青人皮の囚人まとめ

明治末期の北海道を主な舞台に、バトル、アドベンチャー、歴史ロマン、サバイバル、そしてグルメといった様々な要素をてんこ盛りにした『ゴールデンカムイ』。アイヌ民族の姿をダイナミックに描き、『北海道アイヌ協会』などからも評価される人気漫画である。 そんな『ゴールデンカムイ』に登場する重要アイテムが、作中の多くの人物が追う“アイヌの隠し金塊”の在処を記した「刺青人皮」。その刺青人皮を彫り込まれた囚人たちを紹介する。

Read Article

『ゴールデンカムイ』登場人物&アイヌ飯まとめ

明治末期の北海道を舞台に、アイヌの隠し金塊を巡る熾烈な争奪戦を描いた『ゴールデンカムイ』。バトル、サバイバル、アドベンチャー、歴史ロマン、そしてグルメと様々なエッセンスを詰め込んだ人気漫画である。 その『ゴールデンカムイ』を盛り上げるのが、個性的過ぎる魅力たっぷりなキャラクターたちと、物語の合間合間に紹介される北海道グルメの数々である。ここではそれを紹介する。

Read Article

【ゴールデンカムイ】アシリパ直伝・アイヌ料理のレシピまとめ【チタタプ】

明治末期の北海道を舞台に、日露戦争の英雄、大人顔負けの狩りの腕前を持つアイヌの少女、独立を目論む軍部、幕末を生き延びた老侍が隠し金塊を巡って熾烈な争奪戦を繰り広げる人気漫画『ゴールデンカムイ』。 バトル、サバイバル、アドベンチャー、歴史ロマンと様々なエッセンスを詰め込んだ本作だが、合間合間で紹介されるアイヌのご馳走にも注目が集まっている。そんな『ゴールデンカムイ』で登場した数々の料理を、レシピを交えて紹介する。

Read Article

目次 - Contents